カテゴリー

« 照明弾落下、米軍認める 新たに2個「訓練中に使用」―沖縄防衛局(6日)時事 | トップページ | 消防総監が防火対策確認、渋谷駅前の大型商業施設を視察(6日)TBS »

2019年12月 6日 (金)

神奈川県のデータ流出 廃棄請け負いの会社員を任意聴取 警視庁 (6日)NHK

大量の個人情報が入った神奈川県庁のハードディスク18個が、データの消去と廃棄を請け負った企業の担当社員によってネットオークションに出品され外部に流出した問題で、警視庁が、担当社員が職場からハードディスクを盗んだ疑いで任意で事情を聴いていることが捜査関係者への取材でわかりました。
この問題は、神奈川県庁で使用されていたハードディスクのデータの消去と廃棄を請け負った、東京 中央区の業者「ブロードリンク」の担当社員が、その処理をせずにハードディスク18個を持ち出し、インターネットのオークションサイトに出品していたものです。
神奈川県によりますと、流出が確認された18個は、1つ当たりの容量が3テラバイトあり、個人や企業の名前が記された納税通知書など、大量の個人情報を含む行政文書が蓄積されていたものもあったということです。
すでにすべて落札され、このうち9個はまだ回収できていないということです。
担当社員のかばんからは、別のハードディスクも5、6個見つかっているということです。
この問題で、警視庁が担当社員が職場からハードディスクを盗んだ疑いで任意で事情を聴いていることが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は大規模な流出の実態や詳しいいきさつについて調べることにしています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191206/k10012205451000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

« 照明弾落下、米軍認める 新たに2個「訓練中に使用」―沖縄防衛局(6日)時事 | トップページ | 消防総監が防火対策確認、渋谷駅前の大型商業施設を視察(6日)TBS »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 照明弾落下、米軍認める 新たに2個「訓練中に使用」―沖縄防衛局(6日)時事 | トップページ | 消防総監が防火対策確認、渋谷駅前の大型商業施設を視察(6日)TBS »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ