« 2019年11月18日 (月) | トップページ | 2019年11月20日 (水) »

2019年11月19日 (火)

2019年11月19日 (火)

600平方メートル焼損で鎮圧 けが人なし 東京・板橋の金属工場火災(19日)産経

東京都板橋区舟渡の金属加工業「日本金属」板橋工場で19日夕方に発生した火災は、倉庫約600平方メートルが焼損し、出火から約3時間後にほぼ消し止められた。
 警視庁志村署などによると、けが人はなかった。出火当時、倉庫内では従業員が作業をしていたといい、同署などが出火原因を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190059-n1.html

| コメント (0)

ひかりの輪の国賠請求棄却 公安庁文書めぐり、東京地裁(19日)産経

オウム真理教元幹部の上祐史浩氏(56)が設立した「ひかりの輪」が、公安調査庁が団体規制法に基づく観察処分の更新請求のために提出した文書に、出家した構成員の発言を曲解して記載したために名誉を傷つけられたとして、国に計7円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、請求を棄却した。
 氏本厚司裁判長は「公安庁が、当時把握していた情報や上祐氏らの発言を基に、構成員がサリン事件を正当化しているとみたことは不合理でない」と指摘した。
 ひかりの輪は「観察処分が適法だと仮定した上で、事実の真偽の十分な判断を避けた。控訴する」とのコメントを発表。公安庁は「妥当な判決だ」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190061-n1.html

| コメント (0)

日本科学未来館職員を逮捕(19日)西日本

警視庁調布署は19日、中学3年の少女とわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)などの疑いで、東京都練馬区、日本科学未来館(江東区)の職員生田目純希容疑者(30)を逮捕した。
 逮捕容疑は、3月3日と27日、当時中3だった少女(15)と台東区内のホテルでわいせつな行為をし、タブレット端末で撮影した疑い。
 調布署によると「性欲を満たすためにやった。ばれなければ大丈夫だと思った」と容疑を認めている。2人はキャラクターを着せ替えて楽しむアプリを通じて知り合ったという。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/560943/

| コメント (0)

「町田ルール破った」不良の象徴・コルク狩り、今も横行(19日)朝日

 ヘルメットをかぶっているだけなのに、因縁をつけられて暴行される。「コルク狩り」と呼ばれる事件が東京都内で相次いだ。平成の初めには暴走族の間で始まっていたとされるが、令和になった今も少年たちはなぜ「狩る」のか。

 警視庁は9月、16歳と17歳の少年2人を殴ったり蹴ったりし、2週間のけがを負わせたなどとして、高校2年の男子生徒ら16~17歳の少年3人を傷害容疑などで逮捕した。事件が起きたのは6月下旬。葛飾区内の公園で10人ほどで取り囲み、こうすごんだという。
 「お前らさ、『コルク半』かぶって調子乗ってんだろ」
 コルク半とは、緩衝材にコルク…


有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

| コメント (0)

“核燃料棒”と書かれたラベル、中学生が発見 模型の可能性も(19日)TBS

18日午後9時ごろ、沖縄県宮古島市の橋のたもとで、長さおよそ20センチの棒状のものを中学生が発見しました。
 棒状のものには、「ウランペレット(核燃料棒)」と書かれたラベルが貼られていて、沖縄県から派遣要請を受けた自衛隊が現場で測定したところ、放射線は検出されませんでした。
 経済産業省によると、2002年以降に全国の高校に無償配布した教材用の「燃料見本キット」に含まれる模型の可能性があるということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3834421.html

| コメント (0)

京大病院、薬剤誤り入院患者死亡 救命措置でもミス(19日)時事

京都大付属病院(京都市左京区)は19日、心不全で入院していた男性患者に誤って高濃度の薬剤を投与し、6日後に死亡したと発表した。救命措置の際も、服用している薬を確認しなかったため出血が止まらなかったとし、宮本享病院長は「二重三重のミスが重なり、最悪の事態を招いた。深く反省し再発防止に努める」と謝罪した。
 京大病院によると、男性はコンピューター断層撮影(CT)検査を受ける際、障害がある腎機能への副作用を抑える必要があった。このため担当医は炭酸水素ナトリウムを処方しようとしたが、濃度が6.7倍の別の薬剤を処方したという。
 男性は「医師を呼んでほしい」などと痛みを訴えていたが、点滴は続けられ心停止した。蘇生措置で心拍は再開したが、駆け付けた医師らは男性が血液を固まりにくくする薬を服用していたことに気付かず、肺の出血が続いて多臓器不全で死亡した。
 京大病院は、電子カルテ内の薬剤名を変更するなどの再発防止策を講じたと説明。男性の年齢や誤投与の時期については、家族の意向を理由に明らかにしなかった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111901185&g=soc

| コメント (0)

官製談合、高崎芸術劇場を捜索 照明備品入札、市長が陳謝(19日)共同

 群馬県高崎市が発注した高崎芸術劇場の照明備品の指名競争入札を巡り、官製談合防止法違反などの容疑で市課長らが逮捕された事件で県警は19日、劇場や市役所を家宅捜索した。富岡賢治市長は記者会見し「市民の行政に対する信頼を損ない、深くおわびしたい」と陳謝した。
 富岡市長は「任命権者として監督責任がある」と述べ、自らの処分を検討していることを明らかにし、行政運営で法令上の疑義が生じた場合、市職員が相談できる部署を来月にも新設するとした。劇場はJR高崎駅東口に市が総額約266億円で建設、9月にオープン。市が出資する公益財団法人高崎財団が指定管理者として運営している。
https://this.kiji.is/569460715786142817?c=39546741839462401

| コメント (0)

両陛下、台風19号被災地訪問へ 12月下旬、宮城と福島(19日)共同

 宮内庁は19日、天皇、皇后両陛下が12月下旬、台風19号やその後の大雨による被害が甚大だった宮城県と福島県をお見舞いのため訪問されることを検討していると発表した。天皇陛下の即位後、両陛下の被災地訪問は初めて。
 関係者によると、12月26日の日帰り訪問を軸に調整している。具体的な訪問先などは今後、両県と協議し決定する。
 共同通信の集計では、10月中旬に上陸した台風19号による死者は災害関連死を含め、13都県で90人以上に上る。
 両陛下の即位パレード「祝賀御列の儀」は、10月22日に行われる予定だったが、台風の被害に配慮し、11月10日に延期して実施された。
https://this.kiji.is/569452779357144161?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2


首都東京体感治安(19、20日 単位・レベル)
詐欺の検挙率アップ
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191119200801F1015203  また「不作為」ともとれる事態が発生した。
 JR新潟駅近くの繁華街のビルで20歳の女性が刺殺された事件。指名手配されていた男(25歳)が逮捕されたが、事件前に埼玉県の実家に住む犯人の母親が埼玉県警に相談していたという。報道によると、相談内容は「息子が交際相手の女性を傷つけて自分は自殺するといっている」
 報道は、当然、「警察に相談していたのに…」となる。この時、息子は神奈川県内で暮らしていたが、母親は女性はどこに住んでいるかは分からなかった。埼玉県警から連絡を受けた神奈川県警は、肝心の女性の連絡方法が無いのでは、なすすべもなかった。そして埼玉県警も母親から「息子を連れて帰った」の連絡を受けていた。
 そんな最中に新潟県内で事件は発生した。埼玉県警、神奈川県警、そして新潟県警----これだけで埼玉、神奈川両県警は息子の身柄を確保できただろうか…逆に、これだけで身柄を拘束すれば「人権だ」とたたかれる。これが現代社会での警察活動の限界なのかも知れない。
 「相談していたのに…」。こんな事例はいくつもある。だったら、人権優先ではなく、事件発生を未然に防ぐには、警察には即身柄拘束が可能な「強権」を与えるほかはない。
 警察活動の難しさが山積しているなかで、刑法犯検挙率はアップ傾向にある。
 警察庁によると今年10月現在の刑法犯検挙率は30.8%で前年同期に比べて1.3ポイントアップした。
 最もアップしたのは知能犯の支払用カード偽造で、前年より35.7ポイントも上がり140.5%になった。刑法犯の中で最も高い検挙率だった。
 次に上がったのは通貨偽造で前年より32.6ポイントもアップの53.5%。注目の詐欺犯は4.8ポイントあがり47.2%だった。
 重要犯罪は82.9%で1.3ポイントのアップ。最も上がったのは強制性交等で、2.8ポイントもアップして89.3%。殺人にいたっては96.4%で前年より1.5ポイント上がっている。
 検挙率が低い窃盗犯は、1.3ポイントも上がり32.9%だった。前年に比べて下げ幅が大きかったのは222.2ポイントダウンのATM破りの9%。しかし、もっとも低かったのは相変わらずの自転車盗で6.3%。
 事件なんて当然、無いほうが良い。検挙よりも抑止だ。その抑止行為が人権優先でできないようでは……
  首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

Image271_20191119201401
★AV出演詐欺、男性被害 博多署容疑の男逮捕(16日)西日本
★比で日本人36人の身柄拘束 特殊詐欺グループか (14日)産経
★79歳の女性に“次男を名乗る電話” 2100万円だまし取られる  (11日)NHK
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕
★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経
★「キャッシュカードを封筒に」 すり替え詐欺に注意 (7日)朝日
★「民事訴訟最終通達書」のはがき 3350万円の詐欺被害  (7日)NHK
★カードすり替え盗被害急増 犯人から電話→通話中に偽警官→偽物と交換 (5日)西日本
★日本人の高齢者狙い現金3千万円詐取の疑い、中国籍の男逮捕 (1日)TBS
★「10万円送れば20万円払う」 下着買い取り詐欺容疑で大学生逮捕 (1日)産経
★横浜の80代男性 630万円架空請求詐欺被害 (31日)産経
★Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日
★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事

| コメント (0)

MDMA「逮捕前とは別のクラブで入手」 沢尻容疑者(19日)産経

合成麻薬「MDMA」を所持したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)=東京都目黒区碑文谷(ひもんや)=が、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、「MDMAは逮捕前日に訪れた渋谷区のクラブとは別のクラブのイベント会場でもらった」という趣旨の供述をしていることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、沢尻容疑者は入手時期を数週間前と説明。「10年以上前から違法薬物を使っていた」とも供述しており、同課は尿を鑑定し、使用の有無を調べるとともに、入手ルートの特定を進める。
https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190026-n1.html

| コメント (0)

東京駅と新宿西口駅で実験 五輪テロ対策の危険物検査(19日)産経

 国土交通省は19日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けテロ対策を強化するため、東京駅の新幹線改札と、都営地下鉄大江戸線新宿西口駅で危険物検査の実証実験をすると発表した。同省は昨年の東海道新幹線殺傷事件などを踏まえ、駅や電車内の安全性確保策の検討を進めており、実験は今年3月の東京メトロ霞ケ関駅に次ぐ第2弾となる。
 国交省によると、東京駅では12月4日、危険物を検知する訓練を受けたラブラドルレトリバーとビーグルを配置。新宿西口駅では11月25~28日、自然に放射される電磁波で衣類の内側に隠し持った危険物を検知できる「ボディースキャナー」を使って実験する。
https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190028-n1.html

| コメント (0)

公的機関装う架空請求ハガキが多数郵送 熊本県山鹿市など県内各地(19日)西日本

熊本県警山鹿署は19日、同県山鹿市をはじめ県内各地で公的機関を装う架空請求ハガキが多数郵送されているとして、注意を喚起した。署によると、ハガキには「消費者生活センター」や「法務省管轄支局」などと記されている。署は「不安をあおり、記載された電話番号に電話をさせて未納料金や弁護士費用などうそを言ってお金をだまし手口」と警戒を呼びかけた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/560846/

| コメント (0)

ひき逃げか 女性死亡、千葉・稲毛(19日)TBS

19日未明、千葉市で若い女性が道路に倒れているのが見つかりました。女性はその後、死亡し、警察がひき逃げ事件とみて捜査しています。
 19日午前3時半すぎ、千葉市稲毛区園生町の路上で「彼女が道路沿いの安全柵から落ちた」と男性から110番通報がありました。
 警察などが駆けつけると、若い女性が道路に倒れていて、顔や脚などに車にひかれたような傷があったということです。女性は病院に運ばれましたが、およそ5時間後に死亡が確認されました。
 警察によりますと、通報したのは女性の知人の男性(20代)で、「現場付近で女性と話をしていて、帰るために駐車場に車を取りに行き戻ったところ、女性が倒れていた」と話しているということです。
 警察では、女性の傷の状況などからひき逃げ事件とみて、付近の防犯カメラを調べるなど捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3834052.html

| コメント (0)

香港 市民と警察が衝突 東京農大生も身柄拘束 (19日)NHK

抗議活動が続く香港では警察に包囲され、大学にとどまる学生たちを助けようという呼びかけに応じた大勢の市民が大学の周辺に集まりましたが、強制排除に乗り出した警察と衝突し、拘束される人が相次ぎました。一方で、抗議活動に関連して20代の日本人男性が大学の近くで警察に逮捕されていたことがわかりました。

香港の繁華街に近い香港理工大学には数百人の学生たちが構内にとどまっているとみられていますが、警察に包囲された状態が続いています。
構内に残る学生のなかには警察との衝突でけがをしている人もいて、18日の夜は学生たちを助けようという呼びかけに応じた大勢の市民が大学の周辺に集まり、抗議活動を行いました。
これに対して警察は催涙弾を発射して強制排除に乗り出し、一部の若者が火炎瓶を投げるなどして警察と衝突し、相次いで拘束されました。
一方で、外交筋によりますと、17日の夜、香港理工大学の近くで、抗議活動に関連して20代の日本人男性が警察に逮捕されたということです。
詳しい容疑などは明らかになっていませんが、当時、大学では学生と警察との間で激しい衝突が続いていました。
男性にけがはなく、健康状態に問題はないということです。
一連の抗議活動に関連して日本人が逮捕されたことが分かったのはことし9月に続いて2人目です。
外務省は香港に滞在する日本人に対し、「レベル1」の危険情報を出して抗議活動の現場には近づかないなど、十分、注意するよう呼びかけています。

身柄拘束は東京農業大学の学生

関係者によりますと、香港の警察に身柄を拘束された男性は東京農業大学の3年生の井田光さん(21)だということです。

東京農大「私的な旅行で訪れていたようだ」

東京農業大学は「香港の日本領事館から連絡があり、本学の学生で間違いないと確認できた。プライベートの旅行で香港を訪れていたようだ。ご家族とも連携を取りながら引き続き情報収集に努める」としています。……続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191119/k10012182351000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| コメント (0)

広島県警、ドローン規制法で初摘発 呉総監部上空飛ばす(19日)時事

 海上自衛隊呉地方総監部(広島県呉市)の周辺区域でドローン(小型無人機)を飛ばしたとして、広島県警公安課などは19日、小型無人機等飛行禁止(ドローン規制)法違反容疑で介護職員の男(50)=同県熊野町=を書類送検した。同課によると、「飛ばしたことに間違いない」と容疑を認めている。同法違反の摘発は全国初という。
〔写真特集〕小型無人機「ドローン」
 逮捕容疑は9月21日午後4時35分ごろ、ドローンなどの飛行が禁止されている呉市幸町の呉地方総監部の周辺地域において、重量約150グラムのドローンを飛行させた疑い。
 同課によると、男は同所が飛行禁止区域だと知っており、「ドローンの練習がしたかった」と供述しているという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900676&g=soc

| コメント (0)

運転中のスマホ使用 12月から罰則強化 五島署が呼び掛け(19日)共同(長崎)

 12月から、車の運転中にスマートフォンなどを操作する違反行為への罰則が強化されるのを前に、五島署員らが18日、五島市中心部商店街で、交通マナー向上を呼び掛けるチラシを通行人に配った。
 運転中に携帯電話で通話したり操作したりすると、普通車の場合、12月1日から反則金が6千円から1万8千円に上がる。昨年、携帯電話を使用しながら運転したとして県警が摘発した件数は、県内で1万8549件(同市内279件)。人身事故も発生している。
 キャンペーンには同署や市交通安全協会などから約10人が参加。商店街を通行する車を1台ずつ止め、チラシを配りながら罰則強化と安全運転を呼び掛けた。
https://this.kiji.is/569349430536537185?c=39546741839462401  

| コメント (0)

愛知のマンションで男性変死 血まみれ、事件とみて捜査(19日)共同

 19日午前10時20分ごろ、愛知県岡崎市日名本町にあるマンション3階の職業不詳河原薫さん(49)宅で、河原さんとみられる50歳ぐらいの男性が血まみれで倒れているのを、訪ねてきた河原さんの母親が発見し、一緒にいた母親の知人が岡崎署に通報した。男性はその場で死亡が確認された。室内に荒らされたような跡があり、県警は事件の可能性があるとみて捜査を始めた。
 岡崎署によると、マンションは4階建て。河原さんは1人暮らしで、部屋の玄関は施錠されていた。捜査関係者によると、男性はうつぶせで倒れ頭から出血。頭部には鈍器で殴られたような痕があった。
https://this.kiji.is/569388110257194081?c=39546741839462401

| コメント (0)

ビル屋上から鉄パイプ、男性死亡 26歳銀行員、和歌山(19日)共同

19日午前8時20分ごろ、和歌山市十三番丁30の12階建て雑居ビル屋上から約5キロの鉄パイプが落下し、通行人の大阪市中央区、銀行員板垣智之さん(26)の頭に当たった。搬送先の病院で死亡が確認された。
 和歌山西署によると、鉄パイプは長さ約1.5メートル、太さ約4.5センチ。足場の撤去作業中に落下した。同署が詳しい事故の原因を調べている。
 現場は南海電鉄和歌山市駅近くのオフィス街。
https://this.kiji.is/569381942954083425?c=39546741839462401

| コメント (0)

覚せい剤密売容疑など13人逮捕(19日)NHK

高知県警察本部は、覚せい剤の密売グループ4人と このグループから覚せい剤を購入し所持・使用していた9人のあわせて13人を、18日までに覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕しました。
 警察は、覚せい剤の入手経路などの密売の実態をさらに調べることにしています。
 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、高知市に住む山岡幹雄容疑者(70)と、住所不定の細美仁志容疑者(54)の2人を中心とする密売グループ4人と、客9人のあわせて男女13人です。
 警察の調べによりますと、密売グループの4人は、高知市内のアパートの1室を拠点に、先月上旬までに男女9人に対して覚せい剤を有料で譲り渡していた疑いがもたれています。
 警察は、覚せい剤を所持したり使用したりしていたとして、先月上旬までに客5人を逮捕して、それぞれ調べを進めた上で、先月7日に残る客と4人の密売グループの自宅や拠点を一斉に捜索し、その後全員を逮捕したということです。
 高知県警察本部では、今後密売グループの覚せい剤の入手経路や、背後に大がかりな組織が関わっていないかなど、密売の実態についてさらに調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20191118/8010006785.html

| コメント (0)

自治会長詐欺、不適切な対応で職員22人処分 和歌山市(19日)産経

「地元協力金」の名目で和歌山市発注事業の落札業者から現金を詐取したとして、詐欺容疑で市芦原地区連合自治会長、金井克諭暉(よしゆき)(本名・金正則)容疑者(63)が逮捕された事件で、市は18日、不適切な対応をしたとして局長級を含む職員計22人を処分したと発表した。協力金を要求されたと業者から相談されても事実上対応せず放置したり、金井容疑者夫婦が経営する市内のスナックのパーティー券の販売に関与したりしていた。
 尾花正啓市長は「長年にわたる悪しき慣例を廃止し、不当な要求に対しては毅然とした態度で接するよう職員を指導する」とコメントした。
 処分されたのは、役職別では局長10人▽部長3人▽課長3人▽館長2人▽再任用4人。処分内容別では戒告1人▽訓告6人▽厳重注意15人。
 市によると、平成28年11月に市発注事業の落札業者から「(金井容疑者から)協力金を要求された」と相談を受けた当時のこども未来部長と営繕課長が、事実上聞き流すだけで具体的な対応を取らず、放置していた。
 25~30年度には、金井容疑者夫婦の経営するスナックの飲食代となるパーティー券を、歴代の人権同和施策課長が取りまとめ、市の局長級職員らに割り振り販売していた。
 また、地区内の公共施設の芦原連絡所と芦原文化会館では長年、金井容疑者の私物の模造刀やゴルフバック、釣り道具などが置かれていたにもかかわらず、24度以降の自治振興課長や文化会館長が事実上、黙認していた。
 今回の処分にあたり、市は、金井容疑者が連合自治会長に就任した24年以降、面識のある市職員約100人を対象に聞き取り調査をしてきた。今後も調査を継続する方針。

https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190007-n1.html

| コメント (0)

逮捕1年「真実に反する」 ゴーン前会長弁護団が声明(19日)産経

前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)=金融商品取引法違反と会社法違反の罪で起訴=の弁護団は19日、最初の逮捕から1年となったのを機に声明を発表した。無罪を主張している被告の決意が揺らぐことはないとし「真実に反する嫌疑に断固として対抗する」と訴えた。
 ゴーン被告は昨年11月19日、金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された。声明は「4カ月以上にわたり独房に監禁し、弁護人の立ち会いもない取調室で連日何時間も尋問した」と捜査を非難。検察の証拠開示についても「不当に制限され、証拠が隠され続けている」と訴えた。
 ゴーン被告は今年4月、4回目の起訴後に保釈が認められた。ただ、東京地裁は保釈条件として妻キャロルさんとの面会を禁止しており、声明はこの点も批判。「ゴーン氏は潔白を証明し、家族と再会するのを心待ちにしている」と結んだ。ゴーン被告の初公判は来春にも開かれる見込みで、現在は地裁で争点整理が続いている。https://www.sankei.com/affairs/news/191119/afr1911190008-n1.html

| コメント (0)

女性殺害 容疑者の携帯電話押収 通信履歴解析へ 警察(19日)NHK

新潟市の繁華街にあるビルで飲食店店員の20歳の女性が殺害された事件で、18日逮捕された知り合いの25歳の男の携帯電話が現場付近で押収されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は通信履歴を解析するなどして2人の間にトラブルがなかったか詳しく調べています。
 今月15日の夜、新潟市中央区のビルで、飲食店店員の石澤結月さん(20)が刃物で刺されて死亡し、殺人の疑いで全国に指名手配されていた埼玉県上尾市出身の齋藤涼介容疑者(25)が18日新潟市内で逮捕されました。
 警察によりますと調べに対し容疑を認めているということです。
 これまでの調べで、齋藤容疑者が石澤さんが出勤してくるのを待ち伏せして襲ったことが分かっていますが、その後の調べで齋藤容疑者の携帯電話が現場付近で押収されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
 2人はオンラインゲームを通じて知り合ったと見られ、警察は通信履歴を解析するなどして、2人の間にトラブルがなかったか詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191119/k10012182251000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0)

教諭いじめ問題 警察が同僚4人から任意で聴取 神戸 (19日)NHK

神戸市の公立小学校での教諭によるいじめ問題で、警察がいじめを繰り返していた教諭4人から任意で事情を聴いたことがわかりました。
 神戸市の公立小学校では20代の男性教諭が、同僚の教諭4人から悪質ないじめを繰り返し受け、強要や暴行などにあたる可能性があるとして、先月、警察に被害届を出しました。
 これを受けて兵庫県警察本部が18日、4人の教諭から任意で事情を聴いたことが捜査関係者などへの取材で分かりました。
 いじめを受けた教諭は、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、熱湯の入ったやかんを顔につけられたりしたということで、体調を崩してことし9月から出勤できなくなっています。
 警察に事情を聴かれた4人のうち1人の代理人を務める弁護士によりますと、この教諭は、肩をたたくなどしたことは認めている一方で、激辛カレーを無理やり食べさせるなどのいじめには、関わっていないと話しているということです。
 警察は、いじめを受けた教諭や、いじめを目撃したという同僚からもすでに事情を聴いているということで、引き続き4人から事情を聴いて強要や暴行などにあたるかどうか慎重に調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191119/k10012182271000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

| コメント (0)

香港デモ絡みで邦人男性逮捕 容疑など不明(19日)時事

【香港時事】香港で頻発するデモに関連して、20代の日本人男性1人が香港警察に逮捕されていたことが19日、分かった。外交筋が明らかにした。男性は17日、警官隊とデモ隊の衝突が続く九竜地区の香港理工大周辺で逮捕されたという。容疑などは不明。
 男性は19日未明時点で拘束されたままで、在香港日本総領事館が領事面会などの支援を行った。香港では8月31日の抗議活動に関連して邦人男性が逮捕されており、デモに絡んだ邦人逮捕は2人目。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900044&g=soc

| コメント (0)

高崎市課長ら逮捕 官製談合などの疑い―群馬県警(19日)時事

 群馬県高崎市が発注した備品購入の予定価格を漏らしたとして、県警捜査2課などは18日、同市総務部企画調整課付課長で、公益財団法人高崎財団に派遣中の佐藤育男容疑者(50)=同市大八木町=を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の容疑で逮捕した。
 また、予定価格を漏らすよう求めたとして、会社役員で高崎財団副理事長の菅田明則(66)=同県安中市安中=、電気工事会社社長の阿久沢茂(68)=高崎市江木町=両容疑者も同容疑で逮捕した。同課は3人の認否を明らかにしていない。
 佐藤容疑者の逮捕容疑は、高崎市都市整備部都市集客施設整備室長だった今年1月ごろ、同市が発注した高崎芸術劇場の照明購入の指名競争入札で、予定価格を菅田容疑者に教えた疑い。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111900047&g=soc

| コメント (3)

土崎図書館に脅迫電話、休館 「今から行く、全員ぶっ殺す」(19日)共同

秋田市教育委員会は18日、市立土崎図書館に16日午前、館内にいる全員を殺害する旨の脅迫電話があったと発表した。16日午後から休館しており、開館時期は未定。威力業務妨害の疑いがあるとみて、秋田臨港署が捜査している。
 同館によると、16日午前10時過ぎから数十回にわたって無言電話があり、同23分には「今から行く。そこにいる全員ぶっ殺す。分かったか」と電話があった。
 発表が2日後になったことについて、辻直文館長は「来館者の混乱を防ぎ、初期捜査の支障にならないようにするため発表を控えていた」と述べた。(全文 529 文字 / 残り 279 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20191119AK0003/

| コメント (0)

過労死したNHK女性記者母が訴え「人の命より大切な仕事などない」(19日)共同

過労死防止に向け、職場環境の在り方を考えるシンポジウムが11月18日、福井県福井市の県国際交流会館で開かれた。2013年に長時間労働が原因で過労死したNHK女性記者の母親、佐戸恵美子さん=東京都=が思いを語り「人の命より大切な仕事などない」と労働時間管理の徹底を切々と呼び掛けた。
 都庁を担当していた佐戸未和さん=当時(31)=を巡っては、渋谷労働基準監督署が14年、亡くなる前の時間外労働が月約159時間に上ったとして労災認定している。
 恵美子さんは「選挙取材に追われる中、異常な労働時間を誰も把握しようとしなかった。働かせすぎによる人災だ」と訴えた。悲惨な過労死を防ぐために「法律整備も重要だが、8時間労働や休日の取得が当たり前という社会風土をつくっていくことが必要」と話した。
 また、医師で労働衛生コンサルタントの櫻澤博文さんが講演し、生産年齢人口が減り続ける中、うつ病の発症リスクを減らすために従業員の健康や労働時間の管理が重要と訴えた。県内社労士による働き方改革の実践例報告もあった。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/976062

| コメント (0)

入手は別のイベント会場 MDMA、沢尻容疑者(19日)共同

 合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)が調べに対し、MDMAを入手したのは逮捕前日の15日夜に訪れた東京・渋谷のクラブではなく、別のイベント会場だと説明していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。
 沢尻容疑者が15日に行ったクラブでは、警視庁渋谷署が10日、店から出てきた金融トレーダーの男(30)をMDMAの使用容疑で逮捕している。クラブやイベント会場で「パーティードラッグ」と呼ばれるMDMAが乱用されている恐れがあり、組織犯罪対策5課が実態解明を進める。
https://this.kiji.is/569258123837736033?c=39546741839462401

| コメント (0)

« 2019年11月18日 (月) | トップページ | 2019年11月20日 (水) »