カテゴリー

« 赤ちゃんをバッグに隠し出国の疑い 米の女逮捕 人身売買目的か(7日)NHK | トップページ | 母親の遺体放置か 息子を逮捕(7日)NHK »

2019年9月 7日 (土)

厚真町で法要 犠牲者を悼む(7日)NHK

胆振東部地震で37人が犠牲となった厚真町では6日夕方、亡くなった人たちを悼む法要が営まれました。
厚真町にある専厚寺では町内のほかの3つの寺と合同で、地震で亡くなった人たちを悼む1周忌の法要が営まれました。
震度7の激しい揺れを観測した厚真町では災害関連死も含めて37人が亡くなりました。
6日の法要は地震で全壊した本殿の隣にある建物で行われ、遺族や町民などおよそ100人が参列する中、僧侶が亡くなった住民の名前を1人ずつ呼びお経を唱えました。
地震による土砂崩れで両親と妹をなくした山本隆司さんは法要のあと、「1年たって再スタートだと思っていましたがきょう家族の名前を呼ばれて悲しい気持ちを思い出し、本当に1人になってしまったんだと改めて感じました」と話していました。
主催した厚真町仏教会会長の阿部智之さんは「檀家の方も大勢亡くなり、今でも気持ちが整理できない部分がありますが、町民とともに前に進んでいきたい」と話していました。

【献花台 遺族が次々と献花】
厚真町の吉野地区に設けられた献花台には合同の法要が終わった夕方以降、遺族が次々と献花に訪れました。
このうち、中村真吾さん(43)は1年前の地震による土砂崩れで富里地区に住む父の初雄さんと母の百合子さんそれに祖母の君子さんの3人を亡くしました。
中村さんは町内の合同の法要に出席したあとの夕方、吉野地区に設けられた献花台を訪れ、静かに手を合わせていました。
中村さんは「地震によって9月6日がわたしたちにとっての1年の区切りとなり9月7日から新しい1年が始まるんだと感じます。災害は思いもよらずに起こって大切な人をいきなり奪う本当に恐ろしい出来事です。亡くした大切な人にはどんなことをしてももう会うことはできません。災害で大切な人が奪われ、家を失って仮設住宅で暮らさなければいけない困難を抱えた人がいるんだということを忘れないでほしいです」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20190906/7000013396.html

« 赤ちゃんをバッグに隠し出国の疑い 米の女逮捕 人身売買目的か(7日)NHK | トップページ | 母親の遺体放置か 息子を逮捕(7日)NHK »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤ちゃんをバッグに隠し出国の疑い 米の女逮捕 人身売買目的か(7日)NHK | トップページ | 母親の遺体放置か 息子を逮捕(7日)NHK »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

留置所

無料ブログはココログ