« “隠れ停電”に不信感(23日)NHK | トップページ | 新型交番、警官守る強化ガラス 住民との距離感課題 (23日)日経 »

2019年9月23日 (月)

父「娘を思わぬ日はない」 五條堀さん不明3年 (23日)NHK

 大分市横尾の会社員五條堀美咲さん(27)が行方不明になって25日で3年となる。県警はこれまで延べ2万2300人(8月末時点)の捜査員を投入して捜索を続けてきたが、有力な手掛かりは得られていない。福岡県久留米市で暮らす父親(65)は9月上旬、大分合同新聞の取材に「目をつぶれば美咲の笑顔が浮かぶ。なんで娘が…という思いしかない。一日でも早く見つけてほしい」と訴えた。
 父親は2017年、18年と9月26日に大分市を訪れ、大分東署員らと一緒にチラシを配って情報提供を呼び掛けてきた。「少しでも手掛かりがあればという思い。親としてできることは、これぐらいしかない」
 携帯電話の待受画面に娘の写真を設定し、風呂やトイレに行くときも近くに置く。「いつ大事な連絡があっても出られるように」と気を張って生活してきたという。「大分県のニュースは必ず見る。娘のことを思わない日はない」と声を絞り出した。
 県警によると、五條堀さんが最後に確認されたのは16年9月25日午後11時半ごろ。自宅アパートで友人と会っていた。翌26日午前6時前、スマートフォンが何らかの原因で使用できなくなり、自宅周辺で位置情報が途絶えた。同日午後、大分市内の勤務先が「五條堀さんが出勤していない」と両親に連絡し、失踪が発覚した。
 県警は事件や事故に巻き込まれた可能性があるとして10月6日、公開捜査に踏み切った。周辺の聞き込み、通行車両の捜査、SNS(会員制交流サイト)上の交友関係の洗い出し…。18年5月と今年1月にはアパートから1、2キロ離れた池2カ所で水を抜く捜索も実施したが、足取りはつかめないままだ。
 横尾地区には今も情報提供を呼び掛ける看板が立っている。「似た人を見た」など3年間で204件の情報が寄せられたものの、今年の分は5件にとどまるという。県警の筒井啓祐生活安全部長は「風化させないためにも、刑事部門と連携し、やれることは全てやる」と強調する。
 地域住民の不安は消えない。二目川自治会の合沢陽一会長(67)は「年々、新しい住民が増えているが、これからも警察の捜索にできる限り協力したい」と語った。
 五條堀さんは久留米市出身。15年1月から大分市内で1人暮らしをしていた。身長149センチ。所有していたとみられるバッグ(縦17センチ、横20センチ、高さ23センチ)はグレーで、タッセルと呼ばれる飾りとポーチが付いている。スマートフォンはアイフォーン6sのゴールド。情報は同署(☎097-527-2131)。
https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2019/09/23/JD0058508856

« “隠れ停電”に不信感(23日)NHK | トップページ | 新型交番、警官守る強化ガラス 住民との距離感課題 (23日)日経 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “隠れ停電”に不信感(23日)NHK | トップページ | 新型交番、警官守る強化ガラス 住民との距離感課題 (23日)日経 »