カテゴリー

« 2020年3月29日 (日) | トップページ | 2020年3月31日 (火) »

2020年3月30日 (月)

2020年3月30日 (月)

東京五輪、来年7月23日開幕 IOC臨時理事会で承認 パラは8月24日から(30日)産経

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となった東京五輪・パラリンピックについて、国際オリンピック委員会(IOC)、政府、東京都、大会組織委員会は30日、五輪は来年7月23日開幕、パラリンピックは8月24日開幕とすることで合意した。同日夜のIOC、組織委、都を交えた4者会談を経て、その後のIOC臨時理事会で正式に承認された。
 近年の五輪は金曜日に開幕し、16日後の日曜日まで開催されるのが通例。東京五輪も当初、今年7月24日の金曜日から8月9日の日曜日まで計17日間の日程が組まれていた。
 国際競技連盟などからは酷暑を避けるため、来年の春から初夏までの開催を求める声もあった。しかし、世界的な感染拡大の収束が見通せないため、政府や都などは開催までの準備期間をできるだけ長く確保したいとして、ほぼ1年延期する来年7月23日の開幕、8月8日の閉幕が適当と判断した。アスリートの準備期も考慮されたとみられる。
 従来の日程とほぼ同時期とすることで、各分野の運営計画を見直す際の負担を最小限に抑え、ウイルスの収束時期が見通せない中、なるべく開幕を遅らせてリスクを下げる狙いもある。
 五輪後に開催されるパラリンピックも従来計画の今年8月25日開幕から21年8月24日開幕に変更された。組織委などは新たな日程のもとで、会場確保や宿泊施設の手配など具体的な準備を進める。 大会をめぐっては今月24日、安倍晋三首相とIOCのバッハ会長との協議で1年程度延期することで合意していた。https://www.sankei.com/sports/news/200330/spo2003300022-n1.html

ホームレス女性を殺害容疑 上野、60代の男書類送検(30日)産経

警視庁上野署は30日、東京都台東区の上野公園で生活していたホームレスの70代女性を殺したとして、殺人容疑で同区に住む60代の作業員の男を書類送検した。殺人事件で容疑者を逮捕しないのは異例。同署は「逃走の恐れが低いなどの理由から身柄の拘束は必要ないと判断した」と説明している。女性の身元や男の氏名、認否は明らかにしていない。
 書類送検容疑は1月22日夕から夜の間、上野公園内で女性の頭部に暴行を加えて殺害したとしている。同署は、2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。
 捜査関係者によると、清掃員が1月23日午前、女性が公園の植え込み付近で倒れているのを発見。頭部外傷などで死亡しており、顔面にも傷があった。
 女性は22日午後に公園にいたという目撃情報があった。付近の防犯カメラの映像から男が浮上した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200330/afr2003300019-n1.html

植松聖被告の死刑確定へ 控訴取り下げ 相模原 障害者殺傷事件 (30日)NHK

相模原市の知的障害者施設で入所者19人を殺害した罪などに問われ、1審で死刑判決を言い渡された元職員の植松聖被告が、弁護士が行った控訴を30日取り下げました。これで植松被告の死刑が確定することになります。
相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の元職員、植松聖被告(30)は平成28年7月、入所者19人を殺害した罪などに問われました。
被告の弁護士は1審で「当時、被告には責任能力はなく無罪だ」と主張しましたが、横浜地方裁判所は今月16日、被告の責任能力を認め「19人もの命を奪った結果は、ほかの事例と比較できないほどはなはだしく重大だ」として検察の求刑どおり死刑を言い渡しました。
被告の弁護士は判決を不服として今月27日に東京高等裁判所に控訴していましたが、裁判所によりますと30日、植松被告本人が控訴を取り下げたということです。
これによって植松被告の死刑は、控訴できる期限を過ぎる31日午前0時に確定することになります。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357981000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

京産大の感染者13人に 都内では13人、死者3人―新型コロナ(30日)時事

京都府や和歌山県などは30日、京都産業大(京都市北区)のゼミの卒業懇親会に参加した学生5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。同大では29日までに学生8人の感染が判明。感染者は計13人となった。京都市は「大学内でクラスター(小規模な感染集団)が発生したと言って問題ない」と説明した。
夜行バスに若者次々 「東京出られなくなる」―週末控え、予定早め帰省

 感染増加が続く東京では、都内で新たに13人の感染者を確認。また、タレントの志村けんさん(70)と相模原市の80代男性、クルーズ船乗客1人の死亡が明らかになり、国内の死者はクルーズ船の乗船者を含め計69人となった。
 感染が分かった京産大の学生13人のうち10人は、欧州を旅行した1人を含め、ゼミの懇親会に参加。懇親会には計31人が参加しており、感染者はさらに増える可能性がある。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020033000747&g=soc

「緊急事態宣言した方がいい」 コロナ対策諮問委メンバー(30日)時事

新型コロナウイルス対策の政府の諮問委員会メンバーを務める日本医師会の釜萢敏常任理事は30日、日医の記者会見で、感染拡大を防ぐための緊急事態宣言について「諮問委メンバーではもう宣言した方がいいのではないかとの意見がほとんどだ」と述べ、現状が発令条件に該当しつつあるとの認識を示した。
 ただ、釜萢氏は「宣言による(社会への)インパクトは非常に大きい。総合的に判断することが必要だ」とも指摘した。緊急事態宣言の対象地域に関しては「東京だけに絞らず、周辺の県も危機的状況が近いとの認識でいる」と語り、感染者が増加する東京都以外の首都圏も対象となる可能性に言及した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020033000823&g=soc

チェーンメール〝都市封鎖〟巡るデマが拡散 国が否定「そうした予定はない」(30日)西日本

 新型コロナウイルス対策として海外で実施されているロックダウン(都市封鎖)に関する根拠のない情報が、他者に転送を促す「チェーンメール」で拡散している。西日本新聞「あなたの特命取材班」にも困惑の声が相次いで届いており、福岡県久留米市の男性に届いた無料通信アプリLINE(ライン)には〈4月1日からロックダウンという発表がある。大切な人に回して〉などと記されていた。インターネット上で出回っているうわさについて、国の新型コロナウイルス対策本部は「内容はデマ」と否定している。
 男性によると、メッセージは29日夜、2人の知人から相次ぎ届いたという。〈(都市封鎖の)期間は2~3週間で長引く可能性があるのではという見立て〉〈テレビ局のプロデューサーからの情報なので、かなり確度の高い情報〉などと記されていた。
 取材班には、他にも同様のメールやラインのメッセージが届いたという声が複数寄せられている。別のメールでは、〈3月31日までに(都市封鎖が)発動すると企業の3月決算株価に影響を与えるため、財務省が抵抗中。4月2日発動の可能性大〉などという文面もあった。
 国の新型コロナウイルス感染症対策本部にも、こうした情報について市民から多数の問い合わせが寄せられている。本部の担当者は「現在はそうした予定はない」。菅義偉官房長官も30日午後の会見で「明確に否定する」と強調した。
 また、チェーンメールの中には〈(都市封鎖の)発表後、食料品や日用品をどっと買いに行くので気をつけて〉と買いだめを想起させるような文面も。農林水産省は「主食の米や小麦をはじめ、食料品は十分な供給量を確保している。うわさや感情的な情報に左右されることなく、落ち着いた購買行動を」と呼び掛けている。
 新型コロナウイルスを巡るチェーンメールは2月末にも流布。「(ウイルスは)26~27度の温度で死ぬ」などと、うその予防法が書かれていた。(押川知美、黒田加那)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/596411/

河井前法相、県議に自ら数十万円 昨夏参院選前に手渡し、一斉聴取(30日)共同

自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の陣営による公選法違反(買収)事件で、夫の克行前法相(57)=自民、衆院広島3区=が案里氏が初当選した参院選の公示約3カ月前の昨年4月ごろ、現金数十万円を自民系会派の広島県議の関係者に手渡していたことが30日、分かった。県議が取材に証言した。
 広島地検は多数の地元議員や克行氏の後援会幹部、広島県三原市の天満祥典市長らを一斉聴取している。河井夫妻側が幅広く金を配り、票の取りまとめを依頼した可能性があるとみて捜査しているもようだ。議員らから携帯電話の提出を受けてデータを解析し、参院選前の行動を確認している。
https://www.47news.jp/national/4665036.html

夜の酒場、入店自粛を要請 小池知事が記者会見(30日)共同

東京都の小池百合子知事は30日、都の新型コロナウイルス対策会議で、「接客を伴う飲食の場で感染を疑う事例が多発している」として、ナイトクラブやバーなどへの入店を当面、控えるよう都民に呼び掛けた。新型コロナウイルスの感染拡大防止策を強化するため、従来求めていた夜間外出自粛の要請をさらに強化し、業種を例示して特に注意を求めた。
 記者会見して都内の飲食店での現状を説明する。
 都内では29日にこれまでで最多となる68人の感染が確認されるなど感染拡大の傾向が強まっていた。
https://www.47news.jp/national/4665254.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル)
対策はないのか?
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200330205201F1015418-1  法務省によると刑務所に入っている性犯罪者の再犯防止策があまり効果がないことが分かったという。
 平成24年1月から同26年12月にかけての性犯罪の受刑者が出所後に調査した。それによると受刑中に再犯防止策の受講をしなかった者の再犯率は22.5㌫で、受講した者の再犯率は15.0㌫と低かったのだ(産経新聞)
 性犯罪に限らず、犯罪白書によると平成18年には刑法犯の再犯者人数が14万9164人もいたが同30年には10万601人と32.6㌫も減っている。
 ところが再犯者率になると平成元年が30数㌫で、その後は年々増減を繰り返し、平成12年からは階段を上るように増加。ついに同30年には48.8㌫と平成で最も高い数字となった。半数近くが犯罪を繰り返しているのだ。
 これは性犯罪だけではなく刑法犯全体のことだが、政府は平成24年に再犯防止に向けた総合対策として対象者の指導をはじめ社会における居場所と出番の創出、再犯の実態調査や効果的な対策の検討などを行っている。
 さらに同28年には再犯防止推進法も施行されているが、今回の調査では性犯罪に限るがあまり効果が出ていない。
 万引などの窃盗犯と違い、性犯罪は人権無視の卑劣な犯罪。カウンセリングぐらいでは押さえきれないのではないか。
 世の中の仕組みとして赤線はなくなり、世間には女性の裸体の写真があふれ、ゲームまでが登場している。おまけに自分の娘の裸体写真までネットに公開するなど、性欲は押さえきれない。
 性犯罪に関する刑法の見直しが必要だという指摘を踏まえ、法務省は、来月、新たな検討会を設置し、実態に即した刑法の要件などを議論することになった。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_201912022029011_20200330205901

 

 

★詐欺はがき、料金後納を利用 (28日)西日本
★受け子「住む場所や携帯電話与えられ 辞めさせてもらえず」 (26日)NHK
★「受け子」住まわせ各地に派遣か (25日)NHK
★“あなたの家 消毒します” (23日)NHK
★WHO職員装い詐欺未遂で逮捕 (22日)NHK
★新型コロナ 便乗商法に注意を (21日)NHK
★特殊詐欺の容疑者逃走 指名手配し公開捜査 警視庁 (19日)NHK
★比の特殊詐欺、18人再逮捕 300万円引き出した疑い(19日)産経
★小学生の児童が留守番中に… 銀行員かたる女の不審電話 福岡市早良区の民家 (19日)西日本
★“新型ウイルスで仕事キャンセルに”53歳女 詐欺の疑いで逮捕 (15日)NHK
★SNS融資詐欺に注意! 新型コロナ乗じて勧誘―金融庁 (14日)時事

新型コロナ APAMANグループが賃貸住宅を無償貸し出しへ(30日)NHK

新型コロナウイルスの感染拡大が経済にも大きな影響を及ぼす中、賃貸住宅などを手がける「APAMANグループ」は、勤め先の倒産や解雇によって住まいを失った人を支援しようと全国およそ200部屋の賃貸住宅を無償で貸し出すことになりました。
対象となるのは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、勤め先が倒産したり解雇されたりして、住んでいた従業員寮からの退去を余儀なくされ、住まいを失った人です。
グループが所有する、東京や大阪、北海道など全国13の都道府県にある、およそ200部屋のワンルームの賃貸物件を最長でことし12月末まで無償で提供し、今月26日からホームページで申し込みを受け付けています。応募が多数の場合は地域や応募理由などを考慮して選考するとしています。
家賃以外の水道・光熱費などは自己負担で、再就職が決まれば無償提供を終えるということです。
「APAMANグループ」は、これまで東日本大震災や西日本豪雨の被災者にも賃貸住宅を無償で提供していて、「今後もできる範囲で社会に貢献していきたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357561000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

JR山手線など 週末の利用者約70%減 外出自粛呼びかけで (30日)NHK

東京都などが外出自粛を呼びかけた週末、JRの利用状況は山手線などで去年の同じ時期と比べおよそ70%減っていたことが分かりました。
JR東日本によりますと、東京都などが外出自粛を呼びかけた29日までの2日間の利用状況は、東北、北陸、上越の3つの新幹線でいずれも去年の同じ時期と比べおよそ70%減りました。
また山手線の利用状況も去年の同じ時期と比べ、およそ70%減ったといういうことです。
一方、駅別では、28日の利用者は去年の同じ時期と比べ東京駅と上野駅で82%、新宿駅で76%、渋谷駅で74%いずれも減少したということです。
JR東日本によりますと、新型コロナウイルスの影響で新幹線、在来線ともに去年と比べて利用が落ち込んでいましたが、この週末はこれまでで最も減少したということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012357631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

緊急事態宣言、損害補償を 自殺職員手記「新事実ある」―自民・石破氏(30日)時事

自民党の石破茂元幹事長は30日、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見し、新型コロナウイルス感染を防ぐための私権制限を伴う緊急事態宣言に関し、「生じた損害をどう補填(ほてん)していくか、国民が納得する誠実な政府の姿勢が求められている」と強調した。解除の条件なども明確にするよう求めた。
専門家「食料買いだめ控えて」 備蓄十分、流通も機能―店内は感染リスク増大

 学校法人「森友学園」をめぐる決裁文書改ざんに関与して自殺した財務省近畿財務局職員の手記については、当時の佐川宣寿理財局長の指示が明記されていたことなどを挙げ、「新しい事実と評価すべきものだ」と指摘。政府が再調査の必要性を否定していることに対し、「立法府として判断するのがあるべき三権分立のメカニズムだ」と語り、国会に調査委員会を設置するなどの方策を検討すべきだとの見解を示した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020033000511&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

外出禁止破り警官に殴られ死亡か ケニア、暴行相次ぐ(30日)共同

【ナイロビ共同】ケニアの地元メディアは29日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため27日に始まった夜間外出禁止に従わなかったとして、バイクタクシーの男性運転手(25)が警官に殴られ死亡したもようだと報じた。
 男性運転手の父親によると、男性はホマベイ県で27日夜、帰宅途中に意識を失うまで頭部を殴られ29日に死亡した。地元警察は「運転手が警官から逃げようとして、自損事故を起こした」と関与を否定している。
 27日に港湾都市モンバサでも、市民の帰宅を促すため警官隊が群衆に向け催涙弾を発射。せき込んだり嘔吐したりする市民が続出した。
https://www.47news.jp/news/4664409.html

和牛交配巡り虚偽報告疑い 獣医師を書類送検、宮城(30日)産経

宮城県警は30日、県産和牛の人工交配に関する書類に虚偽記載したとして家畜改良増殖法違反の疑いで、同県石巻市の男性獣医師(65)を書類送検した。獣医師が人工交配した258頭のうち30頭について、DNAが血統登録書などに記載された父親と異なっていたことが昨年発覚していた。
 送検容疑は県知事から和牛の人工授精業務について報告を求められ、昨年10月3日に虚偽記載した書面を提出したとしている。
 県は問題発覚後、複数回にわたり獣医師に報告を要求。10月に提出された書類に明らかな虚偽があるとして、12月に刑事告発した。
 県警によると、虚偽記載があったのは精液の管理に関する項目など。獣医師は容疑を認め「求められた報告に対しずさんな対応をしてしまった」と供述している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200330/afr2003300006-n1.html

溶岩流、短時間で市街地に 富士山噴火想定を改定(30日)産経

山梨、静岡両県などでつくる富士山火山防災対策協議会は30日、富士山噴火の被害を想定したハザードマップ(災害予測地図)改定の中間報告を公表した。山梨県富士吉田市や静岡県富士宮市では、噴火から短時間で溶岩流が市街地に到達する想定だ。
 現行のハザードマップは平成16年につくられたが、想定火口に現行より市街地に近い「雁ノ穴火口」(富士吉田市)や「二子山火口」(静岡県富士宮市)などが加わったため改定。被害想定範囲が広がり、市街地への溶岩流到達時間が早まった。
 想定では、雁ノ穴火口周辺が小規模噴火した場合、溶岩流は間もなく「道の駅富士吉田」をのみ込み、2時間以内に市立病院や学校周辺など住宅地に到達。6日後にかけて、北東に約10キロ離れた同県西桂町に達するとしている。
 時速100キロ以上で破壊力が大きい火砕流の到達想定も伸び、東富士五湖道路や富士山スカイラインなど主要道路が寸断するケースがあった。避難に支障が出るため、避難計画の大幅見直しが必要だ。
 記者会見した協議会会長の長崎幸太郎山梨県知事は「富士吉田の市街地に短時間で溶岩流が達するのは大きな衝撃だ。早く避難するための工夫を早急に講じたい」と語った。
https://www.sankei.com/affairs/news/200330/afr2003300007-n1.html

女子中学生誘拐疑いで教諭逮捕 車で連れ回す 北海道(30日)産経

女子中学生を連れ回したとして、北海道警札幌・西署は29日、未成年者誘拐の疑いで、北海道上士幌町の中学教諭、吉田幸大容疑者(28)を現行犯逮捕した。「家出をしたいと言ったから、自分の家に連れていった」と供述しているという。中学生にけがはなかった。
 逮捕容疑は28日夜から29日夕にかけて、母親に無断で札幌市西区の中学生を車に乗せて連れ回したとしている。
 署によると、29日朝に母親から通報を受け捜査し、夕方に中学生を吉田容疑者の自宅で発見し保護した。中学生とは会員制交流サイト(SNS)を通じて知り合った。
 上士幌町教育委員会によると、吉田容疑者は町立上士幌中学校の教諭で、吹奏楽部の顧問。「逮捕されたことは間違いないが、詳細が分からずコメントできない」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200330/afr2003300003-n1.html

大崎事件で第4次再審請求 男性殺害、服役の92歳―鹿児島(30日)時事

 鹿児島県大崎町で1979年に男性の遺体が見つかった「大崎事件」で、殺人罪などで服役した原口アヤ子さん(92)の長女が30日、鹿児島地裁に第4次再審請求を申し立てた。
 原口さんは捜査段階から一貫して無実を主張。第3次請求では鹿児島地裁、福岡高裁宮崎支部が再審を認めたが、最高裁が昨年6月、判断を覆し棄却した。
 確定判決は、原口さんらが共謀して男性をタオルで絞殺したと認定したが、第4次請求で弁護団は「基本的な死因は広範囲の急性腸管壊死(えし)と考えられる」とする救命救急医による医学鑑定など3点を新証拠として提出。医学的に絞殺はあり得ず、事件前に死亡していた可能性があると主張している。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020033000275&g=soc

事件前に牧場を複数回訪問 たてがみ切り取り疑いの女(30日)共同

 北海道日高町の牧場で昨年9月に有名馬「タイキシャトル」のたてがみが切り取られた事件で、北海道警が器物損壊の疑いで逮捕した埼玉県川口市、無職田中和世容疑者(55)が、事件前にこの牧場を複数回訪れていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。道警は下見が目的だった可能性があるとみて調べている。
 関係者によると、田中容疑者は昨年8月11日に同牧場を訪れるなど、事件前に複数回訪問。さらに事件後の今年2月下旬にも同牧場を再訪し、牧場宛てに「元気な馬たちをみて安心しました」とメールを送っていた。
https://www.47news.jp/national/4663366.html

タレントの志村けんさん死去 新型コロナによる肺炎で、70歳(30日)共同

 国民的な人気を誇った「ザ・ドリフターズ」で活躍し、笑いの一時代を築いたタレントの志村けん(しむら・けん、本名志村康徳=しむら・やすのり)さんが29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎のため死去した。70歳。東京都出身。
 20日に病院に搬送され重度の肺炎と診断。その後、新型コロナウイルスの陽性と判明し、治療を受けていた。
 ドリフターズの付き人を経て、1974年にメンバーに加わり、テレビ番組「8時だヨ!全員集合」に出演。「東村山音頭」や「ヒゲダンス」など、分かりやすいギャグで人気者になった。
https://www.47news.jp/national/4663078.html

【よど号事件50年】事件はなぜ起きた よど号グループの顛末(30日)産経

 昭和45(1970)年3月、共産主義者同盟赤軍派の学生ら9人が日航機を乗っ取り、北朝鮮へ渡った「よど号」事件から31日で50年となる。事件はどのようにおき、そしてどういった展開をたどったのか。
 よど号グループの母体である「赤軍派」は、日本共産党を離党した学生党員らが組織した過激派「共産主義者同盟(共産同)」の最武闘派によって昭和44年9月に結成された。
 東大安田講堂事件の敗北で暴力的な政治運動が支持を失う中、塩見孝也赤軍派議長は、労働者に先立って先鋭化した運動家が武力革命を行うべきだとする「前段階武装蜂起論」を掲げた。
 赤軍派はこの指導方針に導かれて武装強化し、警察当局から厳しい監視下に置かれるようになったが、44年11月、山梨・大菩薩峠で実施した軍事訓練でおよそ50人が逮捕されるなどして勢力を失い、破綻。
 この反省から塩見議長は海外の社会主義国に渡って軍事拠点とし、訓練を受け、日本革命を目指す「国際根拠地論」を打ち出した。よど号事件はこの理論に基づく「軍事作戦」の第1弾だった。
 しかし、よど号グループは北朝鮮で「主体思想」を受け入れて現地に適応。その後、対外工作が強化されると、「対応し、日本国内に極秘潜入するなどして海外での活動を積極化させるようになり、その動向は各国の治安機関から警戒されるようになっていった」(警察幹部)。
 警察当局は、欧州での日本人拉致に関与したとしてメンバーとその妻の計3人を国際手配している。石岡亨さん(62)=拉致当時(22)=と松木薫さん(66)=同(26)=は語学留学などでスペインに滞在していた55年5月ごろ、拉致された。いずれもメンバーの妻、森順子容疑者、若林(旧姓・黒田)佐喜子容疑者が関与したとされ、石岡さんについては両容疑者とバルセロナの動物園で一緒に撮影された写真が見つかっている。
 一方、英国留学中に失踪した有本恵子さん(60)=同(23)=は58年7月ごろ、別のメンバーの元妻に虚偽のアルバイト話を持ちかけられてデンマークに誘い出された。
 有本さんは同国でメンバーの魚本(旧姓・安部)公博容疑者や北朝鮮工作員の男と落ち合ったとみられている。有本さん拉致をめぐっては、元妻が自身の関与を含め、当時の経緯を日本の裁判で証言している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200330/afr2003300002-n1.html

「職質のプロ」が語る極意とは 苦情恐れる若手を危惧(30日)西日本

こんにちは、話を聞かせてもらっていいですか-。事件解決のきっかけにもなる職務質問は、警察官の基本とも言われる。福岡県警教養課の山下眞司警視(58)は九州で唯一、職質のプロとして警察庁広域技能指導官に指定されている。殺人事件の容疑者を職質で逮捕したこともある山下さん。苦情を恐れて職質に二の足を踏む若手に対し危機感を抱く。匠(たくみ)の「技」と「思い」に迫る。
 昨年11月の未明。JR博多駅付近で、ナンバー灯が切れた車が走っていた。パトカーで巡回中だった自動車警ら隊の尾崎清光警部補(38)は車とすれ違った一瞬を見逃さなかった。車を停止させ、同乗の松村真一巡査長(33)が運転していた男に声を掛けた。
男は目も合わさず、バッグを探るも運転免許証を出そうとしない。「飲酒運転ではないが、様子がおかしい」と所持品を検査。バッグから覚醒剤と注射器が見つかった。男は同県大川市立中の教諭(55)=懲戒免職=で覚せい剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。
 「不審者を探すというより、不審者かどうかを確かめるために積極的に声を掛けることが大切」と山下さんは説く。
 山下さんが職質の奥深さを知ったのは、40歳で自動車警ら隊に配属された時だった。パトカーで先輩とパトロールし、「運転には必ず心の動きが出る」と知った。パトカーを見て急に減速したり、方向転換したり…。
 忘れられない事件がある。2007年11月の未明、同県大野城市で若手とパトカーでパトロール中、1台の車が前方で突然停止した。誰も降りず動きもない。いったん通り過ぎ、振り返ると車はUターンした。
 猛追すると、車は時に歩道を爆走しながらインターネットカフェの駐車場へ。
 「パン-」。運転していた男は職質中に拳銃を1発発射し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。佐賀県武雄市で発生した人違い殺人の容疑者で行方を追っていた暴力団幹部だった。
 不自然な行動の裏には何かある-。「殺人犯とは思わなかったが、直感や疑問にこだわったのが良かった」と振り返る。
続きを読む
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/596139/

フィリピンで日本向け小型機が炎上、8人死亡(30日)TBS

フィリピンの国際空港で29日、日本に向かう予定だったチャーター便が離陸直前に滑走路上で炎上しました。搭乗者8人全員の死亡が確認されています。
 滑走路上で激しく炎を上げる機体。29日午後8時ごろ、マニラのニノイ・アキノ国際空港で、ライオン・エアが運航する小型機が離陸直前に突然、炎上しました。
 フィリピン当局によりますと、小型機には患者を日本に運ぶためにパイロットのほか医師や看護師などフィリピン人6人のほか、カナダ人とアメリカ人の合わせて8人が搭乗していましたが、8人全員の死亡が確認されたということです。搭乗者の中に日本人はいませんでした。
 また、カナダ人とアメリカ人は1人は患者で、1人は付き添いだということです。警察などが事故の原因を調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3943064.html

性犯罪 実態に即した刑法要件など検討会で議論へ 法務省 (30日)NHK

性犯罪に関する刑法の見直しが必要だという指摘を踏まえ、法務省は、来月、新たな検討会を設置し、実態に即した刑法の要件などを議論することになりました。
性犯罪に関する施策を検討するため、法務省の作業グループは被害者や専門家などからヒアリングを行って報告書をまとめました。
報告書には「現行法では、暴行や脅迫があったと認定されなければ、犯罪として認められず、実態とかい離している」とか、「同意がない性行為はレイプであると法律で定めるべきだ」など刑法の見直しが必要だといった指摘が盛り込まれています。
これを踏まえ、法務省は、来月、性犯罪の被害者などをメンバーとした新たな検討会を設置し、実態に即した刑法の要件などを議論することになりました。
検討会では法改正の必要性のほか、再犯防止策の強化や被害者支援の充実などをめぐって意見が交わされる見通しです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012356751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

来月1日から自転車保険の加入義務づけ 東京都 (30日)NHK

来月1日から東京都で自転車の利用者に損害保険の加入を義務づける条例が施行されます。大手の損害保険会社はコンビニエンスストアやスマートフォンで手軽に加入できるように工夫しています。
自転車に乗っているときに事故を起こしてけがをさせたり物を壊したりした場合の損害を補償する「自転車保険」は、各地の自治体で加入を義務づける動きが増え、来月1日からは東京都が人身事故を対象にした保険の加入を条例で義務づけます。
大手の損害保険会社では月に100円から300円程度の保険を用意し、手軽に加入できるように工夫もしています。
東京海上日動や三井住友海上は、コンビニエンスストアと組んでチケットの発券などをする端末で保険に加入できるようにしています。
また、損保ジャパン日本興亜はスマートフォンの無料通話アプリ、LINEを通じて加入の手続きができるようにしています。
一方、自転車保険が補償する内容は自動車保険や火災保険の特約になっている場合もあり、新たに加入する必要がない人もいます。各社は加入している損害保険の内容を確認してほしいと呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012356731000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

「超大型ロケット砲 きのう発射実験」北朝鮮国営メディア (30日)NHK

 北朝鮮の国営メディアは、「超大型ロケット砲」の発射実験が29日朝鮮労働党の幹部の立ち会いのもと行われたと伝えました。キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が立ち会ったかどうかは明らかにしていませんが、発射実験は成功したとしていて、今後、実戦配備される見通しです。
韓国軍は、北朝鮮が、29日午前、日本海に向けて短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体2発を発射し、およそ230キロ飛行したとしています。
これについて、30日付けの朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は国防科学院が、29日「超大型ロケット砲」の発射実験を党の幹部の立ち会いのもと行ったと伝えました。
発射実験は成功し、朝鮮人民軍に引き渡されるとしていて今後、実戦配備される見通しです。
北朝鮮としては、ミサイル技術の向上を図るとともに、新型コロナウイルスの感染が世界的に広がる中でも、軍の態勢に問題はないと国内外にアピールするねらいがありそうです。一方、労働新聞は、今回の発射にキム・ジョンウン委員長が立ち会ったかどうかは明らかにしていません。
北朝鮮による発射は今月、これが4回目で、これまでは1面に発射の写真を掲載していましたが、今回は3面で、これまでに比べると控えめな伝え方になっています。
これについて韓国の通信社、連合ニュースは「相次ぐ発射による国際社会の憂慮と非難を意識して、調整したのではないか」という見方を伝えています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200330/k10012356951000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

タイ刑務所で暴動、一部脱獄 新型コロナのうわさ引き金(30日)時事

【バンコク時事】タイ東北部ブリラム県の刑務所で29日、新型コロナウイルスが所内で発生したといううわさが引き金となって暴動が起きた。受刑者は食堂や面会室に火を放つなどして暴れ、10人が脱獄した。
【まとめ】新型コロナウイルス 感染した要人・著名人

 警察や軍が鎮圧に当たり、脱獄者のうち9人を拘束。受刑者6人が負傷した。ソムサック法相は「終身刑を言い渡された受刑者がウイルスのうわさを広めて扇動した」と語った。刑務所は2200人の受刑者を収容している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032900291&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

沖縄県警にDV対策係 離島には「半グレ」担当課を設置(30日)共同

 県警は4月1日から、「半グレ」など準暴力団対策や、ドメスティックバイオレンス(DV)・児童虐待対応などを柱として組織改編する。
 準暴力団対策としては、宮古島署と八重山署に組織犯罪対策課を新たに設置する。半グレと呼ばれる不良集団などが歓楽街を中心に活動を広げており、実態把握や取り締まり強化を目指す。
 DVやストーカーなどの人身安全事案に迅速に対応するため、県内13署(本部署を除く)に人身安全対策係を新たに設ける。児童虐待対応としては、県警職員を児童相談所に出向させ、関係機関との連携を深める。
 また警備部国境離島警備隊も新設する。尖閣諸島などの国境離島への不法上陸事案に対処するため、151人体制で警備に当たる。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/553079

家電量販店で「俺コロナ」 業務妨害容疑で42歳男逮捕(30日)共同

名古屋市内の家電量販店で店員らに対し「俺コロナだよ」と叫び、店の営業を妨害したなどとして、愛知県警中村署は29日、威力業務妨害の疑いで同市中村区の会社員岸野尚史容疑者(42)を逮捕した。同署によると、岸野容疑者に発熱などの症状はなく、「弁護士と相談してから話す」と認否を留保している。
 逮捕容疑は29日午前11時15分ごろ、中村区内の家電量販店で「俺コロナだよ。コロナだよ」と叫び、消毒作業をさせるなど店の営業を妨げた疑い。
 店側は「『コロナだ』と言っている人がいる」と中村署に通報し、営業を中断したという。同署が動機を調べている。
https://www.47news.jp/national/4661966.html

新型コロナ、世界70万人超感染 検査態勢充実で増加続く(30日)共同

【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が29日、世界全体で70万人を超えた。26日に50万人を上回ったばかりで、わずか3日で約20万人増加した。各国がウイルス検査態勢を充実させる中、感染者が増えている。死者は約3万3千人。
 感染者が最も多いのは米国で、13万人を超えた。欧州で最も大きな被害が出ているイタリアは依然、1日当たり数千人単位で増え続けており、9万7千人に上った。両国に加え中国やイラン、欧州諸国の計11カ国で1万人以上の感染者が発生している。
https://www.47news.jp/national/4662392.html

« 2020年3月29日 (日) | トップページ | 2020年3月31日 (火) »

2020年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

留置所

無料ブログはココログ