カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 誘拐被告「SOS無視いいのか」 女児に着替えも(16日)共同 »

2019年12月16日 (月)

西之島に新たな火口、溶岩が海に 警戒範囲を拡大、小笠原諸島(16日)共同

海上保安庁は16日、東京・小笠原諸島の西之島を上空から観測した結果、新たな火口ができて、溶岩が海まで達していることを確認したと発表した。海保と気象庁は、噴火活動が活発な状態が続いているとして、噴石や溶岩流への警戒範囲を山頂から半径1.5キロから2.5キロに拡大した。付近を航行する船舶に注意を呼び掛けている。
 海保によると、今回の観測は15日午後0時ごろから約50分間にわたり実施した。山頂の火口からは、数秒間隔で上空約300メートルまで噴煙と噴石が上がり、麓まで飛んでいた。以前からある別の火口からは、溶岩の流出が続いていた。
https://this.kiji.is/579265565578511457?c=39546741839462401

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 誘拐被告「SOS無視いいのか」 女児に着替えも(16日)共同 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 誘拐被告「SOS無視いいのか」 女児に着替えも(16日)共同 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ