カテゴリー

« 2020年2月23日 (日) | トップページ | 2020年2月25日 (火) »

2020年2月24日 (月)

2020年2月24日 (月)

飲食店で現金盗み、店長振りほどき逃走 容疑で男子高校生逮捕(24日)産経

飲食店の売上金を奪い、男性店長に暴行を加えたとして、京都府警中京署は24日、事後強盗の疑いで、京都市内の私立高校3年の男子生徒(18)を緊急逮捕した。「お金を盗んだが店長に見つかり、振りほどいて逃げた」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は24日午前5時20分ごろ、京都市中京区の飲食店で売上金計5万2千円を盗み、気づいてもみ合いとなった男性店長(41)の胸ぐらをつかむなどの暴行を加えたとしている。
 同署によると、閉店後に店長が店内を物色する男子生徒を発見。男子生徒は約1年前までこの飲食店でアルバイトをしており、店長はもみ合いとなった際に、男子生徒の犯行と気がついたという。事件後、通報を受けた署員が男子生徒の自宅前で発見し、逮捕した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200224/afr2002240009-n1.html

バイク事故で声優死亡 首都高で衝突(24日)産経

24日午前9時ごろ、東京都大田区東糀谷の首都高1号羽田線で「バイクが単独で側壁にぶつかった」と目撃者から110番通報があった。警視庁高速隊によると、バイクを運転していたのは、声優、後藤淳一さん(40)=目黒区中町=で、間もなく死亡が確認された。
 高速隊によると、現場は緩やかな右カーブを抜けた直後の直線道路。後藤さんは道路左側の側壁に衝突しており、何らかの原因で運転を誤ったとみて調べる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200224/afr2002240010-n1.html

「この1~2週間が瀬戸際」 新型肺炎、専門家らが見解(24日)朝日

新型コロナウイルスの感染が国内で広がっている問題で、政府の専門家会議の有志メンバーが24日、「新型コロナウイルス感染症に関する見解」をまとめたことがわかった。「これからの1~2週間が、急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」だとして、感染拡大を防ぐ取り組みへの協力を呼びかける。

 見解は、新型コロナについて「感染の完全な防御が極めて難しいウイルス」と認めつつ、「感染の拡大のスピードを抑制することは可能」とした。その上で「感染の拡大のスピードを抑制し、可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすこと」が重要だとした。

 そのためには、1人が多数の人に感染させる事態を防ぐことが大切だとして、手を伸ばしたら届く距離で一定時間以上、多く

の人が会話するような環境がリスクが高いと注意を呼びかけた。また、高齢者や基礎疾患がある人は重症化するリスクが高いことも改めて指摘した。

 感染経路は「せきやくしゃみな…
続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASN2S62T0N2SULBJ00D.html

コロナウイルス 東京都内 新たに3人感染確認 計32人に (24日)NHK

東京都は24日、新たに会社員の男性3人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表しました。
都によりますと、新たに感染が確認されたのはいずれも都内に住む会社員で
▽50代の男性、
▽40代の男性、
▽30代の男性です。
いずれも重症ではないということです。
 50代の男性は今月14日に会食したあと19日になって発熱などの症状が出て、21日から入院しているということです。会食のあと、その場にいた人の感染が確認されたということです。
 40代の男性は今月13日に症状が出て20日から入院し、30代の男性は今月18日に症状が出て22日から入院しているということです。この40代と30代の2人は、これまでに感染が確認された人と接触した形跡は見当たらないということです。
 一方、22日、感染が確認された都内の老人保健施設の60代の男性職員は、利用者を送迎するドライバーだったということです。都は、この男性職員が運転する車に乗った利用者や、同じ施設に勤める職員の、合わせておよそ80人を「濃厚接触者」として自宅で待機してもらっているほか、健康観察を続けています。また、この施設はデイサービスなどを当面停止しているということです。
これで都内で感染が確認された人は合わせて32人になりました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012299301000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

検疫官ら新たに感染 クルーズ船で業務―厚労省(24日)時事

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で業務に当たった検疫官と同省職員の計2人について、新たに新型ウイルスへの感染を確認したと発表した。いずれも発熱などの症状で入院しており、同省が濃厚接触者の有無などを調べている。
厚労省職員をウイルス検査へ クルーズ船で作業の41人

 同船での業務をめぐっては、これまで横浜検疫所に勤務する男性検疫官ら4人の感染が判明。政府職員の感染者は6人となった。
 同省によると、新たに感染が分かった検疫官は50代男性で、3日から船内で検疫に従事し、18日に倦怠(けんたい)感を訴えた。同省職員は40代男性で、15日から船内の事務業務を担当。20日に感染が判明した別の同省職員、内閣官房職員と3人グループで作業していた。
 一方、北海道では24日、新たに札幌市内の50代男性会社員や、道内の20代女性ら計4人の新型ウイルス感染が確認された。東京都で30代~50代の男性会社員3人、石川県で50代女性と60代男性、神奈川県で50代男性会社員も感染した。
 相模原市は、22日に感染確認を発表した市内の家族4人のうち、父親の50代男性はJR東日本の社員と発表した。JR東によると、横浜線相模原駅で勤務するグループ会社社員で、接客業務はしていないという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022400454&g=soc

名古屋高速、ETC通行可能に 閉鎖の6料金所、25日から(24日)共同

名古屋高速道路公社は24日、男性事務員の新型コロナウイルス感染の影響で閉鎖していた2路線計6カ所の料金所について、自動料金収受システム(ETC)を搭載した車のみ、25日午前6時から通行可能にすると発表した。
 公社によると、2路線は名古屋市中川区と愛知県東海市をつなぐ路線と、名古屋市内を東西に走る路線。収受員が確保できないため、現金やETCカードの手渡しでは引き続き通行できない。
 公社が料金収受業務を委託している会社の60代男性事務員の感染が22日、判明した。男性と濃厚接触した可能性がある収受員ら計52人が自宅待機となっている。
https://www.47news.jp/national/4552883.html

ペット火葬用の車、火葬中に出火し作業員やけど 福岡(24日)産経

 福岡県宇美町の町道で24日午後2時すぎ、「車が燃えている」と通行人から119番があった。福岡県警粕屋署によると、ペット火葬用のワゴン車から出火し、車両後部など一部が焼損。作業員の男性(72)がやけどを負い、病院に搬送された。出張訪問型の葬儀サービスで、車内にある炉でペットの犬を火葬中だった。
 署によると、男性は出火時車外にいた。炉の付近から出火したとみられ、署が原因を調べる。
 福岡市のペット火葬業者によると、数年前からペットとの思い出の場所である自宅やその周辺で葬儀を営みたいとの希望が多く、利用者が増えているという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200224/afr2002240011-n1.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)
文書偽造が増加
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200224203901F1015363-1_20200224204001  偽造事件と言えば昨年は文書偽造事件が多かった。昨年9月に、民事訴訟を起こされたといううそのはがきを印刷したとして、有印私文書偽造などの容疑で、東京・池袋の男(35)ら4人が愛知など4道県警の合同捜査本部に逮捕されるなど印刷拠点が摘発された。架空請求詐欺に関連し印刷拠点の摘発は全国初だった。
… … … … …
 警察庁によると令和元年の偽造事件の認知件数は2327件で前年より203件減っている。
 最も多かったのは文書偽造の1488件で、これは前年より413件も増えている。便乗した訳ではないだろうが、なんと警視庁職員証偽造した19歳少年が逮捕されている。
 前年に比べて最も増加したのは有価証券偽造で192件も増えて259件だった。
 通貨偽造は328件だが大幅に減って218件の減。
 偽造事件の検挙率は86.2㌫で知能犯の中では最も高い。
 中でも支払い用カード偽造事件は141.6㌫もあった。続いて認知件数最多の文書偽造は92.3㌫もある。
 昭和の時代、偽札事件が多かったが、あの60年70年安保闘争の全盛時は、過激派逮捕の手段のひとつに文書偽造が多く使われた。昨年も警視庁が過激派を逮捕しているが、なぜか? 各社ネットからは削除されている。
  首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_201912022029011_20200224204401

 



比拠点詐欺、邦人9人逮捕 「かけ子」か、日本に移送―カード窃盗容疑・警視庁 (24日)時事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022400428&g=soc

高額の特殊詐欺被害相次ぐ 40~80代の3人が計1億3千万円 大阪  (22日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200221/afr2002210058-n1.html

★資産探るアポ電、19年に9万件超 警察庁「すぐ切って」 (21日)日経
★特殊詐欺グループ「指示役」逮捕 神奈川県警、窃盗の疑い (21日)産経
★昨年の特殊詐欺301億円 カード盗急増2・8倍 警察庁「依然深刻」 (20日)産経
★高齢者、だまされ「受け子」に 特殊詐欺で新手口か―逮捕の77歳釈放・警視庁 (20日)時事
★県庁職員装い「個人情報が漏れている」 熊本県山鹿市の高齢者宅に不審電話 (19日)
★高齢者からカード詐取未遂、容疑の高3逮捕 受け子か 埼玉 (18日)産経
★詐欺未遂で起訴の男 保釈中に再び特殊詐欺か (17日)産経
★ニセ電話詐欺 カードすり替え急増 前年比3.6倍 被害75億8600万円 (17日)共同
★特殊詐欺の受け子逮捕、長女が詐欺見破り通報 (14日)TBS
★管内の高齢者宅に市職員装う不審な電話 熊本県警人吉署が注意促す (14日)西日本
★現金詐取容疑で再逮捕 愛知県警、かけ子3人 (13日)産経

バナナジュース店から現金盗み逃走、一部始終がカメラに(24日)TBS

23日未明、埼玉県内のバナナジュース店に男が侵入し、レジから現金を盗んで逃走しました。店内の防犯カメラが、犯行の一部始終をとらえていました。
 「犯人はこちらの店のガラスドアを破って犯行に及んだということです」(記者)
 ガラスを割り、店内に侵入する男。店のカウンターを乗り越え、真っ直ぐ向かったのはレジです。目出し帽のようなもので顔を隠した男はバールのようなものを使い、力ずくでレジをこじ開けます。そして、レジが開くと次々と現金を取り出し、最後に小銭が入ったトレーを奪い、侵入からわずか40秒で店を後にしました。
 事件があったのは、23日午前2時ごろ。さいたま市大宮区内のバナナジュース店に男が侵入。レジの中の現金およそ10万円を奪い、逃走しました。バナナジュース店の店長によりますと、周辺では同様の被害が相次いでいるといいます。
 「(被害総額は)だいたい30万円いかないくらいだと思います。僕がお聞きしたのは(最近)3軒くらい同じ被害に遭われたと聞いていますね」(おおみやバナナ 椎名貴大店長)バナナジュース店の事件では、近所の住民が男が車で逃げ去るのを目撃していて、警察が窃盗事件として捜査しています。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3912775.html

比拠点詐欺、邦人9人逮捕 「かけ子」か、日本に移送―カード窃盗容疑・警視庁(24日)時事

フィリピンで特殊詐欺グループとみられる日本人36人が現地の入国管理局に摘発された事件で、警視庁など18都道府県警の合同捜査本部は24日、うち9人を日本に移送し、窃盗容疑で逮捕した。
 逮捕されたのは、いずれも住所職業不詳の今泉竜(27)、浜岡寛太郎(21)、吉田毅(59)各容疑者ら20~59歳の男。詐欺の電話をかける「かけ子」グループとみられる。
 逮捕容疑は昨年11月中旬、マニラ首都圏マカティ市のホテルから東京都渋谷区の60代女性に、警察官や財務省職員に成り済まして電話。「財務省の職員が訪問するのでキャッシュカードを封筒に入れておいてほしい」などとうそを言い、隙を見て別の封筒とすり替えて盗んだ疑い。
 警視庁によると、同種手口の被害は2018年1月~昨年12月の2年間で、全国で約1700件、15億円以上に上るといい、同グループとの関連を捜査する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022400428&g=soc

岩手の女子中学生にわいせつ疑い 群馬の男逮捕 スマホで会う(24日)産経

 盛岡西署は24日、岩手県内のホテルで女子中学生にわいせつな行為をしたとして、県青少年環境浄化条例違反の疑いで、自称群馬県伊勢崎市連取町、会社員三浦泰樹容疑者(20)を逮捕した。
 逮捕容疑は三浦容疑者が23日、岩手県内の女子中学生が18歳未満と知りながら、わいせつな行為をした疑い。
 同署によると、2人はスマートフォンのアプリで知り合い、会うのは今回が初めてだった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200224/afr2002240004-n1.html

交際トラブル? 夫や息子を車から振り落とす 容疑の50歳妻ら逮捕 大阪府警(24日)産経

ワゴン車に乗り込もうとした夫と2人の息子を車から振り落として殺害しようとしたとして、大阪府警河内署は24日、殺人未遂容疑で、車の助手席に乗っていた無職、森利佳子容疑者(50)=東大阪市吉田本町=と、森容疑者の交際相手で車を運転していた韓国籍の建築業、朴武用(ぼく・たけよ)容疑者(24)=同=を逮捕した。
 同署によると両容疑者は「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は23日午後5時10分ごろ、同市吉田の府道で、両容疑者が乗るワゴン車に乗り込もうとした森容疑者の夫と長男、次男の計3人を、車を急発進させたり蛇行運転させたりして振り落とし、殺害しようとしたとしている。3人はいずれも軽傷。
 同署は森容疑者をめぐる交際トラブルがあったとみて、詳しい経緯を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200224/afr2002240006-n1.html

 



乗用車が歯科医院に突っ込み男性死亡(24日)

23日、仙台市で乗用車が歯科医院に突っ込み運転していた男性が死亡しました。
 23日午前10時半ごろ、仙台市宮城野区の県道で、乗用車が道路沿いの歯科医院に突っ込みました。この事故で、運転していた宮城県七ヶ浜町の通信設備業・鈴木昭さん(60)が頭などを強く打ち病院に運ばれましたが、およそ4時間後に死亡しました。歯科医院は休診日で、当時、院内に人はいませんでした。
 現場は片側2車線の見通しの良い直線道路に面していて、警察は、乗用車が反対車線を突っ切って歩道に乗り上げ歯科医院に突っ込んだ可能性があるとみて事故の原因を詳しく調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3912669.html

新型肺炎、SNSで「学校を休ませろ」 過保護と批判も(24日)朝日

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、親が自分の子どもを学校や幼稚園に行かせるのを自主的に控える動きが出ている。ソーシャルメディア上で「#学校を休ませろ」と発信する人もいる一方、「休校はやり過ぎ」「過保護」と反論する人もおり、親たちは混乱を深めているようだ。

 大阪府内の小学校と幼稚園に子ども計3人を通わせる女性(35)は、1月末から3人とも休ませて自宅で勉強や運動をさせている。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためだ。

 「子どもは重症化しないといっても、子どもに感染して症状がないままウイルスを拡散させ、自分の両親や同じマンションの高齢者らにうつすのが怖い」

 親族や友人からは「考え過ぎ」などと言われるが、子どもと話し合って当分の間休むことを決めた。

 ベトナムや韓国では、ウイルス感染を懸念した休校措置が相次いでいる。一方、文部科学省は18日、子どもが感染した場合は必要に応じて学校を休業するよう求める文書を都道府県教委などにあてて出した。

 女性は「日本の学校の対応は他…
続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASN2P7VRKN2PPTIL01N.html

尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻が航行 (24日)NHK

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。
4隻は24日午前9時現在、尖閣諸島の魚釣島の西およそ32キロを航行しているということで、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012298821000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

工場や住宅の密集地域で火災 千葉 船橋(24日)NHK

24日午前、千葉県船橋市の工場や住宅などが密集する地域で火事があり、消防が消火にあたっています。
 消防によりますと、24日午前10時すぎ、千葉県船橋市栄町で「黒い煙が上がっている」という通報が複数あり、消防車や救急車合わせて21台が対応しているということです。
 NHKのカメラの映像では、黒い煙が近くを通る高速道路を覆うように、上空まであがっています。
 現場は船橋駅から南西におよそ1.5キロの、工場や住宅が密集する地域で、火災が起きた建物やけが人がいるかどうかなど詳しい情報は入っていないということです。
 近くにはJR京葉線や東関東自動車道が通っていますが今のところこの火災による影響は出ていないということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012298841000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

川崎でタクシー強盗 運転手のスマホ奪い男が逃走(24日)産経

23日午前3時35分ごろ、川崎市幸区下平間の路上で、タクシーの客の男が、運転手の男性(63)=同市中原区=の顔を殴って軽傷を負わせ、運転手のスマートフォンを奪うなどして逃走した。神奈川県警幸署によると、男は40代くらいで、身長約175センチの中肉。当時、酒に酔っていたとみられる。同署は強盗致傷の容疑で、逃げた男の行方を追っている。
 同署によると、男は犯行直前、タクシーの運転席を足で蹴るなどの行為をしていた。タクシーを降ろされた男は運転手に暴行を加え、通報しようとした運転手のスマートフォン(時価3万円相当)を奪い、乗車料金500円を支払わずに逃走したという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200223/afr2002230003-n1.html

指名手配の男逮捕 特殊詐欺グループのナンバー2か 大阪府警(24日)産経

高齢女性からキャッシュカードをだましとったとして、大阪府警捜査2課は23日、詐欺容疑などで指名手配していた、住所不定、無職の中村淳之介容疑者(27)を逮捕した。府警は既に逮捕した特定抗争指定暴力団山口組系組員の深井流(るい)容疑者(32)と同じ組の関係者で、同じ特殊詐欺グループに所属していたとみている。
 府警はこれまで、グループのリーダー格の深井容疑者や、対立する特定抗争指定暴力団神戸山口組系組員の青木竜治被告(28)=詐欺罪などで公判中=らが所属する特殊詐欺グループ計8人を摘発。府警は中村容疑者はグループのナンバー2で、報酬の分配や名簿の調達などを担当していたとみている。
 逮捕容疑は昨年5~6月、深井容疑者らと共謀し、全国銀行協会職員などをかたって千葉県の70代女性宅に電話し、キャッシュカード4枚をだましとって現金約300万円を引き出したとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200223/afr2002230006-n1.html

パトカーに追われてひき逃げ 容疑で無職男を逮捕 大阪府警(24日)産経

ミニバイクの男性をひき逃げして死亡させたとして、大阪府警茨木署は23日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同府茨木市沢良宜浜の無職、中尾裕猛(ひろたけ)容疑者(25)を逮捕した。
 逮捕容疑は同日午前4時55分ごろ、同市春日の府道交差点で、重大な交通の危険がある状態でワゴン車を運転し、同市の調理師、阪本直也さん(41)が運転するミニバイクと衝突。救助せずに逃げて死なせたとしている。
 同署によると、中尾容疑者は事故直前、現場の北約1・5キロの交差点で信号無視しており、一時同署のパトカーに追われていた。容疑を認め、「逃げたい一心で交差点に入った」と供述しているという。同日午後0時10分ごろ、家族に付き添われて同署に出頭した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200224/afr2002240001-n1.html

密室法廷の違憲性言及焦点 「菊池事件」26日判決(24日)西日本

 1952年に熊本県で起きた殺人事件で、ハンセン病患者とされた男性が隔離施設の「特別法廷」で裁かれ、無実を訴えながら死刑となった「菊池事件」を巡り、検察が再審請求しないのは違法だとして元患者6人が国に損害賠償を求めた訴訟の判決が26日、熊本地裁で言い渡される。原告らは、差別に満ちた特別法廷を違憲だと訴えており、判決がどう踏み込むのか注目される。

ハンセン病元患者ら「検察に再審請求義務」

 訴訟は、無実を訴えながら刑を執行された男性の遺族が「自身の子どもらに差別が及ぶ可能性がある」として再審請求に踏み切れなかったため、元患者らが2017年に提訴。検察官が再審を求めないことで「差別や偏見を解消する機会を奪われた」と訴えている。
「男性には何度も会って家族のように思っていた」。原告で国立ハンセン病療養所菊池恵楓園入所者自治会長の志村康さん(87)=熊本県合志市=は、男性が死刑執行される3日前、1962年9月に患者専用の医療刑務支所の小部屋で面会していた。
 当時、全国の療養所入所者たちが、男性の再審請求を支援する運動を展開。熊本市の高校に通っていた男性の娘は、周囲に菊池事件のことを知られた影響もあり、退学を迫られていた。
 志村さんは最後の面会で、娘の県外への転校手続きが無事に済んだことを男性に報告。
続きを読む
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/586610/

北海道の20代学生、重篤で人工呼吸器 新型コロナ感染(24日)朝日

 北海道は23日夜に公表した新型コロナウイルスの感染者8人(男性4人、女性4人)のうち、学生の20代女性が重篤な状態で、人工呼吸器を装着していると明らかにした。また、70代男性は酸素投与を受けており重症という。
 8人はいずれも日本国籍の20~80代で、男性4人と女性4人。

 20代女性は22日に救急車を呼び、搬送先の医療機関で肺炎が確認され、入院のうえ人工呼吸器を装着した。翌23日に新型コロナウイルスの感染が判明した。救急車を呼んだ際には発する言葉が不明瞭な状態だったという。

 70代男性は19日に発熱があり、21日に入院していた。

また、8人のうち80代男性は、22日に感染が分かった苫小牧市の70代女性の濃厚接触者。40代女性は22日公表の苫小牧市の高校3年生の濃厚接触者であることが分かったという。

 23日夜の時点で北海道で確認された感染者は計26人にのぼっている。
https://www.asahi.com/articles/ASN2S1G06N2RIIPE01X.html

天皇陛下60歳の誕生日、皇居で祝賀行事(24日)TBS

 天皇陛下が60歳の誕生日を迎えられ、皇居では祝賀行事が行われました。
 「誕生日にあたり、皆さんと祝宴をともにすることを誠にうれしく思います」
 陛下は23日午後、皇后雅子さまとともに皇居・宮殿で「宴会の儀」を催し、秋篠宮ご夫妻はじめ皇族方や三権の長ら475人と祝宴をともにされました。
 駐日大使らとの茶会にも出席した両陛下は、その後、皇居・吹上仙洞御所を訪問して、上皇ご夫妻に挨拶される予定でしたが、上皇さまに風邪の症状があることから、とりやめとなりました。赤坂御所での夕食会にも、上皇ご夫妻は出席を見送られました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3912527.html

特殊詐欺に悪用の固定電話 887件を利用停止に 警察庁 (24日)NHK

特殊詐欺に悪用された固定電話の番号を、通信事業者が警察の要請に基づいて利用停止にした措置は、対策が始まった約3か月で887件に上ることが分かりました。
 高齢者などの自宅にかかってくる特殊詐欺の電話の約8割で固定電話の番号が使われ、詐欺グループは、携帯電話からでも相手の電話機に「03」などで始まる番号を表示することができる転送サービスを悪用している実態があります。
 固定電話はこれまで、「生活に必要なインフラ」とされてきた経緯があり、犯罪に使われている疑いがあっても、原則として止めることができませんでしたが、警察が要請すれば通信事業者が電話番号の利用を止めることができる新たなルールが設けられ、去年9月から運用が始まっています。
 警察庁によりますと、去年9月から12月までの約3か月間に利用停止にしたケースは887件に上りました。
 去年1年間の特殊詐欺の被害額は、全国で301億円に上り、資産状況を電話で聞き出したうえで現金などを奪う「アポ電強盗」も相次いでいて、警察庁はさらに対策を強化することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200224/k10012298571000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

医療機関たらい回しも 疑い受診、断られ―「検査基準あいまい」・新型肺炎(24日)時事

感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、医療機関に診察を断られる「たらい回し」とも言える事態が生じている。市中感染が疑われる患者も出始めているが、ウイルス検査の要件が厳しく、すぐに受けられない人も。関係者は「検査基準があいまいで、医療現場も混乱している」と指摘する。
 厚生労働省によると、検査対象となるのは、新型肺炎患者との濃厚接触や流行地域への渡航歴があり、37.5度以上の発熱と入院が必要な肺炎が疑われる症状がある場合。ただ、実際に検査するかは医師の総合的判断に委ねられている。
 東京都内に住む公務員の30代男性は、17日に39度の高熱が出て病院に行き、台湾への渡航歴を伝えると、帰国者・接触者相談センターを案内された。センターでは検査対象外の地域と言われ、別の2カ所の病院でも設備の不備などを理由に診察を断られた。ようやく受診できた総合病院で肺のX線撮影をしたが異常はなかった。その後、回復し仕事に復帰した男性は「時期が時期だけに仕方ない」と話した。
 武漢市に滞在していた人と接触歴がある東京都新宿区の男性会社員(29)も12日夜に39度発熱し、だるさや下痢の症状が出た。同センターに連絡したが、濃厚接触ではなく一般の医療機関を受診するよう促された。都内の病院には診察を拒否され、勧められた感染症専門病院で受診した。
続きを読む
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022300336&g=soc

教員をテープで拘束、教室に放置 着任3~4カ月で最初の被害 教員間暴行(24日)共同

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、調査報告書を公表した市教育委員会の外部調査委員会が、療養中の男性被害教員(25)に対する105項目のハラスメント行為の最初を「2017年夏休み」としていることが分かった。同被害教員は17年春に初任地として同小学校へ配属されており、着任3~4カ月の早い時期からハラスメントを受けていたという。
 同調査委は、30代の加害教員Aが17年夏休みに、被害教員を養生テープで拘束して教室に放置した事案を、最初のハラスメントと認定。きっかけは特になく「ふざけ合いやからかいという関係性が、早い段階からあった」とする。この被害教員は、赴任直後にからかいの対象となったことについて「右も左も分からない中で、先輩との関係性を維持しなければ」と考えたという。
 調査委はこの被害教員に対するハラスメント行為で、加害教員側の認識は「いじめてやろうとか、教師をやめさせてやろうといった害意や敵意を持っていた事案は1件もなかった」とする。その一方で被害教員側は「当初から愉快ではなかった」とした。認識に大きな落差があり、調査委は「平均的な教員が継続的にやられるとつらいと思われるものは、行為者の主観にかかわらずハラスメント認定した」としている。
ただ、調査委が認定した105項目の中に、加害4教員が同時に行った行為は含まれなかった。調査委は、行為そのものを「(療養中の被害教員と)それぞれの関係性で行っていた」とし、4人のうち特定の教員が指示したり、4人が話し合ったりした上で行為に及んだ例はなかったとする。
 市教委は、Aを含む30代の男性教員2人について、懲戒免職を軸に検討している。(霍見真一郎)
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202002/0013141160.shtml

病院船で新型肺炎封じ込めへ 超党派議連27日に発足(24日)共同

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が拡大する中、大規模災害時や感染症の流行危機事態に医師や医療設備を乗せて治療に当たる「病院船」構想に注目が集まり始めた。閣僚から活用に前向きな発言も飛び出し、27日には超党派の国会議員らでつくる病院船の新議員連盟も発足する。国に導入を働き掛けてきた関係者は、機運をさらに高めたい意向だ。

 「配備の在り方を加速的に検討していく必要がある」。12日の衆院予算委員会で、新型肺炎に絡み病院船への見解を問われた加藤勝信厚生労働相は、こう明言した。河野太郎防衛相も14日の記者会見で、導入に向けた検討に意欲を見せた。患者を隔離して専門治療を集中的に施し、感染症を封じ込める機能が期待される病院船のニーズを、関係閣僚が相次いで認めた形だ。
続きを読む
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/586613/

« 2020年2月23日 (日) | トップページ | 2020年2月25日 (火) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

留置所

無料ブログはココログ