カテゴリー

« JRでオーバーラン相次ぐ いずれも運転士が眠気(28日)産経 | トップページ | 台風19号 宮城・丸森病院が外来診療再開 機器水没で検査はできず(28日)産経 »

2019年10月28日 (月)

【台風19号】JR中央線の特急、16日ぶりに復旧 あずさ2号も(28日)産経

台風19号の被害で運休していたJR中央線の特急「あずさ」(松本-新宿など)や「かいじ」(甲府-新宿など)の運転が28日始発から再開され、長野県の中南信地方や山梨県と東京を結ぶ大動脈が16日ぶりにつながった。
 甲府駅で午前7時16分発の新宿行きかいじ2号を待っていた東京都八王子市の大学3年、坂井勇樹さん(21)は「各駅停車で甲府に帰省していたが、特急が動いてよかった。山梨県民にとって、あずさやかいじは生活の一部」とほっとした様子。
 午前7時39分の東京行きあずさ2号に乗り込んだ千葉県浦安市の会社員、高橋あずささん(38)は「昇仙峡(しょうせんきょう)を観光するため高速バスで甲府に来たが、名前と同じあずさで帰れてうれしい」と話した。
 列車は平原綾香さんのデビュー曲「Jupiter(ジュピター)」の発車メロディーとともに走り出した。
 中央線は12、13の両日、小淵沢(山梨県北杜市)-高尾(東京都八王子市)間で計画運休していたが、山梨県大月市や相模原市緑区で線路に大量の土砂が流入し、大月-高尾間で運休。18日に普通列車が一部区間を単線運転にする形で仮復旧したものの、特急は見合わせていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/191028/afr1910280009-n1.html

« JRでオーバーラン相次ぐ いずれも運転士が眠気(28日)産経 | トップページ | 台風19号 宮城・丸森病院が外来診療再開 機器水没で検査はできず(28日)産経 »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JRでオーバーラン相次ぐ いずれも運転士が眠気(28日)産経 | トップページ | 台風19号 宮城・丸森病院が外来診療再開 機器水没で検査はできず(28日)産経 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ