カテゴリー

« 「発覚しなければ虐待続けていた」 長男暴行の千葉県職員供述(7日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2019年12月 7日 (土)

大阪 交番襲撃事件で男を起訴(7日)NHK

ことし6月、大阪・吹田市の交番の巡査を包丁で襲い拳銃を奪ったとして逮捕された男について、大阪地方検察庁は、精神鑑定の結果などを踏まえ、6日、刑事責任を問えるとして強盗殺人未遂などの罪で起訴しました。
起訴されたのは、東京・品川区の飯森裕次郎被告(33)で、ことし6月、吹田市の千里山交番で古瀬鈴之佑巡査(27)を包丁で刺して拳銃を奪ったとして、強盗殺人未遂や公務執行妨害などの罪に問われています。
飯森被告は、事件翌日、現場から北におよそ8キロ離れた山の中で身柄を確保されていました。
飯森被告は、警察に逮捕された当初、容疑を否認する一方で「病気がひどくなったせい。まわりの人がひどくなったせい」などと話していました。
このため、大阪地方検察庁は刑事責任能力を調べる「鑑定留置」をことし7月から行い、結果などを踏まえ、6日、刑事責任を問えるとして起訴しました。
この事件で、警察は逃走経路を詳しく捜査していて、先月には現場近くの池の中から犯行時に着ていたとみられる長袖のシャツや、ナップザックを見つけていました。
ナップザックの中には拳銃の引き金に指が入らないようにする「安全ゴム」も入っていたということです。
一方、警察によりますと、一時、意識不明の重体となっていた古瀬巡査は、順調に回復して、先月退院し、現在は通院しながら職場復帰を目指しているとい うことです。
【事件の経緯】
事件が起きたのは、ことし6月16日の午前5時半ごろでした。
大阪・吹田市の千里山交番前の路上で、古瀬巡査が包丁で左胸など7か所を刺されて意識不明の重体となり、実弾が入った拳銃が奪われました。
警察は、交番の様子をうかがうように歩き回っていた不審な男の画像を公開するなどして行方を捜査するとともに、周辺の住民に不要不急の外出を控えるよう呼びかけました。
そして、防犯カメラの映像の解析などから、丸1日がたった17日早朝、現場から北におよそ8キロ離れた大阪・箕面市の山のベンチに横たわっていた男を見つけ、強盗殺人未遂の疑いで逮捕しました。
奪われた拳銃は1発発砲されていましたが、これまでに弾は見つかっていません。

【全国で相次ぐ交番襲撃】
交番で、警察官が襲われる事件は全国で相次いでいます。去年6月には、富山市の交番で、警察官が男に殺害されて拳銃を奪われたうえ、その拳銃で撃たれた近くの小学校の警備員の男性が死亡しました。……
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20191206/2000023116.html

« 「発覚しなければ虐待続けていた」 長男暴行の千葉県職員供述(7日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「発覚しなければ虐待続けていた」 長男暴行の千葉県職員供述(7日)産経 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ