カテゴリー

« トラック、通常と違うルート=道間違えた可能性-京急脱線事故(5日)時事 | トップページ | »キャッシュカードだまし取ろうとした疑い、名古屋の消防士逮捕(6日)TBS »

2019年9月 6日 (金)

»夜通し復旧作業続く、運転再開 あす朝目指す(6日)TBS

 京急電鉄の電車とトラックが衝突した現場では、夜通し復旧作業が続いています。神奈川新町の駅前から報告です。
 踏切付近で、多くの作業員が夜通しで作業にあたっています。事故を起こしたトラックは、踏切の奥にあるトラック1台が通るのがやっとの狭さの細い道を走ってきて、20分ほどの間、曲がりきれずに立往生したあと、標識をなぎ倒すなどして、強引に踏み切りに進入していた可能性があるということです。
 京急電鉄によりますと、トラックは踏切に入った後も結局曲がりきれず、数十秒間にわたり切り返しを行い踏切から抜け出そうとしていたそうです。
 近所の人によりますと、トラックが間違えて細い道に入ってくることはあるということですが、大体はあきらめてバックで戻るということです。なぜトラックがこの細い道を走っていたのかは分かっていません。
 今回、踏切に設置されている、「障害物検知装置」が作動し340メートル手前にある赤信号が点灯、運転士は非常ブレーキをかけたということですが、衝突を避けられませんでした。時速120キロで走っていた電車は、踏切の600メートル手前でブレーキをかければ踏切で止まれる設計になっているということです。京急電鉄は、システムや運転士の急ブレーキのタイミングに問題がなかったか調べています。
 この後、午前9時をめどに、運輸安全委員会の調査官3人が現場に入り、詳しく調査するということです。
 5日の夜には、8両ある車両のうち、4両目から8両目の車両を切り離して、車庫に移動しました。脱線した1両目から3両目の車両は、クレーンなどを使ってレールに戻し、その後、車庫に移動するということです。
 6日は始発から京急川崎から横浜の間で運転を見合わせ、JRなどへの振替輸送を行うことにしています。京急電鉄は、7日始発からの全線での運転再開を目指していますが、時間のめどはたっていないということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3770361.html

« トラック、通常と違うルート=道間違えた可能性-京急脱線事故(5日)時事 | トップページ | »キャッシュカードだまし取ろうとした疑い、名古屋の消防士逮捕(6日)TBS »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トラック、通常と違うルート=道間違えた可能性-京急脱線事故(5日)時事 | トップページ | »キャッシュカードだまし取ろうとした疑い、名古屋の消防士逮捕(6日)TBS »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ