« 2019年10月23日 (水) | トップページ | 2019年10月25日 (金) »

2019年10月24日 (木)

2019年10月24日 (木)

パワハラで警察署長2人を処分 京都府警(24日)産経

 部下に暴言を吐くなどのパワーハラスメントを行ったとして、京都府警は24日、ともに50代男性警視の南署長と向日町署長を、それぞれ本部長訓戒と本部長注意の処分にした。
 関係者によると、南署長は昨年から今年5月、署員に「しばくぞ」などと暴言を浴びせた。署員は現在休職中。また、向日町署長は田辺署長だった昨年、部下の署員に暴言を吐くなど、不適切な発言を繰り返していたという。
 府警によると、2人は「指導をする中で感情的な言動になってしまった。反省している」と話しているという。
 府警の姫野敦秀首席監察官は「署長自らのパワハラ行為があったことから、以後の職務履行の改善を図るため、監督上の措置を講じた。再発防止に向け取り組みたい」とコメントした。
https://www.sankei.com/affairs/news/191024/afr1910240059-n1.html

| コメント (0)

カーブミラー破損の疑い、男を逮捕(24日)TBS

埼玉県内でカーブミラーおよそ130枚が相次いで割られた事件で、警察は24日、無職の49歳の男を逮捕しました。
 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の河野剛容疑者(49)です。河野容疑者は先月23日の午後7時半過ぎ、埼玉県久喜市でカーブミラーをバールのようなものでたたき割った疑いがもたれています。
 埼玉県内では先月以降、5つの市であわせてカーブミラー129枚が割られる被害が出ていて、久喜市の現場では自転車で走り去る不審な男が目撃されていました。河野容疑者は今月4日未明に住宅街を自転車でうろついていたところ、職務質問され、その際、バールを隠し持っていた疑いで現行犯逮捕されていました。
 警察は一連の犯行について関与を調べる方針ですが、河野容疑者は取り調べに対し、黙秘しているということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3812518.html

| コメント (0)

「嵐」のコンサート 電子チケット不正転売の疑いで書類送検(24日)NHK

大阪で行われた人気アイドルグループ「嵐」のコンサートの電子チケットを不正に転売したとして、24歳の女性保育士が書類送検されました。インターネット上でのチケットの不正転売などを禁止する法律はことし6月に施行されましたが、警察によりますと摘発は全国で初めてだということです。
書類送検されたのは、札幌市に住む24歳の女性保育士です。
警察によりますと、この保育士はことし6月から9月にかけて大阪で行われた人気アイドルグループ「嵐」のコンサートの電子チケットを、定価の8倍から14倍にあたる金額で全国の3人の女性に不正に転売し42万円を得たとして、チケット不正転売禁止法違反の疑いが持たれています。
チケットには購入者の氏名が記載されていますが、偽の社員証を作って転売先の女性たちに渡し、会場に入れるようにしていたということです。
警察によりますと、保育士は「嵐」のファンで、「全国のコンサートに行きたくて、転売して資金を稼いだ」などと供述しているということです。
チケットを主催者の同意がないままもとの価格よりも高い値段で不正に転売する行為をめぐっては、会場周辺での「ダフ屋行為」に加え、インターネット上でも禁止する「チケット不正転売禁止法」がことし6月に施行されましたが、警察によりますと、摘発は全国で初めてだということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012147001000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

| コメント (0)

弁護士がブログで伊藤詩織さん侮辱 懲戒審査求める議決(24日)朝日

望まない性行為で精神的苦痛を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の男性に損害賠償を求めた訴訟をめぐり、男性側の代理人を務める男性弁護士が自身のブログで伊藤さんを侮辱したとして、男性弁護士が所属する愛知県弁護士会が懲戒の審査を求める議決をしたことがわかった。

 同会は、「会の秩序、信用を害した可能性がある」と判断し、今年9月に議決した。議決を受けて、同会の懲戒委員会が今月初めに審査を始めた。

 伊藤さんは2015年に就職相談のため、元記者と飲食。意識を失い望まない性行為を強要されたとして警察に告訴。準強姦(ごうかん)容疑で捜査されたが嫌疑不十分で不起訴処分になった。検察審査会に不服を申し立てたが、不起訴相当の議決が出た。伊藤さんは東京地裁に元記者を提訴。元記者は反論し、損害賠償を求めて伊藤さんを反訴した。

 男性弁護士は、自身のブログに、伊藤さんの訴えについて「虚偽・虚構・妄想」などと記載。弁護士会によると、法曹三者や学識経験者でつくる県弁護士会綱紀委員会が今年に入り、弁護士のブログの内容などを審査し、「懲戒の審査が相当」と議決したという。

 男性弁護士は、「弁護士会の議決は著しく不当と考えているが、まだ審議中の事案で詳細なコメントは差し控える」とのコメントを出した。伊藤さん側の弁護士も「コメントを差し控える」としている。

 弁護士の懲戒請求は誰でもできる。各弁護士会の綱紀委員会が調べ、懲戒の可能性があると判断すれば、懲戒委員会に審査を請求し、懲戒委が処分内容などを決める。
https://www.asahi.com/articles/ASMBS3WLRMBSOIPE00L.html?iref=comtop_8_03

| コメント (0)

ハロウィーン「穏やかな行動を」=渋谷区長が呼び掛け-東京(24日)時事

東京都渋谷区の長谷部健区長は24日記者会見し、毎年多くの人が訪れる31日のハロウィーンを前に、迷惑行為をしないよう呼び掛けた。区長は「ルールやマナーを守り、穏やかな行動をお願いしたい」と述べた。
軽トラ横転容疑で10人書類送検=渋谷のハロウィーン-警視庁

 昨年のハロウィーンで酒に酔った人たちによるトラブルが相次いだのを受け、区は6月、時期や場所を限定して路上飲酒や迷惑行為を禁じる条例を制定。今回初めて実施される。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102401149&g=soc

| コメント (0)

台風19号、死者85人9人不明 断水2万8千戸、3864人避難(24日)共同

大規模な土砂災害や浸水被害を引き起こした台風19号の影響で、24日までの共同通信の集計で死者は13都県の85人(災害関連死を含む)、行方不明者は9人となった。24日現在、内閣府によると3864人が避難所で生活。厚生労働省の集計では、断水は前日より約1万3千戸減ったが、依然2万8868戸で続く。
 総務省消防庁によると、住宅被害は全半壊が15都県2675棟、一部損壊が27都道府県3895棟。床上浸水は16都県3万1644棟、床下浸水は21都県3万3852棟となっている。
 国土交通省によると、土砂災害は20都県で601件、堤防決壊は7県の71河川139カ所。
https://this.kiji.is/559904252826240097?c=39546741839462401

| コメント (0)

ゴーン被告弁護団が違法捜査主張 「公訴棄却すべき」(24日)共同

会社法違反(特別背任)などの罪に問われた前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)の弁護団は24日午後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し「検察が違法な司法取引や証拠収集を行った証拠がある」と主張した。詳しい内容は明らかにしなかった。
 弘中惇一郎弁護士は「裁判を開くまでもなく、公訴棄却すべきだ」と強調。改めて無罪も主張し「ゴーン氏とも繰り返し議論し、意見を完全に(地裁に提出した主張予定書面に)反映した」と説明した。
 関係者によると、地裁は来年1~3月に集中して整理手続きを行う日程を提示。地裁は4月にも初公判を開く方針だ。
https://this.kiji.is/560011445679604833?c=39546741839462401

| コメント (0)

警視庁管内体感治安レベル2


首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)
凶悪犯で検挙率が低いのは…
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_20191024200501F1015149  23日夜、大阪府高槻市の男性会社員(54)方で、1階の窓のすだれに放火される事件があった。約3分後には、約250メートル離れた同地区のやはり男性会社員(43)方でもすだれが燃やされるなど放火事件が相次いでいる。22日にも近くで発生しており、大阪府警は連続放火事件として捜査している。
 凶悪事件で検挙率が最も高いのが殺人で最も低いのは放火だ。目撃者が少ないことなども要因だが、現代は防犯カメラというツールもあり、発生は少なくなっているものの検挙率は低い。低いといっても8割近くは検挙できている。
 警察庁によると今年9月現在の放火の認知件数は623件で前年同期より36件の減少。年間推移をみると昭和の時代、58年の認知件数は2102件あった。同61年から減少傾向に転じて62年が1814件。以後、1000件台で推移、平成24年には1081件あったが、同28年には914件と1000件台を割り、同30年には891件にまで減っている。そして今年はさらに減少している。
 認知件数のランキングは大阪が114件と断トツ。これに静岡と福岡が各36件、愛知の35件、兵庫の34件と続く。全体的に減少傾向にある中で大阪が前年より31件も増え、新潟の14件増と増えている県もある。
 一方、検挙率のランキングは神奈川の160.0%、徳島の140.0%、香川の125.0%、岩手の114.3%など沖縄を含めて100%超えが18県もあった。中でも中国地方では発生件数のなかった鳥取を除いて島根、岡山、広島、山口と全県がパーフェクト捜査だ。
 東京は前年より17.1ポイントもダウンして75.8%だった。
 低かったのは山形、奈良、高知、鹿児島、静岡が各50%だが、静岡がなんと前年を37.5ポイントも下げてしまった。まだまだ3か月もあり、余罪を出せばいいだけのことである。
  首都・東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
Image271_20191024201101


★詐取したカードで240万円引き出す 容疑の指示役逮捕 (16日)産経
★災害便乗の悪質商法に注意=高額修理持ち掛け-消費者庁(16日)時事
★カードだまし取られ 130万引き出される、男の画像公開(10日)TBS
★うその電話でiphono転売か、詐欺グループ摘発12人逮捕(10日)TBS
★金相場詐欺の疑いで83歳女逮捕、余罪3億円か(9日)TBS
★詐欺の受け取り役を逮捕、スマホで一部始終を撮影(7日)TBS
★「焦る心理」操る 特殊詐欺グループのマニュアル押収(6日)日経
★警察官を装いうそ電話、封筒すり替えカード盗む(5日)TBS
★滋賀県警ユニークな特殊詐欺対策(4日)共同
★「金にスプレー」で詐取 70代女性、140万円被害(3日)産経
★不審な動きの大学生…警官が職質 詐欺発覚、容疑で逮捕「カードだまし取った」と認める 東入間署(3日)共同

| コメント (0)

台風被災地、水戸で空き巣続発 「非常事態に許せない」(24日)産経

まさに「火事場泥棒」だ。台風19号の影響で浸水被害に見舞われた水戸市で、避難した人の家を狙った空き巣の被害が相次いでいることが判明した。同様の被害は、過去に他の地域で起きた大規模災害の際も確認されている。県警は被災者に注意を呼びかけるとともに、徹底した摘発に乗り出す構えだ。(永井大輔)
 「近所で2件ほど空き巣に入られた。こんな非常事態に許せない」
 那珂川が氾濫し自宅が1・5メートルほど浸水したという男性(71)はこう声を震わせる。
 男性の家は、浸水によって閉鎖中の常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジ(水戸市)の付近に位置する。近隣の家屋や店舗は深刻な浸水被害に遭い、避難所に身を寄せている人も多い。日常的に行き交う人の数が減り、地域が「空白地帯」になっていることも、空き巣などの被害を助長しているとみられる。
 平成27年9月の東日本豪雨の際にも、避難していた常総市原宿の住民宅に窃盗グループが侵入し、現金10万円や腕時計、ネックレスなどが盗まれる窃盗事件が起きた。28年4月の熊本地震でも、住人が避難したアパートからテレビが盗まれるなどの被害が相次いだ。  茨城県警生活安全総務課の担当者は「県警も警戒を強めているが、個人でも貴重品の管理には注意を向けてほしい」と話している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000023-san-l08

| コメント (0)

母親の遺体放置容疑で逮捕 川口(24日)NHK

埼玉県川口市にある自宅のマンションの部屋に80歳の母親の遺体を放置したとして、52歳の無職の長男が逮捕されました。
警察の調べに対し、「葬儀をする金がなく、放置してしまった」と供述しているということです。
逮捕されたのは埼玉県川口市の無職、古泉貴容疑者(52)です。
警察の調べによりますと、古泉容疑者は今月中旬ごろ、自宅マンションの部屋に母親で同居していた滝江さん(80)の遺体を放置したとして死体遺棄の疑いがもたれています。
警察によりますと、23日、マンションの管理会社から「部屋から異臭がする」という通報が寄せられ、部屋を調べたところ、滝江さんが布団の上で死亡していたということです。
部屋には古泉容疑者の45歳の弟もいましたが、意識がもうろうとした状態だったため、病院に運ばれて治療を受けているということです。
警察の調べに対して容疑を認めたうえで、「以前から母親の調子が悪く、気がついたら動かなくなっていた。自分たちも食事を取れず、葬儀をする金もないので放置してしまった」と供述しているということです。
警察は死亡した原因やいきさつなどを詳しく調べている。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/saitama/20191024/1100006967.html

| コメント (0)

国連「北朝鮮は深刻な食糧不足」(24日)TBS

北朝鮮の人権問題を調査する国連の特別報告者は、23日、ニューヨークの国連本部で記者会見し、北朝鮮国内の深刻な食糧不足に懸念を示しました。
「想像してみてください。毎朝起きる度に、その日の食べ物の心配をしないといけない。これは1990年代にも起きました。明確に北朝鮮政府が責任を持つべき人権の問題です」(国連特別報告者 キンタナ氏)
 国連の特別報告者・キンタナ氏は、このように述べ、北朝鮮の深刻な食糧不足に懸念を示し、北朝鮮政府に対し、国連関係機関を受け入れ、協力するよう呼び掛けました。
 これに先立ち、キンタナ氏は北朝鮮の人権問題に関する年次報告を行い、人口の半数近い1100万人が栄養不足に苦しんでいると明らかにしています。また、キンタナ氏は、中国当局が脱北者を拘束・強制送還している問題に触れ、「脱北者は難民として人道的な扱いを受けるべきだ」と訴えました。https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3812240.html

| コメント (0)

北朝鮮の木造船対策に新部隊発足へ 監視強化 海上保安庁(24日)NHK

日本海沿岸で冬の時期に北朝鮮から来たとみられる木造船の漂流や漂着が相次いでいることを受けて、海上保安庁が来月、「機動監視隊」と名付けた新たな部隊を発足させ、青森県の日本海側に常駐させることで陸上から監視活動を強化することが分かりました。
海上保安庁によりますと、青森県では去年、北朝鮮から来たとみられる木造船の漂流や漂着が49件と全国で2番目に多く、その大半は冬の期間、日本海側に集中しています。
しかし青森県の日本海側には海上保安庁の施設がなく、青森市の青森海上保安部から冬場に車で向かう場合、雪や路面の凍結の影響で3時間程度かかることがあるなど対応が課題となっています。
こうした中、海上保安庁が「機動監視隊」と名付けた新たな部隊を来月上旬、青森海上保安部に発足させ、陸上から監視活動を強化することが関係者への取材で分かりました。
機動監視隊は、海上保安官10人程度で、冬の期間、青森県内の日本海側に常駐して木造船の監視を行い、漂流や漂着を確認した場合は警察と連携しながら乗組員の対応にも当たるということです。
海上保安庁が陸上から木造船の監視を行うために部隊を発足させるのは異例です。
青森海上保安部は、NHKの取材に対し「現段階では一切コメントできない」としています。
続きを読む

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191024/k10012146341000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

| コメント (0)

Tポイント9千万円分超詐取か ヤフーID不正取得容疑(24日)朝日

会員登録をすると買い物などに使えるポイントがもらえる「ヤフー」のサービスにうその情報を入力してIDを取得したとして、埼玉県警は24日、札幌市豊平区の女(56)と長男(28)を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕した。県警は2人が2016年以降、同じ手口でIDを大量取得して約9300万円分のポイントを得ていた疑いがあるとみている。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、2人は18年3月、自宅のパソコンから埼玉県内の架空の住所や名前などを入力して95件の会員登録をし、翌月、提携キャンペーンで与えられる「Tポイント」計約14万円分を不正取得した疑いがもたれている。

 サイトのヤフーショッピング内…

| コメント (0)

東日本大震災で行方不明、遺体発見=両親「娘やっと帰ってきた」-宮城(24日)時事

宮城県警は24日までに、8月に同県山元町沿岸で漁船が発見した遺体について、東日本大震災で行方不明となっていた同町の大久保真希さん=当時(27)=と判明したと発表した。同日、県警亘理署で両親に遺骨を引き渡した。
〔写真特集〕東日本大震災 100枚の記録

 同署によると、見つかった遺体は下あごの骨と歯の一部で、8月に山元町沿岸で刺し網に入っているのを漁船が発見した。歯型やDNA型の鑑定の結果、今月11日に身元を特定した。

 骨箱を受け取り、父三夫さん(66)は「生身の娘が帰ってきたようにうれしい」と穏やかな表情を見せた。母恵子さん(61)は「こんなに軽くなってしまったけど、やっと帰ってきてくれてうれしい」と涙を流し、「まだ見つかっていない遺族の方々には、どうか諦めないでほしいと声を掛けたい」と話した。
 大久保さんは常磐山元自動車学校のアルバイト従業員で、勤務中に津波に巻き込まれた。大久保さんの両親や教習生25人の遺族は、同校が迅速な避難を怠ったとして損害賠償を求めて提訴。2016年に仙台高裁で和解が成立した。跡地には慰霊碑が建てられている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102400162&g=soc

| コメント (0)

警察犬投入し 不明女性の捜索(24日)TBS

台風19号で多くの犠牲者を出した宮城県丸森町では、行方不明の女性の捜索に警察犬を投入しましたが、手がかりは見つかりませんでした。
 丸森町の子安地区では、今も小野正子さん(63)の行方がわかっていません。姉の大槻利子さんの自宅で、大槻さんら3人とともに土砂崩れに巻き込まれたとみられ、小野さん以外の3人は、すでに遺体で発見されています。
 「行方不明となっている小野正子さんの捜索のため、警察は警察犬を投入して捜索にあたっています」(記者)
 現場では、亡くなった大槻さんの息子で、小野さんのおいの恵太さんが訪れ、捜索の様子を見守りました。
 「こんなになるとは想像もしていなかったので、捜索してくれる方々には頭が上がらない」(小野さんのおい 大槻恵太さん)
結局、23日の捜索では手がかりなどは見つからず、警察などは24日も捜索を続けます。
 今回の台風で、宮城県ではこれまでに19人が亡くなり、小野さんら2人の行方がわからないままです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3812080.html

| コメント (0)

工藤会支配、金か粛清か 市民襲撃初公判 鉄の結束、法廷でも(24日)西日本

「鉄の結束」を誇った組織のトップと、忠実なナンバー2が初めて法廷に並んだ。殺人などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会総裁の野村悟被告(72)と会長の田上不美夫被告(63)の公判が23日、福岡地裁で始まった。福岡県警の壊滅作戦で逮捕されてから1800日余り。組での序列そのままに、田上被告は随所で野村被告を気遣った。アメとムチで支配固めをした両被告の裁判の行方を、元組員は複雑な心境で見つめる。
 午前10時、地裁904号法廷は複数の警察官が警備に当たる物々しい雰囲気に包まれた。ともに黒っぽいスーツに白のワイシャツ姿の両被告が入廷した。
 裁判長から証言台に立つよう促されると、田上被告は野村被告に手を差し出して先を譲るようなしぐさを見せた。「野村被告の指揮命令に基づき」-。検察官が起訴状を朗読すると、田上被告が一瞬、検察官に目を向けた。
捜査関係者や元組員によると、両被告が“急接近”したのは、1998年10月にともに逮捕されたパチンコ店恐喝事件。田上被告が野村被告をかばい、野村被告は不起訴処分になった。
恩を感じた野村被告は2003年、出所した田上被告を自身が所属する2次団体田中組の組長に抜てき。野村被告を「おじき」と呼んでいた田上被告は「おやじ」と慕うようになった。以来15年、野村被告は「無口で忠実」(元組員)な田上被告を従え、組織を掌握していった。
 元組員は、組のために“仕事(事件)”をして服役し、出所した時のことを鮮明に記憶する。札束がどっさり入った段ボール箱が目の前に置かれた。野村被告からの出所祝いだった。「金にものを言わせ、マインドコントロールがうまかった」
 ある事で野村被告と距離を置いた組関係者が人づてに「億単位の金を払うから命は助けてくれ」と懇願しても、野村被告は「金でどうにかなる話やない。やくざの世界はそういうもんや」と突き放したという。
08年に溝下秀男前会長が死亡すると、野村被告は、前会長に近い組員を飲ませ食わせして「懐柔」。一方、反目する組員らが射殺される事件が相次いだ。野村被告の指示は「絶対」-。別の元組員は「意見する人はいなかった」と言う。
 この日の公判は、休憩をはさんで5時間弱。両被告は少し疲れた様子で法廷を後にした。今後は週2回ペースで審理が続き、来年夏以降に結審する見通しだ。
 ある元組員は言う。「2人がどうなってほしいとか特にない。自分だって組でいい思いをした時もあるから」。両被告とある意味“同罪”で、一方的に非難することもできない。
 「どう言えばいいか…。ただ、2人はやりすぎた」
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/553561/

| コメント (0)

民家のすだれ相次ぎ燃える不審火 大阪・高槻 前日も(24日)産経

23日午後8時半ごろ、大阪府高槻市川西町の男性会社員(54)方で、1階の窓に取り付けたすだれが燃えているのを帰宅した男性が発見し110番した。約3分後には、北北東に約250メートル離れた同地区の男性会社員(43)方でもすだれが燃えていた。大阪府警高槻署は連続放火の可能性があるとみて、現住建造物等放火未遂容疑で捜査している。
 同署によると、22日午後6時10分ごろにも、同地区の別の男性会社員方ですだれが燃える火災があり、関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/191024/afr1910240003-n1.html

| コメント (0)

「ルーズだった」1億円申告漏れ チュートリアル 徳井さん謝罪(24日)NHK

人気お笑いコンビ、「チュートリアル」の徳井義実さんが設立した会社が、3年間にわたって出演料などの所得を全く税務申告をせず、東京国税局からおよそ1億円の申告漏れを指摘されていたことについて、23日夜、徳井さんが会見し、「しっかりと納税せず、ご迷惑、不快感を与えて申し訳ありません」と謝罪しました。
徳井義実さんは、23日午後11時ごろから大阪・中央区の吉本興業本社で会見を開きました。
この中で、テレビ番組の出演料などを受け取っていた自分が設立した会社が、税務調査で申告漏れや所得隠しを指摘されたことを認めました。
税務調査では、旅行代などの個人的な支出を会社の経費に計上したとして、4年間におよそ2100万円の所得隠しを、去年までの3年間は、税務申告を全くしていなかったとして、1億1800万円あまりの申告漏れを指摘されたということです。
重加算税などを含めた追徴課税はおよそ3800万円に上り、すでに修正申告をして納税を済ませたということです。
徳井さんは、「自分のだらしなさや怠慢でしっかりと納税をせず、国民のみなさまに、ご迷惑や不快感を与え、申し訳ありませんでした」と謝罪しました。
その上で、「税理士から納税をするよう言われていたが先延ばしを続けていた。自分がどうしようもなくルーズだった」などと述べました。
今後の活動については、「続けたい気持ちはあるが、お客さんがあっての仕事なので、皆様の判断になる」と話しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191023/k10012145931000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

| コメント (0)

サイレンに犯人「やばい」 夫婦トラブルなく…茨城殺傷(24日)朝日

茨城県境町の住宅で会社員の小林光則さん(48)とパート従業員の妻美和さん(50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件は、23日で発生から1カ月が経った。県警は夫婦の携帯電話の解析などを進めているがトラブルは確認されておらず、犯人像の絞り込みは難航している。

 捜査関係者によると、夫婦の携帯電話のメールやLINE(ライン)などの解析に加え、通話履歴のある関係先や勤務先の聞き込みを進めているが、夫婦が巻き込まれているようなトラブルは確認されていないという。犯人は小林さん宅に侵入後、2階にいた夫婦の寝室に直接向かったとみられることや、2人に複数の深い傷があることから、県警は怨恨(えんこん)による犯行の可能性が高いとみていたが、犯人につながる手がかりは乏しい状況だ。

 事件当時、両足を切られて重傷を負った中学1年の長男(13)が「犯人はサイレンが聞こえると、『やばい』と言って逃げた」と証言。また、ほかの家族4人とは別に1階に1人で就寝中だった大学3年の長女(21)が、交際相手に助けを求める電話をかけていたことも新たに分かった。 長女は「2階で物音がして起き…

残り:193文字/全文:663文字

https://www.asahi.com/articles/ASMBR5W9NMBRUJHB01D.html

| コメント (0)

時間前倒し、被災地開催 都が札幌以外のマラソン案検討(24日)朝日

国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪のマラソン会場を札幌市に移す案を打ち出したことに対し、東京都がさらなる代替案の検討を始めた。競技の開始時間を前倒しして東京で開催する案のほか、東日本大震災の被災地に移す構想も浮上。都は今後、IOCにこうした案を提案するかどうか、調整する。

 東京五輪のマラソンをめぐっては、IOCが16日、暑さ対策のため、会場を東京から札幌に移す計画を発表。IOCのトーマス・バッハ会長は「移すことを決めた」とも発言している。これに対し、小池百合子知事は18日の定例会見で「都に協議もなく提案が突如なされたことについて疑問を感じざるを得ない」「これまでも準備を重ねてきた。東京でという気持ちは変わりがない」と反発した。都側には「IOCは札幌開催の実現可能性を探れているのか」(幹部)と疑問視する声もあり、対案を示すことで開催都市の存在感を示す狙いもありそうだ。

 知事の意向を踏まえ、都は、札幌市への移転以外の案を検討。都関係者によると、開始時間を現在の午前6時から1時間程度前倒しする案や、「復興五輪」をうたってきた経緯から東北の被災地で開催する案が浮上しているという。IOC側の説明を聴いた上で、都はこうした案を提案するか、判断するとみられる。
 札幌市への移転案は、組織委や東京都などの了解を得た上で、IOC理事会で最終的に決まる。30日から都内で始まるIOC調整委員会でも協議される見込みだ。ただ、都側が移転案に反対した場合、調整が長期化する可能性がある。(軽部理人、長野佑介)
https://www.asahi.com/articles/ASMBR53LHMBRUTIL02R.html?iref=comtop_8_02

| コメント (0)

巡査長を加重収賄罪で起訴=京都地検(24日)時事

京都地検は23日、知人から200万円を受け取って逮捕予定日を教えたとして、京都府警東山署の巡査長池田大助容疑者(40)=地方公務員法違反罪で起訴=を加重収賄罪で起訴した。府警は同日、池田容疑者を懲戒免職処分とした。
 地検は知人の会社社長、高橋俊行容疑者(49)=地方公務員法違反(教唆)罪で起訴=も贈賄罪で起訴した。
 起訴状などによると、池田容疑者は監禁・強盗事件の捜査対象だった高橋容疑者に逮捕予定日を漏らす見返りとして、3月末ごろと4月末ごろ、京都市内で高橋容疑者から2回にわたって現金計200万円を受け取り、7月10日、電話で逮捕予定日を教えたとされる。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102301236&g=soc

| コメント (0)

韓国検察、前法相妻を逮捕=娘の不正入学疑惑で(24日)時事

【ソウル時事】私募ファンドへの不透明な投資や娘の大学院への不正入学疑惑で、ソウル中央地検は24日未明、チョ・グク前法相の妻で韓国東洋大教授のチョン・ギョンシム氏を業務上横領や証拠隠滅教唆などの容疑で逮捕した。聯合ニュースが報じた。ソウル中央地裁が「証拠隠滅の恐れがある」として逮捕状発付を認めた。
 チョン氏は一連の疑惑の「中心人物」(韓国メディア)とされる。チョン氏は23日午前に地裁に出頭した。報道によると、チョン氏に関する容疑は11件に上る。
 検察は9月、私文書偽造の罪でチョン氏を在宅起訴。自宅を家宅捜索したほか、計7回にわたり事情聴取していた。チョン氏の容疑のうち、娘の不正入学に絡む証拠隠滅教唆容疑など4件でチョ氏の関与が疑われるという。検察はチョン氏への本格的な取り調べを通じ、チョ氏に関する疑惑の解明も進める見通し。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102400054&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0)

金も食べ物もなく「コンビニ強盗やりそう」包丁持ち交番から通報、男を逮捕(24日)共同

交番で包丁を持っていたとして、兵庫県警地域指導課と尼崎南署は23日、銃刀法違反の疑いで、尼崎市に住む無職の男(67)を現行犯逮捕した。同署によると、男は「金も食べ物もなくコンビニ強盗をやってしまいそうなので交番から通報した」と話しているという。
 逮捕容疑は同日夕、正当な理由がないのに尼崎市内の交番で包丁(刃渡り約17センチ)1本を所持した疑い。 同署によると、男は包丁を持って交番を訪れたが無人で、交番の電話を使って同署に連絡し「強盗しようと思い、包丁を持っている」と告げていた。
 男は調べに対し「コンビニ強盗をしようかと思ったが、いけないと思い一度は家に帰った。でも、このままではやってしまいそうだったので交番に行った」と説明しているという。
https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201910/0012814853.shtml

| コメント (0)

加害教員の給与差し止めへ 神戸市、条例整備を検討(24日)共同

神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、神戸市が有給休暇の扱いとなっている加害教員4人の給与の支払いを差し止めるため、条例の整備を検討していることが23日、関係者への取材で分かった。条例案がまとまれば、開会中の市会定例会に提案したい考え。
 同市教育委員会は4人の暴行や暴言の事実を確認した上で、今月1日以降、有給休暇の扱いで休ませている。有給休暇は年20日与えられ、翌年まで繰り越しできる。今回の対応について、市教委は「『教壇に立たせるのは適当でない』と判断したが、自宅謹慎の制度がないため、代わりに有給休暇を取らせている」と説明する。
 現行の制度では、処分が決まらない限り、4人には給与や手当が支払われる。市教委は弁護士による外部調査委員会の調査を踏まえて処分を検討する方針だが、同市や市教委には、現在も4人に月額給与が支払われていることについて、市民らから苦情が相次いでいるという。
 こうした状況も踏まえ、同市は職員が今回のような重大事案を起こした場合、正式な処分が決定する前に、給与の支払いを停止する措置が取れるよう条例を整備する方針。
 東須磨小の問題を巡っては、自主退職した場合は退職金も支払われるため、市教委は既に、加害教員の自主退職を認めないことを決めている。(石沢菜々子、長谷部崇)
【東須磨小教員間暴行・暴言問題】神戸市立東須磨小の30~40代の教員4人が、20代の若手教員4人に暴行や暴言、セクハラを繰り返していたことが神戸新聞の報道で発覚。被害教員の一人は激辛カレーを食べさせられる▽熱湯の入ったやかんを顔につけられる-など約50項目の被害を訴え、須磨署に被害届を出した。前任を含め校長の対応も不十分で、加害教員は指導を受けた後もハラスメント行為を継続していた。加害側4人は有給休暇扱いで業務から外れており、代わりの教員が既に配置されている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201910/0012815106.shtml

| コメント (0)

« 2019年10月23日 (水) | トップページ | 2019年10月25日 (金) »