カテゴリー

« 2020年4月 2日 (木) | トップページ | 2020年4月 4日 (土) »

2020年4月 3日 (金)

2020年4月 3日 (金)

架空請求詐欺で1200万円被害(3日)NHK

芳賀町の70代の女性が、インターネット会社の社員を名乗る男などから名前の登録解除をめぐるトラブルの解決に費用が必要だなどとうその電話を受けて、あわせて現金1200万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
警察によりますと、おととし10月、芳賀町の70代の女性の自宅に、県庁職員を名乗る男から、「あなたの名前がインターネット会社に登録されている。解除するためには、解除番号が必要だ」と電話があり、その際に教えられた番号を、その後、電話をかけてきたネット会社の社員を名乗る男に伝えました。
さらにその後、別のネット会社の社員を名乗る男からも電話があり、「解除番号を他人に教えたことは、刑事事件で、懲役か罰金にあたる。民事で解決するので、800万円が必要だ」などと言われ、話を信じた女性は自宅近くを訪れた男に800万円を手渡したということです。
さらに後日、「弁護士費用でさらに400万円が必要だ」と言われ、女性は、段ボールに400万円を入れて、指定された茨城県の住所に送ったということです。
家族に相談し、だまされたことに気付いた女性は、3日、警察に被害を届け出ました。
警察は、詐欺事件として捜査するとともに、現金を要求する不審な電話があった際は、警察に相談するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/utsunomiya/20200403/1090006643.html

コンビニで酒など強奪疑い 契約社員の男逮捕 神奈川県警(3日)産経

コンビニエンスストアで酒などを盗んだうえ、捕まえようとした店の男性経営者にけがを負わせたとして、神奈川県警小田原署は3日、事後強盗致傷の疑いで、同県小田原市飯泉の契約社員、斎藤仁容疑者(45)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は3月16日午前10時15分ごろ、同市飯泉のコンビニ店内で、焼酎ほか10点(販売価格計約4300円)を盗んだうえ、捕まえようとした経営者の男性(58)を引きずって転倒させ、さらに蹴るなどの暴行を加え、顔面挫傷など全治約3週間のけがを負わせたとしている。
 同署によると、斎藤容疑者は店から出て自転車で走り去ろうとしたところ、気付いた男性に追いつかれて暴行に及び、そのまま逃走した。斎藤容疑者は以前にも同店で万引が疑われる不審な行動をとっていたため、男性はこの日、斎藤容疑者が姿をみせた時点で駐車場に止められた自転車の防犯登録番号を確認。登録情報が端緒となり、斎藤容疑者が浮上した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030013-n1.html

「止まってくれないドライバー」正体は… 栃木県警が啓発CM第2弾(3日)産経

「信号機のない横断歩道前での車両の一時停止率」が低迷し続ける栃木県。状況の改善を目指し県警と県交通安全協会は、昨年制作した一時停止を呼びかけるCMの第2弾「まだまだ止まってくれない栃木県」の放映を3日に始めた。また「春の交通安全県民総ぐるみ運動」(6~15日)に合わせて取り締まりも強化し、一時停止率の向上へ力を注ぐ。
 CM第2弾に登場するのは、横断歩道の前で一時停止せずに女性の横断を妨げた男性ドライバー。横断できなかった女性は、その男性の交際相手だったというコミカルな内容だ。とちぎテレビで夕方と夜のニュース番組で流されるほか、ケーブルテレビ各社にも放映を依頼する。
 県警の吉田英生交通部長は「第2弾も非常にインパクトのある内容に仕上がった。一時停止はマナーではなくルール。歩行者を優先させるという認識を持ち、交通安全に努めてほしい」と呼びかけている。
 信号機のない横断歩道では、車両は一時停止をして横断者を優先させるのが原則で、違反には罰則が定められている。しかし日本自動車連盟(JAF)が平成30年に行った調査では、県内の一時停止率は0・9%で全国ワースト。CM第1弾を公開した後の昨年の調査では同13・2%、全国29位と改善したが、依然低い状況が続いている。
 新型コロナウイルスの影響で交通安全啓発イベントの多くが中止となる中、県警は「CMは外出せずに見られる」と、効果に期待している。
 CM第1弾は県交通安全協会のホームページで公開しており、第2弾も公開予定だ。(根本和哉)
https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030016-n1.html

国内で新たに333人感染 1日あたり初の300人超え(3日)朝日

国内で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は、3日午後9時50分現在で333人に上った。1日の感染者数が初めて300人を超えた。国内の感染者総数(クルーズ船の感染者を含む)は3828人になった。

 東京都では89人の感染が確認された。この1週間で474人となり、累計の感染者773人の6割を占めるほど急激に増えている。

 院内感染が起きた永寿総合病院台東区)の入院患者2人が死亡し、病院の死者は計9人となった。

 愛媛県では、0歳の女児の感染を確認。無症状だという。同県や福岡県では初めての死者も出た。

 埼玉県では、50代男性の感染を確認した。男性は東京都千代田区のホテルニューオータニで宴会を担当し、配膳サービス

に従事していた。ホテルは、接触があった人の特定を進めているという。

 沖縄県では県の新入職員の20代男性が感染。男性は1日、県庁内での辞令交付式に出席しており、式には玉城デニー知事も参加していた。知事を含めて全職員が14日間の健康観察をするという。濃厚接触者30人は自宅待機にした。

【国内で確認された感染者】

 3日午後9時50分時点。カッコ内は3日午前0時からの増加数。丸数字は死者。都道府県の発表などから。総数には厚労省の発表も含み、一部重複の可能性がある。クルーズ船(723人感染)なども含む……
続きを読む
https://www.asahi.com/articles/ASN437720N43UTIL01J.html

外出自粛で交通量減少、スピード出し過ぎに注意(3日)TBS

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広まるなか、警視庁は道路の交通量が減ることで車がスピードを出し過ぎるのを防ぐため、パトロールを行いました。
 「外出自粛の影響により、道路の交通量が減ることでスピードに対する対策も必要になってきます」(警視庁王子署 矢野 誠 署長)
 パトロールに先立ち開かれた出発式は、感染予防のため警察官同士が一定の距離を保って行われました。
 パトロールにはパトカーや白バイなど14台が参加し、JR王子駅前の大通りを中心に、ドライバーに安全運転を呼びかけました。警視庁は、「外出自粛で道路が空いてくるので感染防止と合わせて交通事故防止をお願いしたい」としています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3947530.html

新型コロナ 都内で89人が感染(3日)NHK

東京都によりますと、3日、都内で新たに89人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。
多数の患者や医療従事者が感染し、都が院内感染の疑いが非常に強いとしている東京・台東区の永寿総合病院に入院していた患者2人が死亡し、この病院で死亡したのは9人となりました。
東京都は、3日、都内で新たに10代から80代までの男女あわせて89人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。
89人のうち、これまでに感染が確認された人と接触していたのは31人です。
この31人のうち13人は、都が院内感染の疑いが非常に強いとしている台東区の永寿総合病院の患者などだということです。
一方、89人のうち、6割にあたる55人は、今のところ感染経路がわかっていないということです。
これで都内で感染が確認されたのはあわせて773人になります。
都は、感染経路がわかっていない人が多数いることについて、「調査をしている保健所からは、電話の折り返しがなかったり、プライベートについて話してもらえなかったりするなど、若い世代の調査が大変難しいと聞いている」として、調査への協力を呼びかけています。
このほか、都は、感染が確認されて永寿総合病院に入院していた60代の男性と70代の女性のあわせて2人の患者が、1日までに死亡したことを明らかにしました。
永寿総合病院で死亡したのはこれで9人となったほか、この9人を含めて3日までに 140人の感染が確認されています。
また、都内で死亡したのはあわせて18人となりました。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200403/1000046690.html

神奈川 黒岩知事「医療崩壊の危機迫る」外出自粛への協力訴え (3日)NHK

神奈川県の黒岩知事は、新型コロナウイルスの感染拡大による医療崩壊の危機が迫っているとして、医療体制構築や、不要不急の外出自粛などへの協力を強く訴えました。
 神奈川県は、クルーズ船から感染者を受け入れた経験をもとに医療崩壊を防ぐための「神奈川モデル」として、中等症の患者を受け入れる「重点医療機関」を設け、軽症の人には自宅や宿泊施設で療養を求める方針を示し、重症患者の治療体制の確保に取り組んでいます。
 3日、国が軽症者などに自宅や宿泊施設で療養してもらうガイドラインを示したことを受け、黒岩知事は「提言が受け入れられた思いだ」と評価しつつ、「宿泊施設で働く人は感染症患者に接したことがなく現場で感染拡大しないよう実際にどう運用すべきか、解決しなければならない課題は多い」と指摘しました。
 そして週末を控え、改めて夜間も含めた不要不急の外出自粛の徹底を呼びかけた上で、「感染拡大による医療崩壊の危機は迫っている。すべての自治体、医療機関、県民が取り組まないとこの危機を乗り越えることは絶対に無理だ」と強く協力を訴えました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200403/k10012367281000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

免許証延長申請、郵送可に 新型コロナで、全国初―大阪府警(3日)時事

大阪府警は3日、新型コロナウイルス感染拡大に伴って実施している運転免許証の有効期限延長について、郵送による申請も可能にすると発表した。運用開始は7日からで、全国初の試みという。
 感染を避けるため、免許証の更新手続きが困難な場合は有効期限を3カ月延長可能だが、運転免許試験場や警察署に行って申請する必要がある。
 郵送で申請する場合、府警ホームページからダウンロードした申請書などに必要事項を記入。免許証のコピーと返信用封筒を同封して試験場に送付すると、免許証の裏に貼り付ける「更新手続き中」などと記載されたシールが返送される仕組み。府警によると、府内では1日平均約30人から延長申請があるという。
 郵送による申請は4月いっぱいの予定。担当者は「手続きの簡略化につながり、感染防止策として効果があると思う」と説明している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040300984&g=soc

国内感染者、3000人超 新たに250人以上陽性―東京は89人・新型コロナ(3日)時事

国内で確認された新型コロナウイルスの感染者は3日、クルーズ船の乗客乗員を除き3000人を超えた。この日は全国で250人以上の新たな感染者が判明。感染者が200人を超えたのは4日連続で、この4日間だけで1000人を超えている。東京都の同日の新規感染者は89人で、都内の累計は773人となった。
<新型コロナウイルス最新情報>

 都によると同日、院内感染が疑われる永寿総合病院(台東区)で新たに患者2人の死亡が確認された。同病院での死者は計9人、感染者は13人増え計140人となった。松山市と福岡市でもそれぞれ感染者1人が死亡した。
 福井県では、3日までに感染が分かった50~60代の男性計8人が同じ飲食店を訪れていたことが判明。店の従業員と男性らの同僚、家族など関係者計18人も感染しており、県はクラスター(感染集団)とみている。
 愛媛県でも3日、新たに7人の感染が判明。うち4人は、集団感染が起きた3月30日の松山市内の葬儀に参列した家族と濃厚接触者で、葬儀に関係する県内の感染者は8人となった。
 集団感染が発生した千葉県東庄町の障害福祉施設「北総育成園」では、新たに入所者ら3人が陽性となり、感染した関係者は100人に達した。 相模原市では、同市の北里大病院の女性看護師が感染。市は院内感染の可能性は低いとみているが、女性と接触した患者や職員らを検査する。https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040300900&g=soc

成田空港の検疫所「人手足りず」 入国拒否の対象国拡大で(3日)共同

新型コロナウイルスの水際対策強化で、入国拒否の対象が3日から拡大し、計73カ国・地域となった。対象国からの帰国者全員にウイルス検査と14日間の待機要請をすることとなり、成田空港の検疫所では関係者が検査業務のほか、待機場所の確保や医療機関への搬送といった業務に追われた。担当者は「人手が足りない」と漏らす。
 3日午後、成田の検疫所では、マスクと顔を覆う透明のシールドを着けた職員が利用客を誘導、感染の有無を調べるため検体を採取し、待機場所まで案内した。
 成田では同日、検疫所前で行列ができるのを避けるため、到着した機内で待機させ順次案内する措置も始まった。
https://www.47news.jp/national/4682088.html

JR東、5月の指定席発売見送り  新幹線や特急の臨時列車(3日)共同

JR東日本は3日、新型コロナウイルス感染拡大による乗客の激減を踏まえ、5月に運行を予定していた新幹線や在来線特急、快速の臨時列車の指定席発売を当面見送ると発表した。ゴールデンウイーク期間(5月1~6日)の臨時列車は3月に見送りを決めており、5月31日まで延長する。定期列車の予約や感染拡大の情勢次第で実際の運行本数を決める。
 JR東によると、新たに見送りになった5月7~31日の対象本数は新幹線計421本、特急や快速計141本。
 新幹線の路線別では北海道・東北149本、秋田28本、山形74本、上越59本、北陸165本。
https://www.47news.jp/national/4681063.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル)
天網恢恢疎にして漏らさず
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200403205901F1015426-1  9年前の平成23年2月、山梨県甲斐市の国道20号で会社員(24)がひき逃げされ死亡した事件の被害者で佐賀県に住む両親が事故現場を訪れ献花した。ひき逃げとしては平成30年に時効が成立しているが、当時の自動車運転過失致死罪の時効が1年後に迫っている。
 両親は有力な情報に最大500万円の私的懸賞金をかけており、現場では「犯人は自首して、息子に謝ってほしい」と訴えた。
 
 事件の報道は終わっている。世間は日常に戻っても、被害者をおきざりにしたまま。事件は解決しても被害は解決していない。

 警察庁によるとひき逃げ事件の発生は減少傾向にあるものの万件台という高推移を続けている。
 平成30年の全国でのひき逃げ事件発生件数は1万5057件で検挙件数は7612件。うち死亡ひき逃げは132件もあった。
 ランキングは埼玉の1648件、大阪の1469件、神奈川の1207件、千葉の1167件、福岡の1166件と続く。また東京は1082件だった。
 うち、死亡ひき逃げのランキングは大阪の13件、愛知の12件、埼玉の11件、福岡の9件、神奈川の8件など。東京は7件だつた。
 平成20年以降のひき逃げ発生件数の推移をみると同年は2万3764件で同24年までは2万件台で推移。同25年に1万9034件と減少。以後も減少し続けて30年は過去11年間で最も少なかった。
 逃走の理由で最も多いのは「被害者の被害程度がたいしたことないと思った」がトップで30年は835件もあった。これに「事故を起こしたことを恐れて」「事故を起こしことが半信半疑」と続く。事件そのものを否定したのも558件あった。
 天網恢恢疎にして漏らさず。一生悩みますよ。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_201912022029011_20200403210501



★高齢女性からキャッシュカード詐取疑い 金融機関の職員装う (2日)産経
★コロナ便乗犯罪に注意を 菅長官、不審電話やメール (2日)産経
★LINEコロナ調査装う詐欺注意 (31日)西日本
★マスク不足、詐欺まがい商法横行 高利回りうたい投資勧誘も (31日)共同
★息子装い500万円詐取容疑 無職男を逮捕 (31日)産経
★特殊詐欺受け子の大学生逮捕 「自暴自棄に」と容疑認める (31日)産経
★詐欺はがき、料金後納を利用 (28日)西日本
★受け子「住む場所や携帯電話与えられ 辞めさせてもらえず」 (26日)NHK
★「受け子」住まわせ各地に派遣か (25日)NHK
★“あなたの家 消毒します” (23日)NHK
★WHO職員装い詐欺未遂で逮捕 (22日)NHK
★新型コロナ 便乗商法に注意を (21日)NHK
★特殊詐欺の容疑者逃走 指名手配し公開捜査 警視庁 (19日)NHK
★比の特殊詐欺、18人再逮捕 300万円引き出した疑い(19日)産経

女子高生に「実技指導」と淫行 容疑の34歳男を逮捕 警視庁(3日)産経

デリバリーヘルスのアルバイトとして勧誘した女子高校生=当時(17)=に淫行をさせたとして、警視庁少年育成課は、児童福祉法違反(淫行させる行為)容疑で住所不定、職業不詳、南口彰博容疑者(34)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年10月、身を寄せていた東京都港区にある知人のマンションで、女子高校生にデリヘルの「実技指導」と称して、自身にわいせつな行為をさせたとしている。
 女子高校生は昨年9月に「お会いできる方いますか。プチ」などとツイッターに投稿。「プチ」は、性交を伴わない「プチ援助交際」の略称とみられ、投稿を見た南口容疑者が連絡を取って勧誘した。女子高校生は「好きなアイドルのライブなどで金が必要だった」と話しているという。
 少年育成課によると、南口容疑者は18歳未満の少女らをビジネスホテルに派遣し、昨年7月から5カ月間で約160万円を売り上げたとみられる。他にも数人、わいせつな行為をさせられた少女がいるとみて捜査している。https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030007-n1.html

路上喫煙注意され暴行 傷害容疑で大学生逮捕 警視庁(3日)産経

 路上喫煙を注意した男性を殴りけがを負わせたとして、警視庁池袋署は傷害容疑で、埼玉県越谷市袋山、大学生、古賀瞬輝(しゅんき)容疑者(20)を逮捕した。調べに対し、「酒に酔っていて記憶が曖昧だが、殴ったことに間違いない」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は昨年11月13日午前1時半ごろ、東京都豊島区東池袋の駐輪場で、40代男性から路上喫煙などを注意されたことに腹を立て、男性の顔を殴るなどの暴行を加え、鼻の骨を折るなど約2カ月のけがを負わせたとしている。
 同署によると、古賀容疑者が駐輪場で路上喫煙や放尿をしていたため、男性が再三にわたって注意していたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030009-n1.html

河川敷で白骨遺体の一部見つかる 作業員が発見、通報 頭部や腰骨など10メートル四方に点在/川越(3日)共同

 2日午前9時20分ごろ、埼玉県川越市古谷上の上江橋付近の河川敷で、白骨遺体の一部が見つかった。
 川越署によると、現場は入間川が合流する荒川右岸。河川管理の作業員が中州の盛土を確認中に発見、通報した。見つかったのは頭部と腰骨、足の一部で、約10メートル四方に点在していた。同署で身元の確認や事件性の有無を調べている。
https://www.47news.jp/localnews/4679467.html

高齢女性からキャッシュカード詐取疑い 金融機関の職員装う(3日)産経

高齢女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、神奈川県警厚木署は2日、詐欺の疑いで住所不定、無職の結城直人容疑者(46)を逮捕したと発表した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は1日、氏名不詳者らと共謀のうえ、同県厚木市内に住む70代の無職女性宅に、市役所や金融機関の職員などを装って「介護保険料の還付金がある」「近くを回っている者にキャッシュカードを渡してほしい」などと嘘の電話をかけ、同日、金融機関の職員になりすました結城容疑者が女性宅を訪れ、キャッシュカード1枚をだまし取ったとしている。
 同署によると、同市内では同日朝から似たような不審な電話があったとの通報が相次いだため、同署などが小田急線本厚木駅前で警戒態勢を敷いていた。午前9時45分ごろ、3月に発生した特殊詐欺事件で防犯カメラに記録された人物によく似た結城容疑者を捜査員が発見。追跡し、犯行を特定した。取り調べに対し、十数件の余罪があると供述しているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200402/afr2004020019-n1.html

家電量販店で「コロナだ」と発言 業務妨害容疑で男逮捕(3日)産経

宇都宮南署は2日、宇都宮市内の家電量販店で、「検査でコロナと言われた」と店員に発言して店の業務を妨害したとして、威力業務妨害容疑で宇都宮市茂原町1061の18、自称自営業、桑原健次容疑者(65)を逮捕した。同署によると、桑原容疑者は「事実と違う」と否認している。
 逮捕容疑は2日午後2時50分ごろ、宇都宮市インターパーク5丁目の「ケーズデンキインターパーク宇都宮店」で、店員にせき払いをしながら「病院で検査を受けコロナだって言われた」などと言い、店の営業をできなくした疑い。
 同署によると、桑原容疑者の発言を受け、客や従業員は店外に避難し、店は営業を終了した。桑原容疑者に新型コロナウイルスへの感染は確認されていないという。
 同署が詳しい状況や動機などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030002-n1.html

東京都、97人の感染確認 1日あたりで最多(3日)日経

東京都は2日、新型コロナウイルスの感染が新たに97人確認されたと発表した。1日あたりの感染者数として最多だった3月31日の78人を上回った。都の感染者は累計で700人に迫り、感染拡大の傾向が一段と顕著になった。
今回判明した感染者のうち、21人は集団感染が起きた永寿総合病院(東京・台東)と関係しており、同病院からの転院患者を受け入れた慶応大病院(東京・新宿)の関係者もいるという。感染経路が不明な患者は33人おり、都は濃厚接触者の特定を急いでいる。
厚生労働省によると、都内では、夜間から早朝に営業する接客を伴う酒場などで感染が疑われる事例が多発している。
歓楽街での感染が疑われる事例が目立つことから、小池百合子知事は「若者にはカラオケやライブハウス、中高年にはバーやナイトクラブへの出入りを控えてほしい」と呼びかけている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57565870S0A400C2CC1000/

JR線路に車転落、フェンス突き破りホーム進入か 岐阜(3日)朝日

2日午前5時半過ぎ、岐阜県各務原市那加本町のJR那加駅構内で、線路上に乗用車が転落した。

 岐阜県警各務原署によると、同市の男性(82)が駅南側にある駐車場に車をとめようとした際、フェンスを突き破って駅のホームに進入し線路に落ちたという。列車との衝突などはなく、男性や同乗していた男性(45)にもけがはなかった。県警は運転していた男性が、アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性があるとみて調べている。

 JR東海によると、この事故の影響で、岐阜―鵜沼駅間で高山線の上下線で運転を一時見合わせたが、午前8時50分に再開した。

 

https://www.asahi.com/articles/ASN422VLSN42OBJB001.html?iref=sp_nattop_feature_list_n

「感染者」名指し ネットで真偽不明の情報広がる 新型コロナ (3日)NHK

新型コロナウイルスをめぐって、インターネット上には感染した人だとする名前を書き込んで非難する投稿が相次ぐなど、真偽の不確かな情報が広がっていて、専門家は「情報の発信には、責任を伴うことを意識すべきで、情報に接した人は、安易に拡散しないように心がけるべきだ」と注意を呼びかけています。
このうち、サークルの懇親会やゼミの送別会などに参加した学生や卒業生を中心に、「クラスター」と呼ばれる感染者の集団が発生した京都の大学については、感染した学生たちを非難する書き込みがSNSやインターネットの掲示板で相次いでいます。
ツイッターでは、感染した学生だとする2人を名指しして「拡散希望。海外に行き自宅待機もせずに懇親会に参加した当事者たち」と非難する投稿や、所属していたとするサークル名を上げて「今回のことで大学や学生の評判を地に落とした」などと書き込んでいるものも見られます。
真偽が不明の情報も多く、一部の投稿に対しては、デマだとして削除を求める投稿も見られます。
こうした情報が拡散していることについて、情報リテラシー教育に取り組んでいる大手IT企業の小木曽健さんは「情報を発信するということはそれが正しいのか間違っているかに関係なく責任を伴うもので、仮に正しかったとしても何を言っても許されるということではないと認識するべきです。例えば、ネットに名前を書き込んだことでその相手が店を経営していて損失を受けた場合などはその損失を補償する法的な責任が負わされる可能性もあります」と話しています。
また、感染した人の個人情報を特定したり、非難したりする行為が過熱すると、感染したかもしれないと考えている人が名乗り出ることをためらうようになるなど、感染拡大の抑止にも悪い影響を与えるおそれがあると指摘しています。
そのうえで、「リツイートしたりコピーしたりすることも情報を発信することに変わりはなく、受け手側がその情報がうそなのか本当なのかを意識して、情報に流されずに分別していくことが大事だと思います」と話しています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200403/k10012365471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

クラスター 14都道府県の26か所で発生 新型コロナ (3日)NHK

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、厚生労働省はクラスターと呼ばれる患者の集団がどこで発生したかを示した地図を更新し、先月末までに14の都道府県の26か所でクラスターが発生したとしています。
厚生労働省は先月、全国で発生したクラスターについて、専門家の分類に基づいてまとめた地図をホームページで公開し、2日その情報を更新しました。
それによりますと、先月末までに14の都道府県の26か所で5人以上のクラスターが発生したとしています。7
具体的には、
▽北海道でライブバーや展示会を介した感染が2か所、▽宮城県で飲食店を介した感染が1か所、▽茨城県で医療機関や福祉施設を介した感染が2か所、▽群馬県で医療機関を介した感染が2か所、▽千葉県で福祉施設やスポーツジムを介した感染が2か所、▽東京都で医療機関や飲食店を介した感染が4か所、▽神奈川県で医療機関や福祉施設を介した感染が2か所、▽新潟県で卓球スクールを介した感染が1か所、▽岐阜県で合唱団やスポーツジムを介した感染が1か所、▽愛知県でスポーツジムや福祉施設を介した感染が2か所、▽京都府で懇親会を介した感染が1か所、▽大阪府でライブハウスを介した感染が1か所、▽兵庫県で医療機関や福祉施設を介した感染が4か所、▽大分県で医療機関を介した感染が1か所となっています。
 厚生労働省は、こうした地域に専門家を派遣し、感染の拡大を防ぐための対策にあたっています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200403/k10012365481000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

鮫洲運転試験場、警察官も感染 新型コロナウイルス―警視庁(3日)時事

 警視庁は2日、東京都品川区の鮫洲運転免許試験場に勤務する男性警視(57)=練馬区=が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染確認は同試験場で2人目で、警視庁警察官では初めて。男性警視と一般利用者との濃厚接触はないとみられる。
 同庁によると、警視は先月30日朝に発熱。同26日に、同試験場で講習を担当していた都交通安全協会の男性職員=31日に感染判明=と道場で剣道の練習をしていたという。他に4人が練習に参加していたが症状は確認されていない。
 職員の感染を受け、警視は今月2日にPCR検査を行い、同日に陽性と判明した。発熱後は自宅で療養しており、他の同僚に濃厚接触者はいないという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040300004&g=soc  

チリ最高裁、容疑者引き渡しを容認 筑波大生不明事件で仏当局へ(3日)時事

 【サンパウロ時事】フランス東部ブザンソンに留学中の筑波大生、黒崎愛海さん(東京都出身)が2016年12月に行方不明となった事件で、チリ最高裁は2日、元交際相手のチリ人ニコラス・セペダ容疑者(29)のフランスへの身柄引き渡しを認めた。
 セペダ容疑者は黒崎さんが連絡を絶つ直前まで一緒にいたことが確認されているが、失踪直後にチリに帰国。仏検察当局は殺人容疑で国際手配し、チリに引き渡しを求めていた。弁護側は異議を申し立てる見通し。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040300256&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

ドイツの医療従事者2千人感染 防護服不足も(3日)共同

【ベルリン共同】ドイツ有力紙、南ドイツ新聞は2日、国内の病院に勤める医療従事者約2300人が新型コロナウイルスに感染したと報じた。このほか開業医の感染も相次ぎ、医療現場全体の感染者はさらに増える見通しという。
 地元メディアは2日、ドイツ国内の死者が1002人になったと報じた。感染者は7万9千人以上。ドイツの死者はイタリアやフランスなどより少なく、両国から重症者を受け入れている。だが医療現場では防護服などの不足が目立ち始め、スタッフの感染が増加している。
https://www.47news.jp/national/4678667.html

NY州、呼吸器「あと6日分」 米国の死者5600人に(3日)共同

【ニューヨーク、ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による米国の死者は2日、5600人に上り、感染者は23万6千人を超えた。感染が急増する東部ニューヨーク州のクオモ知事は記者会見で、備蓄している人工呼吸器が「あと6日で底を突く」と緊急支援を訴えた。
 トランプ大統領は2日、朝鮮戦争中の1950年に制定された国防生産法に基づき、人工呼吸器増産を急ぐため、必要な材料をGEなど6社に供給するよう命じた。
 クオモ知事は感染のピークは「今後7日から30日の間」と指摘。州内で計1万6千人が死亡する可能性があると説明した。
https://www.47news.jp/national/4678554.html

« 2020年4月 2日 (木) | トップページ | 2020年4月 4日 (土) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ