カテゴリー

« 「コロナ予防に効く」と違法宣伝 大阪の薬局を家宅捜索(19日)産経 | トップページ | 上皇ご夫妻、皇居にお別れ 高輪皇族邸に31日転居(19日)時事 »

2020年3月19日 (木)

小4女児虐待死事件 父親に懲役16年の判決 千葉地裁 (19日)NHK

千葉県野田市で小学4年生の女の子を虐待して死亡させたとして傷害致死などの罪に問われた42歳の父親に対し、千葉地方裁判所は「犯行は凄惨(せいさん)かつ陰湿で長期間にわたり、断続的に虐待をして死に至らしめた」として、懲役16年の判決を言い渡しました。 去年1月、千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さん(当時10)が自宅の浴室で死亡しているのが見つかった事件では、父親の勇一郎被告(42)が冷水のシャワーを顔に浴びせ続けて死亡させたなどとして傷害致死などの罪に問われています。

先月から開かれた裁判員裁判で、被告は傷害致死の罪については争わないとする一方、具体的な暴行の内容については大部分を否定したほか、日常的な虐待はなかったと主張するなど、検察の主張と多くの点で対立しました。

検察が「犯行は凄惨かつ非道だ。虐待は心身両面にわたり期間も圧倒的に長い」として懲役18年を求刑したのに対し、被告の弁護士は「しつけのつもりが行き過ぎたもので日常的な虐待はしていない。社会的制裁もすでに受けている」などと主張していました。
19日の判決で、千葉地方裁判所の前田巌裁判長は、傷害致死の罪について「被告の主張は客観的整合性がなく不自然なものだ。都合のいいことをつまみ食いして話していて信用できない」と指摘しました。
そのうえで「犯行は凄惨かつ陰湿で長期間にわたり、断続的に虐待をして死に至らしめた。1人が亡くなった傷害致死事件としては最も重い部類だ。被告は謝罪のことばを述べていたが反省は見られず、涙も心愛さんに向けられたものでなく、後悔でしかない。いこじで独善的な考え方と支配欲から虐待を加え続けたもので、酌量の余地は みじんもない」として懲役16年の判決を言い渡しました。
判決理由が読み上げられている間、被告はまっすぐ前を見たままでした。
子どもを虐待死させた事件の裁判員裁判では、懲役10年前後の判決が多く、今回の懲役16年はこれまでの傾向を大きく超え、異例の重い刑と言えます。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200319/k10012339401000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

« 「コロナ予防に効く」と違法宣伝 大阪の薬局を家宅捜索(19日)産経 | トップページ | 上皇ご夫妻、皇居にお別れ 高輪皇族邸に31日転居(19日)時事 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「コロナ予防に効く」と違法宣伝 大阪の薬局を家宅捜索(19日)産経 | トップページ | 上皇ご夫妻、皇居にお別れ 高輪皇族邸に31日転居(19日)時事 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ