カテゴリー

« 武漢へのチャーター機派遣、29日以降に延期(28日)TBS | トップページ | 不明社長の遺体遺棄 容疑で知人の男逮捕 大阪府警(28日)産経 »

2020年1月28日 (火)

工藤会組幹部に懲役26年判決 4事件関与、女性切り付け認定 福岡地裁(28日)西日本

北九州市小倉北区で2012年、暴力団の入店を禁じる「標章」を掲げたスナックの女性経営者らが切り付けられた事件などで、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)や傷害の罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系組幹部、坂口鉄二被告(51)の判決公判が27日、福岡地裁であった。足立勉裁判長は被告を切り付け事件の実行犯と認定し、懲役26年(求刑懲役30年)を言い渡した。
 坂口被告はビル放火や看護師刺傷など計4事件で起訴され、女性経営者切り付けについては関与を否定していた。
 判決理由で足立裁判長は、被告が切り付け事件の実行犯しか知り得ない情報を元組員に語ったとして「犯行告白と認められる」と指摘。事件の背景について「同会最大の2次団体『田中組』が暴力団排除の規制に対抗し、威信を誇示するために敢行されたと推察される」と述べた。
 判決によると、坂口被告は同会最高幹部の指揮命令に基づき12年9月、組員らと共謀し、タクシーを降りた女性の顔を切り付け殺害しようとするなどした。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/579186/

« 武漢へのチャーター機派遣、29日以降に延期(28日)TBS | トップページ | 不明社長の遺体遺棄 容疑で知人の男逮捕 大阪府警(28日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 武漢へのチャーター機派遣、29日以降に延期(28日)TBS | トップページ | 不明社長の遺体遺棄 容疑で知人の男逮捕 大阪府警(28日)産経 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ