« 2019年11月16日 (土) | トップページ | 2019年11月18日 (月) »

2019年11月17日 (日)

2019年11月17日 (日)

ドローンを使い緊急物資運ぶ実験(17日)NHK

地震や豪雨などの災害で地域が孤立したという想定で、ドローンを使って緊急物資を運ぶ実験が、静岡県東部で行われました。
この実験は、ドローンを使った物資の輸送の有効性や手順を確認しようと県などが初めて行ったもので、伊豆半島で大規模な災害が発生し、道路や港が使えず一部の地域が孤立しているという想定で行われました。
実験では、伊豆市の沖を航行しているフェリーのデッキにドローンを準備して、支援物資の粉ミルク500グラムを入れた箱を取り付けました。
そして、リモコンで操作して2キロほど離れた避難所に向けて飛ばしました。
県などによりますと、ドローンが飛ぶ経路はあらかじめコンピューター上で設定することもでき、物資を降ろす際は避難所の人がリモコンで操作することもできるということです。
ドローンは、17日は順調に運行し、避難所に物資を降ろして船まで戻ってくることが確認されました。
このほか県は、ドローンに搭載されたカメラを使って上空から被害状況の確認も行いたいとしていて、手順などを確認していました。 
静岡県の難波喬司副知事は「基本的な性能は確認できた。今後は何をどれくらい運ぶのかなどを具体的に考えていきたい」と話していました。
県は、今回の実験を受けて、今年度中には災害時のドローンの活用について定めたマニュアルを作りたいとしています。https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20191117/3030004883.html

| コメント (0)

生活困窮 賽銭箱から百円盗む?(17日)NHK

神社のさい銭箱からおよそ100円を盗んだとして海陽町の41歳の男が窃盗などの疑いで再逮捕されました。調べに対して男は「生活が苦しく食費が必要だった」などと容疑を認めているということです。
逮捕されたのは海陽町のアルバイト従業員池田幸久(41)容疑者です。
池田容疑者は先月22日、町内の神社に侵入し、さい銭箱の中に入っていた現金およそ100円を盗んだとして、窃盗などの疑いが持たれています。
この神社では先月18日ごろからさい銭が盗まれる被害が相次いでいて、神社側が、さい銭箱から事前にさい銭を回収した上で、警察とともに警戒にあっていました。
その結果、防犯カメラの映像などから池田容疑者がさい銭を盗んだことが分かったということです。
警察の調べに対して池田容疑者は「生活が苦しく、食費が必要だった」などと容疑を認めているということです。
池田容疑者は、今月5日に町内のショッピングセンターでおそよ400円相当の揚げ物や飲料水などを万引きたとして逮捕され、警察は余罪についても調べることにしています。 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20191115/8020006230.html

| コメント (0)

福井の住宅に高齢男女3人の遺体、殺人の可能性も(17日)TBS

福井県敦賀市の住宅で17日朝、この家に住むお年寄りの男女3人が遺体で見つかりました。警察では、殺人事件の可能性も視野に調べを進めています。
 敦賀警察署によりますと、17日午前8時ごろ、福井県敦賀市の住宅で「死体を見つけた」と通報があり、駆けつけた警察官が家の中から男女3人の遺体を発見しました。
 死亡していたのは、この家に住む会社役員の岸本太喜雄さん(70)と、同居している岸本さんの父・芳雄さん(93)、母・志のぶさん(95)の3人ということです。 「(太喜雄さんは)区長もしていたし、人柄もおとなしい良い人」(近所の人)
 警察では岸本さんの家族や親族が事情を知っているとみて話を聞くとともに、殺人事件の可能性も視野に調べを進めています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3832587.html

| コメント (0)

新潟女性刺殺事件 全国に指名手配の男の関係先捜索 (17日)NHK

15日、新潟市の繁華街にあるビルで、飲食店店員の20歳の女性が刃物で刺されて殺害された事件で、警察は殺人の疑いで指名手配した知り合いの25歳の男の関係先のアパートを捜索しています。警察は引き続き行方を捜査するとともに資料を押収して動機や詳しいいきさつを調べることにしています。
15日午後9時ごろ、新潟市中央区のビルで、このビルに入っている飲食店の店員、石澤結月さん(20)が男に刃物で刺されて死亡しました。
警察は、知り合いで埼玉県上尾市出身の齋藤涼介容疑者(25)が事件に関わったとして殺人の疑いで逮捕状を取り、全国に指名手配しました。
この事件で、警察は17日午後、神奈川県藤沢市にある齋藤容疑者の関係先のアパートの部屋を捜索しています。
捜査関係者によりますと、これまでの調べで齋藤容疑者は事件当日、埼玉県上尾市にある両親の家から最寄りの駅に向かう姿が確認されているということです。
また、目撃情報や防犯カメラの映像などから、現場で石澤さんが出勤するところを待ち伏せして襲った疑いがあるということです。
警察は引き続き齋藤容疑者の行方を捜査するとともに、資料を押収して動機や詳しいいきさつを調べることにしています。https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191117/k10012180601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0)

ゴーン元会長逮捕からまもなく1年 国際捜査の全容判明 (17日)NHK

日産自動車のゴーン元会長が東京地検特捜部に逮捕されたいわゆる「ゴーンショック」からまもなく1年になります。
海外を舞台にした一連の事件で特捜部が中東やヨーロッパなどの少なくとも8か国に捜査共助を要請し、フランスとオマーンには検事を派遣していたことなど、国際捜査の全容が関係者への取材で明らかになりました。
日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告(65)は去年の11月19日、レバノンから到着したジェット機を降りた直後に羽田空港で東京地検特捜部に逮捕され、延べ130日間にわたって身柄を拘束されました。
元会長はみずからの報酬を有価証券報告書に少なく記載した罪と、日産の資金を不正に支出させた特別背任などの罪で起訴され、ことし4月に保釈されたあとは弁護団との打ち合わせなど裁判の準備を進めています。
一連の事件は日本の捜査権限が及ばない海外が主な舞台で、特捜部が捜査共助を要請した国は中東のオマーンやレバノンのほか、ルノーの本社があるフランス、それに資金移動に使われたとみられる金融機関があるスイスや元会長の息子が経営する会社があるアメリカなど少なくとも8か国に上ることが関係者への取材でわかりました。
特捜部が手がけた国際捜査としてはこれまでで最大の規模で、フランスとオマーンでは日本側の要請に応じてルノーの関係者や日産の現地代理店の関係者への事情聴取が行われ、特捜部の検事も立ち会ったということです。
また、特捜部の捜査結果の一部は海外の当局にも提供され、フランスではことし7月、現地の捜査当局が元会長が会社の資金を流用した疑いでルノー本社の捜索に乗り出し、捜査は現在も続いているとみられます。
ゴーン元会長の裁判は早ければ来年4月にも始まる見通しで、国境を越えて「ゴーンショック」の影響が続く中、裁判や海外での捜査の行方が注目されます。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191117/k10012180701000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0)

奈良小1殺害事件から15年 集会で見守りの大切さ確認(17日)共同

奈良市立富雄北小1年の有山楓ちゃん=当時(7)=が誘拐、殺害された事件から15年となった17日、児童の安全を考える奈良市主催の追悼集会が同市で開かれた。参加者は児童の命が奪われることのないよう願った。意見交換会では、見守り活動の大切さを指摘する声が相次いだ。
 会場では小中学校の教職員や保護者、見守りボランティアら約360人が集まり黙とう。仲川げん市長(43)はその後のあいさつで「子どもを見守る輪を広め、充実させなければならない」と述べた。
https://this.kiji.is/568750527882675297?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル)
抑止力は衰えない
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191117201201F1015214-1  統計上はあと残すところ2か月。戦後最も少なかった昨年の刑法犯の認知件数が今年もさらにそれを下回っている。
 警察庁によると今年10月現在の刑法犯の認知件数は、62万6891件で前年同期より5万7146件と大幅の減少。国民の協力もあるが警察の抑止力は大きい。
 最も減らしたのは窃盗犯で4万2822件減の44万5457件。中でも侵入盗は4588件も減少した。
 知能犯は4577件減の3万0330件。大半は詐欺で4412件も減らして2万7179件だが、まだ2万件を超えている。
 問題は凶悪犯で209件減の3916件。内訳は、強盗が276件も減らして1262件だが、殺人が63件増の809件、強制性交が55件増の1160件といただけない。
 ランキングは東京の8万6931件、大阪の7万1638件、埼玉の4万6177件、愛知の4万2014件、神奈川の3万4709件と続いた。
 この中で大阪が前年より9137件も減らし、東京が同8193件と抑止力は凄い。
 それにしても15日夜には、新潟市内の繁華街にあるビルで、飲食店店員の20歳の女性が男に刃物で刺し殺されたり、7月には、埼玉県蕨市の住宅で17歳の男子高校生が中国人の男に刺される強盗殺人未遂など凶悪事件が、ここにきては大きな不安を与えている。
  首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_20191117201801




★AV出演詐欺、男性被害 博多署容疑の男逮捕(16日)西日本
★比で日本人36人の身柄拘束 特殊詐欺グループか (14日)産経
★79歳の女性に“次男を名乗る電話” 2100万円だまし取られる  (11日)NHK
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕
★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経
★「キャッシュカードを封筒に」 すり替え詐欺に注意 (7日)朝日
★「民事訴訟最終通達書」のはがき 3350万円の詐欺被害  (7日)NHK
★カードすり替え盗被害急増 犯人から電話→通話中に偽警官→偽物と交換 (5日)西日本
★日本人の高齢者狙い現金3千万円詐取の疑い、中国籍の男逮捕 (1日)TBS
★「10万円送れば20万円払う」 下着買い取り詐欺容疑で大学生逮捕 (1日)産経
★横浜の80代男性 630万円架空請求詐欺被害 (31日)産経
★Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日
★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事
★カードだまし取られ 130万引き出される、男の画像公開(10日)TBS
★うその電話でiphono転売か、詐欺グループ摘発12人逮捕(10日)TBS
★金相場詐欺の疑いで83歳女逮捕、余罪3億円か(9日)TBS
★詐欺の受け取り役を逮捕、スマホで一部始終を撮影(7日)TBS

| コメント (0)

沢尻エリカ容疑者所持のMDMA 多幸感得られる「パーティードラッグ」 覚醒剤などにエスカレートも(17日)産経

麻薬取締法違反容疑で警視庁に逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)が自宅に所持していたとされる合成麻薬「MDMA」は近年、摘発件数が増加傾向にある。摂取すると多幸感が得られるとされ、抵抗感を抱きにくい比較的安価な「パーティードラッグ」としてクラブでの集団乱用など若者への蔓延(まんえん)が懸念されている。
 警視庁組織犯罪対策5課によると、沢尻容疑者の部屋からは、白っぽい粉末状のMDMAが風邪薬のような白いカプセルに入った状態で発見された。「エクスタシー」「バツ」「タマ」などの俗称を持つMDMAは本来、白色の粉末で、着色され絵柄や文字が刻印された錠剤型の形状で密売されるケースもある。
 「錠剤は一見するとラムネ菓子のようで麻薬には見えず、口から飲み込むだけなので抵抗感を薄れさせる。密売価格も1錠数千円程度の場合が多いため入手しやすく、若い世代との親和性が高い」。厚生労働省の元麻薬
 取締官、小林潔氏はこう指摘する。乱用者は、より強い刺激を求めて覚醒剤などに手を出すことが多く、「ゲートウェイドラッグ(入門薬)」とも呼ばれている。
 MDMAは覚醒剤と似た化学構造で、興奮作用と幻覚作用を併せ持ち、一時的に幸福感や陶酔感を得られる効果がある。一方、乱用を続けると精神錯乱や記憶障害を引き起こすこともあり、場合によっては死に至るケースもあるという。
https://www.sankei.com/affairs/news/191117/afr1911170007-n1.html

| コメント (0)

避難所運営に女性の声を トイレや授乳室…配慮ほしい(17日)朝日

台風19号により、多くの人が強いられた避難生活。国は性差に配慮した避難所運営を呼びかけました。過去の災害では、男性が運営の中心になることが多く、課題も指摘されています。多様な視点を入れることが大切だとして、女性の担い手を増やす取り組みが続いています。

担い手増やす取り組みも

 「台風19号の時、夜になって知り合いから『逃げた方がいいか』と聞かれた。地盤や気象状況などから、一人ひとりが自分の頭で考えてほしい」

 10月末、東京都練馬区が開いた「女性防災リーダー育成講座」。「減災と男女共同参画研修推進センター」(GDRR、東京都)の浅野幸子共同代表が、参加した女性たちに語りかけた。避難生活でも「リーダーは男性、炊き出しは女性だと考えていてはいけない。女性が自ら参画して『一緒にやりましょう』と言うことが大事」と話した。

 避難所では「男性が運営の中心…

 

残り:1664文字/全文:2027文字
https://www.asahi.com/articles/ASMC765WVMC7UCLV00J.html

| コメント (0)

DVDショップで強盗、男が刃物で店員脅し27万円奪う(17日)TBS

 17日未明、東京・足立区のDVDショップで、客を装った男が店員を刃物で脅し、現金およそ27万円を奪って逃走しました。
 午前2時半前、足立区西伊興のDVDショップで、客を装った男がレジにいた店員の男性(47)に刃渡り20センチほどの包丁のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅しました。男は、現金およそ27万円を奪って逃走しました。当時、店に客はおらず、けが人はいませんでした。
 男は、年齢が20代から30代くらい、身長はおよそ170センチ、小太りで、上下黒の服を着てサングラスをかけ、マスク姿だったということで、警視庁が行方を追っています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3832439.html

| コメント (0)

新潟女性刺殺事件 容疑者の男 当日電車で新潟に移動か (17日)NHK

15日、新潟市の繁華街にあるビルで飲食店店員の20歳の女性が刃物で刺されて殺害された事件で、指名手配された知り合いの25歳の男が事件当日、埼玉県内の両親の家から最寄りの駅に向かう姿が確認されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は電車などで新潟に向かったとみて足取りを詳しく調べています。
15日の午後9時ごろ、新潟市中央区のビルで、このビルに入っている飲食店の店員、石澤結月さん(20)が男に刃物で刺されて死亡しました。
警察は、知り合いで埼玉県上尾市出身の齋藤涼介容疑者(25)が事件に関わったとして殺人の疑いで逮捕状を取り全国に指名手配しました。
埼玉県警によりますと、事件の前日、埼玉県上尾市に住む齋藤容疑者の母親から警察署に電話で「息子が交際していた彼女を傷つけて自殺するとほのめかしている」と相談があり、事件当日の昼前には「息子を連れ戻してきて、今は落ち着いている」と再び連絡があったということです。
その後の調べで、齋藤容疑者がこのあと母親が家を留守にしている間にいなくなり、周辺の防犯カメラの映像などを調べたところ、最寄りのJRの駅に向かう姿が確認されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
警察は、引き続き行方を捜査するとともに、電車などで新潟に向かったとみて当日の足取りを詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191117/k10012180391000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0)

住宅に男女3遺体、福井・敦賀 いずれも成人(17日)共同

17日午前8時ごろ、福井県敦賀市道口の住宅で死体を発見したとの110番があり、駆け付けた敦賀署員が男女3人の遺体を見つけた。同署は身元確認を急ぐとともに、3人の親族とみられる人物が事情を知っているとみて話を聴いている。
 敦賀署によると、遺体はいずれも成人とみられ、2階建ての住宅内にあった。
https://this.kiji.is/568645712524084321?c=39546741839462401

| コメント (0)

牛丼から食用昆虫まで・・・ありとあらゆるものが売られる日本の自販機=中国メディア(17日)サーチナニュース(ライブドア)

 日本旅行の楽しみ方について解説する中国のウェブサイトのいくつかには「日本の自動販売機(自販機)」の使用方法が掲載されている。これは自販機が日本文化の特色の1つとして知られていることの表れと言えるだろう。中国メディアの今日頭条は11日付で、日本の自販機について紹介する記事を掲載した。
 記事は、日本では自販機の普及の歴史はすでに50年以上になり、ありとあらゆるものが販売されている日本の自販機について、中国のSNSでは「日本の自販機は全世界を買える」というフレーズを見かけると紹介。これは誇張された表現であるにしても、日本の自販機は過去から現在に至るまで「中国人の想像力を刷新してきたのは確か」と論じた。 たとえば、日本の一部の牛丼チェーン店には「牛丼の自販機」が設置されており、ある人はこれは飲食チェーンの未来の姿だと予言していると説明。またある焼肉チェーン店には「かつサンドの自販機」があって、24時間365日販売されていると紹介した。
 そのほか、ホルモンの製造直売店が「ホルモンの自販機」を始めたことを紹介したほか、「だし」を買える自販機や「食用昆虫」を買える自販機も存在するとし、以前に国連が食用昆虫は未来の食糧問題を解決すると報告したことに言及し、食糧問題を解決する切り札までもが自販機で売られていることに驚きを示した。
 記事は、日本の自販機はまさに「ありとあらゆるものが売られている」と紹介し、自販機がほとんど普及していない中国からすれば驚きの光景であると指摘。日本人にとって自販機は生活をより豊かにする機械であると同時に、単なる機械という存在を超えて「日本人の心と結びついている文化」であるという見方を示した。
 中国では、日本の自販機の普及と「低犯罪率」は切っても切り離せないという声もあるが、確か に日本では自販機荒らしという犯罪が少ないことも自販機が普及した要因の1つと言えるだろう。(編集担当:村山健二)
https://news.livedoor.com/article/detail/17389181/  

| コメント (0)

重傷ひき逃げで77歳女逮捕(17日)NHK

今月6日室蘭市で横断歩道を渡っていた女性が車にはねられて大けがをした事故で、警察は、現場から車で走り去った77歳の女を逮捕しました。
今月6日の夕方、室蘭市中島町で市内に住む68歳の女性が横断歩道を渡っていたところ、右折してきた乗用車にはねられ大けがをしました。
車はそのまま走り去り、警察はひき逃げ事件として車の行方を捜査していました。
その結果、登別市美園町に住む佐藤百合子容疑者(77)が事故を起こし走り去った疑いが強まり警察は16日、過失運転傷害と道路交通法違反の疑いで逮捕しました。
調べに対し容疑を認めているということで、警察は事故の詳しい状況や現場から逃げた理由を調べています。https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20191117/7000015399.html

| コメント (0)

プレッシャー?相次ぐ芸能界の薬物事件 沢尻容疑者逮捕(17日)産経

東京都目黒区の自宅マンションで合成麻薬MDMAを所持したとして、女優の沢尻エリカ容疑者(33)が16日、警視庁に麻薬取締法違反容疑で逮捕された。今年に入り、俳優ら有名人の薬物事件が相次いで発覚している。専門家は「薬物使用の一因に、芸能界などに特有のプレッシャーがあるのでは。依存症としてきちんと治療を」と指摘している。
 今年3月には、ミュージシャンで俳優のピエール瀧さんがコカインを摂取した疑いで逮捕された。個性派俳優として存在感を示していただけに衝撃が走った。今月6日には覚せい剤取締法違反の疑いで元タレントの田代まさし容疑者が逮捕されたばかりだった。
 精神科医の香山リカさんは有名人による薬物使用について「プレッシャーから逃避したい人もいるのかもしれない」と推測。「処罰して終わりではなく、依存症という病気として捉え、治療する環境を整える必要がある」と話した。

MDMAを自宅で所持容疑、沢尻エリカ容疑者逮捕 「私の物に間違いない」

NHK「衝撃はいだてん以上」 来年大河出演予定の沢尻容疑者逮捕

https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160024-n1.html

| コメント (0)

祖父宅敷地で1歳児死亡 農業車両に接触か、鹿児島(17日)産経

16日午後4時15分ごろ、鹿児島県南九州市知覧町塩屋の男性(63)宅敷地内で、男性がトラック荷台に載せていたトラクターを後退させて降ろしていた際、付近で孫の男児(1)が倒れているのを見つけた。男児は病院に搬送され、死亡が確認された。南九州署はトラクターと接触した可能性があるとみて調べている。
 署によると、男児の頭部には外傷があり、当時近くにいた母親が119番通報した。母子は鹿児島市に住んでおり、男性宅に帰省していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191116/afr1911160026-n1.html

| コメント (0)

過剰ノルマ、死選んだ夫 自腹で年賀状、ゆうパック 自殺した配達員の妻訴え(17日)西日本

「夫の死を無駄にしないでほしい」。9日、大阪市内であった郵便局員有志による集会。マイクを握った埼玉県の女性(52)が切実に訴えた。9年前の2010年12月、郵便配達員だった夫=当時(51)=は勤務局の4階窓から飛び降りて亡くなった。年賀はがきの販売ノルマ達成や時間内の配達を執拗(しつよう)に求められ、苦しんだ末の自殺だった。
 夫の様子が変わったのは06年。23年間勤めた埼玉県内の郵便局から、郵便物の取扱件数が首都圏有数の大規模局に異動したのがきっかけだった。
 「今日も昼ご飯が食べられなかった」。職場では残業を減らすよう求められたが、慣れない道で配達が思うように進まないと悩んでいた。交通事故などのミスを起こした局員は「お立ち台」と呼ばれる台に上がり、数百人の局員の前で謝罪させられた。「怖い。絶対に上がりたくない」と夫は漏らしていた。
毎年、年賀はがき7千~8千枚の販売ノルマが課せられた。金券ショップに転売する同僚もいたが、転売は禁止されており、真面目な夫は「俺にはできない」。自宅には、自腹で購入した年賀はがきが山積みになっていた。歳暮や中元、母の日…。歳事のたびにゆうパック商品も購入。夫は「時間内に配達するので精いっぱい。営業なんかできるわけがない」とこぼした。
 夫は次第に笑わなくなり、休日も外出しなくなった。心配した女性は08年、夫を心療内科に連れて行き、うつ状態と診断された。休職と復職を3度繰り返し、毎年異動希望を出したが、上司からは「病気を治さないと異動させられない」と告げられた。
 10年12月、主治医が再度の休職を勧めたが、夫は「同じ班の人が2人も辞めたので、今は休めない」と断った。それから1週間後の朝、駅で姿が見えなくなるまで手を振って見送ったのが夫の最後の姿になった。
 亡くなった翌日、自宅に荷物が届いた。差出人は夫。自腹で購入したゆうパックの商品だった。「何でここまでしないといけなかったの」。女性は受け取りのサインを書きながら、涙が止まらなかった。
続きを読む

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/560243/

| コメント (0)

奈良女児殺害15年、父親が手記「悲しい記憶消えない」(17日)朝日

奈良市の小学1年生の有山楓(かえで)さん(当時7)が誘拐、殺害された事件から15年にあたり、父親の有山茂樹さんは奈良県警を通じて報道各社に手記を寄せた。全文は以下の通り。

 ◇ 楓(かえで)がいなくなって15年が経ちますが、何年経ってもあの日の悲しい記憶は消えることはありません。

 楓から学校へ行く前に「行ってきます。お仕事がんばってね」とメールが送られてきましたが、二度と送られてこなくなるとは思いもせず、家族を守ることが出来なかった悔しさしかありません。そして事件によって失われた命や生活も戻ることはありません。
 死刑判決を望みそれが執行されたことに後悔はありませんが、残された遺族は被害者、加害者の命の重さ、悲しみにこの先も向き合っていかなければなりません。子ども達(たち)が被害にあう事件は後を絶ちません。未来ある大切な命を守るために、警察や行政、保護者や地域ボランティアの方々により活動が継続されています。
 その取り組みを子ども達が感じとり、自分自身の命を守る行動を意識することによって安全・安心な社会が実現されると思います。これからも子ども達の笑顔が絶えない社会であることを心より願います。https://www.asahi.com/articles/ASMCF6J9JMCFPOMB00V.html

| コメント (0)

沢尻エリカ容疑者「私の物に間違いない」麻薬所持の疑いで逮捕 (17日)NHK

女優の沢尻エリカ容疑者が、東京都内の自宅で合成麻薬のMDMAを所持していたとして、警視庁に逮捕されました。「私の物に間違いない」と容疑を認めているということです。
逮捕されたのは、女優の沢尻エリカ容疑者(33)です。
警視庁によりますと、16日午前、東京 目黒区の自宅マンションで合成麻薬のMDMAを含む粉末およそ0.09グラムを所持していた疑いが持たれています。
沢尻容疑者が違法な薬物を所持しているという情報をもとに、警視庁が16日午前8時すぎに自宅を捜索したところ、白い粉末が入ったカプセル2錠が見つかり、このうち1錠を鑑定したところ合成麻薬だと確認されたということです。
調べに対して「私の物に間違いない」と供述し、容疑を認めているということです。
沢尻容疑者を乗せた車は、警視庁本部を出て、午後7時15分ごろ東京湾岸警察署へ入りました。
警視庁は今後、入手ルートなどについて捜査を進める方針です。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191116/k10012179901000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 

逮捕の経緯は…

| コメント (0)

大麻、未成年者の摘発急増 県警、「お手軽感」に警戒(17日)共同

大麻に関する未成年者の摘発件数が県内でも急増している。今年は10月末までに60件に上り、既に昨年1年間の47件を上回った。インターネットを利用して安価で手に入る「お手軽感」や、外国での合法化の動きによる「犯罪意識の低下」などが背景にあるとみられ、県警は「強く取り締まらないといけない」と警戒を強めている。
 「新鮮な野菜あります」「野菜、産地直送します」-。インターネットのサイトや会員制交流サイト(SNS)では、「野菜」「クサ」「93(くさ)」「緑」といった大麻を表す隠語を多用し、購入を誘う書き込みが横行する。
 購入希望者がメールで返信すると、受け取り場所を指定されるか、郵便で送られてくるケースが大半を占める。携帯電話さえあれば年齢を問わず簡単に入手できるのが実情という。 価格の相場は1グラム5千円で、覚醒剤などの他の違法薬物に比べると安価だ。未成年者の場合、友人の間で広まっていくことも多く、「1人を逮捕すると芋づる式で発覚し、4、5人続くことがある」と捜査幹部。「友達に勧められ、たばこを吸うようにファッション感覚で使ってしまっている」と危機感をあらわにする。
 県警薬物銃器対策課によると、大麻の所持や譲り渡しなど大麻取締法違反容疑で逮捕される未成年者は、年々増加傾向にある。今年の摘発件数は9月中に昨年1年間の総数を早くも上回り、高校生や専門学校生も含まれる。成人を含めた件数も10月末時点で364件で、昨年1年間の369件に迫る勢いだ。
 「外国では合法とする国もあり犯罪意識が薄れている」と指摘するのは、薬物の依存症患者らを支援するNPO法人「横浜ダルク・ケア・センター」の山田貴志施設長。「薬物に依存するようになると薬物中心の生活になり、人生が台無しになる。悩みがあるなら薬物に逃げずに信頼できる人に相談してほしい。興味本位で手を出してもいけない」と注意喚起する。
 捜査幹部は「大麻を使う若者が増え続ければ、乱用者も増える一方になる。由々しき事態」と話し、引き続き捜査に注力していく。

https://www.kanaloco.jp/article/entry-209227.html

| コメント (0)

<新潟女性刺殺>容疑者の母親、上尾署に相談「息子が自殺ほのめかす」 対面できず、その後連絡なし/県警(17日)共同

新潟市の女性刺殺事件で、埼玉県上尾市に住む容疑者の男(25)の母親が事件前日の14日、「息子が元交際相手の女性を傷つけて自殺をほのめかしている」と上尾署に電話で相談していたことが16日、埼玉県警への取材で分かった。
 県警によると、母親は対応した署員に、男は神奈川県で暮らしているため不在で、自分は女性の名前などは知らないと説明したという。署への相談はこの日が初めてだった。
 翌15日午前、母親から「息子を神奈川県から自宅に連れて帰ってきた。今は落ち着いている」と同署に電話があった。署員は男と会って話を聞きたいと申し入れたが、母親に「今は落ち着いているし、警察が来てまた不安定になったら困るので、会うのは避けてほしい」と言われたため、対面はできなかったという。
 署は男に外出する様子などがあれば警察に連絡するよう母親に伝えた。その後、連絡はないという。
https://this.kiji.is/568549525890565217?c=39546741839462401

| コメント (0)

歴史資料館で展示物盗難、三重 航空隊の手袋やゴーグル(17日)共同

津市は16日、香良洲歴史資料館3階の三重海軍航空隊展示室にあったマネキンが着けていた飛行手袋とゴーグルが盗まれたと発表した。市が館内を確認したところ、3階の倉庫に保管していた軍服や飛行服など計42点がなくなっていたことも判明。市は手袋とゴーグルの被害届を提出、津南署が窃盗事件として調べている。
 市によると、臨時職員の女性が15日午前、手袋がなくなっているのに気付いた。この職員が最後に手袋とゴーグルを確認したのは6日朝だったという。
 同館は1998年に開館。無料で受け付けせずに入場できる。倉庫も鍵はなく、誰でも入ることができた。
https://this.kiji.is/568399597281625185?c=39546741839462401

| コメント (0)

« 2019年11月16日 (土) | トップページ | 2019年11月18日 (月) »