« 電凸対応、教訓は 職員泣きながら対応 あいちトリエンナーレ閉幕(16日)朝日 | トップページ | 元バイト同僚の首絞める 殺人未遂疑いで北大院生逮捕(16日)産経 »

2019年10月16日 (水)

山口組ナンバー2、恐怖の統治 批判的な組長は大量処分(16日)朝日

国内最大の指定暴力団山口組の分裂に伴う対立抗争が激化し、警察当局は対立する組織の本部や事務所の使用制限に踏み切った。そうした中、強権的な組運営が分裂を招いたとの指摘もある山口組ナンバー2の若頭、高山清司受刑者(72)が18日に出所する。5年ぶりのナンバー2の出所はどんな影響をもたらすのか。
ナンバー2の出所控える山口組 分裂団体に告げた好条件 パン、パン。10日午後、神戸市中央区の住宅街の一角。指定暴力団神戸山口組の中核組織「山健組」事務所近くで、発砲音が2回響いた。撃たれた43歳と39歳の組員2人が死亡した。子どもが小学校に通う母親は「怖い。巻き込まれないか不安だ」と話す。
 現行犯逮捕されたのは、対立抗争状態にある山口組の中核組織「弘道会」(名古屋市)傘下の組員丸山俊夫容疑者(68)。2015年に山口組から神戸山口組が分裂して以降、弘道会と山健組を中心に対立抗争が続いた。山口組系幹部は「弘道会を中心に『山健組をやったれ』という空気感があった。8月の報復だろう」と語る。
 現場から約3キロ離れた弘道会の神戸の拠点施設前で8月21日、組員がバイクの男に銃撃されて重傷を負った。男は逃走中だが、この施設が高山受刑者の神戸での居宅と隣接しており、「出所を見据えた牽制(けんせい)」との見方があった。
続く
https://www.asahi.com/articles/ASMBC3TWFMBCPTIL00F.html

« 電凸対応、教訓は 職員泣きながら対応 あいちトリエンナーレ閉幕(16日)朝日 | トップページ | 元バイト同僚の首絞める 殺人未遂疑いで北大院生逮捕(16日)産経 »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電凸対応、教訓は 職員泣きながら対応 あいちトリエンナーレ閉幕(16日)朝日 | トップページ | 元バイト同僚の首絞める 殺人未遂疑いで北大院生逮捕(16日)産経 »