カテゴリー

« 女性宅に放尿容疑、徳島地検の検察事務官を逮捕(25日)産経 | トップページ | 千葉虐待、何度も「ママ助けて」 被告父親の携帯に動画(25日)共同 »

2020年2月25日 (火)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(25、26日 単位・レベル)
被害者を守れ!
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200225205501F1014529-3  25日付の読売新聞1面トップが「被害者支援条例化進まず」。報道によると被害者やその家族が全国の自治体に必要性を要求しているのがこの条例だ。ところが制定しているのは19道府県で40%程度。
 個人的な見方だが、現代は犯人に対する人権やプライバシーを問題にすることが多い。被疑者取調室の問題をはじめ、前科は人権問題だとして一切発表しない。さらに被疑者の氏名公表問題もそうだ。
 事件の報道は終わっている。世間は日常に戻っても被害者を置き去りにしたまま。事件は解決しても被害は解決していない
 … … … … …
 警察庁によると重要犯罪になるが令和元年の犯罪被害者数は9899人。これを年齢別にみると次のようになる。
 最も被害者数が多いのは20歳代で2770人。次が13歳から19歳の2177人、0歳から12歳の1100人と続く。被害の内容は強制わいせつが多く、さらに強制性交と続く。
 一方、犯罪行為者(加害者)になると総数は7386人。やはり20歳代が最も多く1925人。これに30歳代の1556人、40歳代の1262人と続く。やはり強制わいせつでの逮捕者が多いが、強盗など罪種も多彩だ。
 問題は0歳から12歳の被害者が全年代の3番目に多いことだ。しかも、1100人のうちの904人は性犯罪の被害者。精神的なダメージも大きく、ケアが最も大事な時期。
 さらに女性に多い詐欺被害。老人を含めて救済が必要な犯罪だ。
 被疑者だけの人権を優先していまいか? 最近の刑法犯の起訴率が極めて低い。しかも、その理由を検察は発表しない。マスコミもそのまま報道する。不起訴の理由を被害者に知らせることこそ、真実を知ることができる。これも被害者の人権を軽視しているなにものでもない。
   首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_201912022029011_20200225210301


★比拠点詐欺、邦人9人逮捕 「かけ子」か、日本に移送―カード窃盗容疑・警視庁 (24日)時事
★高額の特殊詐欺被害相次ぐ 40~80代の3人が計1億3千万円 大阪  (22日)産経
★高額の特殊詐欺被害相次ぐ 40~80代の3人が計1億3千万円 大阪 (22日)産経
★資産探るアポ電、19年に9万件超 警察庁「すぐ切って」 (21日)日経
★特殊詐欺グループ「指示役」逮捕 神奈川県警、窃盗の疑い (21日)産経
★昨年の特殊詐欺301億円 カード盗急増2・8倍 警察庁「依然深刻」 (20日)産経
★高齢者、だまされ「受け子」に 特殊詐欺で新手口か―逮捕の77歳釈放・警視庁 (20日)時事
★県庁職員装い「個人情報が漏れている」 熊本県山鹿市の高齢者宅に不審電話 (19日)
★高齢者からカード詐取未遂、容疑の高3逮捕 受け子か 埼玉 (18日)産経
★詐欺未遂で起訴の男 保釈中に再び特殊詐欺か (17日)産経
★ニセ電話詐欺 カードすり替え急増 前年比3.6倍 被害75億8600万円 (17日)共同

« 女性宅に放尿容疑、徳島地検の検察事務官を逮捕(25日)産経 | トップページ | 千葉虐待、何度も「ママ助けて」 被告父親の携帯に動画(25日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 女性宅に放尿容疑、徳島地検の検察事務官を逮捕(25日)産経 | トップページ | 千葉虐待、何度も「ママ助けて」 被告父親の携帯に動画(25日)共同 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ