カテゴリー

« 2019年11月26日 (火) | トップページ | 2019年11月28日 (木) »

2019年11月27日 (水)

2019年11月27日 (水)

みかじめ料受け取り容疑で組幹部再逮捕 「直罰規定」の改正都条例を初適用 警視庁(27日)産経

風俗店にみかじめ料として現金4万円を支払わせたとして、警視庁組織犯罪対策3課は27日、東京都暴力団排除条例違反容疑で、豊島区北大塚の指定暴力団住吉会系組幹部、橋本健被告(50)=恐喝罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。同課によると、みかじめ料を受け取った組員を勧告などの手続きを踏まずに逮捕できる「直罰規定」を盛り込んだ10月施行の改正条例が、初めて適用された。
 改正条例は、都内の主要な繁華街を「暴力団排除特別強化地域」に指定。地域内では、みかじめ料の要求に加え、みかじめ料を支払った飲食店なども罰則(1年以下の懲役または50万円以下の罰金)対象となる。
 再逮捕容疑は10月10日、墨田区江東橋で風俗店を営む40代男性にみかじめ料4万円を要求し、自身名義の銀行口座に振り込ませたとしている。
 同課は今後、男性も同条例違反容疑で書類送検する方針。

https://www.sankei.com/affairs/news/191127/afr1911270035-n1.html

高齢夫婦宅に2人組強盗、現金入り財布奪う 茨城・土浦(27日)産経

27日午後4時55分ごろ、茨城県土浦市小松の男性(76)から「自宅で泥棒に殴られた」と110番通報があった。県警土浦署員が駆けつけると、男性は頭から血を流し、妻(75)は右手打撲などのけがをしていた。現金の入った財布が盗まれたとみられ、県警は強盗致傷容疑で調べている。
 県警によると、男2人が玄関から押し入り、バールのようなもので妻を殴りつけた上、その後帰宅した男性を襲って逃走した。外国人と灰色のスーツを着た日本人の2人組で、いずれも20~25歳、身長約180センチに見受けられたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/191127/afr1911270028-n1.html

同僚をどなり・蹴る ヤマト運輸で・・・瞬間(27日)TBS

同僚の男性をどなったり、蹴ったり。ヤマト運輸の従業員の行動を捉えた映像です。
 「永遠にそのようにやっておけよ。あー!?お前、何も分かってねえやろ!」
 夜の倉庫に響く男性の罵声・・・。25日午後9時すぎ、福岡県内のヤマト運輸の営業所で撮られた動画です。このやりとりに撮影者も・・・
 「あれはちょっと、ひどすぎる。ああいうのがあるから、自殺者が増えるんだよ」(撮影者)
 それでも、罵声はどんどんエスカレートしていきます。 「ぶち殺すぞ、お前。なんやピーピーって」
 さらに・・・
 「自分のいいように言ってみろ」

なんと、突然蹴りつけたのです。1回にとどまらず、もう1回。さらに・・・合わせて3回も男性の太もものあたりを蹴りつける卑劣な行為。その後、配送車のドアを強く蹴りつけ、大きな音が響き渡ります。周辺には、蹴られている男性以外にも人の姿を確認できます。ところが、見て見ぬふりをしているのか、誰も止めようとする人はいません。
 夜の倉庫で起きた驚きの光景。ヤマト運輸の広報によると、男性2人は従業員ということで、「ご心配をおかけし、大変申し訳ございません。今後、詳細を確認した上で厳正に対処してまいります」としています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3841841.htm

神戸山口組系幹部 2人組に撃たれ死亡 1人逃走か 兵庫 尼崎 (27日)NHK

27日夕方、兵庫県尼崎市の路上で、神戸山口組系の幹部が車に乗った2人組の男に銃で撃たれて死亡しました。警察は、現場から逃走したとみられる男1人を京都市内で逮捕し、もう1人の行方を捜査しています。
27日午後5時すぎ、尼崎市神田南通1丁目の路上で、車に乗った2人組の男が銃を撃ち1人が撃たれました。
捜査関係者によりますと、撃たれたのは神戸山口組系暴力団の古川恵一幹部(59)で、病院に搬送されましたが、顔などに弾が当たっていて死亡しました。
2人は現場から車で逃走していましたが、警察は名神高速道路の京都南インターチェンジの付近でこの車とみられる軽乗用車を見つけ、パトカーなどで取り囲みました。
車には男1人が乗っていて、警察が車内を調べたところライフルや拳銃が見つかり、その場で逮捕しました。
警察は、もう1人の行方を追うとともに事件の詳しい状況や背景などを調べています。
事件があった現場は、阪神電鉄の尼崎駅から西に500メートルほどの飲食店やマンションが建ち並ぶ地域です。
NHKのヘリコプターからの映像では、京都市南区の路上で現場から逃走したとみられる白っぽい軽乗用車の周りを多数のパトカーや捜査車両が囲んでいるのが確認できました。
また、車のすぐ近くでは毛布を掲げた警察官の中で捜査員らが何かを確認している様子もみられました。
車が囲まれていた場所は名神高速道路の京都南インターチェンジ付近です。

容疑者確保の目撃者は

男が確保された現場の近くにあるガソリンスタンドの店員は「男の顔の表情などは遠くてよく見えなかったが、諦めたような感じで手をあげていた。ボディーチェックをされて、後ろについていたパトカーの中に連れていかれた」と話していました。
また、現場近くで働く会社員の男性は「軽乗用車とパトカーの間の道路に……
続きを読む

眞子さまに「寂しいですか」 丸山穂高氏、饗宴の儀で(27日)時事

NHKから国民を守る党の丸山穂高衆院議員は27日、天皇陛下の即位を祝う「饗宴(きょうえん)の儀」に出席した際、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまに対し、結婚関連儀式を延期し、米国留学中の小室圭さんに関する質問をしたことを明らかにした。丸山氏は「アメリカは遠いですよね。寂しいですか」と発言したという。国会内で記者団の質問に答えた。
N国・丸山氏、皇室行事で不適切行動か 「何ら問題ない」と否定

 丸山氏は記者団に「婚約内定会見をされた方に触れて、何が不適切なのか」と述べ、自身の言動に問題はないとの認識を示した。
 これに先立ち、丸山氏は国民民主党に公開質問状を提出した。同党議員が衆院議院運営委員会理事会で、丸山氏に饗宴の儀の際、不適切な行動があったのではないかと取り上げたため。丸山氏は、飲酒が過ぎて同僚議員に制止されたとの指摘を重ねて否定し、同党の原口一博国対委員長に対し、12月3日までに回答するよう求めた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112700895&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

酒気帯びで追突、中国籍の女を逮捕 「自宅で飲んだ」(27日)共同

浦賀署は27日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、中国籍で横須賀市森崎2丁目、無職の女(41)を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前4時50分ごろ、同市根岸町1丁目の国道134号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した、としている。
 署によると、同容疑者は容疑を認め、自宅で酒を飲んだとの趣旨の供述をしている。男性会社員(65)のトラックに追突する事故を起こし発覚した。男性にけがはなかった。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-211513.html

横浜・旭区のホテルで高3男子にわいせつ行為 会社員逮捕(27日)共同

県警少年捜査課と多摩署は27日、県青少年保護育成条例違反の疑いで、東京都江戸川区、会社員の男(36)を逮捕した。
 逮捕容疑は、9月24日午前1時55分~午前7時半ごろ、横浜市旭区内のホテルで、同区に住む高校3年の男子生徒(17)にわいせつな行為をした、としている。
 署によると、容疑を認め「18歳未満の男の子にわいせつな行為をさせたのは間違いない」と供述している。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-211512.html

原子力機構施設の機器所在不明に パソコンやカメラ、計23台(27日)共同

日本原子力研究開発機構は27日、核燃料サイクル工学研究所(茨城県東海村)の放射線管理区域外の施設から、パソコンやビデオカメラなど計23台の機器が所在不明になっていると発表した。
 研究所では10月、ガラス固化技術開発棟からトランシーバー6台がなくなっているのが判明し、窃盗容疑で協力会社社員の男が逮捕されている。
 機構によると、トランシーバーの盗難を受け、所内を調べた結果、開発棟に隣接する建物からパソコンなどがなくなっていた。盗難に遭ったとみて今月8日、県警に被害届を出した。
https://this.kiji.is/572383593019966561?c=39546741839462401

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
強盗も減っているのだが…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191127202101F1015219-1  今年1月、東京・港区赤坂の路上で現金約8300万円が奪われた事件で、36歳の男5人がこのほど警視庁に逮捕された。これで同事件の逮捕者は少年を含めて18人になる「大強盗団」だった。強盗と言っても、こうした街頭での大胆な強盗もあれば、最近流行りの「アポ電」強盗もある。これを「侵入強盗」として統計されているが、強盗総数の3分の1を占めている。
 … … … … …
 警視庁によると今年10月現在の強盗の認知件数は1262件で、前年同期より276件の減少。年々減少傾向にあり、10月現在としては平成27年が2000件もあったが、今年は半数近くに減っている。
 ランキングは東京の207件、大阪の166件、埼玉の118件、神奈川と愛知の各91件など。どういうわけか四国地方が増加傾向を見せている。
 一方、検挙率は87.7%で2.1ポイントアップしている。
 ランキングは奈良と鳥取の各200%、鹿児島の162.3%、大分の133.3%、東京の102.9%と続いている。
 低かったのは秋田の50.0%、滋賀の58.3%、広島の61.1%、栃木の72.7%、大阪の75.9%など。
 ところで、侵入強盗だが認知件数は386件で前年より110件の減。検挙率は88.6%で前年より3.5ポイントも上がっている。
 認知件数のランキングは強盗全体に比例してやはり東京がトップの40件。以下大阪の39件、埼玉の34件と続いている。 
   首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。


Image271_20191127202701





カード窃盗疑いで15歳少女逮捕 スーツ姿で高齢者宅を訪問 (27日)共同
https://this.kiji.is/572274297695372385?c=39546741839462401

アップルペイで不正購入、詐欺の疑いで女を逮捕 (27日)TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3841522.html

★「フィッシング詐欺」急増 ネットバンクから不正送金 (23日)共同
★「保険料の払い戻しあります」と電話 61歳女性、ATMで現金43万円振り込む被害/新座 (24日)共同
★AV出演詐欺、男性被害 博多署容疑の男逮捕(16日)西日本
★比で日本人36人の身柄拘束 特殊詐欺グループか (14日)産経
★79歳の女性に“次男を名乗る電話” 2100万円だまし取られる  (11日)NHK
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕
★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経

アップルペイで不正購入、詐欺の疑いで女を逮捕(27日)TBS

他人名義のクレジットカード情報を不正に入手し、電子たばこ5万円相当を購入したとして、中国籍の女が警視庁に逮捕されました。
 詐欺などの疑いで逮捕されたのは中国籍の会社員、王ゲツ聡容疑者(29)です。王容疑者は今年3月、東京・新宿区のコンビニエンスストアで、不正に入手した他人名義のクレジットカード情報をスマートフォンの決済機能「アップルペイ」に登録し、電子たばこ5万円相当を購入した疑いがもたれています。
 警視庁によりますと、王容疑者らの詐欺グループはイオンのクレジットカード利用者にうそのメールを送信し、カード情報を入手していて、被害総額は4500万円相当にのぼるとみられています。
 王容疑者はグループの指示で商品を購入する「買い子」とみられ、取り調べに対し、「友人に頼まれてやっただけだ」と容疑を否認しています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3841522.html

衝突事故に巻き込まれ警察官重傷 青森、勤務中に(27日)産経

27日午前7時5分ごろ、青森県弘前市門外4丁目の交差点で乗用車と軽乗用車が衝突する事故があり、角に立って交通量の調査をしていた同市堅田、警察官、南部平樹さん(36)が巻き込まれて骨盤骨折の重傷を負った。
 乗用車を運転していた同市取上の会社員男性(26)、軽乗用車を運転していた同市泉野の女性会社員(46)と同乗の小学生の男児(11)の3人は軽傷だった。
 弘前署によると、現場は信号機のある十字路。いずれも直進して交差点に進入したとみられ、衝突の反動で乗用車が南部さんにぶつかった。
 同署はどちらかが信号を無視した可能性があるとみて、詳しい事故原因を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191127/afr1911270020-n1.html

全国小中3万校、集合場所を点検 川崎の児童ら殺傷事件受け(27日)共同

5月に川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小の児童ら20人が殺傷された事件を受け、文部科学省が全国の小中学校約3万校を対象に、登下校時の集合場所などの点検を進めていることが27日、分かった。結果を集約し、今後の対策に生かしていく方針だ。事件は28日で発生から半年。
 昨年5月に新潟市で下校中の小2女児が殺害された事件を教訓に、国は「子どもを1人にしない」との観点で対策を取ってきた。だが川崎の事件では、保護者らの目があるスクールバス停留所で、男(51)が児童らを包丁で次々に襲った。さらなる対策の強化が急務となっている。
https://this.kiji.is/572310004370392161?c=39546741839462401

高3武内さんに感謝状 高齢女性の保護に貢献 (27日)西日本

道に迷った高齢女性の保護に貢献したとして日田署は、日田市有田の武内海斗さん(18)=昭和学園高3年=に感謝状を贈った。武内さんは「今後も困った人がいたら声掛けするなど、できることをしたい」と話した。
 同署などによると10月23日午後7時ごろ、雨の中、下校中だった武内さんは、手押し車を押していた70代女性から「道が分からなくなって」と話し掛けられた。武内さんが行き先を尋ねると、女性は「どこにいるのか分からない」と返答。そばの道路は交通量も多く、2人で学校近くの安全な場所に移動、通りかかった友人などを通じて同署へ連絡した。署員が到着するまでは女性と会話をしながら待っていたという。
 感謝状の贈呈は今月21日に同署であり、武内さんは「心配だったので付き添った。女性が無事に帰って安心しました」。吉永正男署長は「見て見ぬふりをせず、女性を助けてくれた勇気ある行動に感謝したい」と述べた。 (笠原和香子)https://www.nishinippon.co.jp/item/n/563142/

談合疑惑の舞台、入札改革の陰で 医薬品卸大手4社捜索(27日)朝日

独立行政法人地域医療機能推進機構」(東京)が発注する医薬品の入札で談合した疑いがあるとして、公正取引委員会は27日午前、医薬品卸大手4社に対し独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで家宅捜索を始めた。

 談合が疑われる舞台となった地域医療機能推進機構は、14年4月に設立された。前身の年金・健康保険福祉施設整理機構が、「無駄づかい」と批判を受けた年金福祉施設の売却を進める中で、存続することになった病院の運営を目的とされた。

 初年度となった14年度の機構の契約は、競争性のある競争入札などが件数ベースで37・2%だった一方、競争性のない随意契約は62・8%に上っていた。機構は契約に競争性を持たせようと、随意契約できる事由の適用を厳格化することや、入札への参加資格要件を緩和するなどの取り組みを実施。その後は割合が逆転し、18年度には競争性のある契約が85・0%、随意契約は15・0%となっている。

 今回の強制調査では、機構の取…


有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。残り:526文字/全文:928文字

https://www.asahi.com/articles/ASMCW35X9MCWUTIL00F.html?iref=comtop_8_02

中国でまた日本人拘束 50代男性(27日)TBS

中国でスパイ行為を疑われ、国家安全当局に拘束される日本人が相次ぐ中、湖南省でも今年7月から50代の日本人男性が拘束されていることが、JNNの取材でわかりました。
 関係者によりますと、50代の日本人男性は今年7月、湖南省・長沙の国家安全当局に拘束されたということです。拘束の経緯や理由については明らかにされていませんが、男性は介護関連の仕事に携わっていたということです。
 中国では、北海道大学の教授が今年9月に一時拘束され、その後、保釈されるなど、2015年以降、少なくとも15人の日本人が「スパイ行為」を疑われ拘束されています。
そのうち、起訴された9人全員が実刑判決を言い渡されていますが、どういう行為が違法だったのか詳細は明らかにされていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3841500.html

カード窃盗疑いで15歳少女逮捕 スーツ姿で高齢者宅を訪問(27日)共同

銀行協会職員を装って70代女性からキャッシュカードを盗んだとして、警視庁町田署は27日までに、窃盗容疑で横浜市の無職少女(15)を逮捕した。同署によると、少女はスーツ姿で女性宅を訪問。容疑を認め、「5、6件やり、現金約200万円を引き出した」と話している。
 町田署は10月、別の高齢女性への詐欺容疑で横浜市の高校3年の少女を逮捕。詐欺グループを調べる過程で無職少女が浮上した。
 逮捕容疑は10月7日、何者かと共謀し、銀行協会職員を装い、茨城県取手市の70代女性に「詐欺の犯人が捕まった」などと電話をかけ、自宅を訪問。キャッシュカード2枚を用意させて盗んだ疑い。
https://this.kiji.is/572274297695372385?c=39546741839462401

信号機停止で交通に危険 台風の中、発電機盗んだ男を追送検 千葉県警(27日)産経

千葉県警交通捜査課は27日、台風15号による停電の影響で消えた信号機に取り付けられていた発電機を盗み、信号機を停止させて交通の危険を生じさせたとして、道交法違反の疑いで、同県成田市大竹の農業、吉岡晃被告(38)=窃盗罪で起訴=を千葉地検木更津支部に追送検した。調べに対し、黙秘しているという。
 追送検容疑は、9月15日午後9時半~16日午前1時ごろ、同県芝山町と同県横芝光町の計3カ所の道路に設置された発電機を盗み、信号の表示を停止させて交通の危険を生じさせたとしている。
 吉岡容疑者は台風15号による停電の影響で消えた信号機に取り付けられていた発電機を盗んだとして窃盗容疑で逮捕、起訴されていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191127/afr1911270010-n1.html

東京・東村山の霊園で男性死亡、顔に粘着テープ(27日)産経

27日午前11時ごろ、東京都東村山市萩山町の「東京都小平霊園」で、「男の人が倒れている」と110番通報があった。警視庁東村山署員が駆けつけたところ、霊園内のゴミ集積所の付近で、あおむけの状態で倒れている男性を発見。男性は胸などから出血しており、その場で死亡が確認された。
 同署などによると、遺体は顔全体に粘着テープが巻かれており、周辺からは包丁や男性のものとみられるバッグなどが見つかった。同署は男性の身元の確認を進めるとともに、事件と自殺の両面で調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191127/afr1911270012-n1.html

なりすましメールで自己増殖 「エモテット」感染広がり(27日)朝日

「Emotet」(エモテット)と呼ばれるコンピューターウイルス感染の被害が世界で観測され、日本でも急速に広がっている。電子メールを通じて感染する手口で猛威を振るい、歯止めのかからない状態だ。どのような危険性があるのか。

 複数のセキュリティー会社によると、世界的に感染の広がりが確認されたのは9月のことだ。その後、米国や豪州の政府機関が注意を呼びかけた。日本でも10月ごろに確認され始め、11月に入って一気に被害の報告が増えたという。

 エモテットの手口はこうだ。

 まず、感染したパソコンに保存…

残り:568文字/全文:801文字

https://www.asahi.com/articles/ASMCV6TS7MCVULZU015.html

尖閣沖の接続水域 中国海警局の船1隻が航行 (27日)NHK

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船1隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。
船は、27日午前9時現在、尖閣諸島の大正島の南南東およそ28キロを航行しているということで、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191127/k10012192691000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

「PCで動画見ていた」と女児 大阪誘拐、つなぎ留めか(27日)共同

 大阪市の小学6年女児誘拐事件で、栃木県小山市の自称派遣社員伊藤仁士容疑者(35)が、自宅で女児(12)にパソコンを触らせて動画を閲覧させていたとみられることが27日、捜査関係者への取材で分かった。女児は「パソコンで(動画サイトの)ユーチューブを見て過ごしていた」と話しているという。
 大阪府警は、女児のスマホを取り上げて家族や友人との通信を遮断しながら、女児が逃げないようつなぎ留めようとして動画を見せていた可能性があるとみて調べる。
 捜査関係者によると、伊藤容疑者は「ツイッターで女児の相談に乗っていた」と説明。「いつでも帰っていい」とも言っていたという。
https://this.kiji.is/572190948880057441?c=39546741839462401

母親の遺体4か月押し入れ放置か(27日)NHK

埼玉県深谷市で4か月にわたり母親の遺体を自宅の押し入れに隠し、放置したとして53歳の無職の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは埼玉県深谷市の無職、高田義勝容疑者(53)で、警察の調べによりますと、ことし7月下旬ごろから4か月にわたり、自宅1階の和室にある押し入れに同居していた母親のよりさん(当時83)の遺体を隠して放置したとして死体遺棄の疑いが持たれています。
 警察によりますと、26日午後、深谷市役所から「ことし8月以降、母親と面談ができず安否の確認ができない」と連絡があり警察官が市の職員と自宅を訪ねたということです。
 高田容疑者が応対し、「母親はすでに亡くなっている」と説明したことから家の中を探した結果遺体が見つかったということです。
 調べに対し容疑を認め、「7月下旬に母親が死亡し、困って押し入れに隠した」などと供述しているということで警察は死因や詳しいいきさつを調べることにしています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20191127/1000040762.html

資材置き場から銅線窃盗の疑い 男を再逮捕 神奈川県警(27日)産経

資材置き場から銅線を盗んだとして、神奈川県警港北署は26日、窃盗の疑いで、横浜市港北区岸根町の無職、池松敏彦被告(59)=自動車運転処罰法違反(無免許過失致傷)などの罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。
 再逮捕容疑は10月13日午後1時ごろから同15日午前7時ごろまでの間、同区新羽町の産業廃棄物回収会社の資材置き場から、銅線約200キログラム(時価約10万円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、事件当時、資材置き場は業者の出入りがあったため、施錠されていなかった。池松容疑者は売却目的で銅線を盗んだとみられ、知人から借りた軽トラックで銅線を運搬したという。先月、無免許のまま同じ軽トラックを運転し、前を走っていたワンボックスカーに追突して会社役員の男性(48)に首の捻挫などのけが負わせたうえ、そのまま逃走したなどとして、今月1日に自動車運転処罰法違反などの容疑で逮捕されていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191126/afr1911260039-n1.html

中学生誘拐容疑で不動産業者を逮捕へ 接点はツイッター(27日)朝日

ツイッターで知り合った兵庫県の中学生の少女を2カ月にわたって借家に誘拐したとして、埼玉県警は27日にも、不動産業の阪上裕明容疑者(37)=埼玉県本庄市=を未成年者誘拐の疑いで逮捕する。阪上容疑者は別のさいたま市の中学生の少女を同じ借家に1カ月余り住まわせたとして同容疑で逮捕、起訴されている。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、阪上容疑者は8月下旬から約2カ月間、兵庫県の少女を本庄市内の自身が管理する借家に住まわせるなどして誘拐した疑いがある。家出を望む少女のツイッターの投稿に返信して呼び寄せたという。調べに対し、「将来、仕事を手伝わせるつもりだった」などと述べ、借家で勉強をさせ、食事を出していたという。

 埼玉県警さいたま市の少女の父親から「娘が帰宅しない」との相談を受けて捜査を始め、防犯カメラの映像などから少女の居場所を特定して先月29日に借家を捜索して、少女2人を発見、保護。翌30日に阪上容疑者を、さいたま市の少女を9月17日に誘拐した疑いで逮捕していた。この少女ともツイッターで知り合い、「同じ年の子が居候している。相談に乗るよ」とメッセージを送って誘っていたという。
https://www.asahi.com/articles/ASMCV5SNNMCVUTNB00Z.html?iref=comtop_8_03

外国漁船取締りに海上保安官を(27日)TBS

石川県沖の大和堆周辺で外国漁船が違法に操業している問題で、水産庁が海上保安庁に対して銃を持つことができる海上保安官の乗船を要請していることがわかりました。
 大和堆周辺の海域は、スルメイカなどの日本有数の漁場で、10月には、水産庁の取締船と北朝鮮の漁船とみられる船の衝突事故が起きるなど、外国漁船による違法操業が横行しています。これを受けて水産庁は、取締船に銃を持つことができる海上保安官を乗船させるよう海上保安庁に要請していることがわかりました。
 水産庁の漁業取締官は武装することができず、外国漁船が威嚇をした場合などへの対応が限られるため、海上保安官の乗船により取り締まり活動を強化したい考えです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3841249.html

高齢ドライバーの事故防止 踏み間違い防止装置 国が費用補助へ (27日)NHK

高齢ドライバーによる交通事故を防ぐため、政府は新たな経済対策の中で、ペダルの踏み間違いによる急発進などを防ぐ後付けの装置を購入する費用を補助する方向で調整していることがわかりました。来月以降の購入から対象となる見通しです。
 政府は取りまとめを進めている経済対策の中で、高齢者が自動ブレーキなどを搭載した新車や中古車を購入する場合に、費用の一部を補助する方針です。
 しかし当面、車を買い替えないという高齢者も多いことから、アクセルとブレーキを踏み間違った際に急発進などを防ぐ装置をいま乗っている車に後付けする場合も、補助の対象に加える方向で調整しています。
 対象となるのは、国土交通省が検討を進めている認定制度で性能を評価する基準を満たした商品で、来月、今年度の補正予算案が閣議決定された後に購入したものとする方針で、政府は補助金の額など詰めの調整を急いでいます。
 後付けの安全装置をめぐっては、東京都が費用の9割を補助するなど、一部の自治体で独自の制度が設けられていますが、国の補助も併用できるよう、検討しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191127/k10012192521000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

ユニバーサルデザインなのに… タクシー乗車拒否相次ぎ通達 (27日)NHK

通常のタクシーよりも大型で障害者などが乗りやすいとして国が導入を進めている「ユニバーサルデザインタクシー」で、車いすの利用者が乗車を断られたケースが相次いでいたことが障害者団体の調査でわかりました。国土交通省は、全国のタクシー会社で作る団体に通達を出して適切な運用を求めました。 「ユニバーサルデザインタクシー」は障害者や高齢者でも乗りやすいよう、通常よりもドアが大きく車内のスペースも広く作られたタクシーです。
 「ユニバーサルデザインタクシー」の利用状況を、障害者が作る団体の「DPI日本会議」が先月、全国で調査したところ、車いす利用者の延べ120人のうちおよそ27%にあたる32人が乗車を断られたと回答していたことがわかりました。
 こうしたことなどから、国土交通省は今月19日、全国のタクシー会社で作る団体「全国ハイヤー・タクシー連合会」に対し、ユニバーサルデザインタクシーの適切な運用を求める通達を出しました。
 通達は去年に続き2回目で、車いす利用者であることや、車いすを乗せる装置の使い方がわからない、乗り降りに時間がかかるなどの理由で、乗車や予約を拒否することは道路運送法に違反し、行政処分や指導の対象になるとしています。
 「DPI日本会議」の佐藤聡事務局長は、「二度と乗車拒否が起きないようにしてほしい」としています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191127/k10012192321000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

風化する「帰国者」の半生 「地上の楽園」信じた9万人―北朝鮮渡航事業開始60年(27日)時事

 日朝両政府が推進し、1959年から25年間で約9万3000人の在日朝鮮人らが北朝鮮に渡った帰国事業の開始から今年12月で60年となる。「地上の楽園」と信じて渡航したものの、苦難を味わった人が少なくないとされるが、日本や韓国に脱北した人は一握り。帰国者の多くは死亡、または高齢化しており、日朝間で翻弄(ほんろう)された人生は歴史の中に忘れ去られつつある。
 ◇打ち砕かれた希望
 「見るもの、すること、全てがつらかった。後悔とかいろいろな感情があった」。17日に東京都内でシンポジウムが開かれ、14歳だった72年に21歳の姉と共に北朝鮮に渡り、2001年に脱北、02年に日本に戻った東京都出身の石川学さん(61)はこう振り返った。「生活レベルも知識水準も全て違う」と衝撃を受けたが、「地元の人間に信頼されないと生きていけない」と現地の女性と結婚し、設計事務所で働いた。しかし、姉は74年ごろから心を病んで入退院を繰り返し、91年に死亡した。
 日本で大学に行けなかった姉は「祖国では老若男女誰でも学べる」という宣伝を信じて渡航したが、到着後、当局者に「女がこの年で大学なんか行けるわけない」と希望を打ち砕かれたという。
続きを読む

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112600719&g=soc

横手出身の研修医を追起訴 麻薬・大麻取締法違反、秋田地検(27日)共同

秋田地検は26日、麻薬取締法違反と大麻取締法違反の罪で、横手市出身で静岡県焼津市の病院の研修医(26)を秋田地裁に追起訴した。
 起訴状などによると、被告は8月、静岡県内で同僚の研修医から合成麻薬LSDが入ったグミと大麻を譲り受けたとされる。
(全文 218 文字 / 残り 97 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20191127AK0004/

沢尻エリカ容疑者の知人の男逮捕 MDMAを共同所持容疑(27日)共同

女優の沢尻エリカ容疑者(33)と共同して合成麻薬MDMAを所持したとして、警視庁組織犯罪対策5課は26日、麻薬取締法違反の疑いで、沢尻容疑者の知人で30代のファッションデザイナー、横川直樹容疑者を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 事件を巡っては、組対5課が16日朝、沢尻容疑者が東京・渋谷のクラブから帰宅すると同時に家宅捜索し、アクセサリーケースからMDMAの粉末が入ったカプセル2錠を発見した。携帯電話の分析や交友関係の捜査を進め、入手ルートを調べていた。
https://this.kiji.is/572069957160879201?c=39546741839462401

京アニ容疑者、全身90%やけど 回復待って逮捕、捜査本格化へ(27日)共同

アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=が、皮下組織まで傷が達する重いやけどを全身の約90%に負っていたことが26日、医療関係者への取材で分かった。初期の治療で他人の皮膚の提供を受ける通常の治療法を採用せず、自己の組織を培養してできた皮膚や人工皮膚だけで救命されたことも判明。専門家は、全身の90%以上にやけどを負った重篤な患者への治療としては過去に例がないとしている。
 一命を取り留めたことで動機の解明が可能となり、京都府警は回復を待って逮捕、本格的な捜査に乗り出す。
https://this.kiji.is/572165285164778593?c=39546741839462401

« 2019年11月26日 (火) | トップページ | 2019年11月28日 (木) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

留置所

無料ブログはココログ