カテゴリー

« 盗撮目的で着替え部屋に侵入 山梨・身延町職員を逮捕(4日)産経 | トップページ | 読売記者、覚醒剤使用疑いで逮捕 警視庁、歌舞伎町での職質が発端(4日)共同 »

2020年2月 4日 (火)

親子?首切られ死亡 室内に2人、近くに包丁 大分・宇佐(4日)西日本

3日午前11時10分ごろ、大分県宇佐市安心院町荘の山名高子さん(79)方で、男女2人が血を流して死亡しているのが見つかった。2人は首を切られており、県警は事件に巻き込まれた可能性が高いとみて捜査を始めた。高子さんは息子の博之さん(51)と2人暮らしで、亡くなったのは山名さん親子とみて、4日に司法解剖して死因を調べる。
 県警などによると、2人はダイニングキッチンであおむけに倒れており、近くに血のついた包丁が落ちていた。玄関や勝手口などは施錠されていたが、縁側のガラス戸には鍵がかかっていなかった。室内が荒らされた形跡はないという。
 関係者の話では、博之さんは安心院町の郵便局で期間雇用社員として働いており、3日朝に出勤してこないことを不審に思った同僚が自宅を訪問。台所付近のガラスに血が付着していたことから通報し、警察官が男女の遺体を発見した。
 勤務先によると、博之さんは1日午後7時15分ごろに郵便局を出た。同僚は「トラブルは聞いたことがない」という。高子さんは米や野菜を育てるなど活発で、1日には庭の木を切っているのを近所の男性が目撃している。
 現場は大分県北部の山あいで、田んぼや畑の間に民家が点在。遺体が見つかった民家は三差路に面している。 (吉川文敬、井中恵仁、鬼塚淳乃介)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/581192/

« 盗撮目的で着替え部屋に侵入 山梨・身延町職員を逮捕(4日)産経 | トップページ | 読売記者、覚醒剤使用疑いで逮捕 警視庁、歌舞伎町での職質が発端(4日)共同 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 盗撮目的で着替え部屋に侵入 山梨・身延町職員を逮捕(4日)産経 | トップページ | 読売記者、覚醒剤使用疑いで逮捕 警視庁、歌舞伎町での職質が発端(4日)共同 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト

留置所

無料ブログはココログ