« 生後1カ月の息子にかみつく 母親の大学生を傷害容疑で逮捕 大津(18日)産経 | トップページ | 「京アニ」放火事件3か月 動機の解明 依然時間かかる見通し(18日)NHK »

2019年10月18日 (金)

ブランドカキの2~3割、台風で海中落下 1千万円被害(18日)朝日

ブランドカキ「鳴瀬かき」を出荷する宮城県東松島市東名(とうな)地区では、台風による高波と暴風で海が荒れ、収穫間際のカキの2割ほどが海底に落ちてしまった。被害額は1千万円ほどに上るという。

 生食用むき身カキの出荷が7日に始まったばかりで、県漁業協同組合鳴瀬支所のかき部長会長、木村喜久雄さん(67)は「台風の規模からすれば全滅の恐れもあったので、これだけの被害で済んだと思うしかない」。外洋にある10台の養殖いかだが悪天候で振り回される状態になったため、いかだの下につるしたロープに着いたカキの一部が振り落とされてしまった。

 木村さんはカキの養殖歴約50年のベテランで、大荒れの海の表面からカキを少しでも遠ざけようと、事前にいかだの浮力を下げて通常よりもロープを沈ませた。このため、被害が2割程度でとどまったという。

 県内有数のカキ産地、石巻市渡波地区の県漁協石巻湾支所でも3割ほどの落下があった。ただ、春に向けて収穫が増えていく段階なので漁協関係者は「痛手ではあるが、立て直しはできる」と話す。(岡本進)
https://www.asahi.com/articles/ASMBJ522KMBJUNHB00N.html?iref=comtop_latestnews_03

« 生後1カ月の息子にかみつく 母親の大学生を傷害容疑で逮捕 大津(18日)産経 | トップページ | 「京アニ」放火事件3か月 動機の解明 依然時間かかる見通し(18日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生後1カ月の息子にかみつく 母親の大学生を傷害容疑で逮捕 大津(18日)産経 | トップページ | 「京アニ」放火事件3か月 動機の解明 依然時間かかる見通し(18日)NHK »