カテゴリー

« 愛知・新東名の強要容疑で逮捕状 あおり運転殴打の男(7日)共同 | トップページ | 資金還流「報告」メールで決意か 昨秋以降、検察が証拠開示―ゴーン被告逃亡(7日)時事 »

2020年1月 7日 (火)

関空の「大きな欠陥」突く ゴーン被告支援チーム、20回超訪日―米紙(7日)時事

【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は6日、日本から逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の協力者が逃亡計画実行の約3カ月前に関西空港を下見し、保安上の「大きな欠陥」に気付いたと報じた。事情を知る人物の話として伝えた。
ゴーン被告、新幹線で大阪へ 映像で足取りの詳細判明―レバノン逃亡

 同紙によると、被告の逃亡は数カ月前から計画され、さまざまな国籍を持つ10~15人のチームが関与。20回超の訪日で少なくとも10空港の下見を行い関空を選んだ。計画は総額で数百万ドル(数億円)かかったとされる。
 同紙は先に、被告が音響機器用のケースに潜んでプライベートジェット(PJ)に乗り込み、日本を脱出したと報道。トルコまで元米陸軍特殊部隊員ら2人が同行していた。事情を知る人物は同紙に、関空のPJ用ターミナルは、PJがターミナルに入る時以外は基本的に人けがなく、大き過ぎる荷物は空港のスキャナー装置で検査できないと語った。
 関空運営会社の広報担当者は同紙に関空のセキュリティーチェックは日本国内の他の空港と変わらず、スキャナー装置で検査できない荷物は開けて調べることになっていると説明。一方、専門家は同紙にPJはテロのリスクが低いとされるため、必ずしも検査は行われていないと指摘した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020010700200&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 愛知・新東名の強要容疑で逮捕状 あおり運転殴打の男(7日)共同 | トップページ | 資金還流「報告」メールで決意か 昨秋以降、検察が証拠開示―ゴーン被告逃亡(7日)時事 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛知・新東名の強要容疑で逮捕状 あおり運転殴打の男(7日)共同 | トップページ | 資金還流「報告」メールで決意か 昨秋以降、検察が証拠開示―ゴーン被告逃亡(7日)時事 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ