カテゴリー

« 「マスク2枚配る、家族の人数は?」 保健所かたる電話(14日)朝日 | トップページ | 刑務所で受刑者がマスク作りに注力 月6万6千枚、防護服も(14日)産経 »

2020年4月14日 (火)

「生活できない」営業続ける姿も 福岡の休業要請、補償なく(14日)西日本

 新型コロナウイルスの感染者数が増加の一途をたどる福岡県は13日、特定業種の休業要請に踏み切った。名指しされた店舗や施設の多くが、政府の緊急事態宣言を受けて既に自主休業している中、補償がないままの要請にどれほど実効性があるのか。今も営業を続ける経営者からは「生活ができなくなる」と批判が相次いだ。
【関連】県民の我慢に支援を 慎重派の福岡県知事「対応未定」いつまで

 「あくまで要請。強制ではないので店は開けます」。福岡市内でバーを経営する40代男性は今後も営業を続けるという。3月末から客は常連のみ。店内は感染リスクが高いといわれる「3密」状態にはなりようがない。「すぐに補償金をくれるなら休業を考えてもいいが、生きていくには感染リスクがあっても営業するしかない」と言い切る。
 県内でパチンコ店を経営する40代男性も「大手は休めるが、うちは無理」。店内では換気や消毒を徹底し、客にもマスク着用をお願いする。「パチンコ店に感染リスクがあるように言われるが、対策は万全。クレームは覚悟しているが、家族や従業員の生活があることも理解してほしい」
 全国でネットカフェを展開する「快活フロンティア」(横浜市)は14日から県内全12店舗を臨時休業する。広報担当者は「県からの要請を重く受け止めたい」としている。
 休業対象からは外れたが、午後8時までの営業時間短縮が求められる飲食店。県内で大手飲食チェーンのフランチャイズ店を経営する50代男性は「なんで東京は協力金が出て、福岡はないんだ。不公平だ」と怒りをあらわにした。4月の売り上げは約3割減。本部から指示は出ていないが、営業時間短縮でさらなる収入減は避けられない。「感染が怖いので今すぐにでも休みたいが、生活を考えると無理。生殺しの状態です。」
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/600315/  

« 「マスク2枚配る、家族の人数は?」 保健所かたる電話(14日)朝日 | トップページ | 刑務所で受刑者がマスク作りに注力 月6万6千枚、防護服も(14日)産経 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マスク2枚配る、家族の人数は?」 保健所かたる電話(14日)朝日 | トップページ | 刑務所で受刑者がマスク作りに注力 月6万6千枚、防護服も(14日)産経 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ