カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | ロシア外交官の男が出国 ソフトバンクの機密情報漏えい(10日)共同 »

2020年2月10日 (月)

富田林署逃走の罪、争う方針 「接見室の板を壊したのは別人」(10日)共同

大阪府警富田林署で2018年、接見室のアクリル板を壊して逃走したとして、加重逃走などの罪に問われた無職樋田淳也被告(32)が13日に大阪地裁堺支部で開かれる初公判で「アクリル板を壊したのは第三者だ」と主張し、加重逃走罪の成立を争う方針であることが10日、関係者への取材で分かった。
 加重逃走罪は、逮捕、勾留されている容疑者らが、拘束のための器具や施設を損壊し逃げた場合に成立する。弁護側はアクリル板を壊したのは被告ではないとして、同罪の構成要件を満たさないと主張するとみられる。
https://www.47news.jp/national/4507759.html

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | ロシア外交官の男が出国 ソフトバンクの機密情報漏えい(10日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | ロシア外交官の男が出国 ソフトバンクの機密情報漏えい(10日)共同 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ