カテゴリー

« 世田谷一家4人殺害から19年 遺族「なんとか捕まえて」(31日)共同 | トップページ | 富山市の住宅で火事 3人と連絡取れず 確認急ぐ (31日)NHK »

2019年12月31日 (火)

勾留環境の整備急ぐ 介助要員など手配―容疑者逮捕、なお時間・京アニ放火(31日)時事

 36人が犠牲となったアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、入院中の青葉真司容疑者(41)=さいたま市見沼区、殺人容疑などで逮捕状=は命の危険がない状態にまで回復した。京都府警は早期逮捕に踏み切りたい考えだが、大やけどをしている同容疑者の留置・勾留には、介助人員の確保など環境整備が不可欠。逮捕にはなお時間がかかる見通しだ。
 青葉容疑者は事件後、全身やけどを負い、京都市内の病院に救急搬送された。大阪府内の病院で皮膚移植などを受け、現在は京都市内の「関係者以外は近づけない環境」(捜査関係者)の中で治療を続けている。
 「今の状態が続くとリスクが高まる」。府警幹部は早期逮捕への焦りを募らせる。青葉容疑者の身柄が警察の管理下にない状態が長引くほど、狂信的なファンによる襲撃など不測の事態が起きかねないためだ。
 事件から時間がたてば青葉容疑者の記憶は薄れる。周囲と当時のことを話す中で、事件への思い込みや刷り込みも生まれかねない。警察関係者は「欲しいのは容疑者の素の供述。『汚染』されると動機などの真相解明が難しくなる」と話す。
 ただ、青葉容疑者は自力で立ったり長時間座ったりすることはできず、日常生活に介助が必要な状態。自分で身の回りのことができるようになるには、かなりの時間がかかる見通しだ。  法務関係者によると、大けがをした容疑者の場合、容体回復を待って逮捕、勾留することが多い。ただ捜査当局は今回、青葉容疑者の早期逮捕に向け、勾留先の環境を整備する異例の対応を取る方針。介護用ベッドの設置や介助人員の手配、容体急変時の対応などについて多方面と調整を進めている。
 府警幹部は「容疑者を公判に出すのがわれわれの責任」と準備に万全を期す考えだ。別の幹部は「ご遺族、負傷者、ファンら悲しみに暮れている人たちの思いも一緒に動いている」と気を引き締めている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019123000414&g=soc

« 世田谷一家4人殺害から19年 遺族「なんとか捕まえて」(31日)共同 | トップページ | 富山市の住宅で火事 3人と連絡取れず 確認急ぐ (31日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世田谷一家4人殺害から19年 遺族「なんとか捕まえて」(31日)共同 | トップページ | 富山市の住宅で火事 3人と連絡取れず 確認急ぐ (31日)NHK »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ