カテゴリー

« 6府県で特定抗争暴力団指定発効 山口組と神戸山口組(6日) | トップページ | 韓国大統領「日本が輸出規制撤回なら両国関係は発展」 (7日)NHK »

2020年1月 7日 (火)

カジノ管理委が発足 IR汚職事件のさなか(7日)時事

カジノを含む統合型リゾート(IR)に関し、国の行政機関として事業者の規制・監督を担う「カジノ管理委員会」が7日、発足した。IR事業をめぐっては、東京地検特捜部が汚職事件を捜査中。政府はIRをてこに海外からの観光客誘致を進めたい考えだったが、IRにまつわるマイナスイメージも広がっているだけに、今後の準備に微妙な影響を与えそうだ。

 カジノ管理委は内閣府の外局として置かれ、カジノ運営に必要な免許を事業者に与える権限を持つ。適正な運営が行われているかを確認するため、事業者に報告を求めたり、立ち入り検査したりでき、不正が発覚した場合、免許取り消しを含めた行政処分を行える。この他、ギャンブル依存症対策も担当。今後、事業者を規制・監督するための具体的なルール作りなどを進める。
 カジノ管理委は委員長と4人の委員で構成し、委員長には元福岡高検検事長の北村道夫氏(67)が就任。北村氏は10日に記者会見する見通しだ。委員は、元名古屋国税局長の氏兼裕之(63)、慶応大大学院特任教授の遠藤典子(51)、元警視総監の樋口建史(66)、精神科医の渡路子(46)各氏が務める。
 政府は法律に基づき、誘致希望自治体の中から最大3カ所のIR設置を認める計画で、1月中にも選定基準などを示す「基本方針」を公表する予定。手続きが順調に進めば、早ければ2020年代半ばにも開業するとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010700410&g=soc

« 6府県で特定抗争暴力団指定発効 山口組と神戸山口組(6日) | トップページ | 韓国大統領「日本が輸出規制撤回なら両国関係は発展」 (7日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6府県で特定抗争暴力団指定発効 山口組と神戸山口組(6日) | トップページ | 韓国大統領「日本が輸出規制撤回なら両国関係は発展」 (7日)NHK »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ