カテゴリー

« 神奈川・黒岩知事「湘南の海に来ないで」(22日)TBS | トップページ | 日本・千島海溝の巨大地震「切迫」 6千年の痕跡調査(22日)日経 »

2020年4月22日 (水)

従業員感染、公表悩む企業 経路特定「隠せば不信感」 家族へ中傷も(22日)西日本

 新型コロナウイルスに従業員が感染したことが確認された際、自治体が勤務先の公表を控えても自主的に名乗り出る企業が相次いでいる。感染防止のため正しい情報を伝える狙いだが、公表後に誹謗(ひぼう)中傷を受けたケースもある。識者は「感染拡大を防ぎつつ、患者のプライバシーや企業の利益をどう守るのか、判断は難しい」と指摘する。

 佐賀市の「ホテルマリターレ創世佐賀」で3月、アルバイトの男子大学生が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。佐賀県は大学生の行動歴を発表したものの、アルバイト先は「不特定多数の人と接触しておらず、ウイルスまん延の恐れはない」として伏せたままだった。
 ホテル幹部は確認翌日に対策会議を開き、アルバイト先であることをホームページで公開。会員制交流サイト(SNS)での誤った情報の拡散を防ぎ、客に事実関係を正しく伝えるための判断だったという。
 公表後、ホテルは宴会や結婚式を予約している人に連絡し、日程延期などの対応に当たった。一部で「レストランの利用は気が引ける」などの声があったが、目立った批判や混乱はなかった。佐藤靖昭総支配人は「ネガティブ情報を隠し、後で発覚すれば、不信感をもたれる。正直に公表したことで逆に励ましの声をもらった」と振り返る。
   ◇    ◇
  タクシー大手の「第一交通産業」(北九州市)は3月、グループ会社の男性運転手の感染を公表。直後から、事務所や配車室に「営業をやめろ」「(感染したら)責任を取れ」などと非難する電話が数十件寄せられた。
続きを読む
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/602501/

« 神奈川・黒岩知事「湘南の海に来ないで」(22日)TBS | トップページ | 日本・千島海溝の巨大地震「切迫」 6千年の痕跡調査(22日)日経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神奈川・黒岩知事「湘南の海に来ないで」(22日)TBS | トップページ | 日本・千島海溝の巨大地震「切迫」 6千年の痕跡調査(22日)日経 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ