カテゴリー

« 「遼太の分まで生きる」 川崎中1殺害事件から5年(21日)日経 | トップページ | 埼玉・川口に新警察署 ベッドタウン化進み人口増(21日)産経 »

2020年2月21日 (金)

資産探るアポ電、19年に9万件超 警察庁「すぐ切って」(21日)日経

特殊詐欺グループが事前に現金の保有状況を聞き出すなどの「アポイントメント電話(アポ電)」が、2019年4~12月に全国で9万1798件確認されたことが20日、警察庁の集計で分かった。アポ電をきっかけに高齢者らが被害に遭う強盗事件が相次ぐ。同庁は「手口として急速にアポ電が広がっている」とし、資産などを尋ねる電話はすぐに切るよう呼びかけている。
 警察庁が同日公表した19年の特殊詐欺の集計(暫定値)によると、全国の警察が確認した特殊詐欺の件数は前年比5.6%減の1万6836件で、被害額は同21.3%減の301億5千万円だった。被害額は5年連続で減ったものの、300億円超えは8年連続。同庁は「依然として深刻な情勢」と分析している。
 アポ電は自宅に保管している現金の額やその場所、家族構成などを探る電話で、オレオレ詐欺などの前兆とされる。高齢者が詐欺だけでなく強盗に遭う事件が相次いでおり、警察庁は19年4月から統計を取り始めた。
 同年4~12月でアポ電は全都道府県で確認され、最多は東京の2万5558件だった。埼玉が9242件、千葉が7553件、神奈川が6790件、大阪が6730件で続き、この5都府県で全体の約6割を占めた。
 国民生活センターによると、テレビの制作会社を名乗る人物が「所得は500万円より上ですか」と電話で尋ねたり、消防職員と称する人物が「一人暮らしか」と聞いたりした事例があった。
 19年2月には、東京都江東区で80歳の女性がアポ電を受けた後に自宅で襲われ、死亡する強盗致死事件が発生。警察庁によると、アポ電をきっかけとした強盗事件は17年が1件、18年が2件、19年は11件と増加している。20年は2月17日時点で3件起きている。
続きを読む
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55894640Q0A220C2CR8000/

« 「遼太の分まで生きる」 川崎中1殺害事件から5年(21日)日経 | トップページ | 埼玉・川口に新警察署 ベッドタウン化進み人口増(21日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「遼太の分まで生きる」 川崎中1殺害事件から5年(21日)日経 | トップページ | 埼玉・川口に新警察署 ベッドタウン化進み人口増(21日)産経 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ