« 2019年11月11日 (月) | トップページ | 2019年11月13日 (水) »

2019年11月12日 (火)

2019年11月12日 (火)

「長野県民の警察官」表彰式 受章者「暮らしを守る」決意新たに(12日)産経

地域社会の第一線で県民の生命や安全な暮らしを守る警察官を顕彰する「第63回長野県民の警察官」表彰式(主催・長野放送、後援・産経新聞社)が12日、長野市のNBSホールで行われた。多くの関係者が祝福する中、受章した上田警察署和田駐在所主任の逢坂智(おおさかさとし)巡査部長(56)=地域部門=と、長野中央警察署刑事第1課強行犯係長の小山晃生(てるお)警部補(56)=専務部門=の胸に「県民の警察官章」が輝いた。
 表彰式では、逢坂巡査部長と長年の駐在所生活を支え続けてきた妻の直美さん(54)、小山警部補と職務に邁進(まいしん)する夫の側に寄り添った妻の麗子さん(53)の4人が、会場に響き渡る県警音楽隊の演奏と盛大な出席者の拍手に迎えられて登壇した。
 主催者を代表し、外山衆司長野放送社長は「この表彰式は、県民の安全を守るため昼夜を問わず活躍されている皆さんを顕彰し、活動への理解を深めていただくのが趣旨。受章された2人には今後も日々の仕事に邁進されるとともに、後輩職員の良き模範になっていただきたい」と挨拶した。
 続いて銀と深紅に光る「県民の警察官章」が逢坂巡査部長と小山警部補に贈られると、会場は大きな拍手に包まれた。
 阿部守一知事の代理で出席した太田寛副知事は「昼夜を問わず治安維持に粉骨砕身して尽くしてこられたことに、敬意と感謝を申し上げる」とたたえた。
 伊藤泰充県警本部長は「幾多の事件や事故に立ち向かい、地域警察、刑事警察の分野で職責を果たした努力が認められたことは県警察の全職員にとって大きな励みになる」と述べた。
 また、栗生俊一警察庁長官と貴志浩平関東管区警察局長が「多年の功労が認められ、顕彰されたことは、長野県警察はもとより警察全体の誇りである」などとするメッセージを寄せた。
 最後に受章者を代表して逢坂巡査部長が「これからも県民の期待と信頼に応えるべく、『日本一安全・安心な長野県』を目指し、職務に取り組んでいく」と謝辞を述べた。
 表彰式を締めくくったのは「あすの県民の警察官に」と胸に秘め、訓練に日々励む警察学校の初任科生だ。「長野県警察の歌」を力強く合唱し、先輩の栄誉を祝した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191112/afr1911120044-n1.html

| コメント (0)

「新潟県民の警察官」表彰式 本間、小林両警部補に栄誉(12日)産経

県民の暮らしを守るため第一線で活動する警察官をたたえる「第44回新潟県民の警察官」(主催・NST新潟総合テレビ、特別協賛・産経新聞社)の表彰式が12日、新潟市中央区のホテルオークラ新潟で開かれた。受章者は、県警交通部交通企画課統計分析係長の本間智恵子警部補(60)と上越署刑事第一課刑事第三係長の小林彰警部補(60)の2人。長年にわたって職務に邁進(まいしん)してきた2人の胸に深紅の「県民の警察官章」が輝いた。
 表彰式には、県県民生活・環境部の村山雅彦部長、県議会の桜井甚一副議長、県公安委員会の山田知治委員長、県警の花岡和道本部長のほか、後援・協賛の団体や企業の関係者らが出席。アナウンサーの廣川明美さんが司会を務めた。
 濃紺の正装姿で入場した本間警部補と小林警部補がそれぞれ夫婦そろって入場すると、会場は温かい拍手に包まれた。NSTの小林淳取締役新潟営業本部長が表彰状を贈呈。産経新聞社新潟支局の池田証志支局長が、受章者2人に県民の警察官章を胸に付けた。
 本間警部補は昭和55年に交通巡視員として採用された後、警察官となり、交通部門に約32年間勤務。交通安全教育など県民に密着した活動を通じ、地域交通の安全確保に貢献した。県警の交通安全教育班「ゆきつばき」の第1期生として、腹話術を活用して子供たちの安全教育に取り組んだ。
 小林警部補は昭和58年に県警に採用され、警察署の第一線の刑事として約22年間活躍し、盗犯捜査の第一人者との呼び声も高い。数多くの事件を解決する一方、親身になって被害者や事件の関係者に対応。過ちを犯した人の社会復帰にも尽力し、県警内外から高い評価を得ている。
来賓の村山部長は「これまでの苦労と輝かしい功績に対し深く敬意を表し、苦労をともにされてきた家族に心より感謝申し上げる」と花角英世知事のメッセージを代読。花岡本部長は「受章の感激と栄誉を糧として研鑽(けんさん)に努め、県民のために職務に一層精励するよう期待する」と励ました。
 最後に、受章者を代表して本間警部補が「今日の感激を胸に刻み、県民が安全で安心して暮らせる新潟県を実現するために、精いっぱい努力を重ね職務に励みたい」と謝辞を述べた。
 本間警部補の夫、勝嘉さん(57)と小林警部補の妻、文恵さん(55)には「家族賞」が贈られた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191112/afr1911120046-n1.html

| コメント (0)

近大の完全養殖カンパチ 盗難(12日)TBS

和歌山県白浜町にある近畿大学発のベンチャー企業、「アーマリン近大」によりますと、今月9日、いけすで養殖していたカンパチ3匹、あわせておよそ3万円相当が盗まれていたということです。
 いけすを覆っている網が取り外された跡があり、付近の駐車場には血のついたサバイバルナイフが落ちていて、何者かが鮮度を保つために、その場でしめた可能性があるということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3828491.html

| コメント (0)

女子児童が首にけが 見知らぬ男に切りつけられたか 青森 八戸 (12日)NHK

12日夕方、青森県八戸市で、下校中の小学校高学年の女子児童が後ろから近づいていた男に刃物のようなもので首を切りつけられました。女子児童は病院で手当てを受けていますが、意識はあるということです。
警察は見知らぬ男に切りつけられたとみて、傷害事件として男の行方を捜査しています。
12日午後4時半すぎ、八戸市新井田西の路上で「小学生らしい子どもが首を切られた」という通報が消防にありました。
警察によりますと、小学校高学年の女子児童が下校中に後ろから徒歩で近づいてきた男にいきなり首を刃物のようなもので切りつけられました。
女子児童は自力で自宅に戻り、家族が消防に通報したということです。女子児童は現在、病院に搬送され手当てを受けていますが、意識はあるということです。傷は長さ数センチの切り傷だということです。
警察によりますと、女子児童は男とは面識がなく、白っぽい上着をきて徒歩で逃げたということで、警察は傷害事件として行方を捜査しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191112/k10012174631000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0)

運転の女「申し訳ない」 園児ら16人死傷事故で遺族ら質問―大津地裁(12日)時事

大津市の交差点で5月、保育園児ら16人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪などに問われた新立文子被告(53)の公判が12日、大津地裁(大西直樹裁判長)であり、被告人質問で同被告は「考え事をして事故を起こしてしまい、申し訳ない」と謝罪した。
 被害者参加制度を利用し、園児の遺族ら4人が直接質問した。原田優衣ちゃん=当時(2)=を亡くした父親から遺族への思いを尋ねられ、新立被告は「怒りしかないと思う。本当はそばに行って頭を下げて謝りたい」と述べた。
 一方、考え事の内容を問われて「思い出せない」などと答える場面もあった。保護者らの代理人弁護士は閉廷後、「被告は自己弁護と保身に走っている。反省しているようには見えなかった」などとする保護者らのコメントを公表した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111201141&g=soc

| コメント (0)

愛知で冷蔵庫に遺体、母親か 万引容疑者の自宅(12日)共同

 12日午前9時15分ごろ、愛知県瀬戸市にある住宅で、窃盗容疑で家宅捜索をしていた瀬戸署員が、業務用の冷凍庫に遺体が入っているのを見つけた。瀬戸署が同日、窃盗容疑で逮捕した住人の無職小嶋孝一容疑者(58)が「遺体は母親だ」と説明しており、死体遺棄事件として調べている。
 瀬戸署によると、母親は小嶋容疑者と同居していた2013年1月に病死し、同容疑者の姉が死亡届を瀬戸市役所に提出していた。遺体は腐敗が進んでおり、同署は身元の特定を急ぐとともに、司法解剖して死因や冷凍庫に入れられた経緯を調べる。
 遺体の年齢や性別は不明で、頭を下にしてかがんだ状態だった。
https://this.kiji.is/566846105860310113?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日  単位・レベル)
アポ電の怖さ
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191112193601F1015188-1   時代とともに進化していく犯罪。最近は、振り込め詐欺の手法として「アポ電」が利用されているが、今度は「アポ電強盗」が発生している。特殊詐欺でキャッシュカードをだまし取る手口として問題になっているが、本来は空き巣に入る前に、犯人たちが留守か否かを確認したり、資産状況や家族構成を知るための手段として電話をかけていた。
 今年1月には、東京・渋谷区で資産状況をたずねる「アポ電」をかけて確認後に現金2000万円を強奪する事件が発生。22歳と23歳の二人の男が警視庁に逮捕された。強盗事件が減少傾向にあるのに……
 警察庁によると今年9月現在の強盗の認知件数は1148件で前同期に比べて240件の減。
 ランキングは東京の188件、大阪の149件、埼玉の104件、愛知の87件、神奈川の84件など。
 全体的に減少傾向にある中で、四国4県が増加傾向にあるようだ。香川は前年と同数の5件だったが、徳島が5件増の6件、高知が2件増の4件、、愛媛が1件増の5件となっている。
 一方、検挙率は84.7%で前年同期より0.8ポイントのダウン。ランキングは鳥取の200%、鹿児島の162.5%、大分の133.3%、愛媛の120%、東京の102.1%と続いた。
 これに対して低かったのは栃木の60%、広島の62.5%、千葉の66.2%、兵庫の67.3%と続くが、香川が前年同期より40ポイントも減らしたが検挙率は100%だった。
 窃盗から詐欺、そして強盗と「アポ電」は今や犯罪の最悪のツールとなってしまった。
  首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_20191112195801
79歳の女性に“次男を名乗る電話” 2100万円だまし取られる  (11日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経
★「キャッシュカードを封筒に」 すり替え詐欺に注意 (7日)朝日
★「民事訴訟最終通達書」のはがき 3350万円の詐欺被害  (7日)NHK
★カードすり替え盗被害急増 犯人から電話→通話中に偽警官→偽物と交換 (5日)西日本
★日本人の高齢者狙い現金3千万円詐取の疑い、中国籍の男逮捕 (1日)TBS
★「10万円送れば20万円払う」 下着買い取り詐欺容疑で大学生逮捕 (1日)産経
★横浜の80代男性 630万円架空請求詐欺被害 (31日)産経
★Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日
★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事
★カードだまし取られ 130万引き出される、男の画像公開(10日)TBS
★うその電話でiphono転売か、詐欺グループ摘発12人逮捕(10日)TBS
★金相場詐欺の疑いで83歳女逮捕、余罪3億円か(9日)TBS
★詐欺の受け取り役を逮捕、スマホで一部始終を撮影(7日)TBS
★「焦る心理」操る 特殊詐欺グループのマニュアル押収(6日)日経
★警察官を装いうそ電話、封筒すり替えカード盗む(5日)TBS

| コメント (0)

台風で停電の信号機から発電機4台盗む 容疑で38歳男を再逮捕 千葉(12日)産経

台風15号による停電の影響で消えた信号機に取り付けられていた発電機を盗んだとして、千葉県警捜査3課は12日、窃盗の疑いで同県成田市大竹の農業、吉岡晃被告(38)=窃盗罪で起訴=を再逮捕した。調べに対し、黙秘しているという。
 再逮捕容疑は9月15日午後9時半~16日午前1時ごろ、同県芝山町小池の交差点の信号機などに取り付けられていた山武署が管理する発電機4台など(時価計28万3千円相当)を盗んだとしている。
 吉岡容疑者は同町内の別の信号機に取り付けられていた発電機1台などを盗んだとして9月20日に窃盗容疑で逮捕されていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191112/afr1911120025-n1.html

| コメント (0)

後輩の消防士を逆さづり・炎の前通らせ… 幹部懲戒処分(12日)朝日

後輩の消防士を逆さづりにするなどの暴行を加えたとして、大阪府茨木市消防本部は12日、消防司令補(47)、消防士長(34)と消防副士長(33)の男性職員3人を懲戒免職にし、発表した。
 発表によると、消防司令補は4月、消防署の車庫で20代の消防士の体をロープで縛ってポンプ車の手すりに逆さにつり上げて放置。別の日には、ライターの火に殺虫スプレーを噴射して炎を発生させ、この消防士にその前を通らせるなどしたという。

 一方、消防士長と消防副士長は5月、別の20代の消防士の首に自動血圧計を巻き付け、顔や眼球から出血させた。消防司令補は消防士長らに暴力行為を口外しないよう指示した。消防司令補は4月、この20代消防士を倒して全身を30回以上蹴ったという。

 同本部は、泉頼明消防長を減給10分の1(3カ月)としたほか、幹部3人を懲戒処分した。泉消防長は「良識を逸脱する行為で、市民の信用の失墜を招き、深くおわびする」とのコメントを出した。(室矢英樹)
https://www.asahi.com/articles/ASMCD4K6XMCDPTIL011.html

| コメント (0)

住宅の冷蔵庫から遺体見つかる 愛知・瀬戸市(12日)TBS

愛知県瀬戸市の住宅で冷蔵庫の中から遺体が見つかりました。警察は、死体遺棄事件の疑いもあるとみて調べています。
 12日午前9時15分ごろ、愛知県瀬戸市東山町の住宅で業務用冷蔵庫の中に遺体があるのをこの住宅を、捜索していた警察官が見つけました。見つかった遺体は性別不明で、折りたたまれた状態で見つかり、タオルが巻かれていました。
 警察によりますと、万引きの疑いで逮捕した、この家に住む小嶋孝一容疑者(58)の自宅を捜索したところ、遺体を見つけたということです。
 小嶋容疑者は1人暮らしですが、6年前まで母親と暮らしていたとみられ、警察は遺体が母親の可能性もあるとみて身元を確認するとともに、死体遺棄事件の疑いも視野に調べています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3828195.html

| コメント (0)

ライブ配信中に滑落? 富士山の遺体は都内の47歳男性 (12日)NHK

先月、富士山に登る様子を動画配信サイトでライブ配信していた人が滑落する姿が流れ、その後、7合目付近で見つかった遺体が東京 新宿区の47歳の男性だと分かりました。警察はこの男性がライブ配信をしていたとみて詳しい状況を調べています。
先月28日、雪の積もった富士山に登る様子を動画配信サイトでライブ配信していた人が滑落する姿が流れ、警察が捜索した結果、2日後、7合目付近の標高およそ3000メートルの辺りで、遺体が雪に埋まった状態で見つかりました。
警察が調べたところ、亡くなったのは東京 新宿区に住む塩原徹さん(47)と確認されました。
ライブ配信をしていたとみられる人のツイッターのアカウントからは都内から富士山の5合目に向かうバスの乗車券の写真などが投稿されていて、警察によりますと、塩原さんが高速バスの乗車券を購入した履歴があったということです。
警察はライブ配信していたとみて詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191112/k10012174211000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

| コメント (0)

池袋暴走後、免許返納2倍に 都内で3万8000人―高齢者交通手段に課題(12日)時事

今年4月に起きた池袋暴走事故の後、東京都内では高齢者を中心に運転免許証を自主返納する人が急増した。警視庁によると、5~10月の返納者数は3万8436人で、前年同期の1万9980人の2倍近くになった。
池袋暴走、元院長を書類送検 母子死亡、操作ミスと判断

 月間返納者数も5月は5759人で、統計を取り始めた2014年以降の最多を更新。10月には6931人が返納し、記録をさらに塗り替えた。
 返納者のほとんどが高齢者で、警視庁の担当者は「池袋の事故後、報道を見て返納を考える人や家族内で真剣に検討する機会が増えたのでは」と推測する。俳優の杉良太郎さん(75)ら著名人による自主返納も、一因になったとみている。
 高齢者による交通事故も減少傾向にある。同庁によると、5~10月に都内で65歳以上のドライバーが起こした事故は2582件で、前年同期より203件少なかった。
 一方で、運転免許証返納後の交通手段をどうするかという課題はいまだ残されている。池袋事故の遺族の男性(33)は、9月に他の事故遺族らと共に、国土交通省に要望書を提出。運転能力の衰えを自覚する高齢者がハンドルを握らなくても生活できるよう、公共交通機関の拡充などを訴えた。
 政府は相次ぐ事故を受け、公共交通機関の利便性向上や自動運転技術を活用した新たな移動手段の実用化、全国の「相乗りタクシー」整備などの緊急対策を打ち出した。また、運転支援機能を備えた車両に限り運転できる限定免許の導入も検討している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111200355&g=soc

| コメント (0)

金塊20キロ密輸の疑いで逮捕 都内の男、組織統括か(12日)共同

東南アジアから成田空港経由で金塊計約20キロ(約9500万円相当)を密輸したとして、千葉県警が関税法違反(無許可輸入)と消費税法違反などの疑いで、東京都の会社役員の男ら、男女計7人を逮捕したことが12日、捜査関係者への取材で分かった。
 会社役員の男は密輸組織のトップで、複数のグループを束ねていたとみられる。県警は、この組織が少なくとも2015年3~8月に金塊約690キロ(約34億円相当)を密輸した可能性があるとみて裏付けを進めている。
 捜査関係者によると、7人は15年6月、成田空港の税関に申告せずに金塊を密輸し、消費税約760万円の支払いを逃れた疑い。
https://this.kiji.is/566850278051087457?c=39546741839462401

| コメント (0)

工藤会本部、近く解体作業へ 福岡の業者への売却契約が成立(12日)共同

特定危険指定暴力団工藤会の本部事務所(北九州市小倉北区)について、同会側が公益財団法人「福岡県暴力追放運動推進センター」(福岡市)を介し、県内の民間業者に約1億円で売却する契約が正式に結ばれたことが12日、関係者への取材で分かった。近く解体に向けた作業が始まる。
 北九州市によると、センターがいったん工藤会側から買い取り、民間業者に転売する形を取る。同会側は解体、整地した後、年度内に引き渡す予定。
 市民への襲撃事件でトップ野村悟被告(73)=殺人罪などで起訴=らが被害者側から約2900万~約8300万円の損害賠償を求められており、売却益は原資に充てる。
https://this.kiji.is/566843714061780065?c=39546741839462401

| コメント (0)

大植被告「もう疲れました」 逃走58時間足取りは…(12日)産経

「もう疲れました」。大阪府東大阪市で、護送中のワゴン車から逃走した大(おお)植(うえ)良太郎被告(42)は11日に身柄を確保された際、捜査員にこう漏らしたという。9日未明の逃走から58時間。大植被告は知人の手助けを受けながら、隣接する大阪市内を逃げ回っていたとみられ、捜査当局は詳しい足取りを調べている。
 11日午後1時半すぎ、大阪市淀川区内の路上で、1人で歩いている男を大阪府警の捜査員が発見。大植被告に似ていると感じ、追跡して声をかけた。
 「大植か」との問いに男は「そうです。疲れました」と素直に返答した。変装だったのか帽子にサングラス、マスク姿で、手錠や腰縄は付いていなかった。
 大植被告が東大阪市で逃走したのは9日午前4時ごろ。はだしで、所持品はなく、右手の手錠と腰縄が付いた状態だった。
 保釈が取り消されていた大植被告はこの直前、同市内の関係先にいるところを警察官に発見された。4月に覚せい剤取締法違反容疑で府警に逮捕された際の住所は同府岸和田市。当初は、この両市内に土地勘があるとの見方もあった。
 しかし、護送車から逃走した大植被告が向かったのは、大阪市住吉区内にある知人の荻野侯昇(こうしょう)容疑者(37)=犯人蔵匿容疑で逮捕=が借りる民家。9日昼ごろから夜まで民家に潜伏した後、荻野容疑者のワゴン車に同乗し、同市西区内の荻野容疑者が借りる別のマンションに向かい、一夜を明かしたという。
 翌10日に再び住吉区内に戻り、民家近くのコインパーキングにワゴン車を止めているところを捜査員に見つかった。発見時、荻野容疑者は外におり、車内にいた大植被告とみられる男が車を急発進。猛スピードで同市内の阪神高速などを逃走し、約1時間後に行方が分からなくなった。

 一方、10日午後2時半ごろ、同市北区内でワゴン車が放置されているのが見つかり、府警は同区や隣接する同市淀川区を集中的に捜索。11日午後、両区にまたがる十(じゅう)三(そう)大橋の上で大植被告を確保した。 周辺住民らによると、パトカーがサイレンを鳴らして次々と駆けつけ、現場は騒然とした雰囲気に包まれた。女性会社員(42)は「まさか逃走犯がこんなところまで来ているとは。無事に捕まってよかったが、子供が多い時間だととても危険だったと思う。検察には二度と同じことが起こらないようにしてほしい」と話した。https://www.sankei.com/affairs/news/191111/afr1911110031-n1.html

| コメント (0)

和歌山市の自治会長詐欺、市職員と長年癒着(12日)産経

「地元協力金」名目で和歌山市発注事業の落札業者から現金30万円を詐取したとして、芦原地区連合自治会長、金井克(よし)諭(ゆ)暉(き)(本名・金正則)容疑者(63)が逮捕された事件。産経新聞の取材に対し、別の複数の業者も協力金を要求されたと次々に証言した。一方、市職員も金井容疑者夫妻の経営するスナックのパーティー券を庁舎内で販売していたことが判明。金井容疑者と市職員の間で長年続いてきた“癒着”の実態が浮かび上がる。
 ■市施設内で要求
 平成25年に市発注の芦原地区内の事業を落札した業者は、市の担当幹部ら5~6人に連れられ、金井容疑者のもとへ「あいさつ」に訪れたと証言する。
 「夏祭りの協力金がほしい。多ければ多い方がいいが、できる範囲でいい」と金井容疑者に要求された。地区に盛大な夏祭りもあったため「地区のためなら」と約1万円を寄付。連合自治会名義の領収書を受け取ったという。

28年に受注した別の業者も同様に市職員らと金井容疑者のもとを訪れた。
 市施設内の応接室で面会した金井容疑者は突然、市職員に「何しにきたんや、帰れ、お前!」と怒鳴りつけた。市職員が退席し業者と2人きりになると「(落札額の)3%でいいから協力金を支払ってほしい」と要求。業者は「払わなければ嫌がらせを受けるかも」と後日、現金数十万円を渡した。市職員に相談すると、「なかったことにしてくれ」と言われたという。
 ■パー券50~60人分一括
続きを読む
https://www.sankei.com/affairs/news/191112/afr1911120002-n1.html

| コメント (0)

大型公共事業巡り組員から利権要求 元組合長の長男証言 工藤会トップ裁判(12日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人などの罪に問われた同会トップで総裁の野村悟被告(73)とナンバー2で会長の田上不美夫被告(63)の第5回公判が11日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。1998年2月に射殺された元漁協組合長の長男が検察側証人として出廷。同市の大型公共事業に絡み、事件の約1年前から少なくとも3回、同会組員から利権を求める働き掛けがあったが、全て拒否したと証言した。
 元組合長は港湾事業に関する漁協補償金の分配や業者選定に影響力があったとみられ、長男と一緒に港湾土木会社を経営していた。市が96年3月、若松区の港湾事業(総事業費約1千億円)を発表すると、97年1月、組員から「大きな仕事が始まる。おまえと元組合長らがターゲットだ、分かっているな」と言われたという。長男は「うまくやっていけよという意味だと思った」と語った。
 5月には別の組員が同社を訪れ「砂を買ってほしい」と要求、9月にも別の組員が来社し「若松は俺の縄張りだ。おまえたち、大概にしとけよ」と大声で迫られた。ほかにも組員が会社に電話をかけてきたという。
 事件後の98年5月ごろには、知人からの電話に田上被告が出て「(元組合長の弟と)よく話し合い、連絡して。警察や他の誰にも言ったらいけんよ」と言われたとも述べた。
 長男は父の死について「本当に無念」とした上で「トカゲの尻尾切りで終わらず、しっかりと事件を解明してほしい」と訴えた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/558769/

| コメント (0)

両刃の刃物使用か、傷も70カ所 東久留米の男性殺害(12日)朝日

東京都東久留米市の住宅で住人の会社員二岡一浩さん(55)が刃物で殺害された事件で、殺傷力の高い両刃の刃物が凶器に使われた可能性があることが捜査関係者への取材でわかった。二岡さんの傷が約70カ所に上ることも判明。家中が荒らされる一方、財布が残され現金も入っていたといい、警視庁は犯人の目的を慎重に調べている。

 二岡さんは首や胸、腹を刺されたり切りつけられたりしており、背中まで達する刺し傷もあった。死因は失血死で、胸の刺し傷が心臓と大動脈を損傷していたという。

 捜査関係者によると、傷口の形などから、凶器は家庭で一般的に使われる包丁のような片刃ではなく、両刃の刃物の可能性がある。頑丈で厚みもあるとみられ、折れたり刃こぼれしたりした形跡は確認されていないという。

 田無署捜査本部によると、二岡…

残り:228文字/全文:561文字
https://www.asahi.com/articles/ASMCC66N5MCCUTIL05G.html

| コメント (0)

台風で“名産品”出荷めどたたず、宮城県丸森町(12日)TBS

台風19号の上陸から12日で1か月。宮城県丸森町では、原発事故による出荷規制が解除されたタケノコにも被害があり、生産者から落胆の声があがっています。
 「うちの竹林」(タケノコ生産者 谷津恵美さん)
 宮城県丸森町でタケノコを生産する谷津恵美さん。台風19号の大雨で竹林に通じる道が崩落、収穫作業に欠かせない車での行き来が難しい状況となりました。
 「また出荷ができなくなるのかなと思うと残念」(タケノコ生産者 谷津恵美さん)
 谷津さんのタケノコは、2011年の福島第一原発事故で出荷停止となり、2014年に規制が解除されました。出荷量が徐々に増える中での台風被害。来年春のタケノコが収穫できるか見通しは立っていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3827859.html

| コメント (0)

台風被害の果樹園で“ブドウ盗難”相次ぐ 長野(12日)TBS

台風で農作物に被害が出た長野県の須坂市で、果物が盗まれる瞬間をカメラが捉えました。
収穫間近の高級ブドウ、シャインマスカットを慣れた手つきで採る男。長野県須坂市の果樹園で、先月5日にブドウが盗まれた際の様子です。
長野県では台風19号による千曲川などの氾濫で、須坂市を含む広い範囲でリンゴやブドウなどに16億円余りの被害が出ています。果樹園では、台風の後の今月2日にもブドウを盗もうとする男や、近くの畑でリンゴを盗む女が防犯カメラに映っていました。
「それぞれ農園主がいろんな思いを込めて日々作業をして作っているので、どうか、その気持ちを踏みにじらないでいただきたい」(撮影した男性)
 果樹園では今年、およそ100房のブドウが盗まれ、警察に被害届を出しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3827856.html

| コメント (0)

京急踏切事故「600m手前から信号見えず」当初の説明と異なる (12日)NHK

ことし9月、横浜市で起きた京急線の脱線事故で、踏切内の異常を知らせる信号機について、当初、会社が説明していた踏切の600m手前からは運転士が目視で確認できないことが分かりました。京急は再発防止策として信号機の設置場所などを見直す方針です。
 ことし9月、横浜市神奈川区の京急線の踏切で、快特電車が踏切内に立往生した大型トラックと衝突して脱線し、トラック運転手が死亡したほか、乗客など35人がけがをしました。
 事故が起きた踏切には異常を知らせる専用の信号機が3つあり、このうち最も手前にある信号機は踏切からおよそ340mの場所にあります。
 京急は当初、踏切の600m手前から運転士が目視する事ができると説明していましたが、その後の会社の調査で、この地点からはカーブなどがあって目視で確認できないことが分かりました。
 このため会社は再発防止策として、運転士が600m地点でも確認できるよう、信号機の設置場所などを見直す方針です。
具体的には、信号機の数を増やすことなどを新たに検討しているということです。
この信号機について会社側は、時速120キロで走行する快特電車が停止するのに必要とされる距離、およそ520mからは少なくとも確認できるとしていて、国の省令や社内規程に違反はしていないとしています。
京急はNHKの取材に対し「現在、対策は検討中なのでコメントは差し控える」としています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191112/k10012173441000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

| コメント (0)

釣り船が沈没、船長ら8人を救助 福井県美浜町沖、けが人なし(12日)共同

11月10日午後4時35分ごろ、福井県美浜町早瀬の早瀬漁港約2キロ沖で、「浸水した釣り船から男性8人を救助した」と地元の遊漁船から118番があった。同町の男性船長(49)と県内外の30~70代の男性釣り客7人にけがはなかった。浸水した釣り船は、えい航中に沈んだ。
 敦賀海上保安部によると、釣り船は同日午後3時40分ごろ、早瀬漁港を出港。同50分ごろ、機関の異常を知らせる警報が鳴ったため船長が機関室を確認したところ、7割ほど浸水していたという。船長が地元の造船所に連絡、要請を受けた近くの遊漁船が全員を救助した。
 同保安部が原因を調べている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/971315

| コメント (0)

男性遺体、横向きで川に浮く…身元判明 通行人が発見 顔に擦り傷、近くに自転車/さいたま(12日)共同

男性遺体、横向きで川に浮く…身元判明 通行人が発見 顔に擦り傷、近くに自転車/さいたま  10日午前9時40分ごろ、埼玉県さいたま市岩槻区加倉3丁目の綾瀬川で、川口市の無職男性(82)が死亡しているのを、通行人が発見し110番した。
 岩槻署によると、川の中で男性が横向きの状態で浮いており、近くに男性のものとみられる自転車もあった。遺書などは見当たらず、所持品から身元が判明した。遺体に争った形跡はなく、顔に擦り傷があった。同署は司法解剖して死因などを調べる。
https://this.kiji.is/566741676195775585?c=39546741839462401

| コメント (0)

包丁を口に刺し入れる…馬乗りになり 争う知人2人、容疑で逮捕 飲酒後、カラオケ巡りトラブルに/蕨署(12日)共同

埼玉県の蕨署は11日、殺人未遂の疑いで、戸田市笹目6丁目、無職の男(79)と、自称戸田市上戸田1丁目、無職の男(70)を逮捕した。
 逮捕容疑は10日午後8時55分ごろ、79歳男宅で、それぞれ包丁で頭を切り付けたり、口に包丁を刺し入れて軽傷を負わせた疑い。
 同署によると、2人は知人同士で、飲食店で飲酒した際、カラオケを巡りトラブルになった。帰宅後、電話で再び口論になり、自宅を訪れた70歳男を、79歳男が切り付けた。包丁を取り上げた70歳男は79歳男に馬乗りになり、包丁を刺し入れた。
 79歳男は「覚えていない」と容疑を否認。70歳男は「殺す気はなかった」と供述しているという。
https://this.kiji.is/566733369307579489?c=39546741839462401

| コメント (0)

« 2019年11月11日 (月) | トップページ | 2019年11月13日 (水) »