« 2019年11月10日 (日) | トップページ | 2019年11月12日 (火) »

2019年11月11日 (月)

2019年11月11日 (月)

すいすい防犯パトロール、横浜(11日)西日本

国際会議など大規模イベントが多く開かれるパシフィコ横浜(横浜市)で11日、警備員が立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」に乗って巡回する防犯パトロール隊の出発式が開かれた。地域に根ざした防犯活動を進めるため、神奈川県警戸部署などと協定を締結し、連携を強化する。
 パシフィコ横浜の来場者は年間400万人を超える。敷地が約20万平方メートルと広いため、セグウェイを活用することを決めた。警備員は自動体外式除細動器(AED)を背負ってセグウェイに乗り、緊急事態にも対応。臨港パークなどを重点的に巡回する。
 パシフィコ横浜の中山社長は「効率的・効果的に警備したい」と話した。
https://www.nishinippon.co.jp/item/o/558667/

| コメント (0)

作家の竹田恒泰氏の講演、妨害予告で中止 富山・朝日町(11日)朝日

 富山県朝日町教育委員会は11日、町内で13日に開催予定だった作家の竹田恒泰氏の講演を中止すると発表した。開催を妨害するとの予告連絡があり、会場の安全確保に支障があると判断したという。

 予定では、町立朝日中学と県立泊高校の生徒らの活動発表の後に、「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」とのテーマで竹田氏が講演することになっていた。町によると、先週から竹田氏の講演に対する意見が電話やメールで多い日には数十件届いた。10日には妨害を予告する連絡があった。活動発表は会場を変更して行うという。

https://www.asahi.com/articles/ASMCC6GFBMCCPUZB00S.html

| コメント (0)

79歳の女性に“次男を名乗る電話” 2100万円だまし取られる (11日)NHK

埼玉県鶴ヶ島市の79歳の女性が、自宅にかかってきた次男を名乗る男の電話を信じて現金2100万円をだまし取られ、警察は詐欺事件として捜査しています。
先月23日、埼玉県鶴ヶ島市の79歳の女性の自宅に次男を名乗る男から「会社の大事な書類を間違えて郵送してしまい弁済しないといけない」という電話がかかってきました。
男はさらに「会社の同僚を自宅に向かわせたので、家にあるだけの現金を用意して渡してほしい」と持ちかけてきたということです。
話を信じた女性は、自宅を訪れた男に現金2100万円を手渡してしまいました。
女性は同じような手口の被害を伝える新聞記事を見て不安になって次男に確認したところ詐欺だと気付き、10日、警察に届けたということです。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、不審な電話があったらすぐに通報するよう呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173071000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

| コメント (0)

児童相談所と警察が虐待・DV被害者保護の合同訓練 千葉 君津 (11日)NHK

今月は児童虐待防止推進月間です。児童虐待と夫婦間のDV=ドメスティック・バイオレンスが同時に起きている家庭に連携して対応しようと11日、千葉県君津市で関係機関が参加して子どもや母親を保護する合同訓練が行われました。
今月の児童虐待防止推進月間に合わせて、千葉県君津市の住宅展示場で行われた訓練には、警察や児童相談所に加え、DV被害者の保護を担当する県の女性サポートセンターの職員など60人が参加しました。
訓練では、子どもの泣き声が聞こえるという通報を受けて現場に駆けつけた児童相談所の職員が、強制的に自宅への立ち入りを行う「臨検」の許可状を父親役に示して、警察官とともに立ち入っていました。
そして、抵抗した父親役が児童相談所の職員を殴ると、その場で取り押さえて逮捕したうえ、衰弱した状態で押し入れに閉じ込められていた子どもを見つけ出して病院に搬送していました。
また、母親が夫からDVを受けている疑いがあることが分かると、連絡を受けた県の女性サポートセンターの職員が現場にかけつけ、母親役の女性を保護していました。
千葉県児童家庭課の始関曜子虐待防止対策室長は「児童相談所と警察が合同訓練を行うことで、DV対応も含めて、連携を一層強化していきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012173341000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0)

居酒屋無断キャンセル疑い、東京 被害75人分51万円、男逮捕(11日)共同

東京・有楽町の居酒屋に団体予約を入れて無断キャンセルしたとして、警視庁丸の内署は11日、業務妨害の疑いで東京都葛飾区、職業不詳小林恒夫容疑者(59)を逮捕した。系列5店舗で計75人分、総額約51万円に上る被害があり、同署が調べている。
 飲食店の「直前キャンセル」はインターネットによる手軽な予約などが原因で増加しているとされ、店側の損害が問題となっている。同署によると立件は珍しいという。
 逮捕容疑は6月26日、東京都千代田区有楽町2丁目の「のど黒屋 銀座数寄屋橋店」(閉店)に電話をかけ、飲食コースを計17人分、虚偽の予約を入れて営業を妨害した疑い。
https://this.kiji.is/566562736827483233?c=39546741839462401

| コメント (0)

双子ベビーカー乗車拒否? 名古屋の市バスが誤説明(11日)共同

 名古屋市は11日、「双子用のベビーカーに子どもを乗せたままバスに乗れないのか」との問い合わせに、市交通局が誤って「折りたたまなければ乗車できない」と回答したと明らかにした。インターネット上には乗車拒否されたとの投稿が広がっており、市が現場で不適切な対応がなかったかどうか調べている。
 市によると、同市北区の営業所に4日、女性から電話があり「全てのバスで折りたたむ必要がある」と伝えた。実際には2013年から混雑時を除き、大型バスでは双子用に子どもを乗せたままの乗車を認め、中・小型でも乗務員が乗降を支援するとしている。
https://this.kiji.is/566568652205818977?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2


首都東京体感治安(11、12日 単位・レベル)
子供の被害が激増
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191111201601F1015187-1 これが人間の世界か?
 最近の報道を見ていると腹が立ってくる。「人の命」は大事だが、それ以前の問題だ。愛情のかけらもない者は社会の空気を吸うな!もったいない。
 
★8歳長女の顔や手にヘアアイロン、やけど負わせ・・・母親逮捕(10日)TBS
★7か月男児を洗濯機に“監禁”(8日)TBS
★1歳男児エアガンで撃つ=虐待死か、両親逮捕―福岡県警(6日)時事
★ 赤ちゃんの上半身の遺体 ドラッグストアのトイレに 埼玉 (3日)NHK
★4ヵ月次男揺さぶり傷害容疑、自衛官を逮捕 折尾署(23日)西日本
★娘殴り、傘で腹突く 傷害容疑で父親逮捕、佐賀(20日)産経
★生後1カ月の息子にかみつく 母親の大学生を傷害容疑で逮捕 大津(18日)産経
★同居の6歳男児に傷害容疑 背中蹴り腎臓破裂させる(9日)産経
★小4殺害容疑でも父を逮捕へ さいたま遺棄事件(8日)朝日
………………
 警察庁によると平成30年の被疑者と被害者の関係で刑法犯総数で実子が被害者となったのは1768件だった。ところが18年前の平成12年は290件だから激増していることになる。養子は232件に対して12年は23件、継子は187件に対して30件といずれも増加している。
 30年の粗暴犯の実子は1492件に対して12年は96件。養子は144件に対して13件、継子は126件に対して12年は13件とやはり桁違いなのだ。
 暴行も同じで30年の実子の820件に対して12年は7件、養子は57件の対して1件、継子は56件に対して10件となっている。
 ところが凶悪犯になると殺人は30年の実子が85件に対して12年は115件、養子は5件に対して2件、継子は3件に対して同数と、実子が被害者となった事件が少なくなっている。
 こうしてみると、児童虐待は増加傾向にあることは確かだ。さらに今年は………
 首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_20191111202301

 

 

★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経
★「キャッシュカードを封筒に」 すり替え詐欺に注意 (7日)朝日
★「民事訴訟最終通達書」のはがき 3350万円の詐欺被害  (7日)NHK
★カードすり替え盗被害急増 犯人から電話→通話中に偽警官→偽物と交換 (5日)西日本
★日本人の高齢者狙い現金3千万円詐取の疑い、中国籍の男逮捕 (1日)TBS
★「10万円送れば20万円払う」 下着買い取り詐欺容疑で大学生逮捕 (1日)産経
★震災助成金4600万円詐取疑い、夫婦逮捕 (28日)産経
★Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日
★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事
★カードだまし取られ 130万引き出される、男の画像公開(10日)TBS
★うその電話でiphono転売か、詐欺グループ摘発12人逮捕(10日)TBS
★金相場詐欺の疑いで83歳女逮捕、余罪3億円か(9日)TBS
★詐欺の受け取り役を逮捕、スマホで一部始終を撮影(7日)TBS
★「焦る心理」操る 特殊詐欺グループのマニュアル押収(6日)日経
★警察官を装いうそ電話、封筒すり替えカード盗む(5日)TBS
★滋賀県警ユニークな特殊詐欺対策(4日)共同

| コメント (0)

護送中に逃走した被告、大阪市内で身柄確保 知人も逮捕(11日)朝日

大阪府東大阪市で9日、大阪地検が車で護送中に逃走した大植良太郎被告(42)=覚醒剤取締法違反罪などで起訴=について、大阪府警が11日午後、大阪市内で身柄を確保した。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、大植被告の身柄は11日午後2時ごろ、大阪市北区の十三大橋付近で府警の捜査員に確保された。
 府警は10日、大植被告とみられる男を大阪市住吉区で発見したが、ワゴン車で逃走。車は大阪環状線などを走り、府警は行方を見失っていたが、車は同日に大阪市北区のコインパーキングで見つかっていた。
 府警は、大植被告の逃走を手助けしたとして、知人で30代の男を犯人蔵匿容疑で逮捕。他にも協力者がいる可能性があるとみて調べている。
 地検によると、大植被告が逃走…

残り:285文字/全文:601文字
https://www.asahi.com/articles/ASMCC4QQLMCCPTIL00Q.html

| コメント (0)

軽トラ運転の60代男を逮捕 東京・八王子の保育園児の列突っ込み(11日)産経

東京都八王子市宇津木町で11日午前、横断歩道を歩いていた保育園児の列に軽トラックが突っ込み、子供4人を含む7人が負傷した事故で、警視庁八王子署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で、軽トラックを運転していた60代の男を現行犯逮捕した。
 事故は午前10時20分ごろに発生。同署によると、男が運転する軽トラックが横断歩道を歩いていた保育園児の列に突っ込み、1~2歳ぐらいの子供4人と保育士の女性2人が負傷し病院に搬送された。いずれも軽傷とみられる。男も首の痛みを訴えて搬送された。
 信号は横断歩道側が青だったとみられる。園児らは当時散歩中で、列には保育士も合わせて10人以上いたという。同署が詳しい状況を調べている。
 現場はJR八王子駅から北に約3・5キロの幹線道路沿い。
https://www.sankei.com/affairs/news/191111/afr1911110010-n1.html

| コメント (0)

東大阪の護送車両から逃走被告の身柄確保(11日)産経

大阪府東大阪市の路上で大阪地検が収容した男が護送中のワゴン車から逃走した事件で、男の身柄が11日、大阪市北部で確保された。捜査関係者への取材で分かった。
 男は同府岸和田市、遊技機設置業、大植(おおうえ)良太郎被告(42)=覚せい剤取締法違反罪と大麻取締法違反罪で公判中。大阪地裁岸和田支部(岸和田市)の判決公判に3回出廷せず、7日に保釈が取り消されていた。
 逃走事件は9日午前4時ごろ発生。ワゴン車から逃走する際、もみ合いになった男性検察事務官2人が軽傷を負った。被告は腰縄をつけ、右手に手錠をしたまま逃走した可能性があり、捜査当局が行方を追っていた。
 地検では10月30日にも、岸和田支部(岸和田市)で保釈取り消し後に収容予定の女が車で逃走し、2日後に確保される事件があったばかり。
https://www.sankei.com/affairs/news/191111/afr1911110009-n1.html

| コメント (0)

逃走被告の身柄確保 2日ぶり、大阪市内で(11日)時事

大阪府東大阪市内で、護送中の車から逃走していた大植良太郎被告(42)=大麻取締法違反罪などで公判中=が11日、大阪市内で発見され、身柄を確保された。
 大阪地検などによると、大植被告は9日、護送中の車内で「手錠がきつい」と訴え、片方の手錠が外されると暴れだし、そのまま逃げていた。https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111100626&g=soc

| コメント (0)

組トップへの賠償請求棄却 特殊詐欺の使用者責任で東京地裁(11日)共同

指定暴力団稲川会傘下組織の組員による特殊詐欺事件の被害に遭った関東地方の70代女性が、稲川会の辛炳圭(通称清田次郎)会長(79)に使用者責任があるとして2150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(小川理津子裁判長)は11日、請求を棄却した。
 特殊詐欺事件を巡り組トップの使用者責任を追及した訴訟の判決は4件目で、これまでは原告側の勝訴が2件、敗訴が1件。
 原告側は、組員が稲川会の組織力を背景に詐欺グループを組織し、だまし取った金が暴力団の資金源になっているとして、実行犯ではない会長にも責任があると主張していた。
https://this.kiji.is/566481955803808865?c=39546741839462401

| コメント (0)

金融トレーダーの男を逮捕 合成麻薬使用疑い 警視庁(11日)産経

合成麻薬「MDMA」を使用したとして、警視庁が麻薬取締法違反(使用)容疑で、「KAZMAX(カズマックス)」の通称で知られる金融トレーダー、吉沢和真容疑者(30)を逮捕していたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。調べに容疑を否認し、「クラブで飲み物に混入された」という趣旨の説明をしている。
 捜査関係者によると、10日午前、渋谷署員が渋谷区内で吉沢容疑者を職務質問。任意で提出を受けた尿を鑑定をしたところ、MDMAの陽性反応が出たため緊急逮捕したという。
 逮捕容疑は10日ごろ、東京都近郊で、MDMAを使用したとしている。
 吉沢容疑者は金融商品を解説するなどして、テレビや雑誌などメディアでも活動していた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191111/afr1911110003-n1.html

| コメント (0)

護送中の男逃走 大阪市内でいったん発見も逃げられる (11日)NHK

9日、大阪 東大阪市で大阪地方検察庁が護送中の被告に逃走された事件で、10日、被告とみられる男が大阪市内でいったん見つかったものの、直後に車で逃げられていたことが捜査関係者への取材で分かりました。車はその後、乗り捨てられているのが見つかり、検察と警察が行方を捜査しています。
9日の早朝、覚醒剤事件での保釈が取り消された大植良太郎被告(42)を大阪地方検察庁が車で護送していた最中に、東大阪市内で逃走される事件が起きました。
検察は警察とともに大植被告の行方を捜査していたところ、10日、大阪市内の関係先で大植被告と見られる男がいったん見つかったものの、直後に車で逃げられていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
車は阪神高速環状線や池田線を猛スピードで走り続け、その後、行方が分からなくなりましたが、夕方になって大阪 北区の駐車場に車が乗り捨てられているのが見つかったということです。
検察によりますと大植被告は護送車から逃走した際、右手首に手錠、腰に縄がついたままの状態で、現金などの所持品は持っていませんでした。
検察と警察は、車の提供など何者かの手助けを受けた被告が逃走を続けている可能性があるとみて、行方を捜査しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172541000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| コメント (0)

保育園児4人含む6人はねられる 軽いけが 東京 八王子 (11日)NHK

11日午前、東京 八王子市の路上で子ども4人と大人2人の合わせて6人が軽乗用車にはねられたということです。子どもは保育園児でいずれもけがの程度は軽いとみられ、警視庁や消防が事故の詳しい状況を調べています。
11日午前10時半ごろ、東京 八王子市宇津木町の路上で子どもたちが歩いていたところ、軽乗用車にはねられたということです。
東京消防庁によりますと、はねられたのは子ども4人と大人2人の合わせて6人だということです。
警視庁によりますと子どもたちは保育園児で、大人のうち1人は保育士とみられ、いずれもけがの程度は軽いということです。
現場は、中央自動車道の八王子インターチェンジから北東に800メートルほどの場所にある住宅街で、近くには保育園や中学校などがあります。
警視庁は、軽乗用車の60代とみられる運転手を過失運転傷害の疑いで逮捕し、事故の詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172551000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

| コメント (0)

1級建築士を逮捕、大阪府警(11日)西日本

建築確認検査が完了したとの偽造確認済証を建築主に渡したとして、大阪府警と和歌山県警は11日、偽造有印公文書行使容疑で住所不定の1級建築士、元山清平容疑者(45)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年8月30日ごろ、施工業者を介して大阪市の40代男性から依頼された倉庫の設計の建築確認申請手続きで、偽造された確認済証を男性に渡した疑い。
 大阪府警によると、「仕事のミスで資金繰りに追われ、手続きが間に合わなくなった」と容疑を認めている。
 受付番号は別の建築物の番号が使われていた。施工業者側から相談を受けた大阪市が今年7月に刑事告発した。

https://www.nishinippon.co.jp/item/o/558560/

| コメント (0)

同和問題の団体理事を起訴「逮捕状取り消せる」と現金詐取か (11日)NHK

同和問題の解決に取り組む団体の理事らが警視庁に指名手配され逃走中だった男に会い、国会議員や警察とつながりがあるので逮捕状を取り消せるとして現金をだまし取った詐欺の罪で逮捕・起訴されました。
逮捕・起訴されたのは、同和問題の解決に取り組む団体の一つ「自由同和会」の中央本部理事、江藤貴之被告(54)です。
去年5月、覚醒剤取締法違反の疑いで警視庁に指名手配され逃走中だった男と奈良市のマンションで会い、現金20万円をだまし取った詐欺の罪に問われています。
江藤理事は「自由同和会」の奈良県内の支部の事務局長と共謀して現金をだまし取ったとされ、この事務局長が男に「国会議員や警察と深くつながっているので逮捕状を取り消せる」とうそを言っていたということです。
捜査関係者によりますと指名手配されていた男がその後、警視庁に逮捕され、逃走中のいきさつを説明したため、発覚したということです。
江藤理事は、事務局長とともに先月、逮捕・起訴され、すでに保釈されています。
理事らが起訴されたことについて、「自由同和会」中央本部は「詳細がわからず対応できないので、裁判の結果が出たうえで検討したい」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172501000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

| コメント (0)

自衛官、10分居眠りで停職 兵庫・伊丹、弾薬庫の警備中に(11日)共同

陸上自衛隊伊丹駐屯地(兵庫県伊丹市)は11日、弾薬庫の警備中に約10分間居眠りをしたとして、中部方面通信群に所属する25歳と22歳の男性陸士長2人を同日付で停職3日の懲戒処分にしたと発表した。2人とも「眠気を催してしまった」と話しているという。
 同駐屯地によると、2人は昨年12月6日未明、一緒に弾薬庫の監視業務に当たっていた。午前4時50分ごろから午前5時ごろの間、2人が居眠りしているのを巡回で弾薬庫に立ち寄った当直勤務の隊員が見つけ、上司に届けた。
 同駐屯地によると、弾薬庫は常時2人一組で24時間監視している。2人は「深く反省している」と話している。

https://this.kiji.is/566453701262607457?c=39546741839462401

| コメント (0)

道立6病院 医療事故121件に(11日)NHK

ことし4月からの半年間で道立病院で起きた医療事故は去年の同じ時期より35件多い121件で、このうち医療ミスは2件あったことが道のまとめで分かりました。
道は病院運営の透明化と職員の意識の向上につなげようと、6か所の道立病院で起きた医療事故の件数を半年ごとにまとめて公表しています。
それによりますと、ことし4月からの半年間の医療事故は去年の同じ時期より35件多い121件でした。
このうち患者が死亡したケースは1件あったほか、病院側に過失があった医療ミスは▼血液透析後の患者の止血ベルトをはずし忘れたため狭くなった血管を広げる手術をせざる得なくなったケースや、▼手術後の傷を保護するフィルムを使用したものの、経過観察が不十分で皮膚の炎症に気付かず移植をせざるを得なくなったケースの2件あったということです。
このほか医療事故につながりかねないケースも1648件ありました。
道立病院局は「具体的な事例を共有し、再発防止に努めていきたい」と話しています。https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20191110/7000015190.html

| コメント (0)

コンビニに強盗10万円奪い逃走(11日)NHK

9日未明、茨城県小美玉市のコンビニエンスストアで、男が店長にナイフのような刃物を突きつけて脅し、現金およそ10万円を奪って逃げました。
店長にけがはなく、警察は強盗事件として捜査しています。
9日午前2時ごろ、小美玉市下馬場の「ファミリーマート小美玉下馬場店」に男が押し入り、店に1人でいた63歳の男性店長にナイフのような刃物を突きつけ、「金を出せ」と脅しました。
男は、店長がレジと金庫から出した現金およそ10万円を奪い、走って逃げたということです。
当時、店内に客はおらず、店長にけがはありませんでした。
警察によりますと、男は身長1メートル70センチくらいで、フード付きの黒っぽい色のジャンパーと黒っぽい色のズボンを身につけ、目出し帽をかぶっていたということです。
警察は、強盗事件として男の行方を捜査しています。
現場は霞ヶ浦の近くを通る国道355号線に面した店で、周りに田んぼや住宅が点在する地域です。https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20191109/1070008213.html

| コメント (0)

不明夫婦か 1遺体発見 台風19号 相模原市の土砂崩れ現場(11日)産経

台風19号による土砂崩れによって行方不明になっている相模原市緑区牧野(まぎの)地区の夫婦について、同市は10日、消防や自衛隊などの捜索隊が女性とみられる遺体を発見し、警察に引き渡したと発表した。
 警察や消防によると、発見場所は、土砂崩れに巻き込まれた夫婦の自宅があったところから、下流の谷沿いにたまっていた土砂の中。消防が重機で土砂を掘り起こす作業中に発見した。
 行方不明となっているのは、この家屋に住む佐々木睦(むつお)さん(67)と妻の定子さん(64)。警察によると、発見された遺体は定子さんとみられる可能性が高いという。手作業や重機によって、消防や警察、自衛隊による捜索が連日続いており、これまでに現場の土砂のなかからは家具や車などが見つかっていた。
 今後の捜索について、消防などは発見場所周辺も含め、捜索活動を継続していくとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191110/afr1911100010-n1.html

| コメント (0)

埼玉・所沢市で住宅街の林から白骨遺体(11日)TBS

 10日朝、埼玉県所沢市にある林の中から白骨化した遺体が見つかりました。警察が身元の確認を急いでいます。
10日午前8時半前、所沢市の住宅街にある林で、ゴミ拾いをしていた女性が白骨化した遺体を見つけました。
 警察によりますと、遺体は衣服を着た状態で横たわっていて、埋められたり争ったりしたような形跡は見つかっていないということです。
 また、衣服や骨の形状から遺体は成人男性とみられ、現場にあった財布には保険証が入っていたということで、警察は身元の確認を急ぐとともに事件と事故の両面から調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3826731.html

| コメント (0)

東久留米市の強盗殺人、1階に55歳男性の財布(11日)TBS

 東京・東久留米市の住宅で55歳の男性の遺体が見つかった強盗殺人事件で、住宅1階から男性の財布が見つかったことが新たにわかりました。
 この事件は今月8日、東久留米市の住宅2階のベッドで会社員のニ岡一浩さん(55)が胸や首を刺されて死亡しているのが見つかったものです。
 その後の捜査関係者への取材で、二岡さんの財布がショルダーバッグに入ったままの状態で1階のリビングから見つかったことが新たにわかりました。財布の中には現金も残されていたということです。
 また、司法解剖の結果、刺し傷がおよそ70か所に及び、背中まで貫通する傷もあったことも分かりました。
 警視庁は遺体の側にあった二岡さんのものとみられる携帯電話の解析を進めるなど、事件の経緯を詳しく調べています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3827024.html

| コメント (0)

台風19号 91人死亡 4人行方不明 71河川で決壊 (11日)NHK

NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、台風19号で亡くなった人は全国で91人となり、4人が行方不明となっています。

亡くなった人は、
▽福島県で31人、
▽宮城県で19人、
▽神奈川県で15人、
▽長野県で5人、
▽栃木県、群馬県でそれぞれ4人、
▽埼玉県と静岡県でそれぞれ3人、
▽岩手県と茨城県でそれぞれ2人、
▽東京都、千葉県、兵庫県でそれぞれ1人です。
また、行方不明となっている人は、
▽神奈川県で2人、
▽宮城県、茨城県でそれぞれ1人です。

堤防決壊 71河川140か所

国土交通省によりますと、台風19号による豪雨で川の堤防が壊れる「決壊」が発生したのは、1日朝の時点で、7つの県の合わせて71河川、140か所となっています。
▽国が管理する河川で堤防の決壊が確認されたのは7つの河川の12か所、
▽県が管理する川で堤防の決壊が確認されたのは67の河川の128か所です。
川の水が堤防を越える「越水」などで氾濫が発生した河川も16都県の延べ285河川に上っています。
決壊の情報は国土交通省のホームページの「災害・防災情報」でも確認できます。
https://www.mlit.go.jp/saigai/index.html

続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012131581000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0)

20代とみられる男女死亡 殺人事件として捜査 栃木 真岡 (11日)NHK

11日未明、栃木県真岡市のアパートの1室で、血を流して倒れていた20代とみられる男女2人がまもなく死亡し、警察は殺人事件として捜査しています。直前に現場近くで、別の女性が「元交際相手が友人を連れ去った」と警察官に伝えていて、警察が詳しいいきさつを調べています。
11日午前1時ごろ、栃木県真岡市八木岡のアパートの1室で、20代とみられる男女2人が血を流して倒れているのを警察官が見つけました。
男性の胸には包丁が刺さった状態で、警察と消防によりますと、2人は心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
警察によりますと2人が見つかる直前の午前0時40分ごろ、別の20代の女性がアパートから数百メートルの場所でパトロール中の警察官に声をかけ「元交際相手が友人を連れ去った」などと伝えていて、警察官が女性の話をもとにアパートに向かったということです。
警察によりますと、死亡した2人は女性の元交際相手と友人とみられ、警察は殺人事件として捜査するとともに女性から話を聞くなどして詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172341000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0)

大型の刃物持ち込み使用か 東京 東久留米の強盗殺人事件 (11日)NHK

東京・東久留米市の住宅で55歳の男性が刃物で刺されて殺害された事件で遺体の状況などから刃渡りが比較的長い大型の刃物が使われた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。住宅の包丁はそのまま残っていて警視庁は何者かが最初から刃物を持ち込んだとみて調べています。
3日前の今月8日、東京・東久留米市の住宅で、この家に住む会社員の二岡一浩さん(55)が胸などを30か所以上、刃物で刺されるなどして殺害されているのが見つかり、警視庁は強盗殺人事件として捜査しています。
その後の調べで、遺体の状況などから、刃渡りが比較的長く厚みのある形状の大型の刃物が使われた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。
また、警視庁が現場の状況を詳しく確認したところ、住宅の台所などにあった包丁などの刃物はそのまま残されていたということです。
二岡さんはLINEのやり取りの記録などから、未明から明け方にかけて襲われた疑いがあり、警視庁は、何者かが最初から大型の刃物を持ち込んで事件を起こしたとみて、周辺で不審な人物が目撃されていないか捜査を進めています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191111/k10012172151000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

| コメント (0)

在日外国人や旅行客も祝福 厳重警備に驚きも―即位パレード(11日)時事

 天皇、皇后両陛下のパレードの様子を一目見ようと、沿道には日本在住の外国人や海外からの旅行客も駆け付け、両陛下を祝福した。 千葉県成田市のスリランカ人、チャトランガ・ジャヤコディさん(33)は、大きなカメラと機材を手に午前中から沿道で待機した。撮影した映像は動画投稿サイトで公開する予定で、「日本に住む外国人にとっても大事な行事。彼らにパレードの様子を伝えたい」と笑顔を見せた。
 30年前に来日した中国人の女性会社員(58)=横浜市=は「お祝い気分を一緒に味わいたくて参加した。両陛下は人に平等に優しくしてくれる姿が印象的」と語った。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111000330&g=soc

| コメント (0)

特殊詐欺「受け子」枯渇か 外国人や女性、少年に移行(11日)共同

静岡県内で発生した特殊詐欺事件で「受け子」と呼ばれる現金やキャッシュカードの受け取り役が最近、首都圏の若者から、被害者の近隣などに住む少年や女性、外国人に移行する傾向が強まっている。背景には県警などの包囲網の強化で詐欺グループが人材と資金の不足に陥り、コストの削減を図りながら組織末端の「受け子」を賄う窮状が透けて見える。
 ■関連 ピヨスケの安全安心ふじのくにキャンペーン
 8月下旬、裾野市の無職女性(79)宅に、警察官をかたる20歳前後の男が姿を現した。「通帳を調べに来た。2、3日後にカードを返す」と言い、女性からキャッシュカード2枚をだまし取った。男は日本語学校に通う茶髪の中国籍の少年(19)。裾丈が短く、細身で体系に合っていないスーツに、異様に長いネクタイを着用していた。現場近くには見張り役として、茶髪に眼鏡、Tシャツ姿の中国人(20)もいた。2人は翌日、詐欺容疑で裾野署に逮捕された。
 ■片言に違和感
 警察官や市職員、銀行職員らをかたって自宅を訪ね、キャッシュカードなどをだまし取る「受け取り型」おれおれ詐欺の発生は、2018年ごろから急増。受け子は首都圏在住の日本人の若者が担うことが多かった。
 ただ、県警によると、19年は9月末までに中国籍を中心に外国人を4人(手集計で前年同期比3人増)逮捕。前年同期は逮捕がなかった県内在住の日本人は7人に上る。女性は逮捕された人数が増えただけでなく、通報事例も後を絶たない。9月に富士市の女性(86)が預金通帳2通をだまし取られた事件では、身なりの整った若い女が訪ねてきたため、安心して通帳を手渡してしまったという。
 県警捜査2課の担当者は外国人の受け子について「茶髪で片言の日本語では誰でも違和感を覚える。危険を承知で受け子をやらせているとしか考えられない」と首をかしげる。
■包囲網を強化
 同課によると、19年は特殊詐欺関連で逮捕したのは9月末までに60人(手集計)で、前年同期より10人増えた。逮捕に至った状況を見ると、被害者の通報を受け巡回し、職務質問をきっかけに受け子らを逮捕した事例は19件と16件増。容疑者の供述を基にした突き上げ捜査で、指示役ら中枢の逮捕に至ったのも25件と6件増えた。
 60人のうち、受け子が42人(同期比3人増)を占めた一方で、詐欺グループのトップを意味する「首魁(しゅかい)」2人と、指示役5人の逮捕にも至った。首魁の2人は都内の集合住宅の一室をアジトにし、県内をはじめ東北などの高齢女性宅に息子らを装って電話し、現金をだまし取っていた。アジトなどからは1千万円以上の現金も押収された。
 今年は特殊詐欺の被害件数、額のいずれも前年同期と比べ半減前後で推移する。同課は末端に加え、こうした中枢の逮捕がグループ壊滅には欠かせないと強調し、「受け子を首都圏で調達できていない状況がうかがえ、人材は枯渇しつつある。手口の変化や受け子の最新の特徴を見極め、捜査態勢を柔軟に構築する」としている。
 ■「末端」を軽視
 他県警が逮捕した受け子らに行った調査では、半数以上が約束された報酬を受け取っていないと回答。詐欺グループが末端を軽視している実情が浮き彫りになった。
 一方、受け子側も犯行時間を短縮したり、着替えを公衆トイレなどで頻繁に繰り返したりするなど、捜査の手を逃れようと腐心しているという。カード受け取り型詐欺は被害者が気付く前にコンビニ店などで現金が引き出される手口が多く、要する時間は1時間未満の場合も少なくない。
 県警生活安全企画課の幹部は「犯人の特徴を記憶した上で、早期に通報すれば、摘発や被害金の回収に結び付く。被害に遭っても動転せず冷静な対応を」と呼び掛けている。https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/703220.html

| コメント (0)

« 2019年11月10日 (日) | トップページ | 2019年11月12日 (火) »