« 2019年11月 9日 (土) | トップページ | 2019年11月11日 (月) »

2019年11月10日 (日)

2019年11月10日 (日)

東京・東久留米殺人 被害男性の財布とバッグ発見 物取り偽装か(10日)産経

東京都東久留米市下里の住宅で会社員、二岡一浩さん(55)が殺害された事件で、二岡さんの財布とバッグが1階のリビングから見つかっていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。室内は荒らされていたが、これまでになくなった物は確認されておらず、警視庁田無署捜査本部は物取りの犯行を偽装した可能性もあるとみて調べている。
 捜査関係者によると、1階のリビングに置かれていた二岡さんのショルダーバッグの中から、紙幣を含む現金が入った財布を発見。バッグの中を開けられた形跡はなく、他に被害に遭った物も確認されていないという。室内は1、2階の居住スペースの大半が荒らされ、物が散乱するなどしていた。
 二岡さんは大型の刃物で50カ所以上を刺されるなどしたとみられ、小さな傷を含めれば70カ所程度あった。発見時、遺体には布団がかかっておらず、血痕は2階寝室のベッド周辺からしか見つかっていないという。
https://www.sankei.com/affairs/news/191110/afr1911100011-n1.html

| コメント (0)

駐禁取り締まり、五輪シフトに 選手移動ルートを強化(10日)日経

警視庁が駐車違反の取り締まりで「五輪シフト」を強めている。選手団の移動ルートや競技会場周辺を重要エリアに設定。警察官が張り込み、短時間の違法駐車も厳しく摘発する。渋滞対策が2020年大会の課題として浮上する中、同庁幹部は「本番までに駐車を巡るルールを改めて浸透させたい」と話す。
10月末、東京・銀座の晴海通りの交差点。近くで見張っていた警察官らが駐停車禁止エリアに止まった乗用車を確認し、反則切符…この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51939940Y9A101C1SHJ000/

有料会員

| コメント (0)

東大阪市の男逃走、護送先すぐ近くで手錠外す(10日)TBS

 9日、東大阪市で大阪地検が護送していた被告の男に逃走された事件で、検察事務官が男の手錠を外したのは護送先のすぐ近くだったことがわかりました。
 大植良太郎被告(42)は9日午前4時前、車で護送中、東大阪市内で「手錠がきつい」と言い出し、同乗していた検察事務官が左手の手錠を外したところ、暴れ出したということです。その後、車が停車した際に、腰縄と手錠をつけたまま裸足で逃げました。
 大阪地検によりますと、逃走したのは護送先の枚岡警察署からおよそ600メートル手前の路上で、車で数分もあれば到着する場所で手錠を外したことになります。
 大阪地検は、手錠を外す行為は内部規定の範囲だとしていますが、この場所で手錠を外したことが妥当だったのか、その判断が今後、問われることになりそうです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3826713.html

| コメント (0)

長野県 台風19号でツイッターの救助要請収集 約50件救助に (10日)NHK

台風19号による豪雨で千曲川が氾濫した長野県。当時、県はツイッターに投稿された救助要請を独自に収集し、およそ50件の救助につなげていたことが分かりました。
長野県では先月13日の未明に発生した千曲川の氾濫によって多くの住宅が浸水し、住宅に取り残された人などから119番通報が相次いだほか、ツイッター上にも救助を要請する投稿が相次ぎました。
長野県には防災情報の発信に使う公式のツイッターのアカウントがありましたが、当初は救助要請の情報を収集するツールとして使うことは想定していませんでした。
しかし救助要請に関する情報が多く寄せられたことから、先月13日の朝から急きょ、「救助が必要な方は写真や位置が分かる情報を『#台風19号長野県被害』をつけてツイートしてください」と呼びかけました。
当時、長野県庁では6人の職員が専属でツイッターでの情報収集にあたり、職員が投稿をした人と直接やり取りするなどして災害対策本部の被災情報を共有するシステムに入力していきました。
この情報が現場で救助にあたっている消防や自衛隊などに伝わり、長野県によりますと、およそ50件の投稿が実際の救助につながったということです。
ツイッターでの情報収集を指揮した長野県危機管理防災課の窪田優希さんは「当時、かなりの救助要請が投稿されていたので、一件一件丁寧に対応していかないと救助の遅れにつながると危機感を覚えました。より大きな水害や地震の際には、被害が広範囲に及ぶ中で救助要請の情報をどう正確に収集するのか課題も多いので、今後、ツイッターの活用方法をしっかりと議論していきたい」と話していました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191110/k10012171761000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

| コメント (0)

綿向山で10歳男児ら家族3人を捜索 県警に119番(10日)共同

 10日午後4時10分ごろ、滋賀県日野町の綿向山(標高1110メートル)に出掛けた滋賀県内の70代男性ら3人の家族から「下山中、道に迷ったようだ」と119番があった。滋賀県警東近江署によると、男性は息子(42)と孫の男児(10)と入山したといい、同署などが捜索している。
 鈴鹿国定公園内にそびえる綿向山は、鈴鹿山系の滋賀県側では身近に親しまれている山で、日野町では標高にちなんで11月10日を「綿向山の日」と制定している。冬季は積雪も少なく山頂付近では樹氷が見られるため、登山者も多い。ブナやリョウブなどが茂り、晴れた日は、頂上から北・南アルプスや、比良山、伊勢湾などが展望できる。
https://this.kiji.is/566216094047437921?c=39546741839462401

| コメント (0)

焼け跡から2児の遺体、下関 住宅全焼、3歳と5歳の女児か(10日)共同

10日午後0時50分ごろ、山口県下関市吉母のアルバイト伊勢崎和子さん(74)方から火が出ていると、付近の住民から119番があった。約1時間後に鎮火したが、木造2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から子ども2人の遺体が見つかった。伊勢崎さんのひ孫で3歳と5歳の女児2人の安否が確認できておらず、下関署が確認を進めている。
 署によると、伊勢崎さんは7人家族。孫の男女と、女性の子どもで伊勢崎さんのひ孫の小学生男児2人、安否不明の女児2人と同居していた。
 出火当時は女性と子ども2人の計3人が家の中にいたといい、署が出火原因などを調べている。
https://this.kiji.is/566191160893588577?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル)
特別法犯が増加
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191110202501F1015210-1  NHKの子供番組で「歌のおにいさん」と言われた男(50)が自宅で大麻を所持していたとして大阪府警に逮捕されたり、元五輪代表のプロスノーボーダーの男(31)が、大麻製品を営利目的で密輸入していたとして関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されるなど薬物事犯の逮捕者が目立っている。今年に入りこうした大麻取締法の検挙が増えているほか、来日外国人が多くなっていることもあってか、入国管理法犯の検挙件数も特に多くなっている。
 警察庁によると今年9月現在で、特別法犯の検挙件数は5万2262件で、前年同期より170件の増加。
 最も増加したのは入国管理法犯で880件も増えて4414件になった。今年になって明らかになったことだが、東京福祉大の留学生1610人も所在不明になっていることが明らかにされ、衝撃を与えたことは記憶に新しい。同大の危機管理の希薄さに批判の声がでた。
 次に多いのが大麻取締法で574件の増加で検挙件数は3801件。これに不正アクセスが+319件、青少年保護育成条例犯が+204件と続く。
 逆に最も減らしたのは大麻とは対照的に覚醒剤剤取締法で1622件も減らして8100件になった。
 大麻は合法の国もあって罪悪感が薄いのかもしれない。
  首都・東京感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_20191110203201
★NHK受信料名簿で詐欺か 逮捕の元委託先社長 (9日)日経
★「即金ですぐ必要」 詐欺事件で逮捕の少年のスマホ、詐欺Gとのやり取り残る (9日)産経
★「キャッシュカードを封筒に」 すり替え詐欺に注意 (7日)朝日
★「民事訴訟最終通達書」のはがき 3350万円の詐欺被害  (7日)NHK
★カードすり替え盗被害急増 犯人から電話→通話中に偽警官→偽物と交換 (5日)西日本
★日本人の高齢者狙い現金3千万円詐取の疑い、中国籍の男逮捕 (1日)TBS
★「10万円送れば20万円払う」 下着買い取り詐欺容疑で大学生逮捕 (1日)産経
★横浜の80代男性 630万円架空請求詐欺被害 (31日)産経
★Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日
★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事
★カードだまし取られ 130万引き出される、男の画像公開(10日)TBS
★うその電話でiphono転売か、詐欺グループ摘発12人逮捕(10日)TBS
★金相場詐欺の疑いで83歳女逮捕、余罪3億円か(9日)TBS
★詐欺の受け取り役を逮捕、スマホで一部始終を撮影(7日)TBS
★「焦る心理」操る 特殊詐欺グループのマニュアル押収(6日)日経
★警察官を装いうそ電話、封筒すり替えカード盗む(5日)TBS

| コメント (0)

両陛下、笑顔で即位パレード 沿道で大勢の人々が祝福―オープンカーで4.6キロ(10日)時事

天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が10日午後行われた。コースとなった皇居から赤坂御所までの沿道には大勢の人々が集まり、天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗り、笑顔で手を振って応えられた。
「令和の幸福を祈念」 即位パレードで2度目の演奏―陸自の本間さんと矢部さん

 両陛下にとって1993年6月の結婚時以来のパレード。午後3時ごろ、皇居・宮殿の南車寄せでトヨタのセンチュリーを改造したオープンカーに乗り込み、宮内庁楽部指揮者の北原幸男さんが新たに作曲した行進曲「令和」の演奏と、宮内庁と皇宮警察の職員約600人に送られて出発した。陛下はえんび服姿に大勲位菊花章頸飾などの勲章を着用。皇后さまは白のロングドレスにティアラ、勲章を着けた。
車列は約50台で約400メートルに及び、時速約10キロで進んだ。両陛下の車は白バイやサイドカーを除くと安倍晋三首相らに続き7台目。後方には秋篠宮ご夫妻らが乗った車が続き、皇居正門、国会正門前、国立国会図書館前、赤坂見附、青山通りを通って青山一丁目を右折する約4.6キロのコースを走り、午後3時半ごろ赤坂御所に到着した。
 沿道では警視庁や自衛隊などの音楽隊が、両陛下の結婚を記念し團伊玖磨さんが作曲した「新・祝典行進曲」を演奏した。皇后さまが人々の祝福に涙を見せる場面もあった。
 警視庁は全国の警察から応援を得て、最大約2万6000人態勢で、数メートルおきに警察官を配置する厳重警備を敷いた。
 祝賀御列の儀は国事行為である即位の礼の儀式。天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」の後に広く国民に即位を披露し祝福を受ける目的で平成時から始まった。10月22日の予定を、政府が台風19号被害を受け延期した。日没時間が早まることを踏まえ、出発時刻は30分早まった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019111000107&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

即位祝賀パレード 2万6000人態勢で警備 警視庁 (10日)NHK

警視庁は今回、全国の警察からの特別派遣部隊およそ3000人を受け入れ、合わせて2万6000人の態勢で警備にあたり、パレードの時間帯は警視総監をトップとする「最高警備本部」を立ち上げます。
特別派遣部隊は先月22日の「即位礼正殿(そくいれい せいでん)の儀」などに続いて招集され、台風19号の被災地や、今後G20外相会合など大規模な警備を控えているところを除き、大阪府警や神奈川県警、それに静岡県警など、全国各地から派遣されています。
皇居や赤坂御用地などの皇室関連施設の周辺には警察官が多数配置され、車両の検問も強化しています。
また車両で突入するテロに備え、パレードのルートにつながる道路では警察の大型車両や移動式の車止めなどを使って道路を塞ぐ措置を取ります。
さらに不審なドローンを妨害電波で阻止する「ジャミングガン」などの装置や地上からネットを飛ばして打ち落とす機材などを備えた専門部隊、「無人航空機対処部隊」をパレードのルート周辺に配置します。
このほかテロなどが起きた際に備えて、銃器で対応する「ERT」=緊急時初動対応部隊も置きます。
一方、東京駅など大勢の人たちが集まるターミナル駅ではパトロールを行って警戒を強化しています。
続きを読む

| コメント (0)

天皇・皇后両陛下、にこやかに 即位祝うパレード(10日)日経

 

祝賀パレードのため皇居を出発する天皇、皇后両陛下(10日、皇居)
天皇・皇后両陛下、にこやかに 即位祝うパレード

| コメント (0)

逃走の男 3回出廷せず保釈取り消しに(10日)TBS

9日、東大阪市で大阪地検が護送していた被告の男に逃走された事件で、男は3回、裁判に出廷せず、保釈が取り消されていたことがわかりました。
 大植良太郎被告(42)は9日午前4時前、検察事務官3人に車で護送されていたときに「手錠がきつい」と言い出し、事務官が左手の手錠を外したところ、暴れ出したということです。その後、停車した際に腰縄と手錠をつけたまま裸足で逃げました。
 大阪地検によりますと、大植被告は今年4月に覚醒剤の所持などの罪で逮捕・起訴され、保釈されていましたが、3回にわたり裁判に出廷せず、今月7日に保釈が取り消されたということです。
 大植被告は身長171センチくらいで、丸刈り、紺色の長袖シャツに迷彩柄のズボンを着用しているということですが、いまも行方がわかっていません。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3826534.html

| コメント (0)

パトカーとバイクが衝突 京都、男性会社員重傷(10日)産経

9日午後9時25分ごろ、京都市中京区西ノ京桑原町の御池通で、車線変更したパトカーと同市中京区の男性会社員(25)が運転するバイクが衝突した。男性会社員は救急搬送され、左腕を骨折する重傷を負った。
 中京署によると、現場は片側2車線の直線道路で、パトカーは同署地域課の男性巡査長(25)が運転。パトロール中に不審者を見つけ、Uターンするためにサイレンを鳴らして車線変更したところ、後方を走行していたバイクが急ブレーキをかけて転倒し、パトカーにぶつかった。
 同署の三原一郎副署長は「負傷された方には申し訳ない。事故原因を調査し、再発防止を徹底する」と話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/191110/afr1911100007-n1.html

| コメント (0)

尖閣沖接続水域 中国海警局の船4隻が航行 (10日)NHK

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。4隻のうち2隻は9日夜11時すぎに接続水域に入ったことが確認されています。
10日午前9時現在、3隻が尖閣諸島の久場島の西北西から北西およそ34キロから35キロを、残る1隻が魚釣島の北北西およそ34キロを航行しているということで、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191110/k10012171601000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_009

| コメント (0)

殺人未遂容疑で男逮捕、佐賀(10日)共同

 佐賀県警伊万里署は10日、同じ団地内に住む60代男性の首などを魚釣り用のフィッシュピックで刺したとして、殺人未遂の疑いで、同県伊万里市の無職山浦一秋容疑者(67)を現行犯逮捕したと発表した。男性は首に擦り傷を負ったが、命に別条はない。
 同署によると、山浦容疑者は当時、酒に酔っていた。男性宅に何らかの文句を言いに訪れたといい、署がトラブルの原因を調べている。
 逮捕容疑は9日午後9時45分ごろ、男性宅で、フィッシュピックで首や腹部を刺した疑い。山浦容疑者は通報を受けて駆け付けた署員に「殺そうとした」と話したが、その後の調べに容疑を否認している。
https://this.kiji.is/566104088369628257?c=39546741839462401

| コメント (0)

麺175食分盗み放火容疑 つくば、バイトの23歳女ら逮捕(10日)産経

茨城県つくば市で、アルバイト先のラーメン店の倉庫から175食分の麺を盗み、火を付けたとして、つくば中央署は9日、現住建造物等放火と窃盗の疑いで、同県阿見町阿見、嶋津恵理奈容疑者(23)と知人の男2人を逮捕した。
 署によると、店は、2階がアパートになっている建物の1階に入居。火災で倉庫が全焼、アパートの塀や外廊下が焼けたが、けが人はなかった。
 署は、店の男性店長(33)と嶋津容疑者の間にトラブルがなかったかどうかなどを調べている。
 逮捕容疑は8日午前4時ごろ、つくば市東で、店に隣接する倉庫から麺や食品攪拌(かくはん)機を盗んだほか、倉庫に火を付けたとしている。
 他に逮捕されたのは、同県稲敷市蒲ケ山、自称派遣社員、安田響容疑者(21)と、同県美浦村信太、自称会社員、千葉翔太容疑者(21)。
https://www.sankei.com/affairs/news/191109/afr1911090017-n1.html

| コメント (0)

停止求められた車、バイクと衝突 大阪府警パトカーが追走(10日)産経

9日午後5時20分ごろ、堺市北区南花田町の府道で、府警第3方面機動警ら隊のパトカーが不審な軽乗用車に停止を求めたところ、車は逃走してバイクと衝突した。バイクの男性会社員(48)はあばら骨骨折の疑いがあるが、命に別条はない。
 北堺署によると、速度超過の疑いのある車を発見し、約2分間、サイレンを鳴らしたり赤色灯を点灯させたりすることなく、事情を聴ける場所を探しながら追走。マイクで停止を呼び掛けた直後、車線を変更し、バイクと衝突したという。署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで逃げた車の行方を追っている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191110/afr1911100003-n1.html

| コメント (0)

工藤会本部、週内解体着手 トップ署名、近く売買契約成立(10日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会の本部事務所(北九州市小倉北区)の売却について、近く正式に売買契約が成立し、週内にも解体工事が始まることが、複数の関係者への取材で分かった。関係者によると、同会トップで総裁の野村悟被告(73)=殺人罪などで公判中=が、正式な売買契約の書類に署名を済ませたという。
 正式契約は、事務所をいったん購入する福岡県暴力追放運動推進センターの理事会承認後に結ばれる見通し。契約後、すぐに事務所内の荷物の搬出作業に移る。解体作業終了後、土地の所有権をセンターに移し、センターから福岡県内の民間企業に転売する。
 建物解体費などを差し引いた売却益はセンターが管理し、工藤会による襲撃事件の被害者への賠償に充てる。
 市は昨年12月、固定資産税の滞納で本部事務所を差し押さえ、工藤会側は事務所売却の意向を市に伝えていた。今年9月、工藤会側が事務所を解体し、跡地をセンターへ本年度内に1億円で売却することで最終合意。解体業者の選定などから、市が10月中としていた売買契約完了の時期がずれ込んでいた。
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/558353/   

| コメント (0)

交番の警察官ぽい人が消えた? 交通相談員、私服で勤務(10日)朝日

交番で来客の応対などの仕事をする「交番相談員」の制服が10月から廃止され、私服での勤務が始まった。警察官と見分けやすくして身近に感じてもらうと同時に、相談員自身の安全を守る意味もある。

 先月上旬、JR駅近くの「さいたま新都心交番」では、長袖ワイシャツと長ズボン姿の女性の相談員2人が通行人の応対をしていた。相談員歴13年の池田郁子さん(53)は初の私服勤務に「動きやすく、支給された制服を管理する緊張も軽減された。これまでより全然楽になりました」

 交番相談員は1993年に警察官の事務仕事を補う目的で県警に導入され、現在は空き交番対策などで県内全250カ所の交番と7カ所の派遣所に計約400人が配置されている。警察OBらが県警の非常勤職員として採用され、警察のような捜査はせず、その仕事は交番での道案内や落とし物の処理などに限られる。

 県警地域総務課によると、相談員はこれまで、警察官とほぼ同型の制服、ネクタイ、キャップ帽などが支給され、着用が義務づけられてきた。10月に服装の規定が変わり、派手でない長ズボン、淡色系のワイシャツなど、一定の条件下で「私服」が解禁され、帽子も付けなくてよくなった。

 服装変更には、仕事での身軽さを重視したり、経費を軽減したりするほか、交番を訪れる人に対して相談員と警察官との見た目上の違いを明確にして、拳銃や警棒を持たない相談員がトラブルに巻き込まれるリスクを下げる狙いもある。

 交番勤務を巡っては昨年6月、…残り:202文字/全文:813文字https://www.asahi.com/articles/ASMBC44YVMBCUTNB00Q.html?iref=comtop_8_03

| コメント (0)

8歳長女の顔や手にヘアアイロン、やけど負わせ・・・母親逮捕(10日)TBS

8歳の長女の顔や手に熱したヘアアイロンを押しつけてやけどを負わせたとして、佐賀県みやき町に住む29歳の母親が逮捕されました。
 傷害の疑いで逮捕されたのは、佐賀県みやき町に住む無職の29歳の母親です。逮捕された母親は今月、自宅で小学2年の長女(8)の頬や手に熱したヘアアイロンを押しつけ、全治10日のやけどを負わせた疑いが持たれています。
 今月6日の朝、登校した長女が、頬のやけどに気付いた小学校の教諭に「母からアイロンを当てられた」と打ち明け、事件が発覚しました。取り調べに対し、母親は「私がしたことに間違いありません」と容疑を認めているということです。
 長女には、やけど以外にも全身に打撲の痕があり、警察は、母親が日常的に虐待を繰り返していた疑いもあるとみて捜査しています。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3826357.html

| コメント (0)

茨城・水戸で住宅全焼、焼け跡から2人の遺体(10日)TBS

9日夜、茨城県水戸市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。
 9日午後6時ごろ、水戸市元吉田町の住宅から火が出ました。ポンプ車など7台が出動し、火はおよそ2時間後に消し止められましたが、木造2階建て住宅など、およそ85平方メートルが焼け、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。
 警察によりますと、火が出た住宅には加藤佐代子さん(83)と76歳の妹が住んでいたということですが、2人と連絡が取れていないということで、警察は身元の確認を急いでいます。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3826402.html

| コメント (0)

護送中の男逃走 警察署まで数分の地点で手錠外す (10日)NHK

9日に大阪 東大阪市で大阪地方検察庁が車で護送していた男に逃走された事件で、検察の事務官が「手錠がきつい」と言われて男の手錠を外したのは、警察署に到着するまで数分の地点だったことがわかりました。判断が妥当だったのか、疑問が残る形となっています。
9日早朝、大阪地方検察庁が、覚醒剤の使用などの罪で起訴されている大植良太郎被告(42)を車で護送していた最中に東大阪市内で逃走されました。
検察は警察とともに行方を捜していますが、丸1日たった今も身柄を確保できていません。
逃走されたきっかけは、検察の事務官が大植被告から「手錠がきつい」と言われ、走行中の車内で左手の手錠を外したことでした。
検察は手錠を外す行為自体は内部規則に違反しないとしていますが、逃走された場所は、護送先の警察署から600メートルほどの距離だったことがわかりました。
到着まで数分程度の地点で手錠を外した今回の判断が妥当だったのか、疑問が残る形となっています。
大阪地検は先月30日にも収容予定だった被告の女の要求を受け入れた結果、逃走される事態を招いていて、対応のまずさが際立っています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191110/k10012171541000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

| コメント (0)

即位祝賀パレード 2万6000人態勢で警備(10日)NHK

10日行われる、天皇陛下の即位を祝うパレードで、警視庁は警視総監をトップとする「最高警備本部」を立ち上げ、全国の警察からも応援部隊を集めたおよそ2万6000人の態勢で警備に当たります。
天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)」は、先月22日に行われる予定でしたが、台風19号による甚大な被害の影響を受けて、10日に延期されました。
警視庁は警視総監をトップとする「最高警備本部」を立ち上げ、全国の警察からの特別派遣部隊3000人を含めた最大で2万6000人の態勢で警備に当たります。
前回、平成2年に行われた上皇さまの即位パレードでは、車列に向かって爆竹が投げられる事件が起きていて、今回は危険物の投げ込みを防ぐため、手荷物検査を強化します。
沿道に設けられた観覧者用ブースに入る前に金属探知機を使った検査を行い、刃物やビン、カンなどの持ち込みが禁止されます。
また、車両で突入するテロに備えて、パレードのルートにつながる道路では、警察の大型車両などを使って道路を塞ぐ措置を取ります。
さらに不審なドローンに対処する専門部隊やテロなどが起きた際に銃器で対応する部隊を配置し、警戒に当たります。
警視庁は、10日午前8時半からパレード警備のリハーサルを行い、最終的な確認を行うことにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191110/k10012171371000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

| コメント (0)

明治天皇が「大政奉還」勅許 「祝賀御列の儀」の11月10日(10日)時事

天皇陛下の即位を祝い、両陛下が皇居から赤坂御所までの約4.6キロをパレードする「祝賀御列の儀」が行われる11月10日は、江戸幕府による「大政奉還」を明治天皇が勅許した1867(慶応3)年10月15日を新暦に直した日に当たる。
【図解】天皇即位パレードの経路


 11月10日には、1915(大正4)年の大正天皇、28(昭和3)年の昭和天皇の「即位の礼」も行われている。
 皇室の歴史に詳しい京都産業大の所功名誉教授(日本法制文化史)は「大政奉還の勅許日は、日本の代表が将軍から天皇に戻った画期的な日。大正、昭和の『即位の礼』がこの日に行われたことは意義がある」と言及。上皇さまの「立太子の礼」も1952(昭和27)年の同月同日に行われたと指摘した。
 江戸幕府15代将軍徳川慶喜は1867年10月13日、京都・二条城に諸藩を集め、政権を返上する決意を表明。同月14日に明治天皇に奏上し、翌15日に勅許を受けた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110900361&g=soc

| コメント (0)

台風19号、緊急復旧が完了 3県6カ所が一時決壊危機(10日)共同

台風19号に伴い宮城、新潟、長野3県で国が管理する堤防や河岸計6カ所が大規模の損壊により、再び強い雨に見舞われれば決壊しかねない状態だったことが9日、国土交通省への取材で分かった。後背に住宅地が広がる場所もあり、国管理河川で5県計12カ所に上った決壊箇所以外でも危険が迫っていた。既に6カ所とも土砂を積みコンクリートで覆う緊急復旧が完了し、当面の安全は確保できているという。
 国交省担当者は「決壊箇所がさらに増えれば被害が拡大する恐れがあった」としている。記録的な大雨に対するもろさが浮き彫りとなり、損壊が大きくなった原因究明と流域一帯の対策が求められそうだ。
https://this.kiji.is/565815062647571553?c=39546741839462401

| コメント (0)

« 2019年11月 9日 (土) | トップページ | 2019年11月11日 (月) »