カテゴリー

« シリアの製油所にドローン攻撃か(22日)TBS | トップページ | 文京区でマンション火事3人重体(22日)NHK »

2019年12月22日 (日)

容疑者の心開く「とっつあん」 福岡県警の元警部補、定年後も慕われ(22日)西日本

更生願って手紙やりとり
 殺人や窃盗事件で取り調べた人たちから「とっつあん」と慕われる元刑事がいる。福岡県警の元警部補(71)は容疑者と向き合い、心を開かせることで容疑を認める供述を引き出してきた。「罪を悔い、反省することが再犯を防ぎ、被害者への償いにつながる」。受刑者や元受刑者と手紙のやりとりを通して、更生を願い続ける。
 元警部補は取り調べを担当した人たちから届いた手紙を大切に保管している。
 ≪(動機について)「何でか」と何度も聞きましたね。あのとき私は死のうと思い、人生を投げ出す覚悟でした≫≪出所したら必ず会いたい。再び罪を犯すことはないと思うが、弱い人間なので、おとっつあんに力になって欲しい≫
 重大事件を起こして服役していた女性から7年前と4年前に届いた手紙。女性は最近出所し、引っ越しを手伝ってやった。
 この女性は取材に対し「当時は親からも見放されて孤独だった。取調室で『自分を否定せんでいい』と話を聞いてくれ、救われた気がした」と話した。迷惑を掛けた人たちへの償いを胸に福祉施設で働いているという。
 ≪22日間否認したのに何でニコニコしているのかと思った。心を開かせてくれたのは、とっつあん。話が出来るのはこの人しかいないと思い、余罪まで話すことが出来た。社会復帰後は真面目に働きます≫
 窃盗を繰り返して服役中の元暴力団組員が10年前に送ってきた手紙だった。数年前、出所のあいさつに訪れ、今は工事関係の仕事をしていると聞いている。
  ◇    ◇
 特に印象に残るのが、複数人を殺害したなどとして刑が確定した死刑囚だ。……
続きを読む
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/570291/

« シリアの製油所にドローン攻撃か(22日)TBS | トップページ | 文京区でマンション火事3人重体(22日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シリアの製油所にドローン攻撃か(22日)TBS | トップページ | 文京区でマンション火事3人重体(22日)NHK »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ