カテゴリー

« 別のクルーズ船で外国人乗客らを「入国拒否」へ(7日)TBS | トップページ | 祭りで暴力団員の露店出店料免除 組合などに勧告 大阪(7日)産経 »

2020年2月 7日 (金)

孤独死、40~50代が2割の衝撃 不安定な雇用影響か(7日)朝日

1日に1体以上、死後1カ月あまりが経過した遺体が見つかる――。統計データがないことから、実態把握が困難だった孤独死。だが大阪府警が初めて実施した調査により、深刻化する実態が明らかになった。識者らは、国がこうした調査に取り組む必要性を訴える。

 大阪府南部の団地で昨年1月、やせこけた80代男性の遺体が見つかった。ポストにたまっていた新聞に別の住人が気づいたが、死後1カ月ほどが経過。妻に先立たれ、近所づきあいは乏しかったという。同じく府南部のアパートで昨年11月に見つかった70代男性の遺体は激しく傷み、死因は不詳だった。室内には9カ月前に賞味期限が切れた食品があり、このころに亡くなった可能性がある。遺族は「3年ほど会っていない」と府警に説明した。

大阪府警は昨年1年間に事件性がなく屋内で死亡し、死後2日以上経過して見つかった独居者(自殺含む)2996人について調べた。うち死後1カ月以上たって見つかった遺体は382体。ケアマネジャーなど介護現場の経験がある淑徳大学の結城康博教授(社会福祉学)は「臭いで気づくまで発見されなかったということ。周囲の無関心さ、孤独死への無関心さがあらわれている」という。

男性、女性の5倍以上

 

 382体のうち男性は321人で、女性の61人に比べ5倍以上。……

続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASN26778HN25PTIL01G.html

« 別のクルーズ船で外国人乗客らを「入国拒否」へ(7日)TBS | トップページ | 祭りで暴力団員の露店出店料免除 組合などに勧告 大阪(7日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 別のクルーズ船で外国人乗客らを「入国拒否」へ(7日)TBS | トップページ | 祭りで暴力団員の露店出店料免除 組合などに勧告 大阪(7日)産経 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ