« 2019年11月19日 (火) | トップページ | 2019年11月21日 (木) »

2019年11月20日 (水)

2019年11月20日 (水)

女子生徒5人にセクハラ、高校教員を停職 千葉(20日)産経

千葉県教育委員会は20日、勤務先の高校の女子生徒5人にセクハラ行為をしたとして、県立旭農業高の男性教員(44)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 県教委によると、男性教員は8月28日、自分の車に生徒1人を乗せて自宅へ送り届ける途中、車内で腰やうなじを触ったほか、6~10月には休み時間などの間、別の生徒4人の尻や太ももを触った。複数回触られたと証言している生徒もいる。
 10月中旬に保護者が県教委に連絡して発覚。当初は聞き取りに対して「髪を染めたことへの指導のためだった」などと説明していたが、現在は「不適切だった。申し訳ない」と話している。
https://www.sankei.com/affairs/news/191120/afr1911200030-n1.html

| コメント (0)

寺のさい銭盗んだ後、仏壇に合掌…窃盗容疑で逮捕(20日)朝日

寺のさい銭を盗んだとして、佐賀県警武雄署は20日、長崎県松浦市のアルバイト従業員の男(48)を窃盗容疑で逮捕し、発表した。納骨堂の仏壇に合掌する姿が防犯カメラに映っており、容疑者の特定につながった。容疑を認めているという。

 発表によると、男は昨年10月15日午前11時35分ごろ、佐賀県武雄市の寺の納骨堂で、さい銭箱から約1500円を盗んだ疑いがある。

 この寺はその約1カ月前にも同様の被害に遭っていたため、防犯カメラを設置していた。映像では、男がさい銭箱の鍵を壊して引き出しからお金を抜き取る姿や、その後で仏壇に手を合わせる姿が確認できたという。被害から約1年後の逮捕となり、武雄署の山口竜二副署長は「『いくら仏に許しを請うても、悪事は許せない。必ず罰が当たる』という気持ちで捜査にあたった」と振り返っている。(松岡大将)
https://www.asahi.com/articles/ASMCN6F3BMCNTTHB00L.html

| コメント (0)

大阪の小6女児不明、日曜日の朝食後から(20日)TBS

行方が分からなくなって3日です。
 警察によりますと、大阪市住吉区に住む小学6年生の赤坂彩葉さん(12)は今月17日午前7時ごろ、自宅で朝食をとりましたが、午前11時ごろ、自宅からいなくなっていることに母親が気付いたということです。彩葉さんのスマートフォンとは今もつながりません。
 「(メッセージを)最後に送ったのはきょうの11時33分です。ずっと送っているので」(赤坂彩葉さんの母親)Q.メッセージに既読はついていない?
「ついてないですね。早く帰ってきてほしい、もうそれだけですね。無事でいてくれたら」(赤坂彩葉さんの母親)
 彩葉さんは、身長およそ150センチメートルのやせ型、黒髪のショートカットで、警察が情報提供を呼びかけています。
【情報提供先】
大阪府警住吉署(06)6675-1234
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3835255.html

| コメント (0)

鉄パイプ落下事故 再発防止策徹底されていなかったか 和歌山 (20日)

19日、和歌山市でビルの工事用の足場から鉄パイプが落下し、通行していた男性にあたり死亡した事故で、警察は工事を請け負っていた市内2つの業者を捜索しました。警察は事故の4日前に同様に鉄パイプが落下したあと再発防止策が徹底されていなかったとみて、押収した業務日誌などを調べています。
 19日、和歌山市中心部のオフィス街で12階建てのビルの屋上付近に設けられた工事用の足場から重さ5キロほどの鉄パイプが落下し、近くを歩いていた大阪市に住む26歳の銀行員の頭部にあたり死亡しました。
この事故で警察は20日、業務上過失致死の疑いで、いずれも和歌山市にある、工事の元請けの「SIGN TAKASE」と、下請けの「ヒロケン」を捜索しました。
現場では事故の4日前の15日にも同じように鉄パイプが落下していて、2つの業者がビル側に再発防止を申し出て、事故の前日の18日に工事が再開されたばかりでした。
警察は再発防止策が現場で徹底されていなかったとみて、押収した業務日誌などを詳しく調べています。

続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183781000.html?utm_int=news_contents_news-main_007 みくの

| コメント (0)

刃物で襲われ致命傷 マンション男性殺害―愛知県警(20日)時事

愛知県岡崎市のマンションで住人の河原薫さん(49)が殺害された事件で、県警岡崎署捜査本部は20日、司法解剖を行った結果、死因は上半身の静脈を刃物で傷つけられたことによる出血性ショックだと発表した。捜査本部は強い殺意による犯行とみて調べている。
 河原さんは19日午前、マンション3階の自宅で血まみれで倒れているのを、安否確認に訪れた母親が見つけた。捜査本部によると、刺し傷などが多数あり、凶器は先のとがった刃物とみられる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112001205&g=soc

| コメント (0)

大麻栽培の〝師匠〟逮捕 栽培器具販売、ノウハウも  (20日)共同

大麻栽培に悪用されることを知りながら栽培用具を販売したとして、県警薬物銃器対策課と山手署などは20日、大麻取締法違反(栽培ほう助)の疑いで、園芸用品輸入・販売店社長の男(53)=東京都世田谷区=を逮捕した。
 逮捕容疑は、昨年4月~今年8月ごろ、東京都渋谷区の園芸用品輸入・販売店「グロウショップレアル」で、大麻栽培に使用されると知りながら千葉県松戸市の無職の男(32)=同法違反の罪で起訴=に照明器具や液体肥料などを販売し、大麻草栽培をほう助した、としている。「分かりません」と供述、容疑を否認しているという。
 同課によると、20日の店舗の捜索で、大麻栽培時の肥料の投与時期や適量などを記したメモが押収された。男からも同様のメモを押収しており、男は「メモ通りにやったらうまく栽培できた」などと供述。県警は、同容疑者が男に栽培用具だけでなく、ノウハウも提供していたとみて調べる。男は同容疑者を大麻栽培の「師匠」と呼んでいたという。
 同店は2016年に開店し、顧客は数百人に上るとみられる。県警は表向きは園芸用品販売をうたい、実態は大麻栽培の器具を専門で販売していたとみて調べる。
https://www.kanaloco.jp/article/entry-210021.html

| コメント (0)

自衛隊車両盗み乗り捨て疑い、15歳少年を逮捕 自衛官のクレカでたばこ購入も(20日)共同

滋賀県大津北署は20日、自衛隊滋賀地方協力本部(大津市)が管理するワゴン車を盗んだなどとして、窃盗と詐欺の疑いで、堺市の無職少年(15)を逮捕した。
 逮捕容疑は、7月17日午後3時40分ごろ、大津市真野1丁目の路上で、停車中のワゴン車と車内にあった男性自衛官(37)の財布を盗み、京都市下京区の現金自動預払機(ATM)から6千円を引き出した疑い。また同日、男性自衛官のクレジットカードを使ってコンビニでたばこ40個を購入し、だまし取った疑い。
https://this.kiji.is/569862889816491105?c=39546741839462401

| コメント (0)

愛知の男性殺害は14日夕以降か 知人と電話で会話、連絡途絶える(20日)共同

愛知県岡崎市のマンション室内で住人の職業不詳河原薫さん(49)が殺害された事件で、河原さんは14日夕に知人と電話で会話したのを最後に連絡が取れなくなったことが20日、岡崎署捜査本部への取材で分かった。捜査本部は、これ以降に殺害されたとみて調べる。
 また司法解剖の結果、死因は静脈を鋭利な刃物で刺されたことによる出血性ショックで、13~17日ごろに死亡したとみられる。捜査関係者によると、背中など上半身に刺し傷や切り傷が数カ所あった。
 捜査本部によると、河原さんの母親(76)が15日に電話をした時には、つながらなかった。
https://this.kiji.is/569852414196778081?c=39546741839462401

| コメント (0)

池袋事故遺族ら安全対策要望 国交相、高齢者運転に懸念(20日)共同

東京・池袋で4月、高齢ドライバー運転の乗用車が暴走した事故で妻松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)を亡くした男性(33)ら交通事故遺族でつくる団体のメンバーが20日、赤羽一嘉国土交通相と会い、交通安全対策の充実を求める要望書を手渡した。
 遺族らと面会した赤羽氏は「最愛の家族を亡くされ、心からお見舞いを申し上げる。高齢者による事故が頻発し、大変な課題の一つだ」との認識を強調した。
 要望書では、事故原因究明のためドライブレコーダーを全ての車を対象に設置を義務付けることや、自動運転の進展に伴う安全対策づくりを求めている。
https://this.kiji.is/569838329782142049?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(20、21日 単位・レベル)
市1幼年の殺人検挙が増える
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191120213801F1015154-1  14歳の中学生が通学途中の小学校女児を刃物で襲い殺害しようとした事件が起きてしまった。今月12日、青森県八戸市でひとりで下校中の小学6年の女児の首を刃物で切りつけたもので、幸い命に別状はなかった。少年はカバンの中に複数のカッターナイフを持っていたというから驚きだ。犯行の動機をしっかり解明してほしい。
 警察庁によると今年10月現在の刑法犯少年の検挙者数は1万5956人で、前年同期より3081人も減少している。
 中でも窃盗犯が1951人も減って8748人だったことが大きい。その要因は万引犯の減少だった。前年同期より1154人も減っている。しかし、検挙者は4181人もあり、放置できない犯罪だ。
 八戸市の14歳の少年は殺人未遂で検挙されているが、これは凶悪犯。そのなかで未遂の数字はないが、殺人では33人が検挙されており、前年同期より8人が増えるなど増加傾向が見られる。
 一方で、今問題の詐欺などの知能犯。前年より203人も減り739人だった。増加傾向にあった詐欺犯の検挙は656人で212人も減少していることが影響しているようだ。
 犯罪被害弱者である少年をどう救うかが大事だが、加害者となる少年を救うことも大事だ。
 首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。


Image271_20191120214301

 


★公的機関装う架空請求ハガキが多数郵送 熊本県山鹿市など県内各地 (19日)西日本
★AV出演詐欺、男性被害 博多署容疑の男逮捕(16日)西日本
★比で日本人36人の身柄拘束 特殊詐欺グループか (14日)産経
★79歳の女性に“次男を名乗る電話” 2100万円だまし取られる  (11日)NHK
★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経
★「キャッシュカードを封筒に」 すり替え詐欺に注意 (7日)朝日
★「民事訴訟最終通達書」のはがき 3350万円の詐欺被害  (7日)NHK
★カードすり替え盗被害急増 犯人から電話→通話中に偽警官→偽物と交換 (5日)西日本
★日本人の高齢者狙い現金3千万円詐取の疑い、中国籍の男逮捕 (1日)TBS
★「10万円送れば20万円払う」 下着買い取り詐欺容疑で大学生逮捕 (1日)産経
★震災助成金4600万円詐取疑い、夫婦逮捕 (28日)産経
★Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日
★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事
★カードだまし取られ 130万引き出される、男の画像公開(10日)TBS
★うその電話でiphono転売か、詐欺グループ摘発12人逮捕(10日)TBS

| コメント (0)

経産省で火災、けが人なし(20日)産経

20日午前10時ごろ、東京都千代田区の経済産業省でで、火災が発生した。一時、省内への入館が禁止されたほか、エレベーターなどが停止したが、けが人や大きな混乱はなかった。
 経産省では10時過ぎに館内で火災警報が鳴り、非常放送が地下2階の駐車場で火災が発生していることを伝えた。地下1階の出入り口付近では焦げ臭いが漂っていたという。
 10時40分ごろに、公設消防隊によって鎮火したことが館内放送で伝えられた。
 この火災によって、審議会などのインターネット中継が中断するなどの影響があった。
https://www.sankei.com/affairs/news/191120/afr1911200006-n1.html

| コメント (0)

山口組系事務所を家宅捜索、札幌(20日)西日本

札幌市北区の指定暴力団神戸山口組系「五龍会」の青木和重会長(56)の自宅兼事務所に車が突っ込み建造物損壊容疑で男が現行犯逮捕された事件で、北海道警は20日、関係先として同市中央区の指定暴力団山口組系「福島連合」の事務所を家宅捜索した。
 逮捕された男は職業不詳塚本大平容疑者(43)(同市白石区)で、福島連合の関係者とみられ、19日朝、ワンボックスカーで青木会長宅の車庫のシャッターを突き破った疑いが持たれている。
 道警は組同士の抗争の可能性があるとみて調べている。https://www.nishinippon.co.jp/item/o/561102/

 

| コメント (0)

卓球メダリスト水谷選手を脅す 大学生ら3人逮捕 (20日)NHK

オリンピックのメダリスト、卓球の水谷隼選手から現金を脅し取ろうとした疑いで、大学生などの男女3人が逮捕されました。
逮捕されたのは、いずれも東京 世田谷区に住む駒澤大学の3年生、澤野祐輝容疑者(20)と鈴木瞬容疑者(20)、それにアルバイトの19歳の少女の合わせて3人です。
警視庁によりますと3人は、卓球の水谷隼選手(30)に対し、このうちの19歳の少女とプライベートで会っていたことを理由に、ことし7月「有名人なので週刊誌に載ると思う」として、現金を脅し取ろうとした恐喝未遂の疑いが持たれています。
東京 渋谷区の飲食店でアルバイトをしていた少女が水谷選手と知り合い、これを知った交際相手の澤野容疑者が、友人の鈴木容疑者とともに現金を脅し取ろうとしたとしたということです。
水谷選手は要求に応じず、警視庁に被害届を出していました。
調べに対して3人のうち澤野容疑者と少女は容疑を認め、鈴木容疑者は「恐喝にはならないと思った」と、否認しているということです。
水谷選手は日本を代表する卓球選手で、リオデジャネイロ・オリンピックでは男子団体で銀メダル、シングルスで銅メダルを獲得し、東京オリンピックの出場を目指しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183861000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| コメント (0)

あおり運転で男逮捕 蛇行など、暴行容疑―福岡県警(20日)時事

 西九州自動車道で、大型トラックの前方に乗用車で割り込み急ブレーキや蛇行運転などを繰り返したとして、福岡県警高速隊は20日、暴行容疑で福岡市南区井尻の自称調理師三角悦司容疑者(65)を逮捕した。「やった記憶はあるが、詳しくは覚えていない」とおおむね容疑を認めているという。
 逮捕容疑は6月28日午前10時35分ごろ、約5分間にわたり、福岡県糸島市の西九州道上り車線で、三重県四日市市の男性運転手(44)の大型トラックにあおり運転をした疑い。
 同隊によると、現場は片側2車線で、追い越し車線を走行していた被害者と追い付いてきた容疑者が同時に車線変更したことをきっかけに、あおり運転が始まったという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112000513&g=soc

| コメント (0)

和歌山県警、工事業者2社を捜索 鉄パイプ落下死亡事故(20日)時事

 和歌山市の12階建てビル屋上の工事足場から鉄パイプが落下し、通行中だった大阪市の銀行員板垣智之さん(26)が死亡した事故で、和歌山県警は20日、業務上過失致死の疑いで、工事業者2社を家宅捜索した。
鉄パイプ落下、歩行者死亡 ビル屋上から4日前にも―和歌山

 和歌山西署によると、看板設置工事で使われた足場の撤去作業中の19日、重さ約5キロの鉄パイプが落下し、下を歩いていた板垣さんの頭部を直撃した。現場では15日にも鉄パイプが落下しており、県警は安全管理に問題がなかったか捜査する。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112000605&g=soc

| コメント (0)

沢尻エリカ容疑者、尿鑑定は陰性 MDMA「使用」供述も(20日)共同

合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)について、警視庁組織犯罪対策5課は20日、尿鑑定の結果は陰性で、MDMAなど違法薬物の成分は検出されなかったと明らかにした。
 組対5課によると、MDMAの成分は大半が使用から2、3日で体外に排出されるという。逮捕した16日に任意で採尿し、警視庁の科学捜査研究所で鑑定していた。これまでの取り調べにMDMAの使用を認めており、同課は経緯を調べている。
 また同課は、押収した携帯電話を解析し入手ルートを捜査している。
https://this.kiji.is/569695632015492193?c=39546741839462401

| コメント (0)

ひき逃げ事件で誤認逮捕 埼玉県警「再発防ぐ」(20日)産経

埼玉県警は19日、同県川口市で10月に起きた軽傷ひき逃げ事件をめぐり、犯人隠避の疑いで逮捕した男を、当初は実行犯として誤認逮捕していたと明らかにした。
 県警によると、川口市の県道で10月28日未明、軽乗用車が追突事故を起こし、運転者は軽乗用車を置いたまま逃走した。追突された男性(47)は2週間のけがをし、県警はひき逃げ事件として捜査を始めた。
 同日午後、自称建設作業員の男(37)が川口署を訪れ、「自分が普段使っていて盗まれた軽乗用車だ」と説明。県警は被害者の証言などから、この男を実行犯とみて道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反の疑いで逮捕した。
 その後、男の同僚(36)が「事故を起こした記憶はないが、自分かもしれない」と出頭。署は今月18日、同僚をひき逃げの疑いで逮捕した。男については、さいたま地検がいったん釈放。県警は車が盗まれたと虚偽申告し、同僚の犯行を隠したとして犯人隠避容疑で改めて逮捕した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190062-n1.html

| コメント (0)

飲酒し死亡ひき逃げ容疑 バス運転手を逮捕 埼玉(20日)産経

飲酒して自家用車を運転中に死亡事故を起こして逃げたとして、埼玉県警狭山署は19日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、狭山市下奥富、バス運転手、細田博幸容疑者(56)を逮捕した。
 逮捕容疑は11日未明、酒に酔い正常な運転が困難な状態のまま、狭山市の国道を走行。同県川越市の介護士、中村快さん(22)のバイクに追突して死亡させ逃走したとしている。署によると「事故を起こしたのは間違いない」と供述している。
 後続車の男性が110番通報し、県警の捜査員が、現場から約1・8キロ先に止まっていた細田容疑者の車を見つけた。負傷していたため病院へ搬送、退院を待って逮捕した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190065-n1.html

| コメント (0)

元組合長の長男「指示者処罰を」 工藤会トップ裁判(20日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(73)とナンバー2の会長田上不美夫被告(63)の第6回公判が19日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。11日の公判に続き、1998年2月に射殺された元漁協組合長の長男が証人として出廷。「実行犯だけでなく指示、命令して得をした人も処罰してほしい」と訴えた。
 長男は事件後、田上被告との会話内容などを書き込んだ手帳を検察に提出し、外部に漏れないよう依頼したという。漏えいを懸念した理由について「工藤会に漏れると何をされるか分からない。工藤会は恐怖だった」と当時の心境を明かした。
 同市の港湾事業に大きな影響力があった元組合長が、同会側の介入を拒んで殺害されたことについては「(個人による事件ではなく)工藤会全体として出てきたと思った」と述べた。
 弁護側は、事件後の供述調書と証言が変遷しているとして、その内容を追及した。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/561019/

| コメント (0)

母親「娘の残したアイス、今も冷凍庫に」 新潟女児殺害(20日)朝日

新潟市で昨年5月、小学2年生の女児(当時7)を殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元会社員、小林遼(はるか)被告(25)の裁判員裁判が19日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。女児の母親が被害者参加人として意見陳述し、「娘は車ではねられ、首を絞められ、列車にひかれ、何度も殺された」などと無念さを語った。裁判員らを前に「前例にとらわれずに判断してほしい」と死刑を求めた。
 母親は被告や傍聴席とついたてで隔てた席で話した。事件前日、女児が好物のアイスクリームを食べ、残した分を「明日に取っておく」と冷凍庫に置いたエピソードを明かした。今も冷やしており、「娘が二度と食べないと思うたびに悲しくなる」と話した。
 生前には、家族で「次の元号は何になるんだろう」と楽しく話したこともあった。「娘は平成しか生きられなかった。娘だけ取り残されるようで、かわいそうでなりません」と声を震わせ、「被告にふさわしいのは死刑しかない」と述べた。傍聴席ではすすり泣く音が聞こえ、涙をぬぐう検察官もいた。
 小林被告はついたてで見えない…

残り:177文字/全文:629文字https://www.asahi.com/articles/ASMCM5TZ2MCMUTIL03Y.html?iref=comtop_8_06

| コメント (0)

大阪 小6女児不明、公開捜査に(20日)TBS

大阪市の小学6年生の女の子が17日から行方不明になっています。警察は顔写真を公開し、情報提供を呼びかけています。
 行方が分からなくなっているのは、大阪市住吉区に住む小学6年生の赤坂彩葉さん(12)です。
 警察によりますと、彩葉さんは17日午前7時ごろ、自宅で朝食をとっていました。その様子を母親は見ていましたが、いったん体を休めるために横になり、再び起きてきた午前11時には、彩葉さんの姿はありませんでした。彩葉さんは、母親と姉、兄の4人暮らしで姉と兄も当時、家にいましたが、彩葉さんの外出に気づかなかったということです。 「(最後の)連絡はLINEが既読になったのが、(17日午前)8時35分。そこからは未読のまま。本当に早く帰ってきてほしいだけです。無事であってほしい」(彩葉さんの母親)
 彩葉さんに家出の経験はなく、スマートフォンを持っていなくなったとみられていますが、つながらないままだということです。
 彩葉さんは身長およそ150cm、痩せ形、黒色ショートカットで黒色の運動靴を履いているとみられるということです。警察は、周辺の防犯カメラを調べるなど捜査を続けていますが、今のところ有力な手がかりはなく、情報の提供を呼びかけています。
【情報提供先】
大阪府警 住吉署 (06)6675-1234
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3834646.html

| コメント (0)

東京五輪・パラ前に 鉄道テロ対策 危険物発見の実証実験へ (20日)NHK

来年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、鉄道でのテロ対策を強化しようと国土交通省は、探知犬やスクリーニング装置を使って危険物を発見する実証実験を行うことを決めました。
 実証実験は、人から放射される電磁波を映像化し危険物を検出する「スクリーニング装置」と呼ばれる機器を使った手法と、爆発物の臭いを嗅ぎつける探知犬を巡回させる合わせて2種類が行われます。
スクリーニング装置が使われる実証実験については、今月25日から28日にかけて都営大江戸線の新宿西口駅の改札で行われます。
また、探知犬の実証実験については来月4日に、JR東京駅の新幹線北乗り換え口などで行われます。
国土交通省やJRによりますと、実験では実際に危険物を見つける事ができるか効果を検証するとともに、駅構内の人の流れなど影響面についても調査したうえで、本格的に導入するかどうか検討するということです。
国土交通省は「実証実験の結果を即座に鉄道事業者と共有し、関係機関と協力しながらテロ対策を進めていきたい」としています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183281000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0)

香港で逮捕された日本人学生 釈放される (20日)NHK

抗議活動が続く香港で警察に逮捕された日本人の男子大学生について、現地の総領事館は、現地時間の19日夜遅く釈放されたことを明らかにしました。
香港の日本総領事館によりますと、抗議活動が続く香港では、今月17日、日本人の21歳の男子大学生が学生と警察との間で激しい衝突が続いていた香港理工大学の周辺で警察に逮捕されましたが、現地時間の19日夜遅く、釈放されたということです。
男子大学生にけがはなく、健康状態にも問題はないということです。
香港では抗議活動が一部で過激化し、警察が取締りを強化していて、これまでにこの男子大学生を含む合わせて2人の日本人が抗議活動に関連し逮捕されています。
日本の外務省は、香港に滞在する日本人に対し、「レベル1」の危険情報を出して抗議活動が行われている現場には近づかないなど、十分注意するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183651000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| コメント (0)

鉄パイプ落下、歩行者死亡 ビル屋上から4日前にも―和歌山(20日)時事

19日午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁の12階建てビルの屋上から鉄パイプが落下し、近くを歩いていた男性の頭部を直撃した。男性は病院に搬送されたが、約5時間後に死亡が確認された。このビルでは4日前にも鉄パイプが落下しており、和歌山県警和歌山西署は業務上過失致死容疑も視野に当時の詳しい状況を調べている。
高層階から瓶落下、男性死亡=豪州人を逮捕-シンガポール

 同署などによると、死亡したのは大阪市中央区の銀行員板垣智之さん(26)。鉄パイプは長さ約1.5メートル、重さ約5キロで、板垣さんはビル前の道路を歩いていたという。
 当時、ビル屋上の看板設置工事で使われた足場の撤去作業中だった。ビルに本社を置く商社によると、現場では15日にも鉄パイプが落下したため作業をいったん中止し、18日に再開したという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900987&g=soc

| コメント (0)

青学大野球部の入部拒否で提訴 秋田の男性、監督らを(20日)共同

青山学院大の硬式野球部に入部を拒否され精神的苦痛を受けたとして、元学生の男性が大学を運営する学校法人青山学院(東京)と硬式野球部監督に、計500万円の損害賠償を求めて秋田地裁に提訴したことが19日、分かった。
 訴状によると、男性は昨年3月に秋田県内の高校を卒業。1浪後の今年、「入部前の練習参加が必須だが、出来による『ふるい落とし』はない」旨の野球部マネジャーからのメールなどを信じて受験し、合格した。
 入学手続き後の3月、練習に参加した際、監督から間接的に「実力的に、すみません」などと告げられた。入部を拒否された男性は、8月に退学届を提出した。

| コメント (0)

仕事の忘年会、軽め志向鮮明に 「午前さま」今や死語?(20日)共同

 仕事絡みの忘年会はせいぜい1回までとし、2時間以内で切り上げたい―。シチズン時計(東京)が10月に実施した意識調査で、多くの社会人が付き合いの宴会にドライな感覚を持っている実態が浮かび上がった。
 調査はネットを通じ、20代以上の働く男女400人を対象に実施。ビジネス関連の忘年会で「適当」と考える回数は、1回が52.0%、0回が36.3%で、1回以下が9割近くを占めた。
 忘年会で帰りを気にする時刻を聞くと、ビジネスでは終電を過ぎる翌日午前の時間帯を答えた人は少数。シチズン時計の担当者は「『午前さま』という言葉はもはや死語かもしれない」との見方を示した。
https://this.kiji.is/569622018507408481?c=39546741839462401

| コメント (0)

« 2019年11月19日 (火) | トップページ | 2019年11月21日 (木) »