カテゴリー

« 個室ビデオ店拠点、電車移動で侵入先探る 50歳“空き巣”男(20日)共同 | トップページ | 新型コロナウイルス対策 専門家会議提言 その内容は (20日)NHK »

2020年3月20日 (金)

オウムとの闘い「歴史伝える」 保存に動きだす旧上九住民―地下鉄サリン事件25年(20日)時事

 オウム真理教による地下鉄サリン事件から20日で25年。「サティアン」と呼ばれた多くの教団施設が点在した山梨県旧上九一色村の公民館に教団の「遺物」が眠る。「後世に伝えていかねば」。空前の無差別テロから四半世紀の節目を前に、かつて教団に対峙(たいじ)した住民が、保存に向け整理を始めた。
 「AUM」と大きくプリントされたTシャツ、「建設省」の文字が残る照明、ガスマスク、元代表松本智津夫元死刑囚(麻原彰晃)の説法が収められたテープ…。教団の活動をほうふつさせる品々が、三つのロッカーに所狭しと並べられている。 これらはオウム追放に立ち上がった地元の対策委員会が、教団の破産管財人から譲り受けた。「第一上九」と呼ばれた地区から信者が1996年に退去した際、残されていたという。サティアン建設の様子を信者が撮影した写真もあったが、長年放置されていたためか、色あせが目立つ。
 教団は89年8月、村の富士ケ嶺地区(現・富士河口湖町)に初めて土地を取得。柵を立てて工事を始め、様子をうかがう住民を威嚇した。住民は90年、立ち退きを求めて対策委員会を結成。教団施設への車や人の出入りを監視した。 公民館には、当時の監視日誌が1冊だけ残る。「ベンツ来て事務所の所までバックする 麻原か?」。対策委の委員長を務めた江川透さん(83)は、約30年前の自らの文字を追いながら「地区だけでなく、村全体で監視した」と振り返る。
 当時、教団幹部は「オウムは虫も殺さない」と話していた。だが、施設を逃げ出した信者は江川さん宅に駆け込み、「内部で信者が殺されている」と訴えた。「オウムは人命を軽く見ていた。あの頃は宗教弾圧と批判されたが、追放活動は間違ってなかった」と語る。
 第一上九は公園として整備され、この地で亡くなった犠牲者を悼む慰霊碑が建立されたが、「オウム」の文字はない。時間の経過とともに記憶の忘却が進むが、江川さんは「過去を忘れないように、残されたものを大事に保存していきたい」と話している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020031900857&g=soc

« 個室ビデオ店拠点、電車移動で侵入先探る 50歳“空き巣”男(20日)共同 | トップページ | 新型コロナウイルス対策 専門家会議提言 その内容は (20日)NHK »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個室ビデオ店拠点、電車移動で侵入先探る 50歳“空き巣”男(20日)共同 | トップページ | 新型コロナウイルス対策 専門家会議提言 その内容は (20日)NHK »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

留置所

無料ブログはココログ