カテゴリー

« 2020年1月10日 (金) | トップページ | 2020年1月12日 (日) »

2020年1月11日 (土)

2020年1月11日 (土)

五反田駅事件、風俗店従業員を逮捕 仕事トラブルで上司刺す? (11日)産経

東京都品川区東五反田のJR五反田駅東口近くの路上で11日午後、男性が刺された事件で、警視庁大崎署は、殺人未遂容疑で、住所不詳、風俗店店員、上野晶容疑者(39)を現行犯逮捕した。
 上野容疑者は男性の部下とみられ、調べに「殺すつもりで刺した」などと供述している。同署は2人の間で仕事上のトラブルがあったとみて、詳しい動機を調べている。
 同署によると、刃物で左腕や腹などを刺された男性(26)が現場から数十メートルほど離れた五反田駅前交番に駆け込み、直後にバタフライナイフを持った上野容疑者が追いかけてきたため、署員が取り押さえた。男性は意識があり、命に別条はないという。
https://www.sankei.com/affairs/news/200111/afr2001110017-n1.html

航空機撃墜、イランが認めた理由 隠ぺい不可能と判断か(11日)朝日

イランの軍部は当初、ミサイルによる撃墜の事実を隠し通す方針だった。しかしネット上で墜落現場での地対空ミサイルの部品などの画像が出回り、隠蔽(いんぺい)は不可能と判断したのだろう。認める時機としてはウクライナから事故調査団を受け入れた後という選択もあったが、早期に認めた理由として、二つ考えられる。

 一つは、1988年のペルシャ湾でイラン航空機が米イージス艦のミサイルで撃墜され、290人が死亡した事件だ。米国は当初すぐに誤射であることを認めなかったため、イラン政府はその後、約30年間、繰り返し事件に言及し米国を非難してきた。もし今回の撃墜の隠蔽が長引けば国家としての対外的信用も損ない、今後のあらゆる外交に悪影響を及ぼすと考えたのだろう。

 もう一つは、イランでは昨年末にかけてガソリン値上げを契機にした反政府デモが広がり、政府が鎮圧して多数の死傷者が出るなど、国民の不満が高まっていた。米軍によるソレイマニ司令官の殺害で国民の意識が米国など外に向かっていただけに事故処理を誤れば国民感情に再び火が付くと恐れたことも早期に認めた理由と考えられる。

 今回の件でも、米軍が駐留するイラクの基地への報復攻撃でも示されたが、注目すべきは最高指導者のハメネイ師周辺の外交バランスだ。ソレイマニ司令官の死で高揚する軍部を抑え、ある種のシビリアンコントロール(文民統制)が機能しているともいえる。(聞き手・伊藤喜之)
https://www.asahi.com/articles/ASN1C5V0JN1CUHBI02N.html?iref=comtop_8_01

「誤って旅客機撃墜」イラン認める(11日)TBS

イランの国営テレビは、11日、衝撃的な声明を伝えました。8日、テヘラン近郊で墜落し、乗客乗員176人全員が死亡したウクライナ旅客機について、イラン軍が「誤って撃墜した」「故意ではなく人為的ミスだった」と発表したのです。
 「国軍本部はウクライナ航空の旅客機墜落に関して声明を発表しました。旅客機は意図的ではない人為的ミスにより、撃墜されました」(イラン国営テレビ)
 ザリフ外相は、犠牲者に哀悼の意を表す一方で、アメリカへの非難をにじませました。
「アメリカの冒険主義が招いた危機的状況の中で発生した人為的ミスだ。
 旅客機をめぐっては、アメリカなどがイランのミサイルにより撃墜された可能性を指摘。これまで否定していたイランは、一転して責任を認めました。軍の声明は、旅客機が「機密性の高い」革命防衛隊の基地の方向に飛行しており、当時、「最高レベルの警戒態勢」を敷いていたと説明しています。
 「我々は非常に強い軍事力で相手を排除した。(相手の狙いは)4つの大使館だったと思う」(アメリカ トランプ大統領)
「アメリカの冒険主義が招いた危機的状況の中で発生した人為的ミスだ」 旅客機をめぐっては、アメリカなどがイランのミサイルにより撃墜された可能性を指摘。これまで否定していたイランは、一転して責任を認めました。軍の声明は、旅客機が「機密性の高い」革命防衛隊の基地の方向に飛行しており、当時、「最高レベルの警戒態勢」を敷いていたと説明しています。
 「我々は非常に強い軍事力で相手を排除した。(相手の狙いは)4つの大使館だったと思う」(アメリカ トランプ大統領)
 これに先立ち、アメリカのトランプ大統領は、米軍が殺害したソレイマニ司令官が計画していた攻撃対象について、「おそらく4つの大使館だったと考えている」と述べました。さらにトランプ政権は、イランの政府高官や企業などに対する追加経済制裁を発表しています。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3877562.html

自衛隊中東派遣 海上自衛隊の哨戒機の部隊が日本出発 (11日)NHK

中東地域への自衛隊派遣で第1陣となる海上自衛隊の哨戒機の部隊が11日、日本を出発しました。今月20日から現地で情報収集活動を始めることにしています 。
 派遣されるのは海上自衛隊ち那覇航空基地のP3C哨戒機2機です。哨戒機はアフリカ・ソマリア沖で海賊対策の活動をしている部隊と交代するために派遣され、先月、閣議決定された中東地域への自衛隊派遣に基づき、今回から新たに日本に関係する船の安全確保に必要な情報収集が任務に加わります。
 那覇航空基地で11日、出発式が行われ、派遣部隊の指揮官を務める稲生修一2等海佐が河野防衛大臣に対し出発を報告しました。そして派遣される隊員は見送りに来た家族とことばを交わしたあと、哨戒機に乗り込みました。
 哨戒機の部隊は隊員約60人で編成され、アフリカ東部のジブチを拠点にソマリア沖のアデン湾などの上空で情報収集に当たります。
 防衛省関係者によりますと、特に船の位置などを知らせるAISと呼ばれるシステムを切ったまま航行するなど、不審な動きをする船について、種類や進路などの情報を収集するということです。
 哨戒機の部隊は今月20日から活動を始める予定で、来月2日には護衛艦1隻も現地に向けて出港し、来月下旬からオマーン湾などで活動を始める予定です。

部隊の指揮官「これまで以上に緊張感を持って」

派遣される哨戒機の部隊の指揮官を務める稲生修一2等海佐は「現地で予想されるあらゆる事態に対応するための教育訓練を実施してきた。中東情勢の変化については承知しているので、これまで以上に緊張感を持って情勢の把握に努めつつ、安全を確保しながら任務を完遂したい」と述べました。
 また今回から情報収集活動が任務に加わることについて「いかなる任務を付与されようとも、与えられた権限をしっかりと理解しつつ、できること、できないことをしっかりと切り分けて、任務にあたる」と述べました。
続きを読む

温泉街で「取り調べ」体験 犯人演じ、カツ丼食す―福島(11日)時事

「カツ丼でも食べるか?」。刑事の温情に心が揺さぶられ、容疑者が事件の真相を語り始める。こうしたドラマでおなじみの取り調べを体験できる温泉旅館が福島県猪苗代町にある。東京電力福島第1原発事故で落ち込んだ観光客が回復しない中、温泉街の活性化につなげたい考えだ。
〔写真特集〕未解決事件

 「周辺への聞き込みで、あなたの目撃情報があったんです」。昨年12月22日、中ノ沢温泉の旅館案内所内の「取調室」で、警察官役の女性が「容疑者」を追及した。前日に付近の湖で水死体が発見されたという設定で、近隣住民の目撃証言から容疑者のアリバイを崩し、最終的に自供させた。
 この日、取り調べを体験した同県会津美里町の会社員兼子光輝さん(35)は、「厳しい追及で挙動不審になってしまった」と笑う。約15分の取り調べ後には、付近の食堂からカツ丼の出前が届けられた。緊張感から解放された兼子さんは、ほっとした表情でカツ丼を堪能した。



「容疑者」となり取り調べを体験する兼子光輝さん(右)=2019年12月22日、福島県猪苗代町

「容疑者」となり取り調べを体験する兼子光輝さん(右)=2019年12月22日、福島県猪苗代町

 一風変わったこの企画「出前カツ丼専門店取調べ室」を始めたのは、猪苗代町の元地域おこし協力隊の国分健一郎さん(40)。観光客減少に苦悩する温泉街を目の当たりにし、「ここでしか体験できない取り組みをしよう」と2018年5月に始めた。
 警察官役を演じるのは食堂の従業員らで、参加者とは事前にストーリーを打ち合わせる。当日は旅館「磐梯西村屋」のロビーで「逮捕」し、車で案内所に「連行」するところから始まる。申込者が希望すれば刑事役を演じることもできるという。国分さんは「徐々に認知度が高まり、県外からの申し込みも増えている」と手応えを口にした。
 なお、福島県警は「利益誘導に当たるため、カツ丼は提供していない」としている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011100204&g=soc

口永良部島で噴火、人的被害なし 昨年2月以来、噴石飛散(11日)共同

11日午後3時5分ごろ、鹿児島県屋久島町の口永良部島の新岳火口で噴火が発生した。気象庁によると、大きな噴石が火口から約300メートルまで飛散した。火砕流は観測されていない。噴火の観測は昨年2月2日以来。噴火警戒レベルは3(入山規制)を継続している。
 気象庁は、新岳火口から約2キロの範囲で、大きな噴石や火砕流への警戒を呼び掛けている。風下では火山灰だけでなく、小さな噴石も遠方まで届く可能性があるという。
 県警や屋久島町役場によると、人的被害などは確認されていない。町役場は避難の呼び掛けはしていないが、降灰による被害への注意を促している。https://this.kiji.is/588640339476857953?c=39546741839462401

東京・五反田駅前で男性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕(11日)共同

 11日正午ごろ、東京都品川区のJR五反田駅近くの路上で男性が刃物で刺され、近くの警視庁大崎署の交番に駆け込んだ。男性(26)は腕や腹にけがを負って病院に搬送されたが、命に別条はないとみられる。同署は殺人未遂の疑いで、刃物を手に男性を追い掛けてきた住所不詳の風俗店店員、上野晶容疑者(39)を現行犯逮捕した。
 大崎署によると、2人は職場の上司と部下とみられ、同署は何らかのトラブルがあったとみて調べている。上野容疑者は容疑を認めている。
 現場は五反田駅東口のロータリーに面した繁華街の一角。約80メートル西に交番がある。
https://this.kiji.is/588583633458136161?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(11、12日 単位・レベル)
110番を目的外に利用するな!
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20200111200101 F1015321-1 110番通報が減少しているが、緊急性のない内容も多いという。
 全国の警察が昨年11月までの110番通報件数は829万9775件で前年同期より5万9937件の減少。しかし、そのうち18.4%にあたる152万4542件が緊急性がなかった。
 その内容は「免許更新の方法を教えて」「子どもが言うことを聞かないので警察官が叱って」「家の中にゴキブリがいる」などというから、あきれてしまう。そういえば昭和の時代、大阪府警の110番で「今日、阪神は勝ったのか」という内容があり、驚いたことがあった。昔からいるんですよね。こんな訳の分からない人間が…
 … … … … …
 警察庁によると令和元年11月現在の措置別検挙人員で最も多かったのは逮捕令状による通常逮捕で3万3523人。前年同期より1690人の減少だった。次に多かったのは110番通報の影響が大きい現行犯逮捕で2万6341人の同1597人の減。同様影響の大きい緊急逮捕は3039人で同235人の減。また身柄を拘束しなかった身柄不拘束は11万4061人で1万0321人の減と続いた。
 最多の通常逮捕のランキングは東京の5163人、大阪の3007人、愛知の2470人、兵庫の2180人、埼玉の1950人など。
 110番の影響が大きい緊急逮捕のランキングは愛知の529件、福岡の289件、大阪の244件、埼玉の137件、沖縄の151件と続いた。
 また現行犯逮捕のトップは東京の4753人。身柄不拘束のトップはやはり東京の1万2836人となっている。
 また、昨年は台風などの豪雨被害が各地で相次ぎ、道路の状況が悪かったこともあって、通報からパトカーが到着するまでの時間は平均で8分6秒もあり、過去10年間で最も遅かったという。
  首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_20200111200801




次々と詐欺電話、80歳女性が9000万円被害 大分 (朝日)
https://www.asahi.com/articles/ASN1B63LXN1BTPJB01G.html


★千葉・船橋 ヤマト運輸かたる電話に注意 「伝票濡れて読めない」個人情報聞き出す (10日)産経
★特殊詐欺は幹線道路沿いを狙う (9日)産経
★特殊詐欺グループの現金回収役を逮捕、全員が少年少女 (4日)TBS
★店長が機転 携帯電話で話す女性客に声掛け、相手の電話番号をネットで調べたら詐欺犯 客を説得 県警表彰(30日)共同
★「詐欺ではないですか?」聞けたら…コンビニ店員の葛藤 (29日)朝日
★警察官が説得も…80代夫婦がオレオレ詐欺で1000万円被害 (27日)産経
★77歳女性400万円だまし取られる 大津、息子名乗る男から (27日)共同
★「割り印するので印鑑用意して」 受け子か、窃盗容疑で名古屋の高校生逮捕 (26日)産経
★女性1300万円被害 「日本再生機構」から詐欺電話「あなたのせいで逮捕された」…信じて現金渡す/川口 (25日)共同
★タイ人が特殊詐欺の受け子か 容疑で大阪府警逮捕 (24日)産経


電車にひかれ死亡の男性は都内の53歳 JR日暮里駅(11日)産経

11日午前0時55分ごろ、東京都荒川区西日暮里のJR日暮里駅ホームから男性が線路に転落し、進入してきた京浜東北線大船発赤羽行きの最終電車(普通、10両編成)にひかれて死亡した。警視庁荒川署によると、男性は目が不自由で、視覚障害者が使う白杖(はくじょう)を持っていた。
 同署によると、死亡したのは、足立区舎人、会社員、森政和さん(53)。森さんは同駅の階段を降りてホームを数歩進んだところで線路に転落する姿が目撃されている。運転士が転落に気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。現場で死亡が確認された。
 森さんはスーツ姿で、白杖のほか、手提げかばんや障害者手帳、財布などを所持。このホームにホームドアはなく、同署は誤って転落したとみている。https://www.sankei.com/affairs/news/200111/afr2001110006-n1.html

「金奪われた」と虚偽申告 愛知・稲沢、30代男性(11日)産経

愛知県警稲沢署は10日、同県稲沢市の30代の派遣社員男性から昨年12月、強盗に遭ったとの虚偽申告があったと明らかにした。同署によると「金に困っていた。被害者になれば人から優しくしてもらえると思った」と話しているという。署が詳しい経緯を調べる。
 男性は12月29日午後、稲沢市国府宮の路上で、背後から自転車で来た20代くらいの男2人組が、カッターナイフを突き付け「金を出せ」と脅され、現金2万円を奪われたと架空の被害を申し出た。
 稲沢署は強盗容疑で捜査していたが、付近の防犯カメラに似た男の姿が写っていなかったことなどから、男性に事情を聴くと、うそを認めた。
https://www.sankei.com/affairs/news/200111/afr2001110002-n1.html

メキシコ小学校で児童が発砲(11日)西日本

【ロサンゼルス共同】メキシコ北部コアウイラ州トレオンの小学校で10日朝、銃撃事件があった。州知事によると、撃ったのは11歳の男子児童で、女性教員1人が死亡、6人が負傷した。児童は自殺した。地元メディアによると負傷者の容体は安定しているという。
 同知事は、児童がテレビゲームなどに強く影響されていた可能性があると指摘。捜査当局は詳しい犯行動機や銃の入手経路などを調べている。
 地元メディアなどによると、児童は銃をリュックサックに入れて学校に持ち込んだとみられる。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/574883/

橋・トンネルの老朽化深刻 8万カ所が5年以内に要修繕(11日)朝日

全国約77万カ所にある橋やトンネルなどの道路インフラのうち、約8万カ所が腐食やひび割れなどで5年以内に修繕が必要な状態になっている。国土交通省の調査では、このうち約8割が修繕にとりかかれていなかった。大半は地方自治体が管理するもので、財政難などが原因で進んでいないという。

 道路インフラの修繕の遅れを重くみた国交省は、効果的な維持修繕を行う計画を立てた自治体に対する個別補助制度を新たにつくり、新年度予算に2223億円を計上した。

 国は、2012年の中央道笹子トンネル山梨県)の天井板崩落事故を受け、14年から橋やトンネルの管理者に5年に1度の点検を義務づけた。全国の自治体や企業は18年度末までに1回目の点検をほぼ終え、4段階で評価した結果が昨年夏に

公表された。
 それによると、約72万カ所の橋のうち、5年以内に修繕が必要な「早期措置段階」だったのは9・5%の6万8369カ所。さらに682カ所は通行止めなど緊急対策が必要な「緊急措置段階」だった。トンネルは約1万カ所のうち、約40・9%の4353カ所が早期措置段階、63カ所が緊急措置段階だった。歩道橋など約4万カ所も同様の状況だった。

 だが、このうち18年度末時点…

残り:1791文字/全文:2291文字
https://www.asahi.com/articles/ASMDC5WNBMDCUTIL02Q.html

IR汚職事件、自民・白須賀議員が中国企業関係者を紹介(11日)NHK

IR=統合型リゾート事業をめぐる汚職事件で、自民党の白須賀貴樹衆議院議員が、贈賄側とされる中国企業の関係者を千葉市の市長に紹介し、面会していたことが、市側への取材で分かりました。
 収賄容疑で逮捕された衆院議員の秋元司容疑者(48)は2017年12月末、自民党の白須賀貴樹衆院議員らと、贈賄側とされる中国企業の本社を訪問していて、白須賀議員らは東京地検特捜部から任意で事情を聴かれています。
 その後の関係者への取材で、白須賀議員が去年1月、中国企業側の関係者を千葉市の市長に紹介し、市長や幹部と2度面会していたことが分かりました。千葉市によりますと、白須賀議員側から「参入を検討している事業者の話を聞いてほしい」と市側に打診があり、中国企業側の関係者らが白須賀議員とともに面会に訪れたということです。白須賀議員の事務所は、これまで取材に応じていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3877279.html

貸し切りバスに抜き打ち監査 軽井沢事故から4年を前に 国交省 (11日)NHK

大学生など15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故から4年になるのを前に10日夜、多くの貸し切りバスが出発する東京 新宿で、国土交通省による街頭での監査が行われました。
 4年前の1月15日に起きた軽井沢町のバス事故では、大学生など15人が死亡し、事故を起こしたバス会社は国土交通省の監査で33項目の違反が見つかりました。
 今月15日で事故から4年となるのを前に国土交通省は10日午後9時すぎから、多くの貸し切りバスの出発場所となっている東京 新宿の都庁近くで、貸し切りバスへの抜き打ちの監査を行いました。
 監査官9人が出発前のバスに乗り込んで運転手から疲労状況の話を聞いたほか、交代の運転手がいるかや運行ルートが記載された必要な書類を所持しているかなどを確認していました。
 10日夜は11台のバスを監査し、いずれも法令違反はなかったということです。
 国土交通省は事故を受けて監査を強化し街頭での監査はこれまでに300回以上行っていて、重大な違反が見つかった場合、バスの運行を直ちに停止するなどしています。東京運輸支局の高山和征支局長は「二度と悲惨な事故を起こさないように街頭での抜き打ち監査を継続していく」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200111/k10012242101000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

ブラックボックスの解析開始 運航見合わせる航空会社も (11日)NHK

 ウクライナの旅客機がイランの空港を離陸後、墜落したことについてイランの調査委員会は、操縦席の会話などが録音されるブラックボックスの解析を始めたことを明らかにしました。今後必要であれば各国の協力を求めるとしており、調査の透明性をアピールするとともにイランが誤って撃墜したという見方を示す欧米をけん制するねらいもあるとみられます。
 イランからウクライナに向かっていたウクライナ国際航空の752便は、8日、首都テヘラン近郊の空港を離陸後まもなく墜落し、180人近い乗客乗員全員が死亡しました。
 欧米各国は、イランがミサイルで誤って撃墜したという見方を示していますが、イラン航空当局の責任者は10日に開いた記者会見で、この見方を改めて否定しました。
 また、イラン国営通信によりますと、イランの調査委員会は、10日、テヘランのメフラバード空港にある研究所で、操縦席の会話などが録音されるブラックボックスの解析を始めたと明らかにしました。
 そして、墜落に関するデータを自力で引き出せない場合は、ロシア、ウクライナ、フランス、カナダから協力を得ることで合意したとしています。
 また、すでに現地入りしているウクライナの調査団に加えて、アメリカ、カナダ、フランスの専門家も到着しだい、調査委員会に加わって原因究明を目指すとしています。
 イランとしては、調査の透明性をアピールし、撃墜の可能性を指摘する欧米各国をけん制するねらいもあるとみられます。

ウクライナ調査団も墜落現場で検証始める

ウクライナのプリスタイコ外相は10日、首都キエフで会見を開きウクライナの調査団が墜落現場で検証活動を始めたことを明らかにしました。
 そのうえでプリスタイコ外相は「調査団はブラックボックスにアクセスできるようになり、近く、操縦席の会話が再現されるだろう。またパイロットと管制塔の会話の録音も、聞くことができるようになった」と述べ、イラン側と協力して行っている調査の状況について説明しました。
 その一方、これまでにアメリカ政府から寄せられた情報については「機密事項」として明かさず、今後もさまざまな可能性を視野に調査を進める方針を示しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200111/k10012242111000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

レバノン法相、ゴーン被告引き渡し排除せず 有罪認定が条件(11日)時事

【ベイルート時事】レバノンのセルハン暫定法相は10日、日本から逃亡した日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告の日本への身柄引き渡しについて、被告がレバノンの裁判で有罪となった場合として「検察が特別な状況があると判断すれば、可能性はあり得る」と語った。首都ベイルート市内で時事通信の取材に応じた。ただ、例外的な条件については、具体的な言及を避けた。
ゴーン被告の主張「虚偽」 日本批判に会見で反論―東京地検

 日本・レバノン間には犯罪人の引き渡しに関する合意がない。セルハン氏は「原則としては、レバノン人は外国には引き渡さない」と指摘。このため、被告が実際に日本へ移送される公算は極めて小さいとみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011001229&g=soc

「110番」慌てず、適切な利用を(11日)共同

「一一〇番の日」の十日、緊急通報の適正な利用を呼び掛ける啓発活動などが県内各地で行われた。
 福井署は福井市のアピタ福井大和田店で一一〇番の適切な利用を呼び掛ける啓発活動を行った。
 署員や県警のマスコットキャラクター「リュウピー君」「リュウミーちゃん」が、買い物客に110番の正しい利用方法などが書かれたチラシやエコバッグを配布した=写真。一日に嘱託を受けたばかりの警察協力犬の「コロ」(一歳)が初登場。通り掛かった人が「かわいい」とはしゃぎながら頭をなでていた。
 福井署の島崎啓太地域第二課長は「通報の際には、落ち着いて『いつ』『どこで』『何があったか』を正確に伝えるよう心掛けてほしい」と話した。(波多野智月)https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200111/CK2020011102000015.html

白杖男性、電車接触し死亡 ホームドアなく転落(11日)共同

11日午前0時50分ごろ、東京都荒川区のJR日暮里駅のホームで50代ぐらいの男性が線路に転落、京浜東北線大船発赤羽行きの最終電車(10両編成)に接触し死亡した。警視庁荒川署によると、直前に白杖をついて歩く姿が目撃されており、視覚障害者とみて身元や状況を確認している。
 同署によると、現場は改札階につながる階段脇でホームの歩行スペースが狭くなっており、男性が誤って転落した可能性がある。点字ブロックはあったが、転落防止用のホームドアはなかった。
https://this.kiji.is/588494632933278817?c=39546741839462401

秋元議員、別に3百万円か IR汚職、特捜部が再逮捕へ(11日)共同

日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、中国企業「500ドットコム」側が逮捕容疑以外に、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で逮捕=に現金300万円を提供したと供述していることが10日、関係者への取材で分かった。
 秋元容疑者はこの他にも、「500」社の本社(広東省深セン市)を訪問時に旅費を負担してもらった疑いがあり、関係会社が講演料として200万円を受け取っていたことも既に判明。東京地検特捜部は、こうした一連の資金提供などに賄賂が含まれるとの見方を強め、勾留期限の14日にも収賄容疑で再逮捕する方針を固めた。
https://this.kiji.is/588472758623306849?c=39546741839462401

« 2020年1月10日 (金) | トップページ | 2020年1月12日 (日) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

留置所

無料ブログはココログ