カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 詐欺被害者や出し子、皮膚温で見抜け 座間署が銀行で実験(10日)共同 »

2020年1月10日 (金)

刺す相手、職員に尋ね選ぶ 植松被告「しゃべれるか」(10日)共同

相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者ら45人が殺傷された事件の生々しい状況が10日、横浜地裁(青沼潔裁判長)の裁判員裁判第2回公判で明らかにされた。殺人罪などに問われた元職員植松聖被告(29)は、夜勤職員を拘束して連れ回し、入所者一人一人について「しゃべれるか」を尋ね、刺すかどうか決めていた。複数の入所者が外部への通報に貢献したことも分かった。
 検察側が読み上げた職員6人の供述調書から判明。うち5人は当時、それぞれの居住エリアを1人で担当中、侵入してきた被告に順番に拘束された。
https://this.kiji.is/588329288555201633?c=39546741839462401

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 詐欺被害者や出し子、皮膚温で見抜け 座間署が銀行で実験(10日)共同 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 詐欺被害者や出し子、皮膚温で見抜け 座間署が銀行で実験(10日)共同 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ