カテゴリー

« 2020年4月 5日 (日) | トップページ | 2020年4月11日 (土) »

2020年4月10日 (金)

2020年4月10日 (金)

神戸西署のコロナ感染7人に、3人は幹部懇親会に出席(10日)産経

 庫県警は10日、幹部2人が新型コロナウイルスに感染した神戸西署で、新たに5人の感染を確認したと発表した。いずれも軽症とみられる。同署の感染者はこれで7人となった。
 また、同署の署長以下の幹部7人が3月27日、神戸市内の居酒屋で懇親会を開催していたことも新たに判明。感染者7人のうち3人が出席していた。
 県警本部は署員2人目の感染を発表した4月9日、署に対して懇親会の実施に関する問い合わせをしたが、同署幹部は「個々の飲み会は把握していない」と回答していた。県警は署側との意思疎通に問題があり事実関係の確認が遅れたとしている。10日が
 10日に感染が確認されたのは会計課の50代女性課長と刑事2課の30代男性警部補、交通2課の30代男性巡査部長ら。いずれも50代男性警視の感染が署内で初めて確認された7日以降に発熱症状などを訴え、10日までに感染が判明した。
 同署では署員約120人が自宅待機中で、約40人が応援に入っている。
 現在、県警では警察署などに勤務する職員4人がPCR検査の結果待ちで、うち1人は自宅待機中の神戸西署員の妻という。
 同署では署員約120人が自宅待機中で、約40人が応援に入っている。
 現在、県警では警察署などに勤務する職員4人がPCR検査の結果待ちで、うち1人は自宅待機中の神戸西署員の妻という。
https://www.sankei.com/affairs/news/200410/afr2004100011-n1.html

 

警察が柔剣道訓練を当面中断(10日)西日本

 警察庁は10日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、柔道や剣道、逮捕術などの訓練を当面中断するよう全国の警察に指示した。
 愛知県警で剣道の「特別訓練員」の感染が判明した1日付で都道府県警に通達を出している。同県警ではその後、訓練員のクラスター(感染者集団)が発生した。
 警察官は暴れる容疑者の制圧といった技術が必要なため、日常的に柔道や剣道などの訓練をしている。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/599635/

神奈川県のコロナ対策本部職員が感染 同僚も自宅待機に(10日)朝日

神奈川県は10日、新型コロナウイルス感染症の県対策本部に入っている、30代の女性職員の感染が判明したと発表した。10日は同県内で39人の感染が発表され、累計の感染者は421人となった。

 県は、この職員から感染した可能性があるとして、対策本部員11人を含む職員計18人に自宅待機を指示した。この職員が感染後に黒岩祐治知事と接触した可能性は、ほぼないという。
 県によると、この職員は、県庁第2分庁舎7階にある対策本部に応援に入った翌日の8日、味覚などに異常を感じ、9日の出勤後に申告して自宅待機となった。検査を受け、10日に陽性と判明した。知事室は別棟の本庁舎3階にある。
https://www.asahi.com/articles/ASN4B6G0VN4BULOB02J.html

立皇嗣の礼 延期へ、 緊急事態宣言受け(10日)TBS

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、政府は、秋篠宮さまが皇嗣になったことを天皇陛下が宣言される「立皇嗣の礼を延期する方向で調整すると発表しました。
 「4月19日に挙行する予定の立皇嗣の礼については、緊急事態宣言が発出されたことなどを踏まえ、延期する方向で調整することにした」(菅義偉 官房長官)
 「立皇嗣の礼」は今月19日に予定されていましたが、菅官房長官は、延期後の日程については「新型コロナウイルス感染症の終息状況を踏まえて、そのうえで式典委員会を開催し、改めて検討して決定していきたい」と述べています。
https://app.cocolog-nifty.com/cms/blogs/608760/entries/new

警察署長の歓迎会で感染拡大 約120人が自宅待機 神戸 (10日)NHK

神戸市の1つの警察署で新型コロナウイルスに感染した警察官などが合わせて7人になり、このうち3人は先月末に異動してきた署長らの歓迎会に出席していたことが分かりました。
神戸西警察署では今週、
▽交通課の50代の男性警視と
▽警務課の50代の男性警部の感染が明らかになり、
10日新たに、
▽会計課の50代の女性主幹と、▽刑事2課の30代の男性警部補、
▽地域課の50代の男性警部補、それに▽交通課の50代の男性警部補と30代の男性巡査部長の合わせて5人の感染が確認されました。
この7人のうち、警視と警部、主幹の3人は先月27日に居酒屋で行われたこの時期に異動してきた署長らの歓迎会に出席していたことが分かりました。兵庫県警は署長、副署長ら幹部を含むおよそ120人を自宅待機させていて、警察署の業務に支障が出ないよう本部から応援の警察官を派遣しています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200410/k10012380421000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

「地域社会に迷惑」 郵便局9人感染で支社長―新型コロナ(10日)時事

 福島県二本松市の二本松郵便局で、退職者を含む9人の新型コロナウイルス感染が判明したことを受け、日本郵便東北支社の古屋正昭支社長は10日、記者会見し、「地域社会にご迷惑をお掛けした。しっかり再発防止策を練る」と述べた。
 同郵便局は7日から業務停止し、全職員が自宅待機となった。留め置かれた郵便物約3万1000通は、業務再開後に配達する予定。今後は職員に勤務前の検温を義務付ける。
 同郵便局では、窓口や配達などの担当職員が感染。うち7人は熱などの症状が出た後も勤務を続けていた。古屋氏は「休めば他の人に負担が掛かるとの遠慮もあったのかもしれない」と語った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041000918&g=soc

外務省領事局長が新型コロナ感染 茂木外相会見中止に(10日)共同

外務省は10日、同省の水嶋光一領事局長(58)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同省本省職員への感染が確認されたのは初めて。水嶋氏と接触がある茂木敏充外相は感染拡大防止の観点から、午後に予定していた記者会見を中止した。
 同省によると、水嶋氏は9日夜に発症。発熱があったため、以後在宅勤務に切り替えた。同省に出勤していないため、省内での濃厚接触はないとしている。水嶋氏の家族への感染も確認されている。
 これに先立ち、外務省は外相会見を開始直前に中止した。同省関係者は、茂木氏と接触した可能性のある省幹部が感染した可能性があると説明していた。
https://www.47news.jp/national/4706165.html

新型コロナ、1都2県で休業要請 遊興施設など6業種・施設が対象(10日)共同

新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)の緊急事態宣言の対象地域となった東京都と神奈川、埼玉両県は10日、生活を維持する上で必要なものを除く施設・店舗に休業を要請すると発表した。東京、神奈川は11日午前0時から、埼玉は13日午前0時から。遊興施設など6業種・施設が対象で、期間は5月6日まで。同法に基づく休業要請は初めて。他の宣言対象地域にも同様の動きが広がりそうだ。
 大阪府と福岡県は13日に要請するかどうかを判断する。東京都の小池百合子知事が10日午後に記者会見し、休業要請の内容を発表した。
https://www.47news.jp/national/4705366.html

新型コロナ感染拡大で治安悪化懸念 警視庁、大量応援投入(10日)産経

 新型コロナウイルスの感染が全国の警察官に広がりをみせ、緊急事態宣言が出された首都・東京でも感染が確認された。今後も感染が広がり、最前線で犯罪と対峙(たいじ)する警察署の機能が低下すれば、犯罪集団などの犯行を防げず、治安の悪化を招きかねない。警視庁は本部から大量の応援部隊を派遣するなどしており、幹部は「警察力が落ちることはない」としている。
 私鉄やJRが乗り入れ、巨大繁華街を抱える警視庁のある大規模署では、緊急事態宣言が出された直後の8日の当直時間帯は、逮捕者が「ゼロ」だった。
 普段は夜通し電話が鳴りやまず、慌ただしく捜査員らが行きかう署内は閑散としていた。副長は「事件はストップ状態。こんなことは着任以来初めてのことだよ」と苦笑する。
 警視庁によると、新型コロナ騒動で外出自粛が叫ばれ、人々の往来が減少するにつれてトラブル自体が目減りしているとみられ、3月の110番通報は前年同月比で約17%抑えられた。交通渋滞も23区内の道路では15%減少し、交通事故件数も抑えられている。
 こうした状況は、緊急事態宣言でさらに加速するとみられ、体感的な治安は向上するようにみえる。ただ、警視庁の幹部は「自宅待機の長期化によるストレスや景気低迷に伴う不安など、人の心が乱れる要素が数多い。今後、治安が悪化に転じる可能性は十分にある」と懸念を漏らす。
警察官の感染が広がれば、警察署の機能低下も懸念される。
 警視庁では、これまでに赤坂、町田、武蔵野、昭島の4署などで警察官の感染が確認された。警察官の感染は全国でも確認され、愛知県警では剣道の練習でクラスター(感染者集団)が発生。20人以上の感染が確認され、全職員約1万4千人のうち接触した可能性のある警察官ら約250人が自宅待機となった。
 兵庫県警の神戸西署でも50代の警視の感染が判明。署長も含め、全署員の3分の1にあたる約100人が自宅待機となった。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200410/afr2004100009-n1.html

 

仙台七夕まつり中止 新型コロナ影響で、戦後初(10日)時事

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、毎年8月に開催されている「仙台七夕まつり」が今年は中止となることが決定した。仙台商工会議所などでつくる仙台七夕まつり協賛会が10日、記者会見を開き発表した。中止は1946年に現在の形で開催されるようになって以降初めてという。
 協賛会によると、来場者数は例年約250万人。今年も8月6~8日の開催を予定していた。七夕まつりの前日に、前夜祭として毎年実施していた仙台七夕花火祭も中止する。
 仙台商工会議所会頭の鎌田宏会長(78)は「東日本大震災が発生した2011年も絶やさなかったので、今年も何とか続けたかった。大変残念だがやむを得ない」と話した。
 仙台七夕祭りは東北を代表する祭りの一つ。青森ねぶた祭も今夏の開催中止が決まっている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041000785&g=soc

新型コロナ休業要請、最大100万円協力金 飲食店は午後8時まで―都、11日から(10日)時事

東京都の小池百合子知事は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴う休業要請の詳細を発表した。11日から実施する。ナイトクラブやカラオケボックス、ライブハウスなど幅広く休業を要請。居酒屋など飲食店は営業時間の短縮を求めた。要請に応じた中小企業向けに「感染拡大防止協力金」を創設し、最大100万円を支払う。
スピード感削ぐ国・都対立 休業要請で溝、野党は批判―緊急事態宣言

 休業要請は、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく措置。飲食店は社会生活を維持するのに必要とした上で、営業時間を午前5時~午後8時にするよう求めた。酒類の提供は午後7時までとした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041000677&g=soc

 

ツイッター、誤情報の6割を放置 新型コロナ関連投稿で(10日)

 新型コロナウイルスの感染拡大による社会不安が広がる中、米短文投稿サイトのツイッターが、感染症対策や治療法に関する誤情報を含んでいると認められた投稿の約6割について、削除や警告ラベルの明示といった措置を取らずに放置していたことが、英オックスフォード大などの調査で10日までに分かった。
 今年1月以降、新型コロナウイルスに絡むデマが横行。会員制交流サイト(SNS)・検索大手は、投稿の削除など虚偽情報を防ぐ取り組みを打ち出しているが、拡散抑止の困難さが浮き彫りになった。
 調査では、国際組織などのファクトチェック(事実検証)で誤情報と認定された225件を解析した。https://www.47news.jp/national/4705549.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル)
海からも空からも…

【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200410162801F1015417-1   沖縄県警は1日、県内の尖閣諸島など国境周辺の離島を警備する警察初の専門部隊「国境離島警備隊」を設置した。これでざわついている海域の治安は、とりあえず一安心か…
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で4日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは30日連続(産経新聞)
 海上保安庁によると今年に入り3月現在、尖閣諸島周辺海域の接続水域内で中国公船が確認されたのは309隻で前年同期より89隻増加している。このうち領海内が20隻、接続水域内が289隻だった。
 平成に入っての推移をみると、最初に確認されたのは平成20年に領海内で2隻。以後、動きが活発になったのは24年夏から。これまで最も多かったのは領海内が平成25年8月の28隻、接続水域内では27年8月の147隻だった。
 一方、空での異常接近に対処するため自衛隊機による緊急発進(スクランブル)は数字的に多く、増減を繰り返している。
 防衛省統合幕僚監部によると29年度の緊急発進回数は904回で前年より264回の減少。年度の数字になるが平成元年度は812回。以降は年々減少し同16年度が141回と最も少なかった。
 ところが翌年度から上昇に転じて26年度には943回となり、28年度には1168回と昭和、平成で最も多かった。 
 海からも空からも好き勝手に接近され、今や国境は国防問題で深刻な状況になっているなかでの沖縄県警による国境離島警備隊の配置。島民だけでなく、国民に安心感を与える、まさに国境警備の最前線である。
  首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【お詫び】 今月5日から突然、休みました。今年1月に続いて2回目の入院です。病名は心不全。新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言の最中、入院先の病院でも受け入れしていました。おかげで、付き添いの家族などは病院1階の待合まで。手術のため病室を出て手術室に向かうストレッチ―の中で、家族に会えず泣いている高齢者の姿もありました。
 今後も引き続き頑張ります。どうぞ、ご訪問をお待ちしております。

F1015404-1_20200410165901

★特殊詐欺グループ関与の元巡査に懲役5年 横浜地裁(8日)産経 
★架空請求詐欺で1200万円被害 (3日)NHK
★高齢女性からキャッシュカード詐取疑い 金融機関の職員装う (2日)産経
★コロナ便乗犯罪に注意を 菅長官、不審電話やメール (2日)産経
★LINEコロナ調査装う詐欺注意 (31日)西日本
★マスク不足、詐欺まがい商法横行 高利回りうたい投資勧誘も (31日)共同
★息子装い500万円詐取容疑 無職男を逮捕 (31日)産経
★特殊詐欺受け子の大学生逮捕 「自暴自棄に」と容疑認める (31日)産経
★詐欺はがき、料金後納を利用 (28日)西日本
★受け子「住む場所や携帯電話与えられ 辞めさせてもらえず」 (26日)NHK
★「受け子」住まわせ各地に派遣か (25日)NHK
★“あなたの家 消毒します” (23日)NHK

« 2020年4月 5日 (日) | トップページ | 2020年4月11日 (土) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ