カテゴリー

« 横浜市死亡ひき逃げ、パート従業員の女逮捕(9日)TBS | トップページ | 北朝鮮の「大和堆」違法操業が深刻化 日本の漁業者苦境(9日)産経 »

2020年1月 9日 (木)

五輪会場にドローン検知器 警視庁、早期捕捉へ配備(9日)日経

テロ対処訓練で不審なドローン(下)を捕獲する警視庁の大型ドローン(2016年)

テロ対処訓練で不審なドローン(下)を捕獲する警視庁の大型ドローン(2016年)

今夏開催の東京五輪・パラリンピックで、警視庁が東京都内の全競技会場でドローン(小型無人機)を検知する機器の配備を検討していることが8日、分かった。不審なドローンの位置をいち早く把握して確実な捕獲につなげ、会場周辺を標的とするテロや妨害行為を防ぐ。
 検知器は、飛行中のドローンが出す電波を受信するなどして、機体の詳細な位置や高度などを特定できる。既に都内での警備に使用されているが、配備台数を増やし、競技中の全会場で使えるようにする方針。民間警備会社などは半径数百メートルから1キロ以上の範囲をカバーできる機器を開発しており、同程度の性能を持たせるとみられる。
 2019年5月に成立した改正ドローン規制法で、新たに五輪の競技会場がドローンの飛行を原則禁止する区域に含まれた。都内ではメイン会場となる国立競技場(新宿区)など競技が行われる24カ所が対象で、無許可で飛行したドローンは警察官などが強制的に回収できる。
 機体を見つけた場合、既に導入している電波を使って操縦不能にするジャミング(電波妨害)装置や捕獲用の大型ドローン、網を打ち上げて絡め取る「ネット発射装置」などを使って捕らえる考えだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54173350Y0A100C2CR8000/

« 横浜市死亡ひき逃げ、パート従業員の女逮捕(9日)TBS | トップページ | 北朝鮮の「大和堆」違法操業が深刻化 日本の漁業者苦境(9日)産経 »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜市死亡ひき逃げ、パート従業員の女逮捕(9日)TBS | トップページ | 北朝鮮の「大和堆」違法操業が深刻化 日本の漁業者苦境(9日)産経 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

留置所

無料ブログはココログ