カテゴリー

« 女子中学生が自殺か マンションで飛び降り―熊本(2日)時事 | トップページ | 中国の新型肺炎、患者1万4380人に 当局幹部ら6人免職、337人処分(2日)産経 »

2020年2月 2日 (日)

東京 青梅の強盗致死事件 被告の1人は仮釈放中 (2日)NHK

東京 青梅市の住宅に強盗に入り男性を死亡させたとして起訴された男は、別の強盗事件で服役していた刑務所から仮釈放されていた間に行方をくらまし、今回の事件を起こしていたことが捜査関係者への取材でわかりました。仮釈放後は保護観察の対象となり住居の移動は届けが必要ですが、専門家は「仮釈放しても更生しない一部の人の再犯を完全に防ぐことは難しく、対策が課題だ」と指摘しています。
 去年12月、東京 青梅市の住宅に強盗に入り、億単位の金を持っていると周囲に話していた小川和男さん(67)を殴って死亡させたとして、4人が逮捕されています。
 このうち、住宅に押し入ったとして強盗致死の罪で起訴された野村俊希被告(25)は、別の強盗事件で服役していた刑務所から仮釈放されていた間に行方をくらまし、今回の事件を起こしていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
 平成28年9月に富山地方裁判所で強盗傷害の罪で懲役4年の判決を言い渡され、長野県内の刑務所で服役していましたが、去年10月に仮釈放されました。
 刑期はことし4月までとみられ、その間は保護観察の対象となり、住居の移動には届けが必要でしたが、仮釈放から1か月後の去年11月までに行方をくらましました。
 保護観察所は被告の所在を調査してほしいと警察に協力を依頼しましたが、発見に至らず、去年12月、今回の事件が起きました。
「仮釈放」 更生や社会復帰促す目的

続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200202/k10012269621000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

« 女子中学生が自殺か マンションで飛び降り―熊本(2日)時事 | トップページ | 中国の新型肺炎、患者1万4380人に 当局幹部ら6人免職、337人処分(2日)産経 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女子中学生が自殺か マンションで飛び降り―熊本(2日)時事 | トップページ | 中国の新型肺炎、患者1万4380人に 当局幹部ら6人免職、337人処分(2日)産経 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ