« »あおり運転に加え エアガン発射(11日)TBS | トップページ | 47万戸余で停電続く 東京電力「きょう中の全面復旧目指す」(11日)NHK »

2019年9月11日 (水)

»死亡ひき逃げ事件の遺族、国会議員に時効撤廃への協力要請(11日)TBS

 2009年に埼玉県で小学4年の男の子がひき逃げされた事件の時効が今月30日に迫る中、男の子の母親が、国会議員にひき逃げ事件の時効撤廃などへの協力を求めました。
 この事件は2009年9月、熊谷市で当時、小学4年生の小関孝徳くんが車にひかれ死亡したものです。
 ひき逃げの罪はすでに時効を迎え、自動車運転過失致死の罪も時効が今月30日までに迫っています。母親の代里子さんは10日、交通安全議員連盟の竹本直一衆議院議員に死亡ひき逃げ事件の時効撤廃に向け、協力を求めました。
 「死亡ひき逃げ事故が、いかにも殺人と同等のことで、遺族の方が味わっているということを明確にして頂きたい」(小関孝徳くんの母親、代里子さん)
 代里子さんは、この事件を、より時効までの期間が長い危険運転致死罪として捜査してほしいとも訴えています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3774338.html

« »あおり運転に加え エアガン発射(11日)TBS | トップページ | 47万戸余で停電続く 東京電力「きょう中の全面復旧目指す」(11日)NHK »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« »あおり運転に加え エアガン発射(11日)TBS | トップページ | 47万戸余で停電続く 東京電力「きょう中の全面復旧目指す」(11日)NHK »