カテゴリー

« 首都迫る「感染爆発」 5日で感染者倍増―新型コロナ(5日)時事 | トップページ | アフガン地域のISトップを拘束(5日)西日本 »

2020年4月 5日 (日)

恋愛漫画家から警察官へ 挫折で転身、それでも生きた技(5日)朝日

 売れない恋愛漫画家から警察官へ――。千葉県警成田署の山崎直樹・巡査部長(38)は、かつての経験を生かし、県警の採用活動も担う。「誰からも必要とされていない」と悩み続けた日々を超え、いま、警察官をめざす学生たちと向き合っている。

 小学生の頃から漫画少年だった。授業中にノートや机の隅に人気漫画「ドラゴンボール」のキャラクターを夢中で描いた。漫画家への憧れを持ちながら、高校卒業後は就職を見据えて服飾の専門学校に通った。

 20歳の夏。次々と就職を決める同級生を横目に、進路に悩んでいた。「やっぱり俺は漫画かな」。勇気を振り絞り、初めての原稿を小学館に持ち込んだ。

5作目で「週刊ビッグコミックスピリッツ」の新人賞をとった。「さえない男子高校生の甘酸っぱい恋愛話でした」。数カ月後には担当の編集者がついた。しかし、デビューは遠かった。

 恋愛、スポーツ、ファンタジー……。どんなジャンルにも挑戦した。生活費を稼ぐため工場でアルバイトをしながら、毎週のように原稿を描いたが、「こんな漫画いらねえよ」と突き返される日々だった。「自分がいる意味って、何なんだろう」。段ボール2箱に詰め込んだ原稿は、200作を超えた。

 5年かけ、ラブストーリー「ピンクの天使」というタイトルの読み切り漫画でデビューを果たしたが、続ける気力はなかった。夢をあきらめ、茨城の実家に戻った。

 「人の役に立ちたい」。深い孤独の中から、いつしかそんな気持ちが芽生えていた。警察のほか、葬儀屋や結婚式場など職種を問わず面接を受けた。

続きを読む
https://www.asahi.com/articles/ASN4473YWN44UDCB001.html

« 首都迫る「感染爆発」 5日で感染者倍増―新型コロナ(5日)時事 | トップページ | アフガン地域のISトップを拘束(5日)西日本 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 首都迫る「感染爆発」 5日で感染者倍増―新型コロナ(5日)時事 | トップページ | アフガン地域のISトップを拘束(5日)西日本 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ