カテゴリー

« 2019年12月14日 (土) | トップページ | 2019年12月16日 (月) »

2019年12月15日 (日)

2019年12月15日 (日)

衝突ひき逃げ容疑、36歳会社員逮捕 群馬・沼田(15日)産経

 15日午前2時30分ごろ、群馬県沼田市下之町の市道交差点で、同市東倉内町のアルバイト、芳賀重美さん(70)の乗用車が右から来た車と衝突、芳賀さんが首や左肩を強く打って重傷。車はそのまま逃走した。
 沼田署によると、一時停止線は車側の車線にあり、現場に落ちていたナンバープレートから、同署は道交法違反(ひき逃げ)と過失運転致傷の疑いで、同市恩田町の会社員、小野賢一容疑者(36)を逮捕した。小野容疑者は「運転中、何かにぶつかったが、そのまま帰宅した」と供述し、容疑を認めている。
 同署によると、小野容疑者は任意同行の際、飲酒状態にあったといい、飲酒運転をしていたかどうかも含め捜査を進める。
 芳賀さんは知人の女性を送って帰る途中で、女性は「気分が悪い」として治療を受けている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191215/afr1912150024-n1.html

フクロウ飛ばしてハト退治 戸塚駅前のフン害、効果あり(15日)朝日

約3年前からJR戸塚駅横浜市戸塚区)周辺で、ハトやムクドリがフンをまき散らし、地元住民らを悩ませている。横浜市戸塚土木事務所は今年9月末から、フクロウやミミズクなどの猛禽(もうきん)類(るい)によって追い払う対策を始めた。フクロウなどの姿を見るだけで、ハトが逃げ出すなど、早速効果が出ている。今月末まで取り組む予定。

 11日午前11時ごろ、2人の鷹匠(たかじょう)が駅東口のペデストリアンデッキに姿を見せた。ふくろうカフェ「福来楼本牧店」(同市中区)店長の千野力さん(48)と猛禽トレーナーの山中香苗さん(39)。カフェを営む傍ら、猛禽類を使って有害鳥獣の対策をするスペシャリストだ。この日、活躍したのは、ベンガルワシミミズクのベンジー(4歳、オス)とメガネフクロウのパン(3歳、オス)、ユーラシアワシミミズクのマーズ(4歳、メス)とハリスホークのアンタレス(4歳、メス)の4羽。本来、鷹匠は狩りをするためにタカなどを調教するが、千野さんによると、最近は鳥などを追い払うことを担うプロも増えているという。
続きを読む

https://www.asahi.com/articles/ASMDC5DL9MDCULOB00S.html

展示施設で宝石サンゴ盗難(15日)NHK高知

先月、高知県土佐清水市の展示施設で、およそ100万円相当の宝石サンゴが盗まれているのが見つかり、警察は窃盗事件として捜査しています。
 警察などによりますと、先月27日午後7時ごろ、高知県土佐清水市の展示施設「海のギャラリー」で、1階の窓ガラスが割られているのを警備会社の通報で駆けつけた警察官が見つけました。
 市の指定管理を受けてこの施設を運営するNPO法人の職員が確認したところ、施設の中のガラスケースに展示してあった宝石サンゴ5点、合わせて100万円相当が盗まれていたということです。
 この施設は、サンゴや貝の生態などを紹介していて、この日は、午後4時に閉館していたということです。
 市から被害届を受けた警察が窃盗事件として捜査しています。
 宝石サンゴは、アクセサリーや置物として海外を中心に人気が高まっていて、施設を運営するNPO法人は「サンゴがなくなった事はショックで、早く事件が解決してほしいです」としています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20191215/8010007012.html

殺人容疑で24歳男逮捕 胸刺され、男性死亡―青森・八戸(15日)時事

 15日午前1時半ごろ、青森県八戸市六日町の飲食店が入るビルで「知人同士のけんかでけが人がいる」と119番があった。救急隊員らが駆け付けたところ、板金工小清水源さん(25)=同市=がビル内通路で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。
〔写真特集〕未解決事件10~3億円強奪から餃子の王将まで~

 県警八戸署は同日、小清水さんの胸をナイフで刺したとして、殺人容疑でとび職米倉彪真容疑者(24)=同市=を逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は15日午前1時20分ごろ、小清水さんの胸を折り畳み式のナイフで1回突き刺すなどして殺害した疑い。
 県警によると、事件前、小清水さんと米倉容疑者は9人前後で飲酒していた。県警は2人がトラブルになった可能性もあるとみて調べている。現場はJR本八戸駅から約1キロの繁華街。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121500156&g=soc

コンビニに拳銃忘れ、東京・町田 警視庁、使用されず回収(15日)共同

警視庁は15日、町田署生活安全課の男性警部補(49)が実弾5発の入った拳銃をコンビニの個室トイレに一時置き忘れたと発表した。客がすぐに見つけ、使用された形跡はなかった。
 警視庁によると、警部補は15日午前8時25分ごろ、東京都町田市のコンビニに立ち寄り、トイレを借りた。用を足すため、拳銃入れ(ホルスター)を通したベルトを外して壁のフックに掛けたまま、置き忘れたという。
 直後に入った客が発見し、店側が事務室で保管。出勤してきた女性副店長が同10時10分に110番し、警察官が回収した。警部補は、特殊詐欺の警戒で管内のコンビニなどを見回っていた。
https://this.kiji.is/578883674945848417?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル3


首都東京体感治安(15、16日 単位・レベル)
とがって生きろ!
【治安うんちく】
2009_1228_22521931_20191215204601F1015282-1  また集団自殺者が出てしまった。命ってそんなに軽いものなのかね。天から授かったものだぜ。全うできないなんて「無責任野郎」としか言いようがない。
 13日未明、栃木県日光市の駐車場で、乗用車の中に男女3人が死亡しているのをパトロール中の栃木県警の警察官が発見した。死後1週間以内とみられ、外傷が見当たらないうえ、燃えた練炭が発見されたことから、警察は集団自殺したものとみている。
 警察庁によると今年11月現在、全国での自殺者は1万8382人にのぼることが分かった。うち男が1万2850人で女は5532人。ランキングは東京の1963人、大阪の1105人、埼玉の1006人、愛知の975人、神奈川の969人と続く。
 自殺者の年間推移をみると昭和53年が2万0788人。以降は増減を繰り返し同56年には2万0434人と昭和の時代に最も少なかった。そして同61年が最も多い2万5524人。
 平成に入ると元年が2万2436人で以後、次第に増加して同10年にはついに3万人を突破。同15年には3万4427人と昭和と平成の2時代で最も多かった。
 以後、減少傾向に入り平成30年は2万0840人なので、ペースとしては減少傾向だ。
 ふる~い時代に生まれた者として、SNSで自殺者を募り、集団で死ぬなんて考えられないことだ。さらに、「パワハラぐらいで尊い命を捨てるんじゃないよ」と言いたい。とがって生きろ!

  【事件】東京都青梅市で、67歳の男性殺人事件の捜査本部は、現場近くから白っぽい車が走り去る様子が写っている防犯カメラの映像の解析を進めている。車はセダンタイプだという。被害者はかなりの金持ちだったというから、動機は推測されるのだが…それにしても恐ろしい事件である。

  首都・東京の体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

詐欺防いだコンビニ経営者を表彰 (13日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20191213/8010007008.html

★特殊詐欺で1500万円被害 (12日)NHK
★詐欺防いだコンビニ店員に感謝状(11日)NHK
★陸自高等工科学校生が大麻 5人を退校の懲戒処分 (10日)共同
★科学校生が大麻 5人を退校の懲戒処分 (10日)共同
★現金だまし取った疑い 「受け子」の女を再逮捕 神奈川県警 (9日)産経
★「お金貸して」と電話、詐欺未遂容疑で男逮捕 電話の女性が通報、指定した場所で警察官が職務質問/浦和署(8日)共同
★狙われた契約者情報 NHK委託先が詐欺グループに漏洩 (8日)日経
★「お金貸して」と電話、詐欺未遂容疑で男逮捕 電話の女性が通報、指定した場所で警察官が職務質問/浦和署(8日)共同
★狙われた契約者情報 NHK委託先が詐欺グループに漏洩 (8日)日経
★詐欺“受け子”の疑いで逮捕の18歳少女「200回やった」 (4日)NHK
★車で移動しながら「詐欺電話」 男ら逮捕 (4日)TBS
★特殊詐欺事件で比に捜査員派遣 日本人の男36人拘束 (4日)共同
★警察官を名乗る男からの電話 特殊詐欺で3200万円超の被害 (4日)NHK

      

事件1時間前から複数の不審車両、カメラに男の姿も 東京・青梅の男性殺害(15日)産経

東京都青梅市成木の民家で14日未明、住人の無職、小川和男さん(67)が何者かに頭を殴られて殺害された事件で、事件の約1時間前から現場周辺を行き来する複数の不審な車両が防犯カメラに写っていたことが15日、関係者への取材で分かった。小川さんが通報した直後の時間帯には、付近の路上で携帯電話を耳に当てて通話しているような男の姿も写っており、警視庁青梅署捜査本部は事件に関与した可能性も視野に調べている。
 小川さんは14日午前1時55分ごろ、「泥棒に入られたようだ」と110番通報し、約15分後に青梅署員が到着するまでの間に襲撃されたとみられている。
 関係者によると、付近の防犯カメラで同0時50分ごろから銀色のセダン型車両が小川さん宅周辺を徐行して往復する様子が確認され、署員到着前の同2時過ぎには白いセダンが通過していた。近隣住民によると、普段この時間帯は人通りがほとんどなく、1時間に数台の車両が通る程度だという。
 また、付近の路上では110番通報から約3分後に、マスクをつけた黒ずくめの男が携帯電話を使用しながら歩いていた。小川さんは通報時、犯人の男が小太りの中年で、青いジャンパーと白い帽子、マスク姿だったと説明しており、捜査本部は画像の確認を進める。
 小川さんはダイニングキッチン入り口付近の固定電話から通報したが、発見時はこの部屋の奥で横向きに倒れ、受話器は置かれた状態だった。上下ともグレーのスエット、スリッパを着用しており、捜査本部は小川さんが就寝中、物音に気付いて目を覚まして通報したとみている。
 小川さんは約10年前から1人暮らし。近隣住民によると、多額の現金を所有しており、知人らに1億円入りのアタッシェケースを見せるなどしていた。

女子中学生誘拐容疑で逮捕 36歳男、自宅に連れ去る(15日)産経

富山南署は15日、女子中学生(14)を誘拐したとして未成年者誘拐の疑いで、富山県魚津市住吉、職業不詳、桑田尚敬容疑者(36)を逮捕した。
 逮捕容疑は14日午後7時ごろ、県東部に住む女子生徒とコンビニエンスストアで会い、自分の乗用車に乗せて自宅に連れ去った疑い。
 同署によると、2人は何度か会ったことがあり、14日午後に生徒が容疑者に電話をかけ、容疑者がコンビニに迎えに行ったという。
 生徒の関係者から同日夜に「生徒がいなくなった」と署に届けがあり、署員が容疑者宅で2人を発見した。生徒にけがはなかった。
 富山南署は2人が知り合った経緯を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191215/afr1912150014-n1.html

イノシシ 東京 国立駅前などに出没 警察が注意呼びかけ (15日)NHK

15日午後、東京 国立市のJR国立駅前や近くの住宅地にイノシシが出没しました。イノシシはその後、隣の立川市にも出没していて、警察は見つけても近づかないよう、注意を呼びかけています。
 警察によりますと、15日午後1時半ごろ、JR国立駅前や近くの住宅地でイノシシを目撃した人が相次ぎました。
 午前中には、国分寺市でもイノシシの目撃情報があったということです。イノシシは逃げ続けていて、午後2時すぎには立川市にも出没しています。
 15日は捕獲に至らなかったということで、警察は住民などに対し見つけても近づかないよう、注意を呼びかけています。

住宅街を猛進

15日午後2時前に国立駅近くの住宅街で撮影された映像では、1頭のイノシシがマンションの前などを勢いよく走り去る様子が撮影されています。
 数人の警察官が捕獲しようと待ち構えていましたが、イノシシはそれを振り切って逃げてしまいます。
そのまま横断歩道を横切りコンビニエンスストアの前を駆け抜けていきました。
 動画を撮影した50代の男性は「盾を持った警察官もいて、ものものしい雰囲気でした。JRの駅も近く、これまでイノシシが出たという話は聞いたことがありません。周囲に山も森も無いのでどこから来たのか不思議です」と話していました。

ドラレコにも姿が…

SNS上にはイノシシの出没に関する投稿が相次ぎました。
 このうち立川市栄町で撮影されたドライブレコーダーの映像では午後2時半前に車が住宅地の道路を走行していると、前から突然、1頭のイノシシが現れ、車の横を通り過ぎていく様子が写っています。
 目撃した男性は「イノシシは体長が1メートルほどあるように見えた。こんなに大きなイノシシが自宅のすぐそばに現れるとは思っていなかったのでとても驚きました」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191215/k10012215971000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

板橋区議恐喝未遂容疑で女逮捕 「既婚隠され悔しい」―警視庁(15日)時事

 交際中の男性に金銭を要求するメールを送ったとして、警視庁志村署は15日までに、恐喝未遂容疑で東京都中央区月島の契約社員江田美帆容疑者(32)を現行犯逮捕した。関係者によると、男性は板橋区の高山真吾区議(37)。
道端アンジェリカさん不起訴=恐喝容疑、逮捕の夫も-東京地検

 捜査関係者によると、江田容疑者は容疑を認め、「既婚者であることを隠された悔しさがあり、慰謝料を得ようと思った」と話しているという。
 逮捕容疑は2日から14日までの間、高山区議の携帯電話に「既婚か未婚か証明してください。なめてると海に沈められるよ。500万もってこい」などと記載したメールを複数回送信した疑い。
 高山区議から相談を受けた志村署員が14日、渋谷区内の店舗に金を受け取りに来た江田容疑者を逮捕した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121500207&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

傷害容疑で住人逮捕、奈良 放火殺人、警察に出頭(15日)共同

奈良県橿原市のアパートの一室から住人とは別人の職業不詳山岡直樹さん(28)=同県桜井市=の焼死体が見つかった放火殺人事件で、橿原署捜査本部は15日、出火前日深夜に山岡さんを刃物のような物で切り付けたとして、傷害の疑いで、行方が分からなくなっていた住人の会社員竹株脩容疑者(20)を逮捕した。
 竹株容疑者は15日早朝、橿原署に出頭した。捜査本部は2人に何らかのトラブルがあったとみて詳しい動機を調べるとともに、放火殺人事件についても関与した可能性があるとみて捜査する。
 捜査本部によると、竹株容疑者は「火災の関連で」と言って1人で出頭。所持金は数十円だった。
https://this.kiji.is/578842277367759969?c=39546741839462401

ひき逃げか、男性死亡 神戸市の国道(15日)産経

15日午前5時10分ごろ、神戸市灘区大石東町4丁目の国道43号で、車で通り掛かった男性から「路上で人が倒れている」と110番があった。倒れていたのは男性で、搬送先の病院で死亡が確認された。
 灘署によると、現場は片側3車線の直線道路。男性は40~50代とみられ、全身打撲があり、あおむけで倒れていた。署はひき逃げとみて捜査している。
https://www.sankei.com/affairs/news/191215/afr1912150008-n1.html

国立競技場で竣工式 一般向けのお披露目は21日(15日)朝日

2020年東京五輪パラリンピックの主会場となる国立競技場東京都新宿区)の竣工(しゅんこう)式が15日、行われた。安倍晋三首相東京都小池百合子知事、橋本聖子五輪相、設計に携わった建築家の隈研吾さんらが出席した。午後には初めて内部が報道陣に公開される。
 一般向けの初のお披露目は21日のこけら落としイベントで、陸上の男子短距離で五輪3大会で八つのメダルを獲得したウサイン・ボルトさんらによるリレーや、アイドルグループの嵐らが出演する予定。初のスポーツ大会は20年1月1日のサッカー天皇杯決勝となる。
 国立競技場は1964年の前回の東京大会で使われた競技場を解体し、デザインの白紙撤回を経て16年12月に着工。今年11月30日に完成した。地上5階地下2階、高さ約47メー

トル。延べ面積約19万2千平方メートルで、旧競技場の3・7倍だ。木をふんだんに使った「杜(もり)のスタジアム」というコンセプトを掲げ、スタジアムの外周部を360度囲む軒ひさしには、47都道府県の国産の木材を使う。自然の風が流れ込む工夫も施されている。

 競技場や周辺を含めた整備費は1569億円。来夏の大会時は約6万人を収容する。大会終了後には約6万8千席の収容規模となる。(前田大輔)
https://www.asahi.com/articles/ASMDF5V2TMDFUTQP02K.html

青梅 男性殺害 通報直後 現場近くの防犯カメラに白っぽい車 (15日)NHK

14日、東京 青梅市の住宅で高齢の男性が頭を殴られて殺害された事件で、現場近くの防犯カメラに白っぽい車が走り去る様子が写っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警視庁は事件との関連について詳しく調べることにしています。
14日未明、東京 青梅市成木の住宅で、この家に1人で住む小川和男さん(67)が頭から血を流して倒れているのが見つかり、死亡しました。頭には鈍器のようなもので強く殴られた痕があり、警視庁は殺人事件として捜査しています。
これまでの調べで、小川さんは事件に巻き込まれる前の午前1時50分ごろ、物音に気付いて「泥棒に入られたようだ」と通報していたことが分かっていますが、その直後、現場近くの防犯カメラに白っぽい車が走り去る様子が写っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
車はセダンタイプで速い速度で走り去っていて、警視庁の捜査員が防犯カメラの映像を回収し解析を進めているということです。
小川さんは周囲に億単位の現金を持っていると話していたということで、警視庁は事件との関連について詳しく調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191215/k10012215811000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

薬物犯罪で「入口支援」 長崎県と地域生活定着支援センター初連携、試行 依存症者更生 捜査・公判段階から(15日)共同

刑の一部執行猶予中に再犯を起こした長崎市の薬物依存症の男性(38)について、刑務所出所者らを福祉につなぐ「県地域生活定着支援センター」(諫早市)と県が連携し、捜査・公判段階から関与して更生を支援するモデル事業に初めて取り組んだことが分かった。
 司法と福祉の連携が始まって10年。累犯障害者・高齢者が刑務所を出た後に福祉につなぐ「出口支援」や捜査・公判段階から関与する「入口支援」は全国的に広がってきたが、薬物依存症者の入口支援は全国でもまだ少ない。新たな「長崎モデル」として注目されそうだ。
 関係者によると、男性は2018年2月、長崎市内でシンナーを所持したとして逮捕・起訴され、長崎地裁が同年4月「社会内での処遇が再犯防止に必要」として刑の一部執行猶予判決を言い渡した。この時は定着支援センターが単独で支援した。
 男性は今年4月、刑務所を出所。依存症 の回復施設「長崎ダルク」(同市)でリハビリ生活を始めたが、8月、佐世保市内でシンナーを所持したとして再び逮捕・起訴された。
 弁護人から連絡を受けたセンターが県と協議。県は法務省の「地域再犯防止推進モデル事業」(2018~2020年度)に取り組んでおり、薬物犯罪の再犯防止も重点に置いていることから連携して「入口支援」を試行することにした。
 同センターの伊豆丸剛史所長と県の保健師が二人一組で拘置所などで男性に複数回面会。伊豆丸所長は弁護側証人として公判にも出廷した。県など関係機関が男性の社会復帰を支援する「確約書」を裁判所に提出し証拠採用された。
 弁護側は再度の一部執行猶予判決を求めたが、長崎地裁佐世保支部は10月、男性に懲役1年8月(求刑懲役2年)を言い渡し、確定した。
 伊豆丸所長は「依存症の累犯者の更生には息の長い回復支援が欠かせない。男性は数年後には必ず社会に戻ってくる。彼の再出発を支える応援団が『待っているよ』と捜査・公判段階から目に見える形で伝えられた…
続きを読む
https://this.kiji.is/578776817940726881?c=39546741839462401  

青梅殺人、通報直後に襲われたか 被害男性、電話近くで発見(15日)共同

東京都青梅市の自宅で無職小川和男さん(67)が殺害された事件で、110番に使った固定電話は、小川さんが倒れていた台所のすぐ近くに設置されていたことが15日、警視庁青梅署捜査本部への取材で分かった。受話器は置かれた状態で、通報を終えた直後に襲われたとみて、捜査本部が状況を調べている。
 捜査本部によると、小川さんは14日午前1時55分ごろ、「寝ていたら音がして男が逃げていった。中年で小太りの男が泥棒に入ったようだ」などと110番。電話は台所の入り口付近にあり、小川さんは台所の奥の方で倒れていた。
 発見時は上下灰色のスエット姿で、靴下とスリッパを履いていた。
https://this.kiji.is/578780043441194081?c=39546741839462401

国交省、重大インシデントに認定 ジェットスター滑走路逸脱(15日)共同

国土交通省は15日、フィリピン・マニラ国際空港で、成田行きジェットスター・ジャパン40便が滑走路から逸脱したトラブルについて、重大インシデントに認定したと明らかにした。発生場所がフィリピンのため、原因調査をするかどうか同国の当局が判断する。
 国交省などによると、トラブルは14日未明に発生。離陸の滑走を始めた直後、前脚と右主脚の車輪が草地に入り込んで停止した。乗客140人と乗員6人にけがはなかった。当時は雨で滑走路がぬれていたという。
https://this.kiji.is/578780748517901409?c=39546741839462401

一斉退職届提出の保育所 保護者説明会で園長パワハラ認め謝罪 (15日)NHK

パワーハラスメントなどを理由に、保育士など18人が一斉に退職届を提出した静岡県浜松市の認可保育所で14日、保護者への説明会が開かれ、園長はパワハラがあったことを認め謝罪したうえで、今後の経営を別の会社に引き継ぐ方針を明らかにしたということです。 浜松市西区の認可保育所「メロディー保育園」では、保育士など合わせて18人が、園長などからのパワハラやセクハラを理由に、一斉に今月28日付けでの退職届を提出しました。
これを受け、保護者への説明会が14日、非公開で開かれ、出席した保護者によりますと、高部志保子園長は園内でパワハラがあったことなどを認め謝罪したということです。
そのうえで、今後の経営を市内で学習塾を運営する別の会社に引き継ぐ方針を明らかにしました。
説明会にはこの会社の社長も同席し、すべての子どもが通い続けられるよう、退職届を出した保育士に園にとどまるよう依頼するとともに、新たに保育士を募集するなどして、保育士の確保に努める考えを示しました。
保護者の1人は「優先すべきは子どもが安全にきちんと預かってもらえるかで、早く対応してほしい」と話し、別の保護者は「経営者が変わるので保育士たちにはやめずに続けてもらい、今までどおりの楽しい保育園であってほしい」と話していました。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191214/k10012215541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_008

不発弾や食品ゴミ… やんばるの森に米軍の落とし物  基地のある島 沖縄の風景(15日)日経

沖縄本島北部に広がる亜熱帯気候の山林地帯、通称「やんばる(山原)」。ノグチゲラやヤンバルクイナなどの固有種を育む豊かな原生林が広がり、政府から2020年世界自然遺産登録の候補地にも推薦されている。だが個性的な生き物が生息する森の上空には時折、場違いな轟音(ごうおん)が響き、地域によっては不発弾や野戦食などのゴミが散乱している。
10月上旬の夜。沖縄県国頭村の森の中にバリバリとつんざくような音がと…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52851360S9A201C1ACYZ00/

有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

高校生がホームレス支援 上智福岡高など、須崎公園でパン配り交流(15日)西日本

福岡市の上智福岡高の生徒が主体となり、路上生活者(ホームレス)の支援活動を行っている。「パンの会」という活動名で、数カ月に1回、土曜日に生徒らが福岡市の須崎公園でパンを配り、交流を図っている。
 「学校までどう通っているの?」「父が第2次大戦後にシベリアに抑留されてね」
 14日、須崎公園の野外音楽堂の前にホームレスの人たち約70人が集まった。手には菓子パンとジュース。配布した同高や福岡海星女子学院高の生徒ら45人と会話に花を咲かせた。
 同高は15年ほど前から、同市のNPO法人「ホームレス支援 福岡おにぎりの会」とカトリック大名町教会が毎年冬に行う夜回りに参加。生徒たちはグループに分かれ、天神の繁華街や博多区の冷泉公園などを1時間ほどかけて回り、困っていることがないかなど声かけを実施。大阪市西成区の釜ケ崎でのボランティア活動にも従事してきた。
 参加生徒は回を重ねるごとに増え、「機会があればもっと交流したい」「参加したいけど、夜は難しい」という声をきっかけに、パンの会は始まった。今年6月と9月に生徒が主体となり昼間に活動を実施。チラシで告知を行い、いずれも60人のホームレスの人たちが、80人を超える高校生と交流を深めた。
 「最初は恥ずかしがっていた生徒たちも今では自分から積極的に話しかけたり、一緒に座って同じ目線で話すようになったりしています」と、パンの会の発起人で同高の教諭、深堀伸一さん(46)は生徒の成長を語る。
 生徒との交流を楽しみに集まる人も多く、今回で3回目の参加という南区の男性(64)は「高校生と話すのは楽しい」と笑顔。男性と話していた同高1年の高岸駿さん(16)は「あっという間だった。互いに寄り添いながら、普段聞くことのない世界を話してもらいました」と話した。
 次回の須崎公園での交流は4月以降を予定している。(小林稔子)
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/568273/

いじめを訴える文章、そのまま教室に掲示 栃木の小学校(15日)朝日

栃木県内の市立小学校で昨年7月、6年生の男子児童がいじめの被害を文章で訴えたのに、担任の男性教諭(42)が対策をとらず、名前入りの文章をそのまま教室に張り出していたことが分かった。市教委は今年3月、対応が不適切だったと認め、教諭と当時の校長に口頭で厳重注意とした。

 児童の家族や学校によると、担任の教諭はクラス全員にいじめに関する新聞記事を読ませ、感想を書かせた。上級生や同級生から日常的にいじめを受けていた児童は家族と相談の上、「3年からいじめが続きました」「全身にどろをかけられ、プロレスといってぼうこうもされました」「今も続いているため対応してほしい」などと書いて提出した。

 しかし、担任は相談に乗ることなく、赤ペンで「その痛み、つらさを知っているからこそ、人に優しくなれる」「負の連鎖をどこかで断ちきろう」などと感想を書き込み、他の児童の文章と一緒に教室に張り出した。1週間ほど張り出され、ショックを受けた児童は家族にもすぐには打ち明けられなかったという。

 いじめはその後も続き、3学期に入って児童が休みがちになったため、家族は今年2月、学校を訪問。校長はこの時、初めていじめ被害や文章が張り出されていたことを知

った。担任は市教委に対し「(児童の気持ちに)思いが至らなかった」と話したという。市教委は教諭を今年度、クラス担任から外した。

 両親は「相談しても、まともに応じてくれなかった。助けを求める文章を張り出すなんて、人としてどうなのか」と語った。

 市教委側は「教員として絶対してはいけないことで弁解の余地はない。すべての学校でいじめに対して真摯(しんし)に対応するよう指導していく」と話している。

東京理科大学の中村豊教授(生徒指導)の話

 男児が助けてもらいたくて書いた文章を他の児童に読まれたくないことは、寄り添っていれば、くみ取れたはずだ。安易に掲示したことは不適切な行為といわざるを得ない。学校側も担任教諭が問題を抱え込まないよう情報共有を進め、教室の状況を把握できるような行動をとるべきだった。

https://www.asahi.com/articles/ASMD46V8RMD4UUHB01N.html?iref=comtop_8_02

拉致問題解決「最大限の努力」(15日)TBS

北朝鮮の人権侵害問題啓発週間に合わせて開かれた政府主催のシンポジウムで、菅官房長官は、政府の最重要課題として拉致問題の解決に取り組む考えを強調しました。
 「全ての拉致被害者の1日も早い帰国を実現すべく、政府の総力を挙げて最大限の努力を続けている」(菅義偉官房長官)
 菅長官は「被害者も家族も高齢となる中、もはや一刻の猶予もない」と述べるとともに、引き続きアメリカなど関係国との連携を深める考えを示しました。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3856105.html

詐欺防いだコンビニ経営者を表彰(15日)NHK高知

店を訪れた客に声をかけ、これまでに4回、特殊詐欺の被害を未然に防いだ佐川町のコンビニエンスストアのオーナーに警察から感謝状が贈られました。
感謝状が贈られたのは、ローソン佐川町西店のオーナーの二宮健誌さん(57)です。二宮さんは、佐川警察署で、県警察本部の原田哲生活安全部長から感謝状を受け取りました。
二宮さんが経営するコンビニでは、プリペイドカードを電話をしながら買おうとしていたり、急いで何枚も買おうとしていたりする客には、声をかけるよう従業員に指導していて、この2年半ほどの間に合わせて4回、特殊詐欺の被害を未然に防いだということです。
13日は、二宮さんのコンビニでプリペイドカードを購入しようとしていたものの店員とのやり取りで、被害を免れた佐川町の64歳の女性が取材に応じました。
この女性は、カードの購入を指示した男と電話で話しながらコンビニに入りましたが指示されたカードが見当たらず、困っていたところで声をかけてもらい、被害にあわずに済んだということです。 女性は、「電話で指示されていたときは不安でしたが、声をかけてもらって詐欺だと気がつきました。感謝しています」と話していました。
二宮さんは「コンビニで金をだまし取られたという話を報道で目にするので、防ごうと取り組んできました。今後も、少しでも被害を減らせたらうれしいです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20191213/8010007008.html

追突されバイクの19歳男性死亡(15日)NHK千葉

14日夜、千葉県四街道市の県道でミニバイクの19歳の専門学校生の男性が、後ろから来た車に衝突されて対向車線に投げ出され別の車にひかれて死亡しました。
14日午後9時45分ごろ、四街道市の県道で埼玉県八潮市の専門学校生、酒巻崚介さん(19)のミニバイクに後ろから来たバンタイプの車が衝突しました。
酒巻さんは対向車線に投げ出されて走ってきた別の車にひかれ、病院に搬送されましたが死亡が確認されました。
警察は追突した車を運転していた自称、千葉県富里市の会社員、三浦健治容疑者(47)を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。
現場は片側1車線の見通しのいい直線道路で、警察によりますと、酒巻さんは対向車線側にあるガソリンスタンドに入ろうとして止まっていたとみられるということです。
警察は事故の原因について調べています。https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20191215/1080009315.html

横田めぐみさんと再会願う 同級生らチャリティーコンサート―新潟(15日)時事

北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん=拉致当時(13)=の小中学校の同級生らによるチャリティーコンサートが14日、新潟市内で開かれた。会場には約250人が集まり、めぐみさんとの再会を願った。
 母早紀江さん(83)はビデオメッセージで、「どうしたら助けてあげられるのか分からない中で年を取った。引き続きみんなが帰ってくるまで、お力を貸していただきたい」と呼び掛けた。めぐみさんの弟哲也さん(51)は会場で、「姉が拉致されて42年。中学1年だった少女が55歳。本当にむごい」と話し、「全員が帰ってくるまで解決のゴールはない」と訴えた。
 パネルディスカッションでは同級生らがめぐみさんの失踪当時を振り返り、「こんなことが急に起こるなんて誰も思わない。本当にショックだった」と涙を流した。その後、同級生のバイオリニスト吉田直矢さん(55)らによる合奏があり、最後に参加者全員でめぐみさんとの思い出の曲「翼をください」を合唱した。
 主催した「同級生の会」代表の池田正樹さん(55)は「(今回の)会場は『お帰りなさいコンサート』で予約していた。次回は必ずお帰りなさいコンサートにしたい」と述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121400401&g=soc

八戸で20代男性死亡、殺人で捜査 (15日)共同

15日午前1時25分ごろ、青森県八戸市六日町の飲食店ビル内で20歳代男性が死亡しているのが見つかった。八戸署が殺人事件とみて捜査を進めている。 https://www.toonippo.co.jp/articles/-/289343

被害者免許でネットカフェ利用か 奈良・橿原の放火殺人(15日)共同

 奈良県橿原市のアパートから住人とは別の職業不詳山岡直樹さん(28)=同県桜井市=の焼死体が見つかった放火殺人事件で、事件後に何者かが山岡さんの運転免許証を使って福岡市内のインターネットカフェを利用していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。橿原署捜査本部は、身を潜めるために身分を偽った可能性があるとみて容疑者の特定を急ぐ。
 捜査関係者によると、11月25日未明の火災発生後、福岡市のネットカフェで、山岡さん名義の免許証を示し、会員登録していた。ネットカフェや周辺の防犯カメラなどを詳しく調べている。
https://this.kiji.is/578564443784741985?c=39546741839462401

« 2019年12月14日 (土) | トップページ | 2019年12月16日 (月) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ