カテゴリー

« 教諭が女子中学生の裸を動画撮影(8日)TBS | トップページ | 新任教諭相次ぐ退職、1年内に全国431人 負担重く心病むケースも(8日)西日本 »

2020年1月 8日 (水)

東京・多摩の水道で高濃度有害物質 井戸のくみ上げ停止(8日)朝日

東京・多摩地区にある一部の浄水所で、水道水から有機フッ素化合物が高濃度で検出されたとして、東京都が昨年6月、水源の井戸からのくみ上げを止めたことがわかった。水源を川の水などに切り替えて濃度を下げたという。専門家は「(検出された値は)すぐ健康に影響が出るものではないが、体内に長く残る」として実態把握の必要性を指摘している。
 都への情報開示請求で公開された文書をもとに取材して判明した。

 検出されたのはペルフルオロオクタンスルホン酸(PFOS(ピーフォス))とペルフルオロオクタン酸(PFOA(ピーフォア))。米国は2016年、飲み水の水質管理の目安となる勧告値を両物質合計で1リットルあたり70ナノグラム(ナノは10億分の1)に設定。1日2リットルを70年飲んでも健康に影響がない値とされる。この勧告値にあたる目標値は国によってばらつきがある。国内に目標値はなく、厚生労働省が今年春をめどに設ける方向で検討している。

 都は、23区を除いた多摩地区(30市町村、一部除く)などで地下水を飲用に使っている。同地区にある浄水所は停止中を含め71カ所で、都は昨年5月以降、過去に濃度が比較的高かった6浄水所で臨時調査を実施。国分寺市にある東恋ケ窪浄水所で両物質合計で1リットルあたり101ナノグラムを検出した。
続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASMDT4S65MDTUUPI006.html?iref=comtop_8_03

« 教諭が女子中学生の裸を動画撮影(8日)TBS | トップページ | 新任教諭相次ぐ退職、1年内に全国431人 負担重く心病むケースも(8日)西日本 »

東京都関係ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教諭が女子中学生の裸を動画撮影(8日)TBS | トップページ | 新任教諭相次ぐ退職、1年内に全国431人 負担重く心病むケースも(8日)西日本 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

留置所

無料ブログはココログ