カテゴリー

« 2020年2月16日 (日) | トップページ | 2020年2月18日 (火) »

2020年2月17日 (月)

2020年2月17日 (月)

詐欺未遂で起訴の男 保釈中に再び特殊詐欺か(17日)産経

 高齢女性から現金100万円をだまし取るなどしたとして、大阪府警捜査2課は17日、詐欺容疑などで、兵庫県川西市一庫の職業不詳、岡野雄一容疑者(27)を逮捕した。岡野容疑者はすでに別の特殊詐欺事件で起訴されており、保釈中に再び特殊詐欺を繰り返していたとみられる。
 府警によると、岡野容疑者は平成30年12月、府内の70代女性から現金をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂容疑で逮捕され、翌31年4月までに計3件の詐欺や詐欺未遂罪で起訴された後に、保釈された。
 保釈後にも、電話をかける役「かけ子」として特殊詐欺グループに関与。保釈後に関わった特殊詐欺事件の被害は千万円を上回るとみられる。府警は、すでに起訴された事件の被害者に一定額を返済して、自身の罪を軽くするために金を集めていたとみて、捜査を進めている。逮捕容疑は共謀し、昨年5月、息子をかたって大阪府吹田市に住む70代女性に「株で失敗した」などと自宅から電話をかけ、現金100万円をだまし取るなどしたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170021-n1.html  

弁護側、承諾殺人主張へ 座間9人殺害事件(17日)産経

神奈川県座間市のアパートで平成29年、男女9人の切断遺体が見つかった事件で、強盗強制性交殺人などの罪で起訴された白石隆浩被告(29)の弁護側が「被告の罪は承諾殺人に当たる」と公判で主張する方針であることが17日、関係者への取材で分かった。
 東京地裁立川支部では、証拠や争点を整理する公判前整理手続きが続いているが、初公判の見通しは立っておらず、秋以降になるとみられる。
 関係者によると、弁護側は1月31日付で、公判での主張の予定をまとめた書面を提出。被害者から殺害の承諾を得ており、強制性交は被告の自白が中心で補強する証拠がないとしている。
 責任能力も争う姿勢で、精神鑑定の実施を求めている。東京地検立川支部は起訴前に鑑定留置を実施し、責任能力があると判断していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170023-n1.html

「高収入の手法」販売めぐり恐喝容疑、男性を不起訴処分(17日)朝日

高収入を得られる手法をネット上で販売する男性から1千万円を脅し取ったとして、警視庁が恐喝容疑で逮捕した群馬県太田市の男性(46)について、東京地検不起訴処分にした。今月5日付。

 男性は指定暴力団神戸山口組系組幹部らと2018年4月12日にマレーシアに住む日本人男性を脅し、1千万円を振り込ませたとして逮捕された。

https://www.asahi.com/articles/ASN2K6G1WN2KUTIL056.html

東京マラソン、一般参加取りやめ(17日)TBS

来月1日の東京マラソンについて一般参加者の出場を認めず200人ほどのエリート選手のみで開催すると正式に発表されました。
 「当選して喜んでおられる方々には誠に申し訳ないんですが、ここは今の状況をよく考えながら、縮小ということもやむを得ない」(小池百合子東京都知事)
 東京マラソンにエントリーしていた一般参加者はおよそ3万8千人に上りますが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて大会主催者は一般参加者の出場取りやめを決めました。出場できなかった人は来年の参加が可能ですが、今回の参加費の返金はなく、来年の参加費も別途必要だということです。
続きを読む
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3907137.html

乗用車 川に転落 男女2人死亡 千葉 九十九里 (17日)NHK

17日午後、千葉県九十九里町の漁港近くの川に乗用車が転落し、乗っていた男女2人が死亡しました。警察は身元の確認を進めるとともに転落の原因を詳しく調べています。
 17日午後3時すぎ、千葉県九十九里町小関の片貝漁港近くの川で「車が海に落ちて沈んでいった」と近くにいた男性から警察に通報がありました。
 警察と消防が救助にあたり、川に沈んでいた乗用車の中から60代くらいの男性と80代くらいの女性が救助され病院に搬送されましたが、いずれも午後5時すぎに死亡しました。
 これまでの調べによりますと、2人に目立った外傷はないということで警察は身元の確認を進めるとともに車が転落した原因を詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012289681000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

東京駅近くの国道1号線 道路陥没 深さ約4.5m けが人なし (17日)NHK

東京 千代田区にある東京駅近くの国道で、横断歩道がかかる道路の一部が陥没しているのが見つかり、国土交通省などは復旧作業にあたるとともに陥没した原因を調査することにしています。
 16日午後、東京 千代田区のJR東京駅の日本橋口の近くの国道1号線で道路の一部が陥没していると国土交通省に連絡がありました。
 国土交通省によりますと陥没したのは国道1号線の横断歩道がある部分で、穴は幅38センチ、縦80センチほどの大きさで深さはおよそ4.5メートルに達しているということです。今のところ、けが人はいないということです。
 現場は東京駅に近い、多くのオフィスビルが建ち並ぶ人通りの多い場所で、陥没した場所の付近の車道や歩道では現在も一部、交通や通行が規制されています。
 国土交通省などは復旧作業にあたるとともに下水道管などを詳しく調べ、陥没した原因について調査することにしています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012289441000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

伊勢エビを不正捕獲 大阪の警官2人書類送検―和歌山県警(17日)時事

 伊勢エビを規則に反する方法で取ったとして、和歌山県警御坊署は17日、県漁業調整規則違反(漁具漁法の制限及び禁止)容疑で大阪府警の警察官2人を書類送検した。
 同署などによると、2人は昨年12月、同県由良町の大引漁港で伊勢エビを1匹ずつ、同規則で禁じられた釣り針に引っ掛ける方法で捕獲した疑い。
 連絡を受けた警察官が現場に駆け付け発覚。伊勢エビ2匹は海に戻した。被害届が出されなかったことなどから、漁業法違反(漁業権侵害)容疑については、見送られたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021701005&g=soc

架空の小切手使った容疑で男逮捕 大阪のコンビニで被害(17日)共同

架空の小切手を使って大阪市西成区のコンビニで商品をだまし取ったとして、西成署は17日、偽造有価証券行使と詐欺の疑いで、大阪府和泉市、職業不詳上野圭悟容疑者(25)を逮捕した。府内にある複数の別のコンビニでも架空の小切手の提示が十数件あり、一部は実際に使われていた。署が関連を調べている。
 署によると、市販されている白紙の小切手に虚偽の金額、有効期間などを記載したものが使われていた。自宅からは、2万円や25万円などと記載された同様の小切手を数枚押収。容疑を一部否認している。
 被害に遭った西成区のコンビニで小切手は使えないが、店員が誤って受け付けた。
https://www.47news.jp/national/4530359.html

痴漢疑い男追跡し転落、意識不明 20代男性、もみ合って頭打つ(17日)共同

17日午前7時ごろ、東京都千代田区の都営地下鉄新宿線神保町駅で、電車内で痴漢をしたとされる男を追い掛けていた20代男性が、男ともみ合いになって階段から転落し、頭を強く打ち意識不明の状態で病院に搬送された。
 警視庁神田署は傷害の疑いで、千葉市若葉区原町、会社員品田真男容疑者(52)を現行犯逮捕した。
 神田署によると、品田容疑者は階段を下る途中で男性に体をつかまれ、一緒に高さ約2メートルの位置から転げ落ちた。その後もさらに逃走したが、別の男性らに取り押さえられた。品田容疑者は元警視庁の警部補。07年、電車内で女性の体を触ったとして逮捕され、辞職した。
https://www.47news.jp/national/4530396.html

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル)
通信傍受で48人逮捕しているが…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200217202901F1015349-1  通信傍受ー捜査機関にとって薬物などの組織犯罪捜査には最大の武器。だがどういう訳か薬物や窃盗、殺人では逮捕者があるものの、詐欺ではゼロなのだ。
 警察庁によると令和元年に通信傍受した事件数は10事件で逮捕者数は48人だった。
 最も多かったのは覚醒剤取締法など薬物事件。あるひとつの事件では携帯の傍受を287回行い、4人を逮捕。別の事件では17日間に1599回の傍受を実施して8人を逮捕。麻薬特例法違反事件で2855回の通話を傍受して13人を逮捕するなど合計4事件で36人を逮捕している。
 殺人では51回の通話を傍受して4人を逮捕。強盗事件では337回の通話を傍受して2人の逮捕。さらに窃盗事件では2事件で1296回傍受して6人を逮捕。
 ところが窃盗・詐欺では653回も実施しているものの逮捕者はゼロ。詐欺でも1254回傍受するもゼロ人だった。
 なお、同年の詐欺の認知件数は3万2212件で検挙件数は1万5905件、検挙人員は8846人。検挙率は49.4㌫だった。特殊詐欺の犯罪ツールは電話。その電話の通話を停止させて犯罪そのものを防ぐとなれば、犯人逮捕より、未然防止が大事であることは間違いない。通信傍受より通話停止だ。
 首都・東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。    

Image271_201912022029011_20200217203101

 

 

詐欺未遂で起訴の男 保釈中に再び特殊詐欺か (17日)産経
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170021-n1.html

ニセ電話詐欺 カードすり替え急増 前年比3.6倍 被害75億8600万円 (17日)共同
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/202002/CK2020021702000106.html


★特殊詐欺の受け子逮捕、長女が詐欺見破り通報 (14日)TBS
★管内の高齢者宅に市職員装う不審な電話 熊本県警人吉署が注意促す (14日)西日本
★現金詐取容疑で再逮捕 愛知県警、かけ子3人 (13日)産経
★暗号資産取引話で詐欺疑い 全国3億円被害か、男逮捕(8日)共同
★76歳男性だまして現金を・・・ 77歳女 詐欺未遂の疑い (7日)TBS
★「マスク配布」詐欺メール 新型肺炎で拡散 (6日)時事
★電子マネー買い取り業者関与か 詐欺容疑で換金役5人逮捕―警視庁 (6日)時事
★大分市の高齢者が偽電話詐欺の被害 警官名乗る男らにキャッシュカード盗まれる (西日本)
★偽電話詐欺を未然に防ぐ 金融機関が通報 熊本県警玉名署管内 (5日)西日本
★「60億円の分配可能なお金が…」 北九州市の女性が偽電話詐欺に遭う (4日)西日本

天皇誕生日の一般参賀中止  新型肺炎拡大で「人出考慮」(17日)共同

宮内庁は17日午後、新型肺炎の感染拡大を受け、天皇誕生日の23日午前に予定されていた皇居での一般参賀を取りやめると発表した。同庁の池田憲治次長は定例記者会見で「一般参賀は例年多くの方が来て、密着するので、宮内庁として感染拡大を考え、中止の判断をした」と述べた。午後の記帳も見合わせる。感染症予防での参賀取りやめは異例。
 天皇陛下の即位後初めてとなる誕生日の一般参賀は23日午前に3回催され、天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、長女眞子さま、次女佳子さまが宮殿・長和殿のベランダに立ち、東庭に集まった参賀者の祝賀に応じられる予定だった。
https://www.47news.jp/national/4529676.html

植松被告に死刑求刑 相模原の知的障害者施設殺傷事件(17日)産経

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判第15回公判が17日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれ、検察側は植松被告に死刑を求刑した。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170006-n1.html

女に禁錮4年6月 大津の園児ら16人死傷事故判決(17日)産経

大津市の交差点で昨年5月、車2台が衝突し保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)やストーカー規制法違反などの罪に問われた右折車の新立文子被告(53)の判決が大津地裁であった。大西直樹裁判長は17日、禁錮4年6月(求刑禁錮5年6月)を言い渡した。当初判決予定だった1月の公判で、被告が従来の主張を変え起訴内容の一部を争うとしたため、審理が再開され判決が延期されていた。
 判決理由で大西裁判長は「対向車を確認するという最も基本的な注意義務を怠った被告の過失は重大だ。園児らが死傷した結果も極めて重い」と指摘。遺族らの被害感情も強く、被告が今後車を運転しないと述べていることなどを考慮しても、実刑が相当だとした。
 判決に先立ち検察側は改めて論告し「被告に反省は認められず、被害者に肉体的、精神的負担を与えた」とした上で、従前通り禁錮5年6月を求刑していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170008-n1.html

任意同行求めた男が突然逃走、靴脱げ素足で 埼玉・川越(17日)産経

17日午前7時55分ごろ、埼玉県警の捜査員が、強要事件の捜査で同県川越市仙波町の男(35)の自宅を訪れ任意同行を求めたところ、男が逃走した。
 県警によると、約1時間の家宅捜索を行った後、男に川越署への任意同行を求めると、突然走り出し逃げ去った。
 男は身長約170センチで、左胸に2006年トリノ五輪のロゴマークが入った白いダウンジャケットと黒いスエットを着用していた。逃走中に靴が脱げたため、素足だったという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170010-n1.html

元特捜部長、起訴内容否認 男性死亡事故の初公判(17日)産経

男性を乗用車ではねて死亡させたとして自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反の罪に問われた元東京地検特捜部長で弁護士の石川達紘被告(80)は17日、東京地裁(三上潤裁判長)の初公判で「誤ってアクセルペダルを踏んでいない」と、起訴内容を否認した。「亡くなった被害者、遺族に心からおわびする」と謝罪の言葉も述べた。
 石川被告は平成元年に特捜部長に就任。福岡、名古屋の両高検検事長を経て13年に退官し、弁護士登録した。
 起訴状によると、30年2月18日、誤ってアクセルを踏み込んで乗用車を急発進させ、約320メートルにわたり時速100キロを上回る速度で暴走し、東京都港区の歩道上にいた男性=当時(37)=をはねて死亡させ、店舗に突っ込んだとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170012-n1.html

塗装会社寮で従業員殺害 外国人男、刃物持ち逃走か―三重県警(17日)時事

 17日午前7時25分ごろ、三重県四日市市東富田町にある塗装会社の従業員寮で、「ミャンマー人同士がけんかをして、一方が刺された」と会社の代表者から110番があった。県警四日市北署員が駆け付けたところ、男性が血を流して死亡しているのが見つかった。
 県警は、同社従業員のミャンマー人とみられる男が刃物を所持したまま逃走したとみて、殺人容疑で行方を追っている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021700346&g=soc

覚醒剤1.8キロ、中国から密輸 42歳の女逮捕、石川(17日)共同

 石川県警は17日までに、中国から航空機で覚醒剤約1.8キロを密輸しようとしたとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで同県野々市市、無職川村灯容疑者(42)を逮捕した。
 逮捕容疑は氏名不詳の者と共謀、1月6日に中国の上海浦東国際空港から、覚醒剤約1.8キロが入ったキャリーバッグを小松空港(同県小松市)行きの航空機に預けて、国内に持ち込もうとした疑い。
https://www.47news.jp/national/4528573.html

快速にはねられ女性死亡 JR中央線、7万5千人影響(17日)産経

17日午前6時40分ごろ、東京都国分寺市のJR中央線国分寺駅で、停車しようとした武蔵小金井発高尾行き快速電車が女性をはねた。女性は50代ぐらいで即死。警視庁小金井署は自殺とみている。乗客にけがはなかった。
 JR東日本によると、中央線快速は東京-高尾間で一時運転を見合わせた。新宿発松本行き特急あずさ1号が40分遅れるなど中央線の計43本に運休や遅れが出て、約7万5千人に影響した。電車の運転士は女性に気付いて、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170001-n1.html

常磐道あおり殴打の男、東名の事故でも逮捕状 静岡県警が捜査(17日)産経

浜松市の新東名高速道路で昨年6月にあおり運転し同乗者にけがをさせたとして、静岡県警が自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで、住所不定、会社役員、宮崎文夫被告(44)の逮捕状を取った。捜査関係者が17日明らかにした。宮崎容疑者は、茨城県の常磐自動車道のあおり運転殴打事件で強要と傷害の罪で起訴されている。
 捜査関係者によると、宮崎容疑者は昨年6月8日未明、浜松市北区の新東名高速上り線で、トラックに蛇行運転や幅寄せなどを繰り返した上で衝突、同乗の50代女性に軽傷を負わせた疑いが持たれている。
 宮崎容疑者は愛知県岡崎市の新東名高速でも昨年7月にあおり運転をしたとして、強要罪で追起訴されている。
https://www.sankei.com/affairs/news/200217/afr2002170002-n1.html

 

成田空港 覚醒剤密輸が過去最多(17日)NHK

成田空港で、去年1年間に摘発された覚醒剤の密輸事件は144件、押収量は400キロ近くに上り、いずれも過去最多になったことが税関のまとめで分かりました。
 東京税関成田税関支署によりますと、成田空港で去年1年間に摘発された覚醒剤の密輸事件は前の年の3倍以上の144件、押収量は6.5倍の393キロに上り、いずれも過去最多になりました。
 国別に見ますと、最も多かったのがタイからの密輸で44件、続いてメキシコからが19件、マレーシアからが15件で、覚醒剤を豆やアメといった食品に偽装するなど、手口が巧妙化しているということです。
 去年8月には、8人の「運搬役」のタイ人が団体のツアー客に紛れて相次いで来日し、覚醒剤を短期間に集中的に運ぶ「ショットガン方式」と呼ばれる密輸の手口で摘発されました。
 成田税関支署は、「極めて深刻な状況だ。国内外の捜査機関と連携して取り締まりを強化したい」と話しています。
 また、金の密輸事件については去年1年間で28件が摘発されましたが、このうち16件は消費税の税率が10%に引き上げられた10月以降、2か月間のケースでし た。
 税関は、消費税がかからない海外で金を購入したあとに日本に密輸して売りさばき、消費税分の利ざやを稼ごうとする事件が増加する傾向にあるとみて警戒しています。https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20200215/1080009890.html

ニセ電話詐欺 カードすり替え急増 前年比3.6倍 被害75億8600万円(17日)共同

警視庁は、昨年1年間に都内であったニセ電話詐欺の被害状況を公表した。被害額は75億8600万円(前年比12億8750万円減)で、未遂を含む件数は3815件(同370件減)だった。高齢者の自宅を訪れ、キャッシュカードを偽物とすり替える手口の被害が前年比3.6倍の974件と急増し、被害額の25%を占めている。
 すり替えの手口はまず、警察官や金融庁の職員を装った犯人が高齢者宅を訪れ、「あなたのキャッシュカードが不正利用されている」とうそを言い、暗証番号を聞き出して、カードを受け取って封筒に入れる。その上で、「印鑑が必要」と言い、高齢者が目を離した隙に封筒からカードを抜き取り、別のカードを入れて渡すという。
 同庁犯罪抑止対策本部の大嶺忍対策官は「警察や金融庁職員がキャッシュカードを自宅で確認することはない」と注意を呼びかけている。   (井上真典)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/202002/CK2020021702000106.html

東京で住宅火災相次ぎ男女3人が死亡(17日)産経

東京都内で16日、住宅火災が相次ぎ、60~90代とみられる男女計3人が死亡した。
 午前11時15分ごろ、練馬区早宮の民家で、近隣住民から「煙が出ている」と110番通報があった。火は約2時間半後に消し止められたが、木造2階建ての民家と物置が全焼。2階から高齢女性2人が救助されたが、いずれも搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁練馬署はこの家に2人で住む90代と80代の姉妹とみて、身元の確認を急いでいる。
 また、午前3時45分ごろには、墨田区本所の木造2階建ての民家から出火した。本所署によると、2階から男性が救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。この家に1人で住む60代の男性とみられる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200216/afr2002160010-n1.html

遊漁船の釣り客ら8人けが 防波堤に衝突、茨城(17日)産経

16日午後0時20分ごろ、茨城県鹿嶋市の鹿島灘漁港で防波堤に遊漁船が衝突し、乗船していた23人のうち、釣り客6人を含む男性8人がけがをした。鹿島海上保安署によると、けがの程度は不明だが、命に別条はない。
 6人は東京都、埼玉、千葉、静岡の各県から来た成人。ほかに船長=鹿嶋市=と船員=茨城県阿見町=が負傷した。
 同署によると、遊漁船は同日早朝に出港。釣りを終えて戻ってきた際、船首右側を防波堤先端のコンクリート部分にぶつけた。
 同署は、船長に事情聴取するなど原因を調べる。
https://www.sankei.com/affairs/news/200216/afr2002160011-n1.html

天皇陛下60歳に、即位後初の誕生日 皇室17~23日(17日)朝日

 天皇皇后両陛下や皇族方の予定を毎週更新します。皇室の方々は様々な行事や式典、宮中祭祀(さいし)などで多忙な日々を送っています。紙面では掲載しきれない公務も紹介します。

宮内庁は17~23日の予定を発表した。天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎える。即位後初めての天皇誕生日で、同日は今年から祝日となる。皇居・宮殿では、皇后雅子さまや皇族方が参加する行事が予定されている。秋篠宮家の長女眞子さまと次女佳子さまは18日、国内外の青年を客船に乗せて世界を回る「世界青年の船」の参加代表者らと面会する。退位後の公務の見直しで、お二人が引き継いだ。(表記は宮内庁発表に準じます。予定は変更されることがあります)

天皇皇后両陛下、愛…

残り:858文字/全文:1161文字

https://www.asahi.com/articles/ASN2G5STDN2GUTIL03Q.html

女性はねられ死亡 岩手県職員を逮捕 酒気帯び運転などの疑い (17日)NHK

16日夜、岩手県釜石市で横断歩道をわたっていた80代の女性が乗用車にはねられ死亡し、警察は乗用車を運転していた56歳の岩手県職員の男から基準を超えるアルコールが検出されたことから、酒気帯び運転などの疑いで逮捕しました。 
 逮捕されたのは、岩手県水産技術センターの利用加工部長、田老孝則容疑者(56)です。警察によりますと、16日午後7時ごろ、岩手県釜石市新町で横断歩道をわたっていた近くに住む澤田孝子さん(87)が乗用車にはねられ、頭を強く打って死亡しました。
 警察官が駆けつけたところ、乗用車を運転していた田老容疑者から基準を超えるアルコールが検出されたことから、過失運転傷害と酒気帯び運転の疑いでその場で逮捕しました。
 田老容疑者は、酒を飲んだあと車を運転したことを認めているということで、警察は容疑を過失運転致死に切り替えて詳しい状況を調べています。
 現場はJR釜石駅からおよそ2.5キロメートル離れた商業施設や住宅が密集した地域で、横断歩道に信号機はありませんが見通しはよいということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012288431000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

武漢からのチャーター機第5便 羽田に到着 65人搭乗 (17日)NHK

新型のコロナウイルスの感染拡大で、中国・湖北省から帰国を希望する日本人と、中国籍の配偶者などを乗せたチャーター機の第5便が、午前7時前に羽田空港に到着しました。
 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、政府は、中国の湖北省に滞在する日本人の帰国を支援するため、これまでに4便のチャーター機を派遣し、合わせて763人が帰国しています。
 そのチャーター機の第5便が16日夜、羽田空港を飛び立ち、日本時間の17日午前0時45分すぎ、湖北省の武漢の空港に到着しました。
 そして、17日午前4時20分ごろに武漢を出発し、羽田空港には午前7時前に到着しました。
 チャーター機の第5便には帰国を希望する日本人36人と、日本人の配偶者など中国籍の人たち29人の合わせて65人が乗ったということです。
 日本政府は、この第5便をもってチャーター機による帰国支援に、ひと区切りをつけたいとしています。厚生労働省によりますと、第5便でも機内で医師や看護師が帰国した人、一人一人、発熱やせきなどの症状がないかを確認し、症状のあるなしにかかわらず、医療機関でウイルス検査を受けてもらうということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200217/k10012288531000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

米国人乗せたチャーター機出発 クルーズ船から退避、本土で隔離―新型肺炎(17日)時事

 新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から退避する米国人の乗客乗員を乗せた米政府のチャーター機2機が17日朝、羽田空港を出発した。
 2機はそれぞれカリフォルニア州とテキサス州の空軍基地に向かい、乗客らは到着後、感染の有無を見極めるため14日間隔離される。 ロイター通信によると、船内では16日、防護服姿の米当局者らが乗客の部屋を個別に訪ね、下船するかどうか意思確認。
 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、約400人の米国人のうち300人が船を下りたと伝えた。乗客らはその後、船が停泊する横浜市の大黒ふ頭で自衛隊の運行するバス約10台に分乗し、羽田空港へ向かった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020021700155&g=soc

JR東が東北新幹線の変革に着手 山形に新車両、福島駅工事(17日)共同

JR東日本が東北・山形新幹線のスピードアップと時間短縮に向け、駅や車両のリニューアルに乗りだした。山形新幹線「つばさ」に、2023年春をめどに新型車両の導入を検討。ダイヤ編成の“ボトルネック”になっている東北と山形が合流する福島駅の線路構造を変える大規模改良工事にも着手し、駅周辺で用地買収の作業に入った。関係者への取材で16日分かった。
 同社は東北新幹線での最高時速360キロを目指し、新型試験車両「ALFA―X(アルファ・エックス)」の走行実験を継続中。31年春には北海道新幹線の札幌延伸が予定されており、利便性向上や空の便との競争も視野に時間短縮を狙う。
https://www.47news.jp/national/4526958.html

会社の仮想通貨350万分移転か 元社員、背任疑いで再逮捕(17日)共同

IT関連会社「VIPSTAR」が保有する当時のレートで計約350万円相当の暗号資産(仮想通貨)「VIPSTARCOIN」を勝手に自分の口座に移し会社に損害を与えたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は16日、背任の疑いで元社員鬼塚勇人容疑者(25)=東京都練馬区=を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者らによると、VIPSTARCOINはインターネットコミュニティー発祥で、店舗での決済や被災地への寄付を目的に開発された。同社が発行に関わっている。
 同社は18年4月設立で、鬼塚容疑者はサーバーの管理などを担当していた。
https://www.47news.jp/national/4526957.html

« 2020年2月16日 (日) | トップページ | 2020年2月18日 (火) »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ