カテゴリー

« 毒入りタピオカで不倫相手の妻狙う 誤って別の女性死亡(2日)朝日 | トップページ | 新生児放置し死なせた疑い、東京 31歳の母親を逮捕(3日)共同 »

2020年1月 3日 (金)

ゴーン元会長の国際逮捕手配書を受領 レバノン法相 (3日)NHK

海外への渡航を禁じられていた日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告が秘密裏に中東のレバノンに出国した問題で、レバノンのセルハン暫定法相が、NHKのインタビューに応じ、ゴーン元会長についてのICPO=国際刑事警察機構の国際逮捕手配書を受け取ったことを明らかにしました。
 日産自動車のゴーン元会長は、みずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した罪などで起訴され、保釈中は海外への渡航が禁じられていましたが、「不公正な日本の司法から逃れるためだ」として秘密裏に日本を出国し、先月30日にレバノンに入国しました。
  この問題について、レバノンのセルハン暫定法相が、2日、首都ベイルートでNHKのインタビューに応じました。
 この中で、セルハン暫定法相は、「ゴーン氏は合法的な書類を持ってレバノンに入国した。空港の治安当局は、何の不備もないことを確認している」と述べて、ゴーン元会長がレバノンで滞在していることに問題はないという認識を示しました。
 そのうえで、ゴーン元会長についてのICPO=国際刑事警察機構の国際逮捕手配書を受け取ったことを明らかにするとともに、「法律に基づき、ゴーン氏に話を聞くなど必要な捜査を行う」としています。


仏副経済相「身柄を日本に引き渡すことはない」

フランスのアニエス・パニエ=リュナシェ副経済相は、2日、地元テレビに出演し、「ゴーン氏がフランスに来たら、身柄を日本に引き渡すことはない」と述べ、仮にゴーン元会長がフランスに入国していても、身柄を日本に引き渡すことはないという政府の立場を説明しました。その一方で、ゴーン元会長が日本で置かれた状況については、「家族との接触はできず、不快だったことは理解できるが、フランス政府の介入が必要であるほど、彼の命が危険だったわけではない」として、秘密裏に日本から出国する必要はなかったという認識を示しました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200102/k10012234281000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

« 毒入りタピオカで不倫相手の妻狙う 誤って別の女性死亡(2日)朝日 | トップページ | 新生児放置し死なせた疑い、東京 31歳の母親を逮捕(3日)共同 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毒入りタピオカで不倫相手の妻狙う 誤って別の女性死亡(2日)朝日 | トップページ | 新生児放置し死なせた疑い、東京 31歳の母親を逮捕(3日)共同 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ