カテゴリー

« 2020年3月23日 (月) | トップページ | 2020年3月25日 (水) »

2020年3月24日 (火)

2020年3月24日 (火)

今月26日からの聖火リレー中止 東京五輪の延期確認を受け (24日)NHK

東京オリンピックをめぐって安倍総理大臣とIOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長が1年程度の延期で合意したことを受けて、26日、福島をスタートする予定の聖火リレーは、中止されることになりました。
東京オリンピックの聖火リレーは、今月26日に福島県からスタートする予定でしたが、大会組織委員会は、大会の延期の検討や、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐことを考慮し、大会の延期をめぐる判断が出るまでの間は、ランナーが走るトーチを使ったリレーは行わず、聖火をともしたランタンを車に乗せて巡回する形に変更する方針でした。
しかし、24日夜、東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、安倍総理大臣は、バッハ会長と電話会談し、1年程度の延期を提案したのに対し、バッハ会長は、全面的に同意する意向を示し、遅くとも来年夏までに開催することで合意しました。
これを受けて、26日福島をスタートする予定の聖火リレーは、中止されることになりました。
組織委員会の森会長は24日夜、記者会見し「聖火リレーはスタートせず、今後の対応を検討する。大会の延期日程にあわせた新たな聖火リレーの日程を定めて、盛大なグランドスタートができるように準備する」と述べました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012348221000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

自民、小池氏支援へ 二階氏が都連押し切る―都知事選(24日)時事

 7月5日投開票の東京都知事選をめぐり、自民党は小池百合子知事を支援する方針を固めた。党都連は独自候補の擁立を模索したが、小池氏を「勝てる候補」と推す二階俊博幹事長ら党執行部が押し切った。
衆院選、今夏~秋の臆測 五輪延期なら選択肢

 二階氏は24日、都連の高島直樹幹事長、内田茂前幹事長と都内のホテルで会談した。都知事選への対応などを協議したとみられる。
 自民党は2016年の都知事選、17年の都議選で小池氏サイドに連敗。都議会ではなお小池氏との対立が続く。今回の都知事選でも、都連内には対抗馬の擁立を目指す意見が根強かった。
 ただ、知名度の高い現職を相手に人選は難航。これまでに元スポーツ選手や閣僚経験者らの名前が浮上したが、いずれも出馬には至らなかった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032401157&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

東京五輪「遅くとも来年夏」 首相、バッハ会長会談(24日)産経

安倍晋三首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が24日夜、電話会談し、首相は7月24日に開幕予定の東京五輪について、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1年程度延期することを軸として検討するよう提案した。バッハ氏は「100%同意する」と答え、遅くとも来年夏までに東京五輪・パラリンピックを開く方針を確認した。https://www.sankei.com/tokyo2020/news/200324/tko2003240027-n1.html

防カメ見て窃盗被害が発覚 容疑の男逮捕(24日)産経

コンビニエンスストアの事務所で財布を盗んだとして、神奈川県警神奈川署は24日、窃盗の疑いで、住所不定、無職、冨樫誠容疑者(46)を逮捕した。調べに「店には行ったが、財布を取った記憶はない」と容疑を否認している。コンビニの店長は財布がなくなったことに気付いていなかったが、別の事件を捜査中の警察官が店の防犯カメラを見て、被害が発覚した。
 逮捕容疑は18日午後6時ごろ、横浜市神奈川区西神奈川のコンビニの事務所で、店長の女性(55)の現金3万6千円などが入った財布を盗んだとしている。
 署によると、18日午後7時半ごろ、コンビニ周辺で起きた事件を捜査していた警察官が、店長とともに店の防犯カメラを確認していたところ、不審な男が事務所に入る姿や財布を持ち去る様子が写っていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200324/afr2003240028-n1.html

内縁妻の娘2人に性行為、42歳に懲役9年判決 長崎(24日)朝日

内縁の妻の娘2人と性交をしたとして、監護者性交等罪に問われた建設業の男(42)の判決が24日、長崎地裁であった。小松本卓裁判長は「被害者の精神的苦痛は非常に大きく、刑事責任は相当に重い」として懲役9年(求刑懲役13年)を言い渡した。

 判決によると、男は2019年5月、長崎県内の自宅で内縁の妻の娘(当時15)と性交。同年7月には、その妹(当時14)と内縁の妻宅で性交をした。

 男側は被害者の供述は信用できないと主張。性交を否定し、監護者わいせつ罪にとどまると訴えていた。

 小松本裁判長は被害者の供述は信用できると判断。そのうえで、「被害者2人に対し数年にわたって監護者として影響力を及ぼしていた」と指摘。2人が「母親に助けを求めたら殺される」と考えていたことなどに触れ、「本来信頼を寄せるべき者に性

的自由を侵害された精神的苦痛は非常に大きい」と述べた。

 検察の冒頭陳述などによると、19年7月に妹が友人や担任に相談。学校が児童相談所に通告し発覚した。(米田悠一郎)
https://www.asahi.com/articles/ASN3S6HLRN3STOLB00G.html?iref=comtop_8_06

流れの速い川で・・・ 小学5年生3人を救助(24日)TBS

24日午後3時ごろ、熊本市東区を流れる白川で、小学5年生の男子児童3人が岩場に取り残されました。
 通行人から「子どもが川の中央付近で動けなくなっている」と通報があり、駆けつけた消防がおよそ40分後に救助しました。いずれも命に別状はないということです。
 現場は、水深1メートルほどの流れが速くなっている場所で、3人は対岸から川を歩いて渡ろうとして、岩場に取り残されたとみられています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3937455.html

小学校修了式取りやめ 担任が家庭訪問で通知票 高知 大月町 (24日)NHK

新型コロナウイルス感染拡大の影響で高知県大月町の小学校では、修了式を取りやめた代わりに担任の先生が子どもたちの家を訪れ、通知票や春休みの宿題を手渡しました。
 全校児童160人余りの大月町の大月小学校では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で修了式が取りやめになったことから、24日、担任の先生が子どもたちの家庭を訪れ、通知票や春休みの宿題を手渡しました。
 このうち、4年生の男子児童の自宅では、担任の先生が通知票などを手渡したあと、「春休みも規則正しく過ごして新学期、元気に登校してください」と声をかけていました。
 この学校では、臨時休校の間も担任の先生が家庭を訪問して宿題を回収したり、子どもたちの体調を確認したりしてきたということです。
 通知票を受け取った4年生の男子児童は「5年生になったら英語の授業に力を入れるため、春休みは発音の練習を頑張りたいです」と答えていました。
 岡崎順哉先生は「子どもの顔を見ると安心します。新学期も頑張ろうと伝えました」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012347861000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

麻薬成分含む「茶」販売、男を容疑で逮捕 サイト「薬草協会」運営(24日)共同

麻薬成分を含んだ「茶」を販売したとして、京都府警組対3課と田辺署などは24日までに、麻薬取締法違反(製造、施用ほう助)の疑いで、住所不定、農業の男(33)を逮捕した。「自分が作ったのはお茶で麻薬ではない」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は昨年7月、京都府京田辺市の大学1年の男子学生(18)に麻薬成分ジメチルトリプタミン(DMT)を含んだ樹木アカシアコンフサの粉末をハーブティーとして6千円で販売し、同成分入りの茶を作るのをほう助するなどした疑い。
 府警によると、DMTは麻薬取締法で規制され、体内に吸収すると幻覚作用がある。男子学生はこの茶を友人(18)と飲み、いずれも意識を失うなどして救急搬送されたという。
 府警の説明では、藤田容疑者は青井硝子(がらす)の名前でインターネットサイト「薬草協会」を運営し、アカシアコンフサの粉末を販売していたという。
https://www.47news.jp/localnews/4644678.html

大阪高裁も林死刑囚の再審棄却 和歌山毒物カレー事件(24日)共同

 和歌山市で1998年、夏祭りのカレーを食べた4人が死亡した毒物カレー事件で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した林真須美死刑囚(58)の再審請求で、大阪高裁(樋口裕晃裁判長)は24日、林死刑囚側の即時抗告を棄却し、再審を認めない決定をした。弁護団が明らかにした。
 弁護団は再審開始要件の「無罪を言い渡すべき新証拠」として、祭り会場に残された紙コップのヒ素が、林死刑囚の自宅で見つかったものとは異なることが判明したと主張。京都大の研究者へ独自に依頼して調べた結果、事件当時に実施されたヒ素の鑑定は手法に問題があるとしていた。
https://www.47news.jp/national/4644441.html

感染者数、東京都が最多に 新型コロナ、北海道超す(24日)共同

東京都内で確認された新型コロナウイルスの感染者数が24日までの集計で170人前後となり、都道府県で全国最多に上る見通しとなったことが都関係者への取材で分かった。同日現在で163人の北海道を上回る。
 都によると、都内では23日までに計154人の感染を確認。24日は新たに15人前後が陽性と判明した。
https://www.47news.jp/national/4644611.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)
すり犯は外国人もいる
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200324204501F1012685-1  巾着切りとして江戸時代から存在したすり犯。昨年も68歳の女すり犯が検挙された。警視庁の捜査員からは、商品の洋服を目隠しに使い、すりを繰り返していることから「幕使いの多恵子」と呼ばれていた。このすり犯が減少傾向にある。
 警察庁によると令和元年のすり犯の認知件数は3142件で前年に比べて139件の減少。検挙件数は846件で同172件の減。検挙率は26.9㌫で同4.1ポイントのダウンだった。
 過去の推移をみると刑法犯認知件数が285万件を超えた平成14年の認知件数が2万4590件だから、激減している。同時に検挙件数も4400件からかなりの減数だ。しかし、検挙率は17.9㌫にくべてアップした。
 同15年には認知件数が2万5338件もあったが、以降、減少傾向になり、同20年には1000件台に落ち、令和元年にはさらに減少して3142件と過去18年間で最も少なかった。
 一方、検挙率で過去18年間で最も少なかったのは平成15年の16.4%。その後、徐々にアップして同30年には31.0㌫と最も高かったが、元年はダウンしている。
 認知件数が減り、検挙率が上がるなんて、理想的な数字で推移しているといってもいいだろう。
 さて延期になってしまったが、国際的なスポーツの祭典オリンピックが待っている。
 実は、2002年の日韓サッカーW杯では都内で逮捕されたすり犯41人のうち20人が外国人だった。どうやら、巾着切りは外国でもさかんなようだ。
 さて、テロ防止の警備面での警戒も必要だが、刑事面でも求められている犯罪抑止。犯人が外国人であろうとなかろうと訪日外国人からは、あくまでも日本の治安は良いとみられており、やはり警察力は総合的な力が必要だ。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

F1015404-1_20200324205501





“あなたの家 消毒します” (23日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200323/k10012345751000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004 

WHO職員装い詐欺未遂で逮捕 (22日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20200322/3030006219.html

★新型コロナ 便乗商法に注意を (21日)NHK
★特殊詐欺の容疑者逃走 指名手配し公開捜査 警視庁 (19日)NHK
★比の特殊詐欺、18人再逮捕 300万円引き出した疑い(19日)産経
★小学生の児童が留守番中に… 銀行員かたる女の不審電話 福岡市早良区の民家 (19日)西日本
★“新型ウイルスで仕事キャンセルに”53歳女 詐欺の疑いで逮捕 (15日)NHK
★SNS融資詐欺に注意! 新型コロナ乗じて勧誘―金融庁 (14日)時事
★マスク販売装うメール カード不正利用被害、釧路 (10日)産経
★偽はがきで詐欺被害急増 「印刷工場」に720万人名簿も (8日)日経
★「水道管に新型コロナウイルス付着」とうそ 詐欺被害に注意 (7日)NHK
★不正送金、口座調達役を逮捕 国際詐欺グループが利用か (5日)共同
★「マスク無料」「下水道にコロナ」 便乗詐欺か、不審電話相次ぐ―新型肺炎 (5日)時事
★競馬情報など1190万円詐欺被害の男性に「被害金請求しませんか」75万円詐取 容疑で男2人逮捕 (2日)共同

職員らが「ばい菌扱い」や乗車拒否 医師感染の病院被害(24日)朝日

勤務医2人の新型コロナウイルス感染がわかった兵庫県小野市総合病院「北播磨総合医療センター」の職員や患者、その家族らが誹謗(ひぼう)中傷や風評による被害を受けた例があるとして、同センターは22日、「理解と協力」を求める文章を公式サイトに掲出した。

 同センターは、人口約27万、高齢化率30%超の北播磨地域(小野市三木市など)の高度な医療を担う中核病院。医師2人の感染が判明した12日以降、外来診療と救急、新たな入院患者の受け入れを休止した。26日から再開の予定だが、24日午後に最終判断する。

 同センターはサイト上で、職員に対して「ばい菌扱い」「引っ越し業者から引っ越しをキャンセルされる」「タクシー乗車拒否」などの実例があったと説明。また、職員と接触のなかった家族までが勤務先から出勤停止を言い渡されたり、親族が介護施設の利用を見合わせるよう言われたりするケースもあったとし、「医療従事者地域医療を守るため、身体と精神を削りながら懸命に努力している」と訴えた。https://www.asahi.com/articles/ASN3S4CF8N3SPIHB009.html?iref=comtop_8_06

路上に倒れていた男性が死亡 ひき逃げで捜査 横浜 (24日)NHK

24日未明、横浜市の県道で31歳の会社員の男性が倒れているのが見つかり、病院に運ばれましたが死亡しました。警察は現場の状況などから、ひき逃げ事件として捜査しています。
24日午前1時20分ごろ、横浜市南区中里の県道で「ドンという音が聞こえて、男性が道路で倒れている」と消防に通報がありました。
警察によりますと、近くに住む会社員、大川優太さん(31)が路上で血を流して倒れていたということで、病院に運ばれましたが全身を強く打っていて、死亡が確認されました。
これまでの調べで、現場近くを走っていた車のドライブレコーダーに、斜め前を走るセダンタイプの黒い車が現場で蛇行して急ブレーキをかける様子が記録されていたということです。
現場は、住宅街の中を走る片側2車線の見通しのよい直線道路で、警察は黒い車が走り去ったあとに大川さんが倒れていたことから、この車のドライバーが何らかの事情を知っているとみて、ひき逃げ事件として捜査しています。
神奈川県では、ことしに入って23日までに交通事故で死亡した人が全国最悪の45人に上っていて、警察は23日から集中的な取締りを始めています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012346891000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_019

水着姿の女性盗撮、停職1カ月(24日)産経

千葉県は24日、神奈川県鎌倉市で水着姿の女性2人を盗撮した企業局土地管理部の男性主幹(57)を停職1カ月の懲戒処分にした。
 千葉県によると、男性主幹は昨年8月4日午後0時20分ごろ、鎌倉市由比ガ浜の路上を歩いていたいずれも当時30代の女性の水着姿を自分のスマートフォンで動画撮影した。
 女性の知人男性2人が男性主幹の行動を不審に思い、声をかけたところ、逃げようとしたため取り押さえた。通報を受けた神奈川県警鎌倉署員が同県迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200324/afr2003240016-n1.html

男性患者同士に無理やり性的行為、看護師ら4人再逮捕、兵庫県警(24日)産経

神戸市西区の「神出(かんで)病院」の看護師ら6人が、統合失調症など重度の精神疾患がある患者を虐待したとして逮捕された事件で、兵庫県警捜査1課は24日、準強制わいせつと暴行の疑いで、元看護助手の和田元規容疑者(27)=神戸市西区北別府=と看護師ら4人を再逮捕した。いずれも容疑を認めている。
 再逮捕容疑は平成30年10月、病室内で入院中の男性患者(63)と別の男性患者(61)に無理やり2人で性的な行為をさせたほか、昨年9月にナースステーションで、同じ63歳の患者の顔や頭に粘着テープを巻き付けたとしている。
 県警は今月4日、今回の被害者と同じ男性患者同士で無理やりキスをさせたほか、男子トイレで別の男性患者(79)の顔に放水したなどとして和田容疑者ら6人を逮捕した。
 いずれも夜間勤務時の犯行で、同容疑者のスマートフォンには虐待の様子を写した動画約30本が残されており、県警は被害が判明している3人を中心に、複数の患者に虐待行為を繰り返していたとみて事件の全容解明を進めている。
 和田容疑者らはこれまでの調べに対し「患者の反応がおもしろく、仕事のストレス発散でやった」などと供述している。
https://www.sankei.com/affairs/news/200324/afr2003240019-n1.html

カメラで監視、養女を暴行 30代男に有罪判決、福岡地裁(24日)共同

12歳の養女への暴行と強制わいせつの罪に問われた30代男性被告の福岡地裁での公判で、被告が自宅に設置したカメラで養女を監視し、しつけと称して暴行を繰り返していたことが判明した。地裁は24日、「家庭内という逃げ場のない環境での常習的犯行で悪質だ」として懲役3年、保護観察付き執行猶予4年(求刑懲役3年6月)の判決を言い渡した。
 判決で川口洋平裁判官は「女児の苦痛は甚大で、犯行に弁解の余地はない」と判断。その上で妻が被告の監督を申し出たことや、被告が性犯罪者対象の専門的処遇を受ける意思を示したことを踏まえ「今回に限り社会内での更生に委ねる余地がある」と述べた。
https://this.kiji.is/615092386656273505?c=39546741839462401

<取材ファイル>「王族の末裔」かたり金集め 「建国」投資詐欺 被害総額40億円か(24日)共同

 数十兆円分の海外資産を回収して英国内に「ブライトン王国」を建国しようとする王族の末裔(まつえい)を支援してほしい-。にわかに信じ難い投資話による詐欺事件の裁判が、福井地裁で開かれている。法廷での証言や関係者への取材から、詐欺グループは、東京都内の女性の五千五十万円を含め、全国で数百人から計四十億円近くを集めたとみられる。 (梶山佑)
 「王見家という王族の埋蔵金がバチカン市国にある。末裔の王見禎宏(さだひろ)氏は身分を隠してきた。資産を移すためブライトン銀行の設立費用や渡航費を支援してほしい」
 東京都の五十代女性は二〇一三年十月、知人に港区内のホテルに誘われ、一緒に現れたグループの女から説明を受けた。皇室関係の勤務経験があり、興味をそそられた女性は「自分や家族の資産を守ることになる。年末までに一・五倍にして返す」とたたみかけられ、親族から借金し計五千五十万円を渡した。女性は法廷で「とにかく返してほしい」と訴えた。
 福井県の六十代女性は、義母がグループに八百万円を渡していたことを昨年、義母の死去後に知った。「なんでこんな話にだまされたのか」と驚く。
 起訴状によると、王見禎宏被告(66)=住所不定=と、五百旗頭(いおきべ)正男被告(71)=東京都文京区目白台一=は共謀し、一三年、都内の女性ら二人から計六千百五十万円をだまし取ったとされる。検察は、五百旗頭被告が王見被告を利用した構図とみる。
 王見被告の証言によると、同被告は広島県生まれで、父親から「王見家は孝明天皇から名字を賜った」と聞いて育った。三重県伊勢市の大学で歴史学を学ぶうち、伝承を確信。その後、不動産業に携わり、一九九三年ごろ上京。九六年、五百旗頭被告に借金した縁で行動を共にするように。
 https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202003/CK2020032402000271.html

園児の死亡事故で和解、神奈川  葉山町が5900万円賠償(24日)共同

神奈川県葉山町立葉山保育園で2016年12月、男児=当時(6)=が転倒し死亡した事故で、町が遺族に約5900万円の損害賠償を支払うことで24日、和解した。男児の両親が同日、横浜市内で記者会見し、父親(38)は「つらい思いをする人がもう出ないようにしてほしい」と語った。
 遺族側代理人と町によると、男児は16年12月13日夕、園庭で追いかけっこをしていた際、木製デッキに置いてあったサッカーゴールの網に引っ掛かり転倒。園は経過観察とし、ぐったりしていた男児の救急搬送を要請しなかった。男児は帰宅後に病院に搬送され、翌14日朝に出血性ショックで死亡した。
https://www.47news.jp/national/4644136.html

元社員、HDD窃盗認める 神奈川県庁データ保存―東京地裁(24日)時事

 神奈川県庁の行政文書を保存したハードディスクドライブ(HDD)が転売された事件で、窃盗罪に問われた情報機器再利用会社「ブロードリンク」(東京都中央区)元社員高橋雄一被告(51)の公判が24日、東京地裁(今井理裁判官)であった。高橋被告は「間違いない」と起訴内容を認めた。
「小遣い稼ぎで転売」 逮捕の元社員、中身知らず―神奈川県庁HDD流出

 検察側は冒頭陳述で、被告は廃棄のため社内に保管されていたHDDを売却目的で持ち出し、インターネットのオークションサイトに出品したと指摘。県庁のHDDも含まれており、県に寄せられた情報がきっかけで発覚したとした。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032400196&g=soc

造船所で作業員2人意識不明 救助活動続く 香川 (24日)NHK

警察によりますと24日午前、香川県多度津町の造船中の大型貨物船のタンクで、男性作業員2人が倒れているのが見つかり、現在も消防の救助活動が続いていますが、いずれも意識がないということです。
警察によりますと24日午前8時半ごろ、多度津町西港町にある今治造船丸亀事業本部の丸亀工場で、造船中の大型貨物船のタンクの中で作業員の男性2人が倒れているのを同僚が見つけ119番通報しました。
現在2人の救出作業が続けられていますが、現場に到着した消防の話ではいずれも意識がないということです。
今治造船丸亀事業本部によりますと、2人は貨物船のエンジンルームにあるタンクの清掃作業を行っていたということです。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012347021000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

強盗未遂疑いで中学生逮捕 札幌、コンビニに押し入る(24日)産経

 札幌・北署は24日、コンビニの従業員に包丁を向けて金を要求したとして、強盗未遂の疑いで札幌市北区の男子中学生(14)を現行犯逮捕した。従業員にけがはなかった。
 逮捕容疑は24日午前2時55分ごろ、札幌市北区百合が原のコンビニでレジにいた男性従業員(47)に包丁を示して「お金を出せ」と脅したとしている。店員がやめるよう説得したところ、少年は包丁を下ろしたという。
 店からの通報で駆け付けた警官が店内にいた少年を現行犯逮捕した。道警が経緯を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200324/afr2003240006-n1.html

1等陸士ら処分、秋田 窃盗、酒気帯び、無銭宿泊(24日)産経

陸上自衛隊秋田駐屯地(秋田市)は24日、現金1万3千円を盗んだほか酒気帯び運転をしたとして、第21普通科連隊の男性1等陸士(20)を懲戒免職処分に、秋田市内のホテルに無銭宿泊したとして同隊の男性陸士長(24)を停職60日の懲戒処分にしたと発表した。
 駐屯地によると、1等陸士は昨年10月下旬、秋田市内の飲食店で約5時間にわたって飲酒し、自家用車で帰宅途中に物損事故を起こした。車内を調べた警察官が他人の財布を発見し、窃盗も発覚した。今年2月、罰金35万円の略式命令を受け、全額納付した。
 無銭宿泊した陸士長は「所持金が足りずパニックとなり支払わずに出てしまった」と話しているという。今年2月、書類送検された。退職の予定。https://www.sankei.com/affairs/news/200324/afr2003240007-n1.html

2児殺害のタイ人母、信じ続けた家族の「良好」崩れ犯行か 東京・吉祥寺(24日)産経

東京・吉祥寺の駅前のマンションで23日朝、10代の兄妹が殺害されているのが見つかった。2人に手をかけたとして、警視庁に殺人容疑で逮捕されたのは、タイ国籍の実の母(41)だった。日本人の夫(38)らとの間で突然浮上した離婚問題で、親権を取られて子供を奪われるのではないかと、悩んだ末での犯行だったという。来日して約14年。築き上げた家庭を自ら壊すという選択をした彼女に何があったのか。(村嶋和樹、松崎翼)
●夫不在時の「凶行」

 「子供を殺した」。23日午前、1人の女がJR吉祥寺駅東口交番に出頭してきていた。警視庁の捜査員らが、すぐ近くのマンション一室に足を踏み入れると、幼い兄妹の遺体が横たわっていた。
 遺体のそばには、凶器に使ったとみられる包丁(刃渡り17センチ)と、果物ナイフ(刃渡り11・5センチ)が残されいた。「寝ていたところを刺した」。女はこう供述し、同日、殺人容疑で逮捕された。
 警視庁組織犯罪対策2課によると、女はフルカワ・ルディーポン容疑者。このマンションで、長男の中学1年、古川絢一(じゅんいち)さん(13)と長女の小学4年、紗妃(さき)さん(10)と暮らしていたという。夫は5年ほど前から埼玉で単身赴任しており不在だったという。

●家族の「良好」信じ続ける?
 フルカワ容疑者がわが子に手をかけたのは「家族」が引き裂かれようとしたことに端を発するという。フルカワ容疑者は義父が営む宝石店で働いてた。タイでも元々、宝石関係の仕事をしており、その関係で夫と知り合い、平成18年ごろに来日したという。
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/200324/afr2003240009-n1.html

米ハワイが全域「閉鎖」 25日から外出禁止措置(24日)共同

 【ホノルル共同】米ハワイ州のイゲ知事は23日、新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため、25日から原則として自宅にとどまるよう住民に命じる外出禁止令を出した。同州を訪れる全員に14日間の隔離を義務付ける実質的な入域規制を26日から導入することも決めており、ハワイ全域が事実上の閉鎖状態となる。
 外出禁止は4月30日まで。食料品や医薬品の調達、医療機関の受診や特定業務の従事目的の場合のみ外出を認める。年間1千万人が訪れる人気観光地の経済に大きな打撃となりそうだ。
 イゲ知事によると23日現在、同州の感染者は77人に上っている。
https://this.kiji.is/615015001654510689?c=39546741839462401

日米の感染拡大祝う赤い横断幕 中国・瀋陽、地元紙報道(24日)産経

中国紙、新京報(電子版)によると、遼寧省瀋陽市の飲食店が23日までに、米国や日本での新型コロナウイルスの感染拡大を祝う横断幕を掲げ、地元警察が調べている。
 瀋陽市内のおかゆ専門店が「米国の感染状況を熱烈に祝う。日本での感染が順調に長続きしますように」との赤い横断幕を店頭に掲げた。日本に対しては「小日本」という蔑称を使った。23日午後の時点では撤去されていたという。(共同)【主張】ウイルスと宣伝戦 中国は不毛な詭弁やめよ
https://www.sankei.com/world/news/200323/wor2003230025-n1.html

河井前法相、現金手渡しか 妻・案里氏陣営スタッフに… 地検立件視野(24日)産経

自民党の河井案里(あんり)参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した昨年の参院選をめぐる公選法違反事件で、夫で前法相の克行衆院議員(57)=自民、広島3区=が後援会幹部ら複数の陣営スタッフに現金を手渡していた疑いのあることが23日、関係者への取材で分かった。公選法では、選挙運動をする人は原則ボランティアで、車上運動員などを除く運動員への報酬は禁じられている。広島地検は同法違反(買収)の疑いもあるとみて克行氏の立件も視野に捜査している。
 また、車上運動員14人に法定上限の日当1万5千円を超える報酬を支払ったとして公選法違反の疑いで逮捕した案里氏の公設秘書、立道(たてみち)浩容疑者(54)ら3人について、地検は勾留期限の24日に刑事処分を決める見通し。立道容疑者らを起訴するほか、案里氏に対する連座制適用に向け、迅速に審理する「百日裁判」を申し立てる方向で検討しているとみられる。
 関係者によると、参院選では案里氏陣営のスタッフとして県議OBや克行氏の後援会幹部らが選挙運動に参加。このうち少なくとも、複数人が克行氏から数万~十数万円程度の現金を手渡されるなどしたという。ただ、買収として立件するには現金が選挙運動の対価といえるか見極める必要があり、地検は慎重に捜査しているもようだ。
 また陣営関係者の男性会社員が96万円を受領し、「違法性の認識があった」と地検に説明していることもすでに判明。ただ男性会社員は当時、案里氏が代表を務める自民党広島県参議院選挙区第7支部に雇用されていたとみられ、買収とみなせるかは微妙だ。
https://www.sankei.com/affairs/news/200323/afr2003230017-n1.html

 

 

 地検はこれまで夫妻を複数回、任意聴取。今回の疑惑についても事情を聴いたもようだ。今後も任意で捜査を続けるとみられる。

ベルトで首締め45歳長男死亡 容疑の76歳母親を現行犯逮捕 警視庁(24日)産経

自宅で同居する長男(45)の首をベルトで絞めて殺害しようとしたとして、警視庁東大和署は23日、殺人未遂の疑いで、東京都東大和市蔵敷、無職、井上公子容疑者(76)を現行犯逮捕した。調べに対し、「息子が殺してくれと言ったので首を絞めた」と容疑を認めている。長男は搬送先の病院で死亡が確認されており、同署は殺人容疑に切り替えて調べる。
 逮捕容疑は23日午後6時25分ごろ、自宅の都営アパートの一室で、長男の首をベルトで絞めて殺害しようとしたとしている。
 同署によると、井上容疑者は長男と50代の長女との3人暮らしで、事件当時、長女は外出して不在だった。井上容疑者は犯行直後に自ら110番通報したという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200323/afr2003230023-n1.html

学校再開、換気徹底や検温を 文科省が指針案(24日)日経

萩生田光一文部科学相は23日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた小中高校などの休校を巡り、「爆発的な感染拡大には進んでいない。原則として全ての学校が(新学期に)再開される」と述べた。再開に向け文科省がまとめた指針案が判明。室内の換気の徹底や登校時の児童生徒の検温などの留意事項を盛り込んでおり、24日に公表する。
萩生田氏は一方で、23日の記者団の取材に「これまでの警戒を緩める趣旨では全くない」と強調。春休み中や新学期以降も、感染防止への取り組みを怠らないよう呼びかけた。
指針案では学校を再開する際、専門家会議が示した「密閉空間・密集場所・密接場面」などの集団感染リスクの回避の徹底を各自治体などに求める。手洗いや換気の徹底、マスク着用、登校時の検温などを要請する考えだ。始業式や入学式、部活動や給食などで感染リスクを下げるための工夫も示す。
同省は臨時休校の指針案も作成。児童生徒が感染した場合や濃厚接触者になった場合は、出席停止の措置をとり、地域での感染拡大の状況などを総合的に考慮して学校全体や一部の休校について判断することとした。全国一斉の休校では、安倍晋三首相が3月2日から春休みまでの休校を求めると表明。政府の専門家会議は19日、感染が確認されていない地域では学校での活動を再開してもよいとの見解を示していた。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57114430T20C20A3CC1000/

共同通信の委託カメラマン 感染確認 発症から5日間業務 (24日)NHK

共同通信社が業務委託しているフリーランスの男性カメラマンが、新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。男性は芸能ニュースの映像取材などを行っていたということで、共同通信社は「関係機関と連携し感染拡大の防止に努めていく」としています。
 感染が確認されたのは共同通信社が業務委託契約をしているフリーランスの40代の男性カメラマンです。
共同通信社によりますと、男性は今月17日にせきと38度の発熱があったため都内の診療所を受診したところ肺炎と診断され、その後、仕事を休んで19日に別の病院に入院しました。
そしてウイルス検査を受け、23日、新型コロナウイルスへの感染が確認されました。
男性は芸能ニュースの映像取材や編集を行っていて、今月9日に発症してから肺炎と診断されるまで合わせて5日間、委託業務を行っていたということです。男性がどこで感染したかは分かっていないということです。
共同通信社は、取材相手や関係者に連絡したうえで男性の近くで業務をしていた職員らも自宅待機させ、社内を消毒するなどの対応を取りました。
男性は取材中マスクを着用し、現在は平熱に戻っていて、共同通信社の社内でも発熱などの症状がある人はいないということです。
共同通信社は「今後、関係機関と連携して感染拡大の防止に努めてまいります」コメントしています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012346191000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

女性2人が遭難か 新潟 群馬にまたがる巻機山 (24日)NHK

新潟県と群馬県にまたがる巻機山などに今月20日から登山に出かけた60代と50代の女性2人の行方がわからなくなっていて、警察は遭難した可能性があるとみて24日朝から捜索することにしています。
 行方がわからなくなっているのは、さいたま市の65歳の女性と東京・中野区の53歳の女性です。警察によりますと、2人は4日前の今月20日から2泊3日の予定で新潟県と群馬県にまたがる巻機山と丹後山に登山に出かけましたが、下山する予定だった22日になっても戻らず連絡がとれないと23日夕方、所属する山岳会から届け出があったということです。
2人のうち、65歳の女性の家族には22日の夕方、携帯電話のLINEで「天候が悪いので下山するのが遅くなる」と連絡がありましたが、23日からは2人とも携帯電話の電波が通じない状態が続いているということです。
警察は遭難した可能性があるとみて、24日朝から消防などと捜索することにしています。
巻機山と丹後山は、新潟県南魚沼市と群馬県みなかみ町にまたがる標高1800メートルを超える山です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200324/k10012346231000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

外務省、欧州18カ国に渡航中止勧告 感染症危険情報引き上げ―新型コロナ(24日)時事

外務省は23日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、感染者が増加しているフランスやイタリア、スペイン、ドイツなど欧州18カ国の在留邦人や渡航者に対する感染症危険情報をレベル3の「渡航中止勧告」に引き上げた。また、イラン全土もレベル3に指定した。
邦人230人、ペルーで足止め 新型コロナで空港封鎖
 これにより、英国やポルトガル、東欧諸国などを除いた欧州の大半が渡航中止勧告の対象地域となった。
 今回危険情報を引き上げた地域について、外務省は「感染者数が急速に増大するとともに、1万人当たりの感染者数も極めて高い」と指摘。その上で「感染のさらなる拡大や行動制限措置強化の可能性も念頭に、現地の最新情報の収集と感染予防に万全を期してください」と呼び掛けた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032301194&g=soc

ストップ歩きスマホ 大和市が条例制定へ 市民に努力義務(24日)共同

大和市は、スマートフォンや携帯電話を操作しながら歩く「歩きスマホ」を公共の場で防止する条例を制定する方針を決めた。通行の妨げにならない場所で立ち止まって操作するよう市民らに求め、事故やトラブルを誘発しかねない行為を防ぐ。7月の施行を目指し、4月14日まで条例素案に対する市民意見募集(パブリックコメント)を実施している。
後絶たぬ「ながら運転」 厳罰化施行、啓発に力
 市によると、啓発強化を目的に条例を制定するのは全国でも珍しい。
 条例素案では、目的を「何人もが安心して快適に通行し、利用することができる公共の場所を確保する」と明記。市民や事業者に対し、市内の道路や駅前広場、公園な ど公共の場で歩きスマホを行わず、立ち止まり、他の歩行者の邪魔にならない場所で操作しなければならない、と努力義務を課した。罰則は設けない。
 また市民、事業者、市が連携し、歩きスマホ防止に向け、情報収集や啓発活動などの施策を実施することも盛り込んだ。
 視野狭窄(きょうさく)になり、周囲への注意も散漫になる歩きスマホは危険性が指摘されて久しい。歩行者とぶつかって転倒したり、赤信号を見落として事故に遭ったりするケースも全国各地で散見されている。
 実際、市道路安全対策課が1月、小田急江ノ島線中央林間駅前で平日朝夕の通勤・通学時間帯に2時間、大和駅前で休日の昼前後に2時間、それぞれ1日ずつ調査したところ、中央林間で4506人のうち521人(11%)、大和で1617人のうち219人(13%)が歩きスマホをしていた。
 市はこれまでもチラシを配布するなど危険性を周知してきたが、なくならないため、条例の検討を始めていた。同課は「自動車や自転車の運転中に操作する行為は道交法で規制されたが、歩きスマホは規制外」と指摘。「市民の要望もあり、重大事故 が起きる前に予防的な取り組みが必要と判断した」と説明している。
 市はパブコメで集まった意見を反映した上で条例案をまとめ、市議会第2回定例会に提出する予定。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-307301.html

現金給付「早くて5月末」 西村再生相、緊急経済対策(24日)共同

西村康稔経済再生担当相は23日、テレビ東京の番組で、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策の柱として検討している国民への現金給付について「(実際の給付は)早くても5月末になる」と述べた。
 今月末に2020年度予算案が国会で成立する見込みで、その後、経済対策を実施するための補正予算案の国会審議や、給付の準備などを考えれば、現金の給付までは「一定の日程が必要だ」と説明した。
 西村氏は、当面の生活資金が苦しい家庭には、既に決定している個人向けの小口資金貸し付け特例を活用してほしいと訴えた。
https://www.47news.jp/national/4641571.html

政府対策本部、25日にも設置へ 「緊急事態宣言」も可能に(24日)共同

新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法(新型コロナ特措法)に基づく政府対策本部を、政府が25日にも設置する方向で検討していることが23日、関係者への取材で分かった。私権制限につながる緊急事態宣言を出すかどうかの議論を進めるためには、対策本部の設置が前提となるが、設置が直ちに宣言に結びつくわけではない。
 特措法によると、対策本部は専門家の意見を聞いた上で厚生労働相が「まん延の恐れが高い」と首相に報告をして設置される。関係者によると、都市部を中心に感染者が増え続けていることなどを理由に専門家会議は既に「まん延の恐れが高い」との認識を示したという。
https://www.47news.jp/national/4641917.html

« 2020年3月23日 (月) | トップページ | 2020年3月25日 (水) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ