« 【台風19号】防衛省、統合任務部隊編成 3万1000人態勢で救援(13日)産経 | トップページ | 台風19号、11県の33人死亡 19人不明、21河川で堤防決壊(13日)共同 »

2019年10月13日 (日)

【台風19号】50年に1度にどう備えるのか ダム奏功も「想定精査し直すべきだ」(13日)産経

台風19号による大雨で東日本では河川の氾濫や堤防の決壊が相次いだ。気象庁が「50年に1度」の大雨として、特別警報を出し厳重な警戒を呼びかけたが、氾濫を防ぐ手立てはなかったのか。専門家らは、異常気象への対応の難しさを指摘しながらも、ダムなどの治水対策で最小限に被害を食い止められたとみている。
 国土交通省は、堤防は10河川で決壊し92河川で浸水被害を確認した。長野市の千曲川は堤防決壊で住宅地を大規模な洪水が襲い、住民らが孤立した。千曲川はカーブが多い上に高低差も大きく、過去に何度も大規模な被害が出ている。
 上流の山間部では、記録的な大雨も観測された。中央大の山田正教授(防災工学)は、こうした台風での山間部の「地形性降雨」が被害拡大を招いたとみている。「堤防の幅も狭く、勾配により水の勢いが強まったことで、あふれ出す結果となった」とする。
 また、新潟大の安田浩保准教授(河川工学)も「想定をはるかに超える極端な降水が同時多発的に起こることで、各地で洪水が起きた」とみている。
 一方、国などによる治水対策が功を奏したとみられる地域もある。
 多摩川は記録的な雨で水があふれたが、堤防の決壊などはみられなかった。山田教授は「堤防が強く、大災害にはならなかった」とする。
https://www.sankei.com/affairs/news/191013/afr1910130075-n1.html

 

« 【台風19号】防衛省、統合任務部隊編成 3万1000人態勢で救援(13日)産経 | トップページ | 台風19号、11県の33人死亡 19人不明、21河川で堤防決壊(13日)共同 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【台風19号】防衛省、統合任務部隊編成 3万1000人態勢で救援(13日)産経 | トップページ | 台風19号、11県の33人死亡 19人不明、21河川で堤防決壊(13日)共同 »