カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2位 | トップページ | 河野防衛相、F35部隊視察 青森・三沢(15日)時事 »

2020年3月15日 (日)

救急出動10年ぶり減 岡山市消防局 19年、高齢者59%で過去最高(15日)共同

岡山市消防局管内(市内と吉備中央町)の2019年の救急出動件数(速報値)は前年より894件(2・6%)少ない3万3103件で、10年ぶりに減少した。夏が記録的な猛暑となった18年と比べて熱中症の搬送が減ったことが主な要因という。
 救急出動は近年、高齢化の進展に伴って右肩上がりとなっている。09年以降は年に1・1~6・0%と早いペースで増加してきた。19年は減少に転じたものの、高止まりしたままだ。
 出動件数の内訳は、急病が2万1622件(前年比499件減)でトップ。続いて一般負傷が4820件(217件減)、交通事故が2922件(159件減)の順。出動間隔は15・9分に1回(前年は15・5分)で、前年比でわずかに長くなった。
 実際に搬送した人数も前年比で750人減り、3万965人。このうち高齢者は1万8271人で全体の約59・0%を占める。高齢者の割合は過去最高となった。  搬送者のうち、入院の必要がない軽症者は1046人減の1万5517人。短期入院の中等症者は1万1405人、3週間以上の入院を要する重症者は3489人だった。
 市消防局は「救急出動は依然として多い。高齢者のいる家では転倒防止で足元に物を置かないなど、生活環境から予防救急を心掛けてほしい」としている。
 一方、管内の火災発生件数は前年の182件から2年ぶりに増加して200件。主な原因はたき火、たばこ、こんろなど。死者は1人増の8人で、このうち65歳以上は3人だった。
https://www.sanyonews.jp/article/993964/

« 警視庁管内体感治安レベル2位 | トップページ | 河野防衛相、F35部隊視察 青森・三沢(15日)時事 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2位 | トップページ | 河野防衛相、F35部隊視察 青森・三沢(15日)時事 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ