« 夫の遺体も発見 土砂崩れ現場で―相模原市(13日)時事 | トップページ | 厚労省、看護師ら23人行政処分 免許取り消しや業務停止(13日)共同 »

2019年11月13日 (水)

香港抗議活動 金融街の一角を占拠 日本人も負傷 (13日)NHK

香港政府が抗議活動の取締りを強化する姿勢を示す中、香港の中心部では12日も民主化を求める大勢の市民が集まり、一時、若者らが交通をまひさせ、金融街の一角を占拠するなど混乱が続いています。こうした中、香港に出張中の日本人男性がデモに遭遇して、けがをしたことを受けて、日本総領事館は、抗議活動の現場には近づかないよう、注意を呼びかけています。
香港中心部の金融街では、12日昼すぎから一時、数千人の市民が集まり、民主化を求めるスローガンを叫びました。
一部の若者は、信号機を壊したり、歩道を砕いて道路にまいたりして、交通をまひさせ、警察に排除されるまでおよそ4時間半にわたって一角を占拠しました。
集まった市民の1人は、「政府は警察の行為については問題にせず、多くの人が政府に対して怒っている。政府は行動を起こしてほしい」と話していました。
香港では11日、抗議活動に参加していた21歳の男子学生が警察官の発砲を受け、一時重体となりました。
先週には、一連の抗議活動が始まって以来、初めての死者が出たばかりで、市民の間で警察や政府に対する反発がさらに強まっています。
けさも道路の通行や鉄道の運行が各地で妨害されたのに加えて、一部の大学で学生と警察が対じするなど混乱が続いています。
一方で、香港政府トップの林鄭月娥行政長官は、抗議活動の取締りを強化する姿勢を示していて、市民と政府との対立は、一段と激しさを増しています。
こうした中、香港に出張中の日本人男性がデモに遭遇して、けがをしたことを受けて、日本総領事館は、現地に滞在している日本人や渡航を予定している人に向けて、抗議活動や口論、それに衝突の現場には決して近づかず、万一、遭遇した場合には速やかにその場を離れることやスマートフォンなどで撮影しないよう注意を呼びかけています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191112/k10012174641000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

« 夫の遺体も発見 土砂崩れ現場で―相模原市(13日)時事 | トップページ | 厚労省、看護師ら23人行政処分 免許取り消しや業務停止(13日)共同 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夫の遺体も発見 土砂崩れ現場で―相模原市(13日)時事 | トップページ | 厚労省、看護師ら23人行政処分 免許取り消しや業務停止(13日)共同 »