カテゴリー

« 転居時の情報共有に課題…虐待死事件で半数近く(12日)産経 | トップページ | 病院内トイレの芳香剤に隠しカメラ 設置した医師を逮捕(13日)共同 »

2020年2月13日 (木)

相模原殺傷事件、次回求刑へ 遺族ら反論、負傷職員も意見(13日)共同

相模原市の知的障害者施設の45人殺傷事件で、元職員植松聖被告(30)の裁判員裁判は12日午後も横浜地裁(青沼潔裁判長)で被害者側の意見陳述が続いた。遺族らは「意思疎通できない人を殺した」とする被告の主張に「意思を表現できた」「大事な心はあった」と反論。負傷した職員も初めて出廷し、被告に「命を失う最後の瞬間まで命の大切さに向き合って」と厳刑を求めた。
 公判は証拠調べなどの手続きをほぼ終え、17日の次回公判で検察側が論告求刑する見通し。
 犠牲になった女性=当時(26)=の母親は「娘はいろんな表情で自分を表した。たくさんの人を癒やし幸せにしてくれた」と述べた。
https://www.47news.jp/national/4513750.html

« 転居時の情報共有に課題…虐待死事件で半数近く(12日)産経 | トップページ | 病院内トイレの芳香剤に隠しカメラ 設置した医師を逮捕(13日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 転居時の情報共有に課題…虐待死事件で半数近く(12日)産経 | トップページ | 病院内トイレの芳香剤に隠しカメラ 設置した医師を逮捕(13日)共同 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ